iPhoneのMagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選【2022年】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

iPhoneヘビーユーザーが、常備しておきたいアイテムが『モバイルバッテリー』

iPhone 12/13シリーズに搭載されているMagSafeは、iPhone背面にピタッと引っ付く手軽さが超便利で、様々なMagSafe対応アクセサリーが販売中です。

そんな便利なMagSafeアクセサリーの中でも、『MagSafe対応モバイルバッテリー』があれば、iPhoneを充電しながら片手操作することができます。

iPhoneユーザーは、一台は持っておきたいアイテムの一つですが、モバイルバッテリーの種類が多くて、どれがおすすめなのか迷う人は多いですよね…。

ということで、本記事では、「MagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選」を紹介していきます。

本記事の内容(まとめ)
  • MagSafe対応モバイルバッテリーを「選ぶ時の注意点」を解説
  • MagSafe対応モバイルバッテリー「おすすめ6選」を紹介

MagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ【今すぐチェック】

スクロールできます
Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btiWALK モバイルバッテリーPITAKA MagEZ Slider
Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btBK-AiWALK MagSafe対応モバイルバッテリーMagEZ Slider
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします
Contents

はじめに:MagSafe対応モバイルバッテリーを「選ぶ時の注意点」

まずはじめに、MagSafeモバイルバッテリーを使う「メリット・デメリット」を解説し、「MagSafe対応モバイルバッテリーを選ぶ時の注意点」を解説していきます。

先に「おすすめのMagSafe対応モバイルバッテリーを知りたい!」人は、次項の『MagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ』まで読み飛ばして下さいね

MagSafeモバイルバッテリーを選ぶ時の注意点
  • MagSafeモバイルバッテリーは、充電性能(充電回数・速度)を求めるのではなく、“iPhoneを充電しながら片手操作できる使いやすさ”を求めるべき
  • 充電性能(バッテリー容量、ワイヤレス出力、有線ケーブル出力)をチェックする
    • バッテリー容量は高くても「5,000mAh」で、フル充電は約1回だけ
    • ワイヤレスの充電出力は高くても「7.5W」で、充電速度は遅め
    • 有線ケーブルで接続すれば、一般的なモバイルバッテリーとしても使える
  • 機能性サイズ(フィット感)をチェックする

MagSafe対応モバイルバッテリーを使う「メリット」「デメリット」

メリット
デメリット
  • ワイヤレス充電しながら、片手でiPhoneを操作できる
  • 強力なマグネット搭載で、位置ズレが無く、確実に充電できる
  • 価格が高く、一部のiPhoneでしか使えない
  • 充電性能が低い

○:ワイヤレス充電しながら、片手でiPhoneを操作できる

MagSafe対応モバイルバッテリーを使うメリットは、充電ケーブルがいらない”ワイヤレス”で、iPhoneを手軽に充電できることです。

一般的なモバイルバッテリーを充電するには、Lightningケーブルを使いますよね。

充電しながらiPhoneを操作するには、バッテリーとセットで持ち歩く必要があるので、重さもあり、扱いづらさがあります。

一般的なモバイルバッテリー
一般的なモバイルバッテリー
MagSafe対応モバイルバッテリー
MagSafe対応モバイルバッテリー

対して、MagSafe対応モバイルバッテリーを使えば、iPhone背面にピタッと引っ付く“MagSafe”で、充電しながらiPhoneを片手操作することが可能です。

マグネットで引っ付くので、iPhoneが落下する心配がありません

○:強力なマグネット搭載より、位置ズレが無く、確実に充電できる

また、MagSafeモバイルバッテリーには、強力な”マグネット”が搭載されているので、位置ズレが無く、確実に充電することが可能です。

MagSafe対応モバイルバッテリー
バッテリー本体を持っても落ちないほど、マグネットは強力

今までのワイヤレス充電(Qi)では、置くだけでワイヤレス充電ができる反面、充電位置がズレると「充電できていなかった」…そんな経験をした方も多いと思います。

しかし、MagSafeを使うことで、そんな心配が不要で、確実にiPhoneを充電することができます。

「MagSafe対応のケース」を装着することで、ケースを着けたまま充電できますよ

×:価格が高く、一部のiPhoneでしか使えない

MagSafeに対応したモバイルバッテリーは、一般的なモバイルバッテリーと比較して、値段がかなり高めです。

モノにはよりますが、MagSafe搭載の有無だけで(スペックは一緒で)、約2倍の価格差があるバッテリーも存在するほど…。

とは言え、MagSafeは、iPhone 12シリーズと合わせて発売されたので、まだまだ新しい規格です。相場が下がることに期待ですね…!

また、MagSafe対応モバイルバッテリーは、一部のiPhone(12/13シリーズ)でしか使うことができない(=マグネットで引っ付かない)のもデメリットの一つ。

iPhone 12とMagSafeモバイルバッテリー
MagSafe対応ケースを使えば、着けたままでも装着できます

マグネットで引っ付く手軽さがMagSafeモバイルバッテリーの最大の魅力ですが、(一応)MagSafe充電器については、「iPhone 8以降のiPhone」や「AirPods」のAppleデバイスがMagSafeに対応しています。

参考:MagSafe充電器|Apple公式

マグネットでiPhoneとは引っ付きませんが、ワイヤレス充電規格の「Qi」に対応しているので、(一応)充電することは可能です。

  • マグネットで引っ付き充電できるのは、「iPhone 12/13シリーズのみ」
  • マグネットで引っ付かないが(一応)充電できるのは、Qi規格に対応した「iPhone 8以降のiPhone」

×:充電性能が低い

MagSafe対応モバイルバッテリーは、充電速度が遅く、フル充電できる回数が少ないなど充電性能が低いこともデメリットの一つ。

一般的なモバイルバッテリーは、有線ケーブルを使って充電しますので、当然ながら(ワイヤレスで充電する)MagSafeバッテリーと比較して、充電速度は速いです。

また、MagSafe対応モバイルバッテリーは、(モノにもよりますが)充電速度も遅く(0→100%までで約3.5時間)、フル充電できる回数も少ない(5,000mAhで、約1回)ことも特徴的です。

(例えば)iPhone 12/13 Pro Maxだと、0→100%まで充電できないほど、バッテリー容量が低いモノが多いです

MagSafe対応モバイルバッテリー
MagSafeバッテリーは、基本的に、充電性能が低い

そもそも、MagSafeに対応したモバイルバッテリーは、iPhoneにマグネットで引っ付く「手軽さ」と「コンパクトなサイズ感」が魅力的なポイント。

バッテリー本体のサイズが大きくできないので、バッテリー容量(=充電回数)が少ないのは必然とも言えますね

個人的には、MagSafe対応モバイルバッテリーに、充電回数や速度を強く求めるのではなくて、「iPhoneを充電しながら片手操作できる使いやすさ」を求めるべきだと思っています。

使い勝手より、“充電性能”を重視するのであれば、充電速度が速い「(一般的な)モバイルバッテリー」を使うことをおすすめします

充電性能(バッテリー容量、出力)をチェックする

(上記の通り)「MagSafeモバイルバッテリーは、iPhoneを片手操作できる使いやすさを求めるべき」と言っていますが…、もちろんバッテリーの充電性能は高いほうが良いですよね。

MagSafeモバイルバッテリーを選ぶ時は、「バッテリー容量」「ワイヤレスの充電出力」「有線ケーブルの出力」の3つの充電性能をチェックしましょう

  • バッテリー容量:iPhoneの充電回数【5,000mAhなど】
  • ワイヤレスの充電出力:MagSafe(マグネットで)充電時の出力電力【7.5Wなど】
  • 有線ケーブルの出力:モバイルバッテリー⇔iPhoneを有線ケーブルで接続した時の充電出力【12Wなど】

バッテリー容量は高くても「5,000mAh」で、フル充電は約1回だけ

「バッテリー容量=iPhoneの充電回数」を示します。バッテリー容量の大きさに比例して、重量は重くなります。

しかし、MagSafeモバイルバッテリーは、iPhoneのサイズに合わせて、充電しながらiPhoneを操作することを前提に作られていますので、バッテリー容量は高くても「5,000mAh」のバッテリーが多いです。

5,000mAhだと、(iPhone 12/13で)フル充電が「約1回」可能です

ワイヤレスの充電出力は高くても「7.5W」で、充電速度は遅め

「ワイヤレスの充電出力=MagSafe充電時の出力電力」を示します。充電出力の高さに比例して、充電速度は速くなります。

MagSafeの最大出力電力は”15W”ですが、(2022年時点では)高くても「最大7.5W」のワイヤレス充電出力のバッテリーが多いです。

Anker 622 Magnetic Batteryだと、フル充電(0→100%)までの速度が「約3.5時間」もかかります

有線ケーブルで接続すれば、一般的なモバイルバッテリーとしても使える

「有線ケーブルの出力=モバイルバッテリー⇔iPhoneを有線ケーブルで接続した時の充電出力」を示します。充電出力の高さに比例して、充電速度は速くなります。

「外出時に、どうしてもiPhoneを急速充電したい…!」そんな時に、MagSafeモバイルバッテリーとiPhoneを有線ケーブルで接続することで、一般的なモバイルバッテリーとしても使うことが可能です。

MagSafeモバイルバッテリーとiPhone
充電スピードを求めるならば、有線でiPhoneを充電することも可能

「(有線ケーブルを使った)モバイルバッテリー」として使う時に、充電出力が高いバッテリーを選びましょう

機能性、サイズ(フィット感)をチェックする

MagSafe対応モバイルバッテリーを選ぶ時は、機能性・サイズ(フィット感)をチェックしましょう。

MagSafeモバイルバッテリーは、”充電しながら”片手操作できる手軽さが魅力の一つ。バッテリーによっては、立て掛けられる「スタンド」が搭載されているなど“機能性”にも注目してみて下さいね。

MagSafe対応モバイルバッテリー
充電しながら立て掛けて、動画視聴を楽しめます

また、iPhoneに合わせたコンパクト設計のMagSafeですが、iPhoneに収まらず飛び出してしまうバッテリーもあるので、バッテリーサイズは必ず確認しておきましょう。

iPhone 12とMagSafeモバイルバッテリー
iPhone 12 Proで丁度良いサイズ。miniだと約1cmほどはみ出る…

特に、iPhone 12/13 miniユーザーは、バッテリーサイズの事前チェックが必須です!

MagSafeモバイルバッテリーを選ぶ時の注意点
  • MagSafeモバイルバッテリーは、充電性能(充電回数・速度)を求めるのではなく、“iPhoneを充電しながら片手操作できる使いやすさ”を求めるべき
  • 充電性能(バッテリー容量、ワイヤレス出力、有線ケーブル出力)をチェックする
    • バッテリー容量は高くても「5,000mAh」で、フル充電は約1回だけ
    • ワイヤレスの充電出力は高くても「7.5W」で、充電速度は遅め
    • 有線ケーブルで接続すれば、一般的なモバイルバッテリーとしても使える
  • 機能性、サイズ(フィット感)をチェックする

iPhoneのMagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選【2022年】

それでは、本題の「iPhoneのMagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選」を紹介していきます!

「MagSafe対応モバイルバッテリー」おすすめ!

スクロールできます
Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btiWALK モバイルバッテリーPITAKA MagEZ Slider
Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btBK-AiWALK MagSafe対応モバイルバッテリーMagEZ Slider
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

Anker:622 Magnetic Battery(MagGo)

Ankerの「622 Magnetic Battery(MagGo)」は、折りたたみ式の“スタンド”が搭載し、充電しながらiPhoneを操作できるモバイルバッテリーです。

縦置き
縦置き
横置き
横置き

iPhoneを縦/横に設置して、充電しながら動画視聴を楽しめます!

バッテリー容量は、「(MagSafeバッテリーの中では標準的な)5,000mAh」で、iPhone 12/13シリーズのiPhoneを「約1回」フル充電可能です。

重量も「約144g」と軽量で、Ankerの前モデル“PowerCore Magnetic 5000”よりも約20%薄くなったコンパクトな設計でもあることも特徴的です。

Anker MagSafe対応モバイルバッテリー
左:PowerCore Magnetic 5000、右:622 Magnetic Battery

iPhoneとピタッと引っ付くワイヤレス充電時の出力は「最大7.5W」と、前モデルよりも高出力です

Anker:PowerCore Magnetic 5000

同じくAnkerの「PowerCore Magnetic 5000」は、(上記で紹介した)622 Magnetic Batteryの一つ前のモデルのMagSafe対応モバイルバッテリーです。

新モデル”622 Magnetic Battery”よりも「0.3cm」厚くなっているものの、縦サイズが「1.2cm」も短く、iPhone 12/13 miniにもしっかりと収まるコンパクトなサイズが特徴的。

表面は、マット加工
表面は、マット加工
コンパクトなサイズ感
コンパクトなサイズ感

ワイヤレス充電出力は「最大5W」と少なめですが、バッテリー容量は「5,000mAh」と変わらず、フル充電は「約1回」可能です。

バッテリー本体が、iPhoneからはみ出さずに収まりますので、iPhone 12/13 miniユーザーにおすすめです

CIO:ハイブリッドワイヤレスバッテリー(MB20W-5000-MAS)

CIOの「ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー(MB20W-5000-MAS)」は、MagSafeを使って、iPhone+Apple Watchも一緒にワイヤレス充電ができる革新的なモデルのモバイルバッテリーです。

Apple Watchの充電出力は「最大2.5W」と少なめです

CIOバッテリーの特徴は、ワイヤレス充電出力が「7.5W」、有線ケーブルを使ったUSB-C出力が「最大20W」と充電性能が高いこと。

価格はそれなりにしますが、スタンド搭載+パススルー充電対応と機能性が高いバッテリーです

Belkin:MagSafe対応モバイルバッテリー(BPD002bt)

安心・信頼性のあるメーカー”Belkin”の「MagSafe対応モバイルバッテリー(BPD002bt)」は、110gという超軽量の持ち運び性に優れたモバイルバッテリーです。

「最大7.5W」のワイヤレス充電にも対応しています

サイズ感も「9.7×6.5×1.3cm」と小さく、手にフィットしやすいコンパクトなバッテリーであることが特徴的です。

その為、バッテリー容量は「2,500mAh」で、iPhoneのフル充電回数は「約0.5回」と小さいです。

約50%までは充電できるので、コンパクトなサイズ感を重視したい人におすすめです

iWALK:MagSafe対応モバイルバッテリー

iWALKの「MagSafe対応モバイルバッテリー」は、スマホリング付きで、スタンドとしても使える多機能なモバイルバッテリーです。

バッテリー残量がひと目で分かる「LEDインジケーター」付きです

バッテリー容量は「6,000mAh」と高めで、有線ケーブルを使った入出力も「最大18W」、ワイヤレス充電出力も「最大7.5W」と充電性能も高めです。

カラバリも「3種類」あるので、自分のiPhoneカラーに合わせて選択可能です

PITAKA:MagEZ Slider+Power Dongle

PITAKAの「MagEZ Slider」は、モバイルバッテリー単体での購入はできませんが、充電スタンドにモバイルバッテリーを格納して充電できるタイプのスタンドです。

4-in-1ワイヤレス充電器
4-in-1ワイヤレス充電器
モバイルバッテリーは取り外しできる
モバイルバッテリーは取り外しできる

モバイルバッテリーの容量は、4,000mAhと高くはありませんが、充電スタンド兼モバイルバッテリーにもなるので、控えめに言っても使い勝手はかなり良いです。

iPhoneを持ち出す時は、モバイルバッテリーも一緒に付いてくるので、バッテリーの充電し忘れ/持ち忘れを防止できます

【比較表】MagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選

スクロールできます
商品名Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btiWALK モバイルバッテリーPITAKA MagEZ Slider
外観デザインAnker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btBK-AiWALK MagSafe対応モバイルバッテリーMagEZ Slider
特徴スタンド搭載で、縦/横置きができるiPhone miniにも収まるコンパクトなサイズApple Watchも一緒に充電できる軽量でコンパクトスマホリング+LED残量インジケータ付き充電スタンド兼モバイルバッテリーとして使える
サイズ(cm)10.5×6.7×1.39.3×6.3×1.69.4×6.3×1.69.7×6.5×1.3記載なし12×13×9.5
重量144g133g150g110g記載なし113g
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh5,000mAh2,500mAh6,000mAh4,000mAh
USB-C入力12W11W18W記載なし(5W?)18W10W
USB-C出力12W10W20W記載なし(5W?)18W7.5W
ワイヤレス充電出力7.5W5W7.5W記載なし(7.5W?)7.5W5W
パススルー充電記載なし
スタンド機能
Apple Watchの充電
価格5,990円4,490円約5,500円3,980円3,980円19,999円
※スタンドとセット品
比較表:MagSafe対応モバイルバッテリー

「MagSafe対応おすすめアクセサリー」を以下に記載しています。気になる方は、参考にしてみてください

iPhoneのMagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選【2022年】

以上、iPhoneのMagSafe対応モバイルバッテリーおすすめ6選の紹介記事でした。

MagSafe対応モバイルバッテリーは、一般的なモバイルバッテリーと比較すると値段が高めですが、マグネットで簡単に脱着できる手軽さと、充電しながらiPhoneを操作できる扱いやすさは、MagSafeならではの機能ですね。

iPhone 12/13ユーザーは、ぜひ本記事を参考にして頂き、お気に入りのMagSafe対応モバイルバッテリーを見つかれば幸いです!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
スクロールできます
Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btiWALK モバイルバッテリーPITAKA MagEZ Slider
Anker 622 Magnetic BatteryAnker PowerCore Magnetic 5000CIO MB20W-5000-MASBelkin BPD002btBK-AiWALK MagSafe対応モバイルバッテリーMagEZ Slider
▲タップで、商品リンクまでジャンプします
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

thirteen + 6 =

Contents
閉じる