Apple Watchのセルラー・GPSモデルの違いを比較|どっちがおすすめ?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

  • Apple WatchのセルラーモデルとGPSモデルの「違い」は?
  • セルラー・GPSモデルは、どっちがおすすめ?

Series3以降(Series 7/SE)のApple Watchでは、各キャリアと契約を結ぶ「セルラーモデル」と、iPhoneとセットで使う「GPSモデル」の2種類を選択できます。

主な違いは、iPhoneが近くになくても、Apple Watch単独で通信ができるかどうかが異なります。

しかし、契約先のキャリア・ケース素材などによって、セルラーモデルが使えないなど、複雑で分かりづらいですよね…。

ということで、本記事では、Apple Watchのセルラー・GPSモデルの「違い」を詳しく解説していきます。

おすすめモデルも合わせて紹介しますので、「Apple Watchを新しく購入する方」「買い替えを検討している方」も含めて、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchの「セルラーモデルとGPSモデルの違い」を解説
  • セルラーモデル/GPSモデルが「おすすめな人」を紹介
Contents

Apple Watchのセルラー・GPSモデルの違いを比較|どっちがおすすめ?

Apple Watchを選ぶ時に必要な”携帯電話通信機能”には、iPhoneとセットで使う「GPSモデル」と、4大キャリアと契約を結ぶ「GPS+Cellular(セルラーモデル)」の2種類があります。

GPSモデル
セルラーモデル
  • 単独通信:×
  • 使い方:iPhoneとセットで使う
  • キャリア契約;不要
  • 月額費用:発生しない
  • 単独通信:○
  • 使い方:iPhoneが近くになくてもOK
  • キャリア契約:必要
  • 月額費用:発生する

主な違いは、iPhoneが近くになくても、Apple Watch単独で通信できるかどうかです。

  • GSPモデル:iPhoneが近くに必要で、Apple Watchだけで通信ができない
  • セルラーモデル:iPhoneが近くになくてもApple Watchだけで通信ができる

「GPSモデル」は、Apple WatchとiPhoneを”Bluetooth”接続して通信するため、iPhoneが近くに必要で、Apple Watchだけで単独通信ができません。

「セルラーモデル」は、4大キャリア(SoftBank、au、docomo、楽天モバイル)いずれかと契約することで、iPhoneが近くになくてもApple Watchだけで単独通信ができます。

iPhoneをセットで持つか・持たないかで、Apple Watchだけで通信できるかどうかが異なります

具体的に、「GPSモデル」と「セルラーモデル」の主な違いは、次の4つが異なります。

GPSモデルとセルラーモデルの「違い」

▲タップで、各目次までジャンプします

以下より、各項目の違いを詳しく解説していきます。

「通信方式」が違う

“GPSモデル”と”GPS+Cellular(セルラーモデル)”の違い1つ目は、「通信方式」が異なります。

Apple Watch:通信方式の違い
  • GPSモデル
    • Bluetooth/Wi-Fiで接続
  • GPS+Cellularモデル
    • 携帯電話基地局で接続(キャリア契約を結んだ場合)
    • Bluetooth/Wi-Fiで接続(キャリア契約を結ばない場合)

上記のように、キャリア契約をすると「携帯電話基地局」で通信し、キャリア契約をしないと「(iPhoneと)Bluetooth/Wi-Fi」で通信します。

キャリア契約を結ばなければ、通常の”GPSモデル”として使えます!

Apple Watchの「セルラーモデル」は、iPhoneが近くになくても、Apple Watch単独でネットワークに接続できます。

しかし、Apple Watch単独でネットワークに接続するには、次の2つの条件を満たす必要があります。

  • 4大キャリアと「iPhoneの契約」をしていること
  • 4大キャリアと「セルラー契約用のオプションサービス」に加入していること
  • 条件の1つ目は、iPhoneの契約先が「SoftBank、au、docomo、楽天モバイル」どれかと契約していること
  • 条件の2つ目は、SoftBank、au、docomo、楽天モバイルいずれかの「セルラー契約用の別途オプション」に加入していること

iPhoneとApple Watchが「同じキャリア」であることが条件

Apple Watch:セルラーモデル
セルラーモデルを使うには、4キャリアどれかと契約が必要

つまり、Apple Watchのセルラーモデルを使うには、通信キャリア(SoftBank、au、docomo、楽天モバイル)いずれかと契約して、「セルラー契約用の別途オプション」の加入が必要です。

「セルラー契約用の別途オプション」料金は、通信キャリアによって料金が異なります

キャリアごとの”料金”の違い

「格安SIM」は利用できません

上記の2つの条件を満たせば、月額385円〜から、Apple Watchだけで単独通信ができます。

  • GPSモデルとセルラーモデルは、通信方式が異なる
    • GPSモデルは、Bluetooth/Wi-Fiで接続
    • セルラーモデルは、Bluetooth/Wi-Fiで接続(キャリア契約をしない場合)
    • セルラーモデルは、携帯電話基地局で接続(キャリア契約をする場合)
  • セルラーモデルでも、キャリア契約をしなければ、通常の”GPSモデル”として使える
  • セルラーモデルを使うには、2つの条件がある
    • 4大キャリアと”iPhoneの契約”をしていること
    • 4大キャリアと”セルラー契約用のオプション”に加入していること

「使えるアプリ(機能)」の違い

“GPSモデル”と”GPS+Cellular(セルラーモデル)”の違い2つ目は、「使えるアプリ」が異なります。

アプリ(機能)GPSモデルGPS+Cellularモデル
電話の発着信
メッセージの送受信
FaceTimeオーディオの利用
Suicaのチャージ
ミュージック/Podcastのストリーミング再生
天気/地図/カレンダーAppの確認
GPSモデルとGPS+Cellularモデルの「違い」

いずれも、Apple Watchを単独利用した場合(=iPhoneが近くにない状態)を前提

上記のように「セルラーモデル」は、電話の発着信やメッセージの送受信、ミュージック/Podcastのストリーミング再生など、Apple Watch単独でネットワークに接続できます。

ただし、iPhoneが近くにない状態で、Apple Watch単独で使える機能であることに注意してください

つまり、「GPSモデル」でもiPhoneと一緒に使うことで、上記機能を全て利用できます。

iPhoneとApple Watch
iPhoneが近くにあれば、セルラー・GPSモデル共にできることは一緒

よって、iPhoneを常に持ち歩いている人であれば、Apple Watchだけで単独通信する必要がありませんので、通常の「GPSモデル」として使えばキャリア契約は不要です。

個人的には、ランニング・運動を頻繁にする人に「セルラーモデル」がおすすめです!

セルラーモデルでできる”5つのこと”も紹介しています!よろしければ、合わせてご覧ください

  • GPSモデルとセルラーモデルは、使えるアプリが異なる
    • だだし、Apple Watchの単独利用(iPhoneが近くにない状態)を前提
  • GPSモデルでも、iPhoneが近くにあれば、使えるアプリは一緒

Apple Watch本体の「ケース素材」が違う

Apple Watch:ケース素材の違い

“GPSモデル”と”GPS+Cellular(セルラーモデル)”の違い3つ目は、Apple Watch本体の「ケース素材」が異なります。

携帯電話通信機能GPSモデルGPS+Cellularモデル
ケース素材アルミニウムアルミニウム
ステンレス
チタニウム
携帯電話通信機能とケース素材の「違い」

Apple Watchのケース素材は、「アルミニウム」「ステンレス」「チタニウム」の3種類から選択できます。

アルミニウム素材は、「GPSモデル」か「セルラーモデル」を選択できますが、ステンレス・チタニウム素材は、「セルラーモデル」しか選べません(=GPSモデルが無い)。

ステンレス・チタニウム素材を選ぶと、必然的に「セルラーモデル」になりますね

上記で解説した通り)セルラーモデルでも、キャリア契約をしなければ「GPSモデル」として使えますよ

ケース素材の違いを詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください

  • GPSモデルとセルラーモデルは、ケース素材が異なる
    • アルミニウムは、GPSモデル or セルラーモデルを選択できる
    • ステンレス・チタニウムは、セルラーモデルしか選択できない

「価格」が違う

“GPSモデル”と”GPS+Cellular(セルラーモデル)”の違い4つ目は、「価格」が異なります。

スクロールできます
ケース素材携帯電話通信機能41mmサイズ45mmサイズ
アルミニウムGPS¥48,800〜¥52,800〜
GPS+Cellular¥60,800〜¥64,800〜
ステンレスGPS+Cellular¥82,800〜¥88,800〜
チタニウムGPS+Cellular¥94,800〜¥100,800〜
携帯電話通信機能と価格の「違い」

Apple Watch Series 7の価格一覧表です

上記の通り、価格差は、GPSモデル<セルラーモデルの方が高いです。

ステンレス・チタニウム素材は、GPSモデルが存在せず「GPS+Cellularモデル」のみ。同じセルラーモデルでも、アルミニウムと比べても、¥22,000〜と大きな価格差があります。

Apple Watchを安く買う方法も紹介しています!気になる方は、合わせてご参考ください

  • GPSモデルとセルラーモデルは、価格が異なる
  • GPSモデル<セルラーモデルの方が高い

セルラー・GPSモデルの「よくある質問」

セルラー・GPSモデルの「よくある質問」

Apple WatchセルラーモデルとGPSモデルの「よくある質問」をまとめましたので、紹介します!

セルラーモデル(GPS+Cellular)を購入したら、キャリア契約をしないとApple Watchは使えない?

キャリア契約をしなくても、Apple Watchは使えます。

キャリアと”セルラー契約“をしなければ、通常のGPSモデルとして使えます。

セルラーモデルは、格安SIM(UQモバイル、Y!mobile、LINEMOなど)は使える?

GPSモデルとしては使えますが、セルラーモデルとしては使えません。

セルラー契約ができる通信会社は、4社のみ対応しています(SoftBankaudocomo楽天モバイル)。

2022.6.29〜:docomoの料金プラン”ahamo”が対応しました

セルラーモデルでも「iPhone」は必要?

セルラーモデル・GPSモデルともに、iPhoneは必要です。

Apple Watch初期設定時は、手持ちのiPhoneとペアリング(同期)する必要があります。

GPSモデルでも「Apple Pay」は使える?

GPSモデルでも、Apple Pay(VISA・Quic Payなど)を使えます。

ただし、PayPayを使うには、Apple WatchとiPhoneが、”Bluetooth/Wi-Fi”で接続していないと使えません。

Apple Watchの通信が「インターネットに繋がっている状態」でないと、PayPayは使えません

次項では、セルラーモデルとGPSモデルどちらを買うべきなのか?おすすめを紹介していきます。

Apple Watch:セルラー・GPSモデルどっちがおすすめ?

Apple Watch:セルラー・GPSモデルどっちがおすすめ?
GPSモデルがおすすめな人
セルラーモデルがおすすめな人
  • iPhoneを常に持ち歩いている人
  • 価格重視の人(ケース素材にこだわりがない人)
  • バッテリー消費を少しでも抑えたい人
  • ランニング・運動を頻繁にする人
  • ちょっとした外出時に、iPhoneを持ち歩くのが面倒な人
  • iPhoneを持たずに、外出先で作業に集中したい人

Apple Watch:GPSモデルがおすすめな人

Apple WatchのGPSモデルは、iPhoneとセットで使うことでセルラー契約同様の機能を使えることがメリットの一つ。

iPhoneを常に持ち歩く人は、Apple Watchだけで単独通信する必要がないので、セルラー契約をしない「GPSモデル」がおすすめです。

GPSモデルは、iPhoneとセットで使います
GPSモデルは、iPhoneとセットで使います

GPSモデルでも、iPhoneと一緒に使えば、セルラーモデルで”できること”は一緒です

また、バッテリー消費を少しでも抑えて、長時間Apple Watchを使いたい人にも、GPSモデルがおすすめです。

Apple Watchのバッテリー稼働時間は、”18時間”と短いです。セルラーモデルは、Apple Watch単独で通信する為、(GPSモデルと比べて)バッテリー消費が激しいことが特徴的。

利用するアプリによってバッテリーの消費量は前後しますが、GPSモデルの方が、充電回数/時間を減らすことができます。

少しでもバッテリー容量を長持ちさせる方法も紹介しています。気になる方は、合わせてご覧ください

Apple Watch:セルラーモデルがおすすめな人

Apple Watch:セルラーモデルがおすすめな人

Apple Watchのセルラーモデルは、iPhoneを持ち歩かなくても(=近くになくても)Apple Watchだけで電話/メッセージの送受信などできることが一番のメリットです。

個人的には、『運動中に、通話/メッセージの送受信・音楽/ラジオのストリーミング再生などをしたい人』に、セルラーモデルをおすすめします。

Apple Watchだけで、ミュージック・Podcastを「ストリーミング再生」できる
Apple Watchだけで、ミュージック・Podcastを「ストリーミング再生」できる

iPhoneが近くにない状態(ランニング中・運動中)でも、緊急の電話やメッセージを確認できるのは、セルラーモデルの特権です。

現在の天気・位置情報(マップ)も確認しながら、ランニング・サイクリングを楽しむことはもちろん、想定外の事態に備えることができます。

ランニング中の水分補給に、PayPayでドリンクを買えますね!

また、あえてiPhoneを持たないで、外出先で仕事に集中したい人も、個人的にはセルラー契約をおすすめします。

  • iPhoneの通知が気になって、仕事に集中できない…
  • 仕事中、いつの間にかiPhoneを触っていて、SNS/ゲームをしていた…

そのような経験をした方も多いのではないでしょうか(私がそう…)。ここぞという時に集中したい時は、あえてiPhoneを持たない選択も有りです。

セルラー契約をすると、緊急時の連絡手段としても使えるので、万が一の時も安心です!

まとめ:Apple Watchのセルラー・GPSモデルの違いを比較|どちらを買うべき?

以上、AppleWatchのセルラーモデルとGPSモデルの違いの比較記事でした。

セルラーモデルとGPSモデルの一番の違いは、iPhoneが近くになくても、Apple Watch単独で通信ができるかどうかです。

Apple Watchの使い方によって選択が分かれますが、(個人的には)iPhoneを常に持ち歩く派ですので、セルラー契約をしない”GPSモデル”でも十分に使えています。

キャリアによっては、セルラー契約が無料で使えるキャンペーンを実施しています。

「セルラーモデルの使い勝手が気になる!」人は、ぜひ無料期間中にお試しいただければと思います

\キャンペーン情報をチェックする!/

最後に、記事のポイントをまとめます。

本記事の内容(まとめ)
  • セルラーモデルとGPSモデルの主な違いは、iPhoneが近くになくても、Apple Watch単独で通信ができるかどうか
    • 通信方式、使えるアプリ、ケース素材、価格も異なる
  • セルラーモデルでも、セルラー契約をしなければ”GPSモデル”として使える
  • iPhoneを常に持ち歩く人は、「GPSモデル」がおすすめ
  • 運動中に、通話/メッセージの送受信・音楽/ラジオのストリーミング再生をしたい人は、「セルラーモデル」がおすすめ

それでは、本記事は以上です。良きApple Watch Lifeをお過ごしください!

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

4 − 3 =

Contents
閉じる