【Apple Watchバンド】おすすめランキング17選!おしゃれバンドをタイプ別に紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

  • Apple Watch「おすすめバンド」を知りたい!
  • 「おしゃれ」バンドが欲しい!
  • Apple Watchバンドを「選ぶ時のポイント」を知りたい!

Apple Watchバンドは、利用シーンや気分によって取替できる”カスタマイズ性”の高さが魅力の一つ。

カジュアル・ビジネスなど利用シーンに応じて取替できますが、バンドの数・種類が豊富。どのバンドを選べばいいか迷う方も多いですよね…。

Apple Watchバンド

Apple Watchのバンドは種類が豊富で、純正・非純正(サードパーティ)など様々なバンドが販売されています。

純正は価格が高めですが、質感も良く満足度が高い。

対して、Amazonなどで販売されているサードパーティバンドは、価格は安いが、品質が劣る…そのような印象を持つ方も多いのでは。

そこで本記事では、35本以上のバンドを使ってきた私が、本当におすすめしたい「Apple Watchバンドを厳選して17選」タイプ別に紹介します。

Apple Watchバンドを選ぶ時のポイントも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchバンド「選ぶ時のポイント」を解説
  • Apple Watchバンド「おすすめ10選」を紹介
  • バンドと合わせて購入したい「収納ケース」を紹介

おすすめバンド:タイプ別【今すぐチェックする】

スクロールできます
「スポーツ」タイプ「カジュアル」タイプ「ビジネス」タイプ
Apple Watch:スポーツタイプApple Watch:カジュアルタイプApple Watch:ビジネスタイプ
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします
Contents

はじめに:Apple Watchバンドを選ぶ時のポイント

はじめに:Apple Watchバンドを選ぶ時のポイント

まずはじめに、Apple Watchバンドを選ぶ時のポイントを紹介します。

ポイントを抑えることで、自分に合う最適なバンドが見つかりやすいので、ぜひ参考にしてみてください

「早くおすすめバンドを知りたい!」方は、次項「おすすめバンド」まで読み飛ばしてくださいね

「純正」か「非純正品(サードパーティ)」どちらにするか

純正か非純正品(サードパーティ)どちらにするか

Apple Watchのバンドは、Apple公式で販売している「純正品」とApple以外の会社が販売している「非純正品(サードパーティ)」の2種類があります。

Apple純正品

Apple公式が販売しているバンド。

価格は高めですが、高品質・信頼性があるので、満足度・安心感が高い

バンドによっては、無償で取替してくれるなど、サポート面が強いです。

Apple純正
Apple純正

非純正(サードパーティ)

Apple以外の会社が販売しているバンド。

純正と比較すると、サポート面・品質が劣るものの、数・種類が豊富で、価格も安く手軽に購入しやすい。

販売会社によっては、純正同等の高品質のバンドも多々販売されています。

サードパーティ
サードパーティ

価格だけで見ると、圧倒的な安さが特徴的な「サードパーティ」がおすすめ。

ただし、長期間着用すると、変色・汚れが目立つなど、トラブルが多いことも特徴的です。

モノによっては、汚れが目立つバンドも…
モノによっては、汚れが目立つバンドも…

対して、Apple純正バンドは、高品質で長期間着用しても、色褪せ・汚れが少ないことが特徴的。

Apple Watch:純正バンド
純正バンドは、質感も高く満足度が高い

ただし、純正バンド1本で、サードパーティバンドが4,5本購入できるほど”価格の高さ“が気になるところ…。

個人的には、次の選び方がおすすめです!

純正がおすすめな人
サードパーティがおすすめな人
  • 高品質・質感が高いバンドを使いたい人
  • 長期間同じバンドを着ける人
  • なるべくトラブルを避けたい人
  • できるだけ安く抑えたい人
  • バンドの着け替えを頻繁にする人
  • バンドのカスタマイズを楽しみたい人

純正バンドのおすすめは、以下記事でも紹介しています。よろしければ合わせてご覧ください

バンドサイズの「互換性」を確認する

バンドサイズの互換性を確認する
引用元:あなたにぴったりのApple Watchは?|Apple

Apple Watchのバンドサイズは、モデル(Series)によって本体ケースサイズが異なる為、バンドサイズの互換性を忘れずにチェックしましょう。

Apple Watch本体のケースサイズは、「38/40/41mm」「42/44/45mm」の計6種類があります。

  • Apple Watch Series 1・2・3では、「38mmと42mm」の2種類
  • Apple Watch Series 4・5・6・SEでは、「40mmと44mm」の2種類
  • Apple Watch Series 7では、「41mmと45mm」の2種類
Apple Watchバンドサイズの互換性

つまり、バンドとケースサイズの互換性は、「38mm=40mm=41mm」、「42mm=44mm=45mm」となります。

Series 7でも、これまでのバンドが使えますね!

Apple Watchバンドの互換性

  • Series 1・2・3の「38mm」=Series 4・5・6・SEの「40mm」=Series 7の「41mm」
  • Series 1・2・3の「42mm」=Series 4・5・6・SEの「44mm」=Series 7の「45mm」

バンドを購入する時は、Apple Watchのバンドサイズの「互換性」確認を忘れずに…!

利用シーンに応じた「素材」を選ぶ

利用シーンに応じた素材を選ぶ

Apple Watchバンドを選ぶときは、Apple Watchの利用シーンに合った「素材」を選ぶことが大切です。

バンド素材の種類は、シリコン(ゴム)・ナイロン・ステンレス・レザーなど、様々なバンド素材があります。

各バンドごとの「素材・特徴・利用シーン・価格」を比較表が、こちら

各バンドの素材・特徴(まとめ)
バンド素材ごとの特徴(まとめ)

上記の通り、Apple純正バンドの素材をまとめただけでも、種類が多く選びづらいですよね…。

大きくカテゴリ分けすると、Apple Watchバンド素材の種類は、次の4つに分類されます

シリコン(ゴム)系
シリコン(ゴム)系
ナイロン系
ナイロン系
ステンレス系
ステンレス系
レザー系
レザー系

各バンド素材によって、メリット・デメリットがありますが、「自分には、どのバンドが向いているか?」いまいちピンときませんよね…。

そこで、タイプ別でバンド選びすることをおすすめします!

次項では、タイプ別(スポーツ・カジュアル・ビジネス)の利用シーンに応じて、ランキング形式でおすすめバンドを紹介していきます!

なお、Apple公式サイトでは、モデル・ケース・バンドを自由に組み合わせられる「Apple Watch Studio」が公開されています。

Apple Watch×バンドのイメージを掴みやすいので、ぜひ活用してみてください。

【Apple Watchバンド】おすすめランキング17選!おしゃれバンドをタイプ別に紹介

それでは、本題の「Apple Watchおすすめバンド」をランキング形式で、タイプ別に紹介していきます!

タイプ別にチェックする!

スクロールできます
「スポーツ」タイプ「カジュアル」タイプ「ビジネス」タイプ
Apple Watch:スポーツタイプApple Watch:カジュアルタイプApple Watch:ビジネスタイプ
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

アクティビティなシーンに最適「スポーツ」タイプ:おすすめ5選

Apple Watch:スポーツタイプ

Apple Watchバンドの王道である「スポーツ」タイプ。

「スポーツ」バンドの種類

  • シリコン(ゴム)系
  • ナイロン系

「スポーツ」タイプの特徴

  • 軽量で、アクティビティシーンに最適
  • 速乾性・水洗いできるバンドが多く、清潔に保てる
  • ベタつかず、肌触りが良い
  • 価格が安い
「スポーツ」タイプ
「スポーツ」タイプ
メリット
デメリット
  • 軽量(スポーツ/就寝時でも使える)
  • バンドの着脱がかんたん(伸縮性がある)
  • 衛生的(バンドを水洗いできる)
  • 価格が安い
  • ビジネス/フォーマルなシーンに不向き
  • チープな見た目を感じやすい
  • シリコン系は、埃が付きやすい

運動・日常使いでも扱いやすく、とにかく安く購入できるバンドです!

「スポーツ」タイプおすすめランキング!

スクロールできます
1位2位3位4位5位
Apple:ソロループApple:スポーツバンドApple:NikeスポーツApple:スポーツループAGUPERFIT:スポーツループ
ソロループスポーツバンドNikeスポーツスポーツループスポーツループ
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

第1位:Apple「ソロループ」バンド

Apple純正の「ソロループ」バンドは、継ぎ目がない一体型バンドであることが特徴的。

Apple「ソロループ」バンド
ソロループバンド

“液状シリコーンゴム”素材で、肌にも優しく、着け心地もストレスフリー。伸縮性があるので、バンドの着脱が超楽ちんなバンドです。

伸縮性があります
サイズ調整が不要で、扱いやすさはNo.1

カラバリも豊富で選びやすく、フィット感も快適です

軽量+水洗いもできるので、スポーツ・アクティビティシーンにも向いています◎

ただし、バンドサイズが決まっているので、初めて購入する方は要注意です。

Apple公式より、「バンド測定ツール」が公開されているので、手首サイズの測定は必須です

「Apple純正は、高いよね…」という方は、サードパーティの「ソロループ(FRESHCLOUD)」がおすすめです。

サードパーティ:ソロループバンド
純正(左)と見分けがつかないほど、質感も高い…

カラバリも”10色以上”と豊富で、約1,600円という激安な価格…。バンドサイズも6種類ほどあるので、手首サイズに合わせて選択できます。

Apple純正:ソロループ

サードパーティ:ソロループ

第2位:Apple「スポーツ」バンド

Simple is the Bestとは、まさにこのこと。Apple Watchを持つ上で、扱いやすさ抜群の「スポーツバンド」。

Apple「スポーツ」バンド
スポーツバンド

アクティビティなシーンは勿論、カジュアルシーンでも良く似合うシンプルさがスタイリッシュ。もちろん、カラバリも豊富です。

Apple Watch:スポーツバンド
バンド・文字盤を組み合わせて楽しむこともできます

高耐久でゴム素材の一種の”フルオロエラストマー”で作られています

表面がサラサラしているので、装着感も違和感無し。(Apple純正の中では比較的)安いバンドですので、質感が高く失敗しないバンドが欲しい方におすすめです。

「Apple純正は、高いよ…」という方には、サードパーティで買える「スポーツバンド(Tighesen)」がおすすめ。

サードパーティ:スポーツバンド
2箇所でベルトを留めますので、外れる心配もいりません

お気に入りの服装にも合わせやすい”30種類以上“というカラバリの豊富さ、そして”800円“と安すぎる価格…。

シリコン素材ですので、薄くて軽量で、着け心地も快適。スポーティなあなたにおすすめのバンドです。

Apple純正:スポーツバンド

サードパーティ:スポーツバンド

第3位:Apple「Nikeスポーツ」バンド

皆大好き「Nike」モデルのスポーツバンド。Nikeモデルと名前の通り、スポーツ・アクティビティで大活躍するバンドです。

スポーツバンド:Nikeモデル
Nikeと言えば、このバンド

通常のスポーツバンドとは違い”通気穴”が空いているので、通気性が抜群で、汗をかいてもムレにくいバンドです。

触り心地もサラサラしていて、長時間着けていても違和感無し

「純正か…」という方は、1,000円以下で買える「スポーツバンド(METEQI)」がおすすめ。ぱっと見でも区別が付かないほど、完成度も高いです。

第4位:Apple「スポーツループ」バンド

スポーツ中に、バンドが外れるか心配…という方におすすめのバンド「スポーツループ」。

Apple「スポーツループ」バンド
丸々水洗いできる”ナイロン”を採用したバンドです

通気性が高い”ナイロン”素材を採用し、(穴空きスポーツバンド同様)湿気を逃しやすく、通気性が高いです。

バンド先端は、ナイロン&マジックテープ式でバンドを留めます。スポーツ中でも外れない安心感と、ふわふわした触り心地の装着感が特徴的。

サイズ調整が自由自在
キツめ、ユルめもお好みに。ファスナー式は、サイズ調整が自由自在

スポーツ・日常・就寝時でも一日中着けていられるほど、着け心地も快適です

第5位:AGUPERFIT「スポーツループ」バンド

「Apple純正のスポーツループは高いよ…」という方におすすめの「スポーツループ(AGUPREFIT)」バンド。

AGUPERFIT「スポーツループ」バンド

(Apple純正と比べると)ナイロン生地・マジックテープの作り込みの甘さが目立ちますが、ぱっと見はそんな変わりません。

なによりも、1,000円以下で買える激安価格

ぱっと見でも違いが分からない
ぱっと見でも違いが分からない(左:純正、右:サードパーティ)

激しいスポーツをして洗濯しないと、汗が滲んでシミができることはよくあることで…。消耗品と考えれば、このくらいの作り込みでも十分です。

スポーツループは、着けている感じがない程、とにかく軽くて快適です!

もう一度チェックする!

スクロールできます
1位2位3位4位5位
Apple:ソロループApple:スポーツバンドApple:NikeスポーツApple:スポーツループAGUPERFIT:スポーツループ
ソロループスポーツバンドNikeスポーツスポーツループスポーツループ
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

日常・就寝時でも使える「カジュアル」タイプ:おすすめ5選

Apple Watch:カジュアルタイプ

日常使いはもちろん、就寝時でも1日中着けていられる「カジュアル」タイプ。

「カジュアル」バンドの種類

  • シリコン(ゴム)系
  • レザー系
  • ナイロン系

「カジュアル」タイプの特徴

  • 軽量で、日常使い・就寝時に最適
  • 着け心地が快適で、ストレスフリーの装着感
  • 質感が高く、カジュアルなシーンでも合わせやすい
  • 手頃な価格で、気兼ねなく使える
「カジュアル」タイプ
「カジュアル」タイプ
メリット
デメリット
  • 見た目の質感が高く、オシャレ
  • 快適な着け心地(ムレにくい、通気性がある)
  • 軽量(日常/就寝時でも使える)
  • 手頃な価格(高すぎず安すぎず…)
  • ナイロン系は、速乾性が無い(乾くまで時間がかかる)
  • レザー系は、耐水性が無く、劣化しやすい
  • スポーツ時に不向き

「カジュアル」タイプおすすめランキング!

スクロールできます
1位2位3位4位5位
atelierCODEL:本革レザーApple:ブレイデッドソロループbltday:ブレイデッドソロループSpigen:ライト・フィットTasikar:スポーツループ
atelierCODEL:本革レザーApple:ブレイデッドソロループbltday:ブレイデッドソロループSpigen:ライト・フィットTasikar:スポーツループ
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

第1位:atelierCODEL「本革レザー」バンド

日常使い・就寝時でも気兼ねなく使える”ワーク・ミリタリー風”の「本革レザー(atelierCODEL)」バンド。安心の国内ブランドです。

atelierCODEL「本革レザー」バンド
ワーク・ミリタリー風で、どのシーンにも合うデザイン

バンドは、上下に分かれたセパレートタイプ。“栃木レザー×ナイロン”を組み合わせた高級感のあるデザインで、着け心地にも追求したバンドです。

ステッチの編み込みも丁寧で、質感が高い
ステッチの編み込みも丁寧で、質感が高い

植物製のタンニンなめし+染料仕上げで、使えば使うほどキズが刻まれ逆に馴染み、経年劣化を楽しめます

ベルト部分は、装着時の違和感を抑えた“ナイロン”を採用。ナイロンベルトの編み込みを粗めに仕上げることで、肌に触れる面積を抑えられます。

控えめに言っても、装着感は快適です。

ナイロンの触り心地
ナイロン部の触り心地は、柔らかくて優しさがある感じです

作り込まれたデザインと本革レザーを採用している割には、4,000円以下とお手頃な価格。

上品で落ち着いた雰囲気があり、オフィスカジュアルでも合わせやすいバンドです

詳細レビュー記事も書いています。気になる方は、合わせてご覧ください

第2位:Apple「ブレイデッドソロループ」バンド

Apple:ソロループの上位版である「ブレイデッドソロループ」バンド。

Apple「ブレイデッドソロループ」バンド
均等な編み込みが美しい…

ソロループと同じく継ぎ目がない一体型バンドですが、シリコン糸を織り込んで作られた上品さ・高級感のあるバンドです。

10,000円オーバーと勇気のいる価格ですが、着け心地はトップレベルで快適です。

ムレなし、フィット感よし、見た目よし
ムレなし、フィット感よし、見た目よし

カジュアルシーン・就寝時でも扱いやすいバンド。大事なシーンでも使えるので、持っておいて損は無いバンドの一つです

耐汗耐水性能も搭載し、水洗いもできます(速乾性は無いので、乾くまでは時間がかかります)

第3位:bltday「ブレイデッドソロループ」バンド

「Apple純正は高いよ…」という方におすすめのサードパーティ製「ブレイデッドソロループ(bltday)」バンド。

bltday「ブレイデッドソロループ」バンド
純正に近い高級感と通気性があるので、着け心地も快適

純正と同じく編み込みバンドですが、2,000円弱と手頃な価格で購入できます。

バンドの継ぎ目が無いApple純正とは違って、サイズ調節ができます。

サイズ調整が自由
バックルを開けて、好みのフィット感に調節できます

ソロループ系バンドは長さが決まっているので、サイズ選びがシビアで難しい…。ブレイデッドの装着感で、長さ調節できるのは本当に扱いやすいです。

カラバリも25色以上と豊富で、どの利用シーンでも合わせやすいバンドです

第4位:Spigen「ライト・フィット」バンド

日常使い・スポーツ時でも快適な装着感を味わえる「ライト・フィット(Spigen)」バンド。

Spigen「ライト・フィット」バンド
落ち着きのあるシックなカラー(ブラック)

ナイロン生地のような速乾性のある”ファブリック”素材を採用し、水に濡れてもすぐに乾き、日常・アクティビティでも使えるバンドです。

また、サイズの微調整ができる”バックル”付き。バンドの着け外しが面倒…という方にもぴったり。

伸縮性があるので、サッと着け替えできます。

バンドの作り込みも精密
価格の割には、バンドのソーイングも作りが細かい

約11gと超軽量で、日常・アクティビティ・カジュアルシーンでも扱いやすいバンドです

レビュー記事も書いていますので、よろしければ合わせてどうぞ

第5位:Tasikar「スポーツループ」バンド

(上記のライト・フィット)よりも手軽に安く購入できる「スポーツループ(Tasikar)」バンド。

Tasikar「スポーツループ」バンド
Tasikar:スポーツループバンド

軽くて柔らかい“ナイロン”素材を採用。伸縮性があるので、着け心地も快適で、着脱が超楽ちんなバンドです。

バックルの作り込みがチープに見えるなど、約1,400円という価格同等な印象がありますが…。着脱がしやすいのは、本当に扱いやすくて便利です。

着脱が超楽ちん
毎日着用するものだからこそ、サッと着け外ししたいですよね

カラバリは5色。全モデルのApple Watchサイズに対応しています

もう一度チェックする!

スクロールできます
1位2位3位4位5位
atelierCODEL:本革レザーApple:ブレイデッドソロループbltday:ブレイデッドソロループSpigen:ライト・フィットTasikar:スポーツループ
atelierCODEL:本革レザーApple:ブレイデッドソロループbltday:ブレイデッドソロループSpigen:ライト・フィットTasikar:スポーツループ
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

フォーマルなシーンに最適「ビジネス」タイプ:おすすめ7選

Apple Watch:ビジネスタイプ

フォーマル・冠婚葬祭など大切なシーンでも使いやすい「ビジネス」タイプ。

「ビジネス」バンドの種類

  • ステンレス系
  • レザー系

「ビジネス」タイプの特徴

  • フォーマルなど大切なシーンでも使える
  • 人とは違った特別感・高級感のあるバンドが多い
  • 重みがあり、重厚感を感じられる
  • 価格が高め
「ビジネス」タイプ
「ビジネス」タイプ
メリット
デメリット
  • 大切なシーンで扱いやすい
  • 特別感のあるバンドが多い
  • ステンレス系は、光沢があり、高級感がある
  • レザー系は、革の経年劣化を楽しめる
  • ステンレス系は、重みがあり、スポーツには不向き
  • レザー系は、耐水性が無く、劣化しやすい
  • 就寝時には、不向き
  • 価格が高めのバンドが多い

「ビジネス」タイプおすすめランキング!

スクロールできます
1位2位3位4位5位6位7位
PITAKA:カーボンBRG:ミラネーゼループSynchroBands:レザーMNBVCXZ:レザーWFEAGL:レザーDaniel Wellington:SwitchYOFITAR:ステンレス
PITAKA:カーボンバンドBRG:ミラネーゼループSynchroBands:レザーMNBVCXZ:レザーWFEAGL:レザーDaniel Wellington:switchYOFITAR:ステンレス
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

第1位:PITAKA「カーボン」バンド

ビジネス・フォーマルなシーンにぴったり。高級感+高耐久+軽量と三拍子揃った「カーボン(PITAKA)」バンド。

PITAKA:カーボンバンド
貴重な”100%カーボン”素材を採用

価格は、9,000円弱と高めですが、ビジネス・フォーマルシーンで失敗しないバンドは、これ一択!と強気に言えるほどおすすめです。

最大の特徴である“100%カーボンファイバー”を採用しているので、超軽量かつ頑丈で、スタイリッシュなデザインが特徴的です。

マグネット式
クラスプ(留め金具)はマグネット式。バンドの着脱が超かんたん

この高級感…サードパーティでは間違いなくトップクラス。特別感のあるバンドを着けたい時、大切なシーンにもマッチします。

カーボンなので、金属アレルギーの人でも問題なし
カーボンなので、金属アレルギーの人でも問題なし

カーボン特有の”高耐久+経年劣化の強さ”があるので、色褪せしにくく頑丈で傷もつきにくい。非常に満足度が高いバンドです。

ビジネスやフォーマル・カジュアル・就寝時など幅広く使えるバンドです

レビュー記事はこちらです

第2位:BRG「ミラネーゼループ」バンド

ステンレスメッシュが目立つビジネスシーンに最適な「ミラネーゼループ(BRG)」バンド。

BRG「ミラネーゼループ」バンド
ステンレスメッシュは、高級感が半端ない…

織り込まれたステンレススチールメッシュが際立つ、高級感漂う豪華なデザインが特徴的。

Apple純正のミラネーゼループよりも激安価格の約1,300円で購入できます。

Apple純正ミラネーゼループと比較
純正(左)と全く区別が付かないくらい、高品質

編み込みメッシュで通気性も良く、夏場の暑いシーンでもストレスフリーで着用できます。

コスパがかなり高いバンドですので、大事なシーンに一つ持っておくことをおすすめします

バンド先端が”マグネット式”で、サイズの微調整が自由自在です

第3位:SynchroBands「レザー」バンド

ビジネススーツ・カジュアスーツでよく似合う「レザー(SynchroBands)」バンド。

SynchroBands「レザー」バンド
見た目はレザー風で、落ち着いた印象があります

一見レザー風に見えますが、実は、バンド全体に”ネオジム磁石”が付いています。マグネット式で、バンド全体をぴたっと引っ付けられます。

サイズ調整は自由自在
もちろん、サイズ調整は自由自在

しかも、価格が約2,000円という安さ…。

見た目以上に、質感が高く扱いやすいので、大切なシーンに備えておきたいバンドです。

サイズの微調整ができるので、フィット感を重視したい方に特におすすめのバンドです

第4位:MNBVCXZ「レザー」バンド

シンプルなデザインのレザー系が欲しい方におすすめの「レザー(MNBVCXZ)」バンド。

MNBVCXZ「レザー」バンド
MNBVCXZ:レザーバンド

素材は、本革で無く”合成皮革”ですが、2,000円以下で買える割には、作り込みが精確でしっかりしています

ステッチもしっかりしている
ステッチもしっかりしていて、糸がほつれる心配がありません

カラバリも”30色以上”と豊富で、服装に合うカラーを自由に選択できます。レザー系バンド入門者におすすめです。

第5位:WFEAGL「レザー」バンド

同じくレザー系が欲しい方におすすめの「レザー(WFEAGL)」バンド。

WFEAGL「レザー」バンド

上下でバンドの色が違うタイプで、純正Hermesを感じさせる印象あるデザインが特徴的。

カラバリも40色以上+バックルカラーも豊富ですので、カジュアルオフィスにおすすめです。

Hermesチック
Hermesチックで、美しくおしゃれ

ただこの手のバンドは、(冒頭でも紹介した通り毎日着用すると色褪せしますので、汗をかきやすい夏場の使用には要注意です。

レザー系バンド全般に言えますが、定期的なメンテナンスは必須です

第6位:Daniel Wellington「Switch」バンド

大切なシーンで使うにはピッタリ。バンドとケースが一体型になった「Switch(Daniel Wellington)」バンド。

Daniel Wellington「Switch」バンド
有名ブランドのApple Watchケースです

価格が、33,000円と高いですが、圧倒的な高級感・美しさは、”ダニエル・ウェリントン”ブランドならでは。

Daniel Wellington「Switch」バンド
ステンレス素材がスタイリッシュで美しい…

やっぱりブランド品って良いですよね。一味違う特別感が満載です。

Switchのバックル
バックルは、接合部分が両側に開くタイプ

高級感・耐久性・装着感ともに言うことがありません。

梱包もしっかりしているので、大切な人へのプレゼントにも最適です

ただし、対応モデルは「Series 6/5/4/SE」のみ(Series 7は販売されていません)

詳細レビュー記事も書いています。気になる方は、合わせてご覧ください

第7位:YOFITAR「ステンレス」バンド

ビジネスシーンの王道である「ステンレス(YOFITAR)」バンド。

YOFITAR「ステンレス」バンド

高級感のある”ステンレス”素材を採用した、馴染みのあるスタイリッシュなバンド。特に、ビジネススーツ・フォーマルな服装に相性が良いです。

YOFITAR「ステンレス」バンド
この高級感は、ステンレス素材ならでは

価格は、2,600円。ステンレス系バンドにしては、手頃に購入できる価格です

「The.腕時計」という飽きの来ないデザインが特徴的。金属系バンドを1本持っておきたい方におすすめです。

もう一度チェックする!

スクロールできます
1位2位3位4位5位6位7位
PITAKA:カーボンBRG:ミラネーゼループSynchroBands:レザーMNBVCXZ:レザーWFEAGL:レザーDaniel Wellington:SwitchYOFITAR:ステンレス
PITAKA:カーボンバンドBRG:ミラネーゼループSynchroBands:レザーMNBVCXZ:レザーWFEAGL:レザーDaniel Wellington:switchYOFITAR:ステンレス
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

Apple Watchバンドと合わせて購入したい「バンド収納ケース」

Apple Watchバンド収納ケース

上記ではApple Watchバンドを紹介しましたが、バンドを揃えると困ることが、「バンドの収納場所」

バンドをそのまま放置すると、(環境によっては)汚れ・劣化の原因になるので、できるだけバンド収納ケースに入れて保管しておきたいところ。

以下に、おすすめバンド収納ケースの比較表を載せておきます

スクロールできます
商品名YOOSIDE バンド収納ケースYOOSIDE バンド収納ケース(大容量向け)Betoores ウォッチバンドケースPacmaxi バンド収納ケースTiMOVO スマートウォッチバンド収納ケースvon Holzhausen The Watch Band Portfolio
外観デザインYOOSIDE Apple Watchバンド収納ケース(大容量向け)YOOSIDE Apple Watchバンド収納ケースBetoores ウォッチバンドケースPacmaxi バンド収納ケースTiMOVO スマートウォッチバンド収納ケースvon Holzhausen The Watch Band Portfolio
特徴クルクル巻いてコンパクトに収納可能ポケット付きの多用途で使えるケース折りたたみ+ポケット付きの大容量ケース吊り下げ式+折りたたみ式の二刀流モデルバンド+アクセサリーをまとめて収納可能高級感のあるレザーを採用した最高峰ケース
バンド収納数5本10〜20本20本5本8〜16本6本
ケーブル・アダプタ収納
ケース素材キャンバス素材記載なし記載なし(丈夫で軽量な素材)ポリ塩化ビニール+フェルト素材合成樹脂+耐衝撃性のある柔らかい生地の裏地ファブリック+人工レザー
カラバリ2色5色3色2色1色1色
価格1,690円1,790円約4,400円約1,200円約7,800円12,980円
比較表:Apple Watchバンド収納ケース

個人的におすすめの収納ケースは、次の2点。

バンド本数が、〜5本までの方におすすめ

クルクルっと筒状に巻くタイプで、省スペースでコンパクトにApple Watchバンドを収納できます。

クルクル巻くタイプ
クルクル巻くタイプ
飛び出し防止付き
飛び出し防止付き

バンド本数が、10本以上〜の方におすすめ

ジッパー付き見開きタイプの大容量ケース。薄さ”約3cm”で、持ち運び性にも優れています。

大容量タイプ
大容量タイプ
詰めれば、20本ほど収納できます
詰めれば、20本ほど収納できます

詳細は以下記事で紹介しています。気になる方は、ぜひご覧ください

Apple Watch関連アクセサリーもまとめています。よろしければ、合わせてご覧ください

まとめ:【Apple Watchバンド】おすすめランキング17選!おしゃれバンドをタイプ別に紹介

以上、Apple Watchバンドのおすすめランキング紹介記事でした。

Apple Watchバンドは、種類・数が豊富ですが、利用シーンやその日の気分・ファッションに合わせて自由に着け替えできることが魅力の一つです。

純正バンドで高級感を楽しみ長く使うのもよし!サードパーティバンドを揃えて、カスタマイズを楽しむのもよし!様々な楽しみ方がありますね。

ぜひ当記事を参考にしていただき、お気に入りのバンドが見つかれば幸いです。

それでは、本記事は以上です。

  • 今回紹介した商品は、こちら

「スポーツ」タイプおすすめランキング!

スクロールできます
1位2位3位4位5位
Apple:ソロループApple:スポーツバンドApple:NikeスポーツApple:スポーツループAGUPERFIT:スポーツループ
ソロループスポーツバンドNikeスポーツスポーツループスポーツループ
▲タップで、商品リンクまでジャンプします

「カジュアル」タイプおすすめランキング!

スクロールできます
1位2位3位4位5位
atelierCODEL:本革レザーApple:ブレイデッドソロループbltday:ブレイデッドソロループSpigen:ライト・フィットTasikar:スポーツループ
atelierCODEL:本革レザーApple:ブレイデッドソロループbltday:ブレイデッドソロループSpigen:ライト・フィットTasikar:スポーツループ
▲タップで、商品リンクまでジャンプします

「ビジネス」タイプおすすめランキング!

スクロールできます
1位2位3位4位5位6位7位
PITAKA:カーボンBRG:ミラネーゼループSynchroBands:レザーMNBVCXZ:レザーWFEAGL:レザーDaniel Wellington:SwitchYOFITAR:ステンレス
PITAKA:カーボンバンドBRG:ミラネーゼループSynchroBands:レザーMNBVCXZ:レザーWFEAGL:レザーDaniel Wellington:switchYOFITAR:ステンレス
▲タップで、商品リンクまでジャンプします

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

5 × three =

Contents
閉じる