Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

【最新】AppleWatchのおすすめ充電器17選|種類や選び方も紹介

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「Apple Watchのおすすめ充電器」を知りたい方へ。

スマートウォッチの代表格であるApple Watchは、機能性やデザインにも優れて便利ですが、バッテリー持続時間が短いことが課題の一つとなっています。

Apple Watchに付属する充電ケーブルは、iPhoneを充電するケーブルとは種類が違い、持ち運ぶケーブルが増えて煩わしく思う人も多いと思います。

また、2021年モデルのApple Watch Series 7SEモデルは、”18時間”というバッテリー持続時間と一日持たず、バッテリーが切れて困った経験をした人も多いはず。

そこで、Apple Watchと合わせて購入しておきたいモノが『Apple Watch専用の充電器』です!

Apple Watchの充電器には、スタンドタイプやモバイルバッテリーなど、持ち運びに優れたモノまで様々な種類が存在します。

  • おすすめのApple Watch充電器を知りたい人
  • 「持ち運びができる」Apple Watch充電器を探している人

このような悩みを抱えている方へ。

本記事では、Apple Watch充電器の種類・選び方の紹介をはじめ、「おすすめのApple Watch充電器17選」を紹介していきます。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」を解説
  • 「おすすめ充電器17選」を紹介
  • 「バッテリー容量を長持ちさせる方法」を紹介
  • 充電器と合わせて買いたい「おすすめケース・フィルム・バンド」の紹介

iPhoneと一緒に充電できるタイプやコードレスタイプなど様々な充電器を紹介しますので、自分に合ったお気に入りの一台が見つかれば幸いです!

Contents

はじめに:Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」を解説

Apple Watch充電器の種類

Apple Watchのおすすめ充電器を紹介する前に、Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」を解説していきます。

「自分がApple Watchの充電器を使うシーン(いつ、どんな場所で)を考えて選ぶこと」で、自分に合うベストな種類の充電器が見つかりますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」
  • Apple Watch充電器の種類は、4種類ある(磁気ケーブル、充電スタンド、USB、モバイルバッテリータイプ)
  • MFi認証(Made for Apple Watch)を取得した充電器を選ぶこと

Apple Watchの充電器の種類は、4種類

Apple Watch充電器の種類

Apple Watchの充電器には、大きく分けると4種類のタイプがあります。各充電器の特徴などを記載した比較表は、次の通りです。

スクロールできます
種類磁気ケーブル充電スタンドUSBモバイルバッテリー
外観デザインApple Watch磁気ケーブルApple Watch充電スタンド
Apple Watch USBタイプApple Watchモバイルバッテリー
特徴Apple Watch購入時に付属するケーブル縦・横に置きながら充電できるUSBに接続して充電できるケーブル不要のバッテリー内蔵タイプ
メリット多用途で利用できる種類が豊富で、デザイン性が高いものが多いケーブルが不要で、超コンパクトなサイズ感コレ一つで、いつ・どこでも充電可能
デメリットケーブルが長いと邪魔になるケーブルを別途用意する必要がある充電時にUSBを差すデバイスが必要重たくサイズ感が大きい
価格○(安い)○(安い)×(高い)
主な利用場所自宅自宅/外出時外出時外出時
持ち運びやすさ×
Apple Watch充電器の「種類」

1.磁気ケーブルタイプ

Apple Watch磁気ケーブル
  • Apple Watch購入時に付属する充電ケーブル
  • 価格は安くてコスパ良し
  • 様々な場所で利用できる
  • ケーブルが長いと邪魔になりやすい

「磁気ケーブルタイプ」は、Apple Watch購入時に付属する充電ケーブルです。充電する時に接触する”白丸の磁気部”は、「マグネット式」で強力です。

充電するには、別途USB電源アダプタが必要となりますが、価格は安めで、多用途で利用できることが特徴的

USBのタイプには、通常の「USB-A」と(20W USB-C電源アダプタを使えば)高速充電をできる「USB-C」の2種類があります。

Apple Watch Series 7では、「USB-C磁気ケーブル」と「20W USB-C電源アダプタ」を使うことで、高速充電に対応しました

2.充電スタンドタイプ

Apple Watch充電スタンド
  • Apple Watchを充電するために立て掛けるためのスタンド
  • 種類が豊富で、デザイン性が高いモノが多い
  • 充電ケーブルが一体型のスタンドも有る
  • iPhoneと一緒に充電できるスタンドも有る

「充電スタンドタイプ」は、Apple Watchを充電するために立て掛けるためのスタンドです。スタンドだけのタイプや、スタンドにケーブルが収納されているタイプなど、種類が豊富であることが特徴的

また、オブジェやインテリアとした使い方ができるデザイン性の高いスタンドが多いです。

iPhone/AirPodsなどを一緒に立て掛けて充電できる”3-in-1モデル”もあります

3.USBタイプ

Apple Watch USB
  • 磁気部に、USBが取付された充電器
  • Apple Watchをコードレスで充電できる
  • 軽量+コンパクトで、持ち運びに最適
  • 充電時は、USBを差すためのデバイスが別で必要

「USBタイプ」は、マグネット式の”磁気部”に、USBが取付された差し込みタイプの充電器です。

充電ケーブルや電源アダプタが無くても、USB-C(USB-A)端子がある充電器やiPad/ノートPCがあれば、コードレスでApple Watchを充電可能です。

カバンやポーチに入れても邪魔にならない「コンパクトなサイズ感+軽量」が最大のメリットです

4.モバイルバッテリータイプ

Apple Watchモバイルバッテリー
  • ケーブルや電源が不要のバッテリー内蔵タイプ
  • 一台あればいつ・どこでも手軽に充電できる
  • 価格は高め
  • iPhoneと一緒に使えるタイプも有り

「モバイルバッテリータイプ」は、充電ケーブルや電源アダプタが不要で、バッテリーが内蔵された充電器です。

価格は高めですが、コレ一台あれば、場所を問わず、Apple Watchを乗せるだけで充電できる手軽さが特徴的

Apple Watchだけでなく、iPhoneも一緒に充電できるバッテリーも発売されています

MFi認証(Made for Apple Watch)取得した充電器を選ぶこと

Apple Watchの充電器を選ぶ時の注意点としては、「MFi認証(Made for Apple Watch)」を取得した充電器を選ぶことが大切です。

Apple Watch MFi認証ロゴ
MFi認証(Made for Apple Watch)のロゴマーク
「MFi認証(Made for Apple Watch)」とは?

Appleの基準をクリアして、正式に認定を受けている証のことを言います。

MFi認証(Made for Apple Watch)のマークが付いているデバイスを選ぶことで、信頼・安心してデバイスを使うことが可能です。

Apple Watch充電器には、サードパーティを含めて様々なタイプが販売されていますが、モノによっては「うまく充電できない…」「バッテリーがすぐに切れる…」などハズレを引く可能性もあります。

そんなトラブルに合わない為にも、Apple Watch充電器を選ぶ時は、Appleの認定を受けた「MFi認証(Made for Apple Watch)」のマークが付いている充電器を選ぶことに注意して下さい。

【最新】AppleWatchのおすすめ充電器17選

それでは、本題の「Apple Watchおすすめ充電器」を紹介していきます。Apple Watch充電器の種類ごとに紹介していきますので、自分に合うお気に入りの一台が見つかれば幸いです。

「磁気ケーブル」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器 4選

Apple Watch磁気ケーブル
磁気ケーブルタイプ

Apple:Apple Watch磁気高速充電 USB-Cケーブル

「Apple Watch磁気高速充電 USB-Cケーブル」は、高速充電に対応した”USB-C端子”のApple純正磁気ケーブルです。

2021年モデルの「Apple Watch Series 7」「20W USB-C電源アダプタ」を組み合わせることで、約45分の充電で、バッテリー容量が0→80%まで高速充電が可能です。

Apple Watch Series 7購入時は、USB-C磁気ケーブルが付属してきます

Apple:Apple Watch磁気充電 USB-Aケーブル

「Apple Watch磁気充電 USB-Aケーブル」は、”USB-A端子”のApple純正磁気ケーブルです。

Series 7のように高速充電には対応していません、Apple Watch Series 1〜6/SEモデルを使っている人は、純正のUSB-A充電ケーブルを使うことで、安心してApple Watchを充電することが可能です。

Apple Watchが充電できない原因の一つに、非純正品のケーブルを使っている場合が多いので、Apple純正だと安心ですね!

エレコム:Apple Watch充電ケーブル 巻き取りタイプ

エレコムの「Apple Watch充電ケーブル 巻き取りタイプ」は、磁気部にケーブルを巻き着けて収納可能なコンパクトな充電ケーブルです。

23cmと絶妙なケーブル長で、USB-A端子のコネクタも磁気部に収納することができますので、持ち運び性に長けています。

Apple認定の「MFi認証(Made for Apple Watch)」を取得しているので、安心して使うことができます

OOOUSE:Apple Watch充電ケーブル

“OOOUSE”というスマホアクセサリメーカーから、USB-A端子の「Apple Watch充電ケーブル」

Apple純正の約3分の1で購入できる低価格が特徴的な充電ケーブルです。ただし、Apple認定の「MFi認証」は取得していないので、自己責任でご利用下さい。

同じく、USB-TypeCの磁気充電ケーブルも販売されています

【比較表】「磁気ケーブル」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器

スクロールできます
商品名Apple USB-CケーブルApple USB-Aケーブルエレコム 巻き取りタイプOOOUSE ケーブル
外観デザイン
特徴高速充電に対応安心の純正ケーブルコンパクトで持ち運びに最適低価格で購入できる
価格3,850円3,850円約4,300円約1,200円
MFi認証○(純正)○(純正)
比較表:「磁気ケーブル」タイプ

「充電スタンド」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器 5選

Apple Watch充電スタンド
充電スタンドタイプ

Anker:Magnetic Charger Dock

Ankerの「Magnetic Charger Dock for Apple Watch」は、Apple Watchの充電ケーブルとスタンドが一体型の磁気充電ドックです。

1.2mと長めの充電ケーブルをスタンド本体に収納可能で、自宅・外出でも場所を選ばずに使えるので、利便性が高いです。

Appleデバイスと相性が良いホワイト一色のシンプルなデザインで、見た目もスタイリッシュです

Lomicall:Apple Watchスタンド

Lomicallの「Apple Watchスタンド」は、アルミニウム合金で採用された高級感漂うデザインのApple Watchスタンドです。

充電ケーブルは別売で露出になりますが、磁気部を保護する周りは”シリコン”を採用しているので、Apple Watchをしっかりと保護してくます。

カラバリも4種類(ローズゴールド、灰、銀、黒)と豊富です

elago:W4 Stand

elagoの「W4 Stand」は、初代iMacを感じさせる可愛いデザインのApple Watchスタンドです。

見た目だけではなく、スタンドには「シリコン素材」を採用し、Apple Watch本体を傷つけないように配慮された設計。

磁気ケーブルは付属しない「スタンドのみ」のタイプで、カラバリは2種類(アクアブルー、アクアピンク)

Curvy Continuum:Apple Watch充電スタンド

Curvy Continuumの「Apple Watch充電スタンド」は、アルミニウム合金を採用した耐久性のある充電スタンドです。

オブジェとして飾ることができる美しい筐体ですが、充電ケーブルを格納するスリットも搭載されているので、ケーブルの露出を防ぐことができます。

Belkin: BOOST CHARGE PRO MagSafe 3-in-1磁気ワイヤレス充電器

Belkinの「BOOST CHARGE PRO MagSafe 3-in-1磁気ワイヤレス充電器」は、Apple Watch+iPhone+AirPodsの3つを同時に充電できるワイヤレス充電器です。

ステンレススチール素材を活かした美しいデザイン性は勿論のこと、iPhoneとピタッと引っ付くMagSafeに対応した”15W”の急速充電も可能です。

iPhoneとAirPodsを充電できる「2-in-1タイプ」も発売中です

【比較表】「充電スタンド」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器

スクロールできます
商品名Anker Magnetic Charger DockLomicall
スタンド
elago W4 StandCurvy ContinuumスタンドBelkin BOOST CHARGE PRO MagSafe 3-in-1
外観デザイン
特徴磁気ケーブルとスタンドが一体型アルミ合金で高級感がある初代iMac風の可愛いデザイン充電ケーブルを格納するスリットを搭載iPhoneとAirPodsも一緒に充電可能
磁気ケーブル搭載非搭載非搭載非搭載搭載
重量87g110g88g164g726g
価格3,490円1,700円約2,000円約2,000円14,680円
MFi認証○(Made for MagSafe)
比較表:「充電スタンド」タイプ

「おすすめApple Watch充電スタンド」の詳細を以下記事に記載していますので、気になる方は、合わせて参考にしてみて下さい

「USB」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器 4選

Apple Watch USB
USBタイプ

Anker:Portable Magnetic Charger for Apple Watch

Ankerの「Portable Magnetic Charger for Apple Watch」は、Apple Watchをコードレスで充電できる充電器です。

充電ケーブルや電源アダプタが無くても、USB-C(USB-A)端子があるiPad/ノートPCなどに差し込みすれば、充電できる手軽さが大変便利です。

「25g」と超軽量+コンパクトなサイズですので、持ち運びには最適です

Satechi:USB-C充電ドック

Satechiの「USB-C充電ドック」は、USB-C端子があるデバイスに差し込みすることで、Apple Watchをコードレスで充電可能です。

Appleデバイスと相性が良い、アルミ仕上げのスタイリッシュなデザインが特徴的です。

安心の「MFi認証(Made for Apple Watch)」取得済み充電器です

YOFITAR:Apple Watch磁気充電器

YOFITARの「Apple Watch充電器」は、USB-A端子に対応したコードレス型のApple Watch充電器です。

約1,700円と低価格で購入可能で、レビュー評価も高く信頼性のある充電器です。

MFi認証の記載はありませんが、”CEマーク”や”FCC認証”を取得していますので、安心・安全に利用することができます。

カラバリも4種類(ピンク、ブルー、ブラック、ホワイト)と豊富です

Maco:Maco Go Apple Watch磁気充電ドック

オーストラリアThree1Design社のブランド”MACO”より、「Maco Go Apple Watch磁気充電ドック」もおすすめです。

Maco Goは、USB-Cに対応した磁気充電ドックで、「10g」と超軽量で、非常に小さく持ち運びには困らないミニマムサイズです。

カラバリも4種類と豊富で、”CEマーク”や”FCC認証”を取得した安心のApple Watch磁気充電器です。

別売の「Maco USB-A to USB-C変換アダプタ」を使うことで、USB-A端子のあるデバイスでも利用できます

【比較表】「USB」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器

スクロールできます
商品名Anker Portable Magnetic ChargerSatechi
USB-C充電ドック
YOFITAR 磁気充電器Maco Go
磁気充電ドック
外観デザイン
特徴USB-CとUSB-Aの2種類から選択可能アルミ仕上げで、スタイリッシュなデザイン価格が安い超軽量でミニマムサイズ
USBタイプUSB-C/USB-AUSB-CUSB-AUSB-C
重量25g30g20g10g
価格3,490円4,400円約1,700円2,980円
MFi認証
比較表:「USB」タイプ

「モバイルバッテリー」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器 4選

Apple Watchモバイルバッテリー
モバイルバッテリータイプ

Belkin:BOOST CHARGE

Belkinの「BOOST CHARGEモバイルバッテリー」は、マット調なスタイリッシュなデザインが格好良いモバイルバッテリーです。

重さが「約70g」と軽量であるのに、バッテリー容量は「2,200mAh」と高く、Apple Watchを約3.5回フル充電可能です。

 

手のひらに収まるコンパクトなサイズ感は、外出・旅行でも邪魔になりません

Belkin:Valet Charger Power Pack

Belkinの「Valet Charger Power Pack」は、iPhoneとApple Watchを一緒に充電できる大容量向けのモバイルバッテリーです。

価格は高めですが、バッテリー容量は…驚きの「6,700mAh」と非常に大きく、Apple Watchを最大8回(iPhoneは3回)フル充電が可能です。

コレ一台あれば、長期の出張・旅行にも安心です!

安心の「MFi認証(Made for Apple Watch)」取得済みです

CHOETECH:T313 モバイルバッテリー

CHOETECHの「T313 モバイルバッテリー」は、キーホルダー付きの持ち運び性に優れたApple Watch専用モバイルバッテリーです。

「54g」と軽量であるのに、バッテリー容量は「900mAh」で、Apple Watchを約2回フル充電することが可能です。

もちろん“MFi認証”取得済みバッテリーですので、信頼し安心して充電することができますよ

CIO:ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー

CIOの「ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー」は、iPhoneとApple Watchの2つのデバイスのワイヤレス充電が可能です。

最大の特徴は、MagSafeに対応しながら、Apple Watchも同じバッテリーで充電することができる革新的なモバイルバッテリーであること。

バッテリー本体にスタンドも内蔵されているので、iPhoneを充電しながら動画を見れるなど…使い勝手も良いモバイルバッテリーです

【比較表】「モバイルバッテリー」タイプ:Apple Watchおすすめ充電器

スクロールできます
商品名Belkin
BOOST CHARGE
Belkin Valet Charger Power PackCHOETECH
T313
CIO ハイブリッドバッテリー
外観デザイン
特徴軽量であるのに、バッテリー容量が高いApple WatchとiPhoneを一緒に充電できるキーホルダー型で持ち運びしやすいMagSafe+Apple Watchの充電に対応
価格約7,000円11,000円6,000円5,500円
重量70g180g54g150g
バッテリー容量2,200mAh6,700mAh900mAh5,000mAh
充電回数3.5回8回
※iPhone:3回
2回記載なし
※iPhone 12 mini:0.8回
MFi認証
iPhoneの充電
比較表:「モバイルバッテリー」タイプ

「Apple Watchおすすめモバイルバッテリー」の詳細を以下記事に記載していますので、気になる方は、合わせて参考にしてみて下さい

Apple Watchのバッテリー容量を長持ちさせる方法

上記では、Apple Watchのおすすめ充電器について紹介しました。しかし、Apple Watch Series 7Apple Watch SEでは、バッテリー持続時間が「18時間」と一日持たないことが課題の一つ。

できる限りバッテリー容量を長持ちさせて、バッテリー消費を抑えたい…

…このような気持ちは、Apple Watchユーザーは誰しもが思っているはず。また、「バッテリー容量を長持ちさせる対策」も実施しておきたいものです。

そこで、Apple Watchのバッテリー容量を長持ちさせる10個の方法を紹介しておきます。

Apple Watchのバッテリー容量を長持ちさせる方法
  • 「常時ディスプレイ表示」をOFFにする
  • 「ディスプレイの明るさ」を暗くする
  • 「画面をスリープ解除」をOFFにする
  • 「シアターモード」をONにする
  • 「通知」をOFFにする
  • 「コンプリケーションが少ない文字盤」を使う
  • 「Appのバックグラウンド更新」をOFFにする
  • 「視覚サポート機能」をOFFにする
  • 「サウンドと触覚」を調整する
  • 「機内モード」をONにする

「Apple Watchのバッテリー容量を少しでも長持ちさせる10個の方法」の設定などの詳細は、以下に記載していますので、ぜひ合わせてご確認頂ければと思います。

また、Apple Watchが充電できない時の対処方法については、以下記事をご参考下さい

Apple Watch充電器と合わせて買いたい「おすすめケース・フィルム・バンド」

Apple Watch充電器と合わせて買いたい「おすすめ保護ケース・フィルム・バンド」も合わせて紹介をしていきます。

Apple Watch「おすすめ保護ケース」

Apple Watchに「保護ケース」を着けることで、Apple Watch本体の傷・汚れを防止したり、オシャレなカラーケースで着せ替えを楽しむことができます。

個人的に、Apple Watchのケース選びに迷ったら、『AmovoのApple Watch保護ケース』をおすすめしています。

Amovoの保護ケースは、Apple Watch側面を覆う”ケース”と、画面を保護する”ガラスフィルム”が一体型のケースです。

カバーは”ポリカーボネート”素材を採用し、傷が付きにくく耐衝撃性を搭載しています。

Apple Watch Series 7と良く似たカラーを再現したケースで、ケースを装着しても違和感を感じません。

Series 7では、アルミニウムに5色の新色カラーが出ましたが、Amovoのケースは6種類とカラバリも豊富です

Apple Watch「おすすめ保護フィルム」

Apple Watchに「保護フィルム」を着けることで、Apple Watch画面への傷やヒビ割れを防ぐことができます。

個人的に、Apple Watchのフィルム選びに迷ったら、『AUNEOSのApple Watch保護フィルム』をおすすめしています。

Apple Watchの美しい湾曲したディスプレイにもフィットする”TPUフィルム”を採用している為、非常に薄く、フィルムを貼っている違和感も無く、快適にApple Watchを操作することができます。

気になる”気泡”も数日で抜けるので、パッと見は保護フィルムを貼っていることが分かりませんよ

Apple Watch「おすすめバンド」

Apple Watchに「バンド」を着けることで、利用シーンに適した素材のバンドを着せ替えできたり、普段とは違った気分を味わうことができます。

個人的に、Apple Watchバンド選びに迷ったら、Apple純正の『ソロループバンド』をおすすめしています。

“ソロループバンド”は、繋ぎ目が無い一体型のバンドですので、(手首サイズに合えば)最適なフィット感を体験することが可能です。

繋ぎ目が無いバンドですので、サイズ調整も不要です

手首に合ったサイズを装着することで、血中酸素濃度や心拍数などを正確に測定することが可能で、ヘルスケア・ウェルネスの向上にも繋がる利便性が非常に高いバンドです。

また、Apple純正バンドのおすすめ記事を以下にも記載していますので、ぜひ参考にして頂き、お気に入りのバンドが見つかれば幸いです!

Apple純正以外のサードパーティバンドのおすすめ記事も以下に記載しています!

まとめ:【最新】AppleWatchのおすすめ充電器17選|種類や選び方も紹介

以上、Apple Watchのおすすめ充電器17選についての紹介記事でした。

Apple Watchの充電器は種類が多くて迷う方も多いと思いますが、「自分が充電器を使うシーンを考えて選ぶこと」で、自分に合うベストな充電器が見つかります!

買って失敗しない為にも、本記事のおすすめやレビュー記事を参考にして頂き、快適なApple Watch Lifeを過ごして頂ければ幸いです!

  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

fifteen − 14 =

Contents
閉じる