PITAKA:Apple Watch充電器「Power Dongle」をレビュー|スケルトン仕様が美しくて斬新!磁力で引っ付くキャップ付き

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

Apple Watchは、充電時間が”18時間”と短いことが課題の一つ。

スキマ時間に、Apple Watchを手軽にサッと充電できれば、バッテリー切れの心配もなくなるはず。

そんな中、ワンランク上の高品質ガジェットを多数扱う”PITAKA”より、Apple Watch充電器「Power Dongle」が登場

PITAKA:Power Dongle

PITAKAの「Power Dongle」があれば、手持ちのUSB-C端子搭載デバイスと接続することで、コードレスでApple Watchをかんたんに充電できます。

  • コンパクトで持ち運びしやすいApple Watch充電器が欲しい人
  • おしゃれで高級感のある充電器を探している人

本記事では、このような充電器が欲しい人にピッタリの「PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”」をレビューしていきます。

本記事は、PITAKA様から商品を提供いただき作成しています

本記事の内容(まとめ)
  • PITAKA:Apple Watch充電器「Power Dongle」をレビュー
  • PITAKA:Power Dongleの「メリット、デメリット」を紹介
  • 「他社おすすめ充電器」を比較紹介
Contents

PITAKA:Apple Watch充電器「Power Dongle」をレビュー|スケルトン仕様が美しくて斬新!磁力で引っ付くキャップ付き

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”の「特徴」

今回紹介する商品は、高品質でオシャレなスマホアクセサリーを取扱う”PITAKA”のApple Watch充電器『Power Dongle』

PITAKA:Apple Watch充電器「Power Dongle」の特徴は、次の通りです。

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”の特徴
  • USB-C端子で接続できるApple Watch充電器
    • 28gと超軽量でコンパクトなサイズ
    • 充電出力は、5W
  • スケルトンで高級感のあるデザイン
  • “キャップ”にマグネット搭載で失くす心配がない
  • Apple公認の“MFi認証”取得済み
  • カラバリは、ブラック1色
  • 価格は、6,499円
    • 充電スタンド(MagEZ Slider)とセット購入だと少しお得

PITAKAの「Power Dongle」は、(Apple Watchの磁気部が搭載した)USB-C端子で差し込みタイプのApple Watch充電器です。

同梱品(Power Dongle本体、取説)
同梱品(Power Dongle本体、取説)

磁気部+USB-C端子が一体型なので、コードレスで手軽にApple Watchを充電できることが特徴的。

USB-C端子搭載デバイス(iPad、MacBookなど)ですぐに充電できる
USB-C端子搭載デバイス(iPad、MacBookなど)ですぐに充電できる

価格は、約6,500円とまあまあ高め。

同じくPITAKAの4-in-1ワイヤレス充電器「MagEZ Slider」とセットで購入すると、約1,500円ほどお得に購入できます。

種類MagEZ SliderMagEZ Slider+Power Dongle
外観デザインMagEZ SliderMagEZ Slider+Power Dongle
付属品MagEZ Slider
モバイルバッテリー
20W充電器
充電ケーブル
MagEZ Slider
モバイルバッテリー
20W充電器
充電ケーブル
Power Dongle
価格14,999円19,999円
2種類が販売中

4-in-1ワイヤレス充電器(MagEZ Slider)のレビュー記事はこちら。よろしければ、合わせてご覧ください

スケルトンが目立つ高級感のある美しい「デザイン」

PITAKA:Power Dongleの見た目は、スケルトンが目立つ高級感のあるシンプルなデザイン

スケルトンが目立つ高級感のある美しい「デザイン」

PITAKAと言えば、”アラミド繊維”を採用したカーボンテクスチャが特徴的ですが、このドングルは、透明感のあるスケルトンな仕上がり

ガジェット好きにはたまらない”男心”をくすぐるデザインといいますか…所有欲を満たしてくれる美しいデザインです。

Power Dongle裏面
これだけでもめちゃくちゃカッコいい…

充電端子は、「USB-C」で扱いやすさ◎

Power Dongleの充電端子は、「USB type-C」。Apple Watchの磁気部とUSB端子が一体型のApple Watch充電器です。

USB-Cを採用
扱いやすいUSB-Cを採用

USB-Cが搭載した充電スタンド(MagEZ Slider)やiPad、MacBook、USB-C充電器に差し込みすれば、手軽にサッとApple Watchを充電できます。

iPadとも○
iPadとも○
電源アダプタとも○
電源アダプタとも○

また、USB-C端子を搭載したモバイルバッテリーに差込みしても、Apple Watchを充電できます。

MagSafe対応モバイルバッテリーでもOK
MagSafe対応モバイルバッテリーでもOK

マグネット搭載の「キャップ」で失くす心配がない

Power Dongleには、マグネット式の”キャップ”を搭載し、端子の反対側にマグネットで取付できます。つまり、キャップを失くす心配がいりません。

端子の反対側に、マグネットで取付できる
端子の反対側に、マグネットで取付できる

手軽に持ち運びできるコンパクト「サイズ」

Power Dongleのサイズは、「縦5.4cm×横4.0cm×厚み0.9cm(キャップ込)」。重量は、「28g」。

言うまでもなく超コンパクトです。

サイズ
サイズ
重量:28g
重量:28g

USBタイプって本当に扱いやすいんですよね。帰社/帰宅した時、デスク・リビングで一息つく時に、手持ちのスマホやiPadにサッと差し込めば、簡単にApple Watchを充電できます。

ドッキングステーションにも取付できます
ドッキングステーションでも充電できます

USB-C端子が主流になりつつ、対応デバイスも増えているので、ケーブル不要でかんたんに充電できる手軽さは、Power Dongleの強みの一つです。

カバン・財布にも楽々入るサイズですので、持ち運びに最適です

安心の「MFi認証」取得済み

Power Dongleは、Appleの基準をクリアして正式に認定を受けている証である「MFi認証(Made for Apple Watch)」を取得したデバイスです。

MFi認証済み(Made for Apple Watch)
MFi認証済み(Made for Apple Watch)

Apple Watch充電器は、サードパーティでいろんな種類が安く販売されてます。しかし、安さには理由があるもので、ほとんどは「MFi認証」を取得してない充電器が多いです。

MFi認証がないデバイスは、モノによっては「接続できない…充電できない…」のようにハズレを引くことも多い。

Yuma

経験された方も多いのでは…?

当然、MFi認証取得済みデバイスは、値段が高め。ただし、何度も買い直しするよりは、安心・確実な「MFi認証」を取得した充電器を買うほうが無難です。

「充電出力」は、Apple純正同様の5W

「充電出力」は、Apple純正同様の5W

PITKA:Power Dongleの充電性能は、次の通りです。

PITAKA:Power Dongleの「充電性能」
  • ワイヤレス充電出力:5W
  • USB-Cポート(入力):5V/1A
  • USB-Cポート(出力):5V/1A

充電性能は、Apple純正のUSB-Aケーブルと同様の「5W」出力

参考に、Apple Watch Series 7を使った充電速度の計測結果がこちら

充電時間Power Dongle
※5W
Apple純正
※急速充電
Apple純正
※通常充電
15分12%
30分25%53%42%
45分31%80%62%
1時間41%95%80%
75分52%100%92%
1.5時間62%100%
2時間81%
2.5時間100%
Apple Watch:充電速度の計測結果(目安)

・Apple純正【急速充電】=USB-C磁気充電ケーブル+20W:USB-C電源アダプタを使用
・Apple純正【通常充電】=USB-A磁気充電ケーブル+5W:USB-A電源アダプタを使用

フル充電するのにかかる時間は、約2.5時間。なぜか、Apple純正よりも劣る数値に…(測定条件が多少異なるので、あくまで目安としてください)。

とはいえ、約1時間で40%と考えると、スキマ時間にササッと充電したい時には、特に気になることなく十分使える速度だと思います。

Apple Watch Series 7では急速充電に対応しましたが、Power Dongleは、急速充電に非対応です

「MagEZ Slider」と一緒に使うと、より扱いやすく便利に!

別売ですが、同じくPITAKAより、Power Dongleを差し込んでiPhoneも合わせて充電できる「4-in-1ワイヤレス充電器:MagEZ Slider」が販売中です。

MagEZ Sliderには、Power Dongleを差込みするための”USB-Cポート”を搭載。iPhone・AirPods・Apple Watchをまとめてスタイリッシュに充電できます。

PITAKA:4-in-1ワイヤレス充電器「MagEZ Slider」
PITAKA:4-in-1ワイヤレス充電器「MagEZ Slider」
Yuma

オールインワン充電器が欲しい方におすすめです

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”の「メリット、デメリット」

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”
総合評価
( 4 )
メリット
  • スケルトンの美しいデザイン
  • マグネット搭載の”キャップ”を失くす心配がない
  • Apple Watchをコードレスで充電できる
  • 安心の”MFi認証”取得済み
デメリット
  • 価格が高い
  • USB-Aタイプが無い

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”の「メリット」

個人的に、Power Dongle最大のメリットは、スケルトンで美しいデザイン性の高さを推します!

Apple Watchの充電器は、種類も数も様々ですが、こんなにスケルトンでガジェット感満載の充電器…見たことありません。

控えめに映るロゴも美しい…
控えめに映るロゴも美しい…

いや、もう本当にカッコいいじゃないですか…。

Apple Watchの魅力は、機能性ももちろんですが、シンプルで美しさのあるデザインを好む人も多いはず。当然、充電する時もスタイリッシュに充電したいじゃないですか。

MagEZ Sliderとセットで使うとよりスタイリッシュ
MagEZ Sliderとセットで使うとよりスタイリッシュ

もちろん、Power Dongle単体で持つのも良し、充電器と一緒に使うも良しですが、どちらでも絵になります。ガジェット好きには、これ以上ないデザインです…。

また、マグネット搭載の”キャップ”も地味にかなり便利

例えば、AnkerのPortable Magnetic Chargerなど一般的なドングルは、キャップが固定できなかったり、非搭載のドングルが多いです。

Anker:Portable Magnetic Charger
充電中は、キャップの置き場所に困る…

対して、PITAKAのPower Dongleは、マグネット式充電中でも、キャップを無くすことなく固定できます。細かな配慮がされている設計は、さすがPITAKAブランドです。

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”の「デメリット」

対して、Power Dongleの気になる点は、約6,500円という価格の高さ

価格だけが気になる…
価格だけが気になる…

USBタイプの充電器で有名なメーカーは、Anker:Portable Magnetic Charger、Satechi:充電ドックなど。どちらも4,400円以下で購入できます。

機能性・重量はほぼ一緒ですが、約2,000円の価格差があると、少し手が出しづらい価格ですよね…。

せっかく買うのであれば、Power Dongle単体よりは、充電スタンド+モバイルバッテリー+Power Dongle付きの「MagEZ Slider」がおすすめ。

4-in-1ワイヤレス充電器「MagEZ Slider+Power Dongle」
4-in-1ワイヤレス充電器「MagEZ Slider+Power Dongle」

Power Dongle単体より、約1,500円お得です

他社おすすめApple Watch充電器を比較紹介

他社おすすめApple Watch充電器を比較紹介

本記事では、PITAKAのApple Watch充電器を紹介しましたが、充電器は種類が豊富で迷いますよね…。

以下に、私おすすめの充電器(USBタイプ)を厳選して紹介します!充電器選びで迷っている方の参考になれば幸いです。

スクロールできます
商品名PITAKA Power DongleAnker Portable Magnetic ChargerSatechi
USB-C充電ドック
YOFITAR 磁気充電器Maco Go
磁気充電ドック
外観デザインPITAKA:Power Dongle
特徴スケルトンの美しいデザイン+磁力式のキャップ搭載USB-CとUSB-Aの2種類から選択可能アルミ仕上げで、スタイリッシュなデザイン価格が安い超軽量でミニマムサイズ
USBタイプUSB-CUSB-C/USB-AUSB-CUSB-AUSB-C
重量28g25g30g20g10g
価格6,499円3,490円4,400円約1,700円2,980円
MFi認証
比較表:「USB」タイプ

まとめ記事はこちら

まとめ:【PITAKA】Apple Watch充電器「Power Dongle」をレビュー|スケルトン仕様が美しくて斬新!磁力で引っ付くキャップ付き

以上、PITAKAのApple Watch充電器「Power Dongle」のレビュー記事でした。

最後に、PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”がおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • 美しさ/高級感のある充電器が欲しい人
  • 充電キャップを失くす心配がある人
  • 充電スタンド(MagEZ Slider)を使いたい/使っている人
  • 安い充電器が欲しい人
  • USB-Aタイプの充電器が欲しい人

Power Dongleは、見た目の美しさに反して、価格はかなり高めです。

Power Dongle単体で買うよりは、(少しお得になる)iPhone・AirPods・Apple Watchをまとめて充電できる「MagEZ Slider」と一緒に使うことをおすすめします。

USBタイプの充電器を探している人ワイヤレス充電器が欲しい人も含めて、当記事が少しでも参考になれば幸いです。

それでは、本記事は以上です。

PITAKA:Apple Watch充電器”Power Dongle”の評価
外観デザイン/質感
95点
充電性能/使いやすさ
80点
価格
70点
総合評価
82点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
PITAKA:Power Dongle
  • USB-Cで接続できるApple Watch充電器
  • スケルトンで高級感のあるデザイン
  • マグネット搭載の”キャップ”付き
  • 価格は、6,499円と高め
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

14 + thirteen =

Contents