MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

Apple Watchの純正バンドおすすめはコレだ!【2024年最新】

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

スマートウォッチの代表格とも言われるApple Watchでは、時計・電話・通知などの基本機能に加え、アクティビティや体調管理など、使い方が多様化しています。

そんな様々なシーンで使われるApple Watchですが、つけ心地や素材など種類が多い「バンド選び」に迷っている人も多いと思います。

さらに、Apple公式バンドである“純正”、非公式バンドのサードパーティなど・。どのバンド選べばいいの!?と思う人も多いですよね・・。

ということで、本記事では、私がおすすめするApple公式「純正バンド」を紹介します。

Yuma

Apple Watchの使い道や利用シーンに合わせたバンドを紹介しますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watch「純正バンドの種類」を紹介
  • 私がおすすめする「Apple純正バンド」を紹介
Contents

Apple Watchの純正バンドおすすめはコレだ!【2024年最新】

Apple Online Storeで販売されているApple公式の「Apple Watch純正バンド」を紹介していきます。

現在、Apple公式サイトから購入できるApple Watchバンドは、次の種類のバンドが販売されています。

「Apple Watch純正バンド」一覧

スクロールできます
スポーツソロループブレイデッドソロループスポーツループファインウーブン(旧:レザー)HermesステンレススチールUltra
スポーツバンドソロループバンドブレイデッドソロループスポーツループファインウーブンHERMESミラネーゼループUltra
▲タップで、各目次までジャンプします

スポーツバンド/NIKEスポーツバンド

スポーツバンド/NIKEスポーツバンド

まずは、Apple Watchを持つ上でマストバンドとしておすすめしたい「スポーツバンド/NIKEスポーツバンド」。

耐水性を搭載し、ワークアウト・ランニングなどのスポーティな場面に活躍するバンドです。カラーバリエーションも豊富で、自分の好きなカラーも見つけやすいバンドであることも特徴的。

Apple Watch:スポーツバンド
触り心地もサラサラしていて、ムレにくい

水洗い・消毒してもタオルで拭き取れば、乾かす必要もなく扱いやすいバンドです

Yuma

自分の手首に合うサイズ調整ができるので、つけ心地も違和感なく、ストレフリーでApple Watch Lifeを楽しめます!

NIKEスポーツバンドは、バンド表面と裏面で色が異なるタイプもあります。通気穴が空いているので、通気性が抜群で、NIKEスポーツバンドこそ運動時には最適なバンドの一つです。

Apple Watch:NIKEスポーツバンド
バンド内側には、NIKEロゴが印字されています

高耐久でゴム素材の一種の”フルオロエラストマー”で作られています

ソロループバンド

ソロループバンド

Apple Watchの「ソロループバンド」は、バンドに継ぎ目がない一体型のApple Watchバンドです。

バンド素材は、“液状シリコーンゴム“で、つけ心地も違和感がなく、肌にも優しい素材。私も愛用しているバンドの一つです。

ただし、バンドサイズが決まっているので、初めて購入する方は注意が必要

Apple公式の「Apple Watchのバンド測定ツール」がありますので、必ず測定してから購入しましょう

私は何回も購入に失敗し、これだけのソロループが手元に残っています(間違えて購入しても返品できますのでご安心を)

Apple Watch:ソロループバンド

(これだけ購入に失敗している私が)ソロループバンドを「選ぶ時のポイント」を以下に紹介しておきます。

ソロループバンドを選ぶときのポイント
  • 手首に余裕を持たせずに「ジャストフィットで使いたい人」は、少し小さめのサイズを選択する
  • 手首に「ピッタリとフィットは暑苦しくて嫌な人」は、少し大きめのサイズを選択する

ソロループ購入時は、初めは戸惑うと思いますが、Apple Watchのバンド測定ツールや上記ポイントを参考にしてみて下さい!

ブレイデッドソロループ

ブレイデッドソロループ

バンドのつなぎ目が無いシリコン糸を織り込んで作られた「ブレイデッドソロループバンド」。

通常のソロループと比べて、金額は高め・・。しかし、つけ心地は、最高です。

通常のソロループと比べても、ムレなし・フィット感よし・見た目よし、と個人的にも愛用しているバンドの一つ。

Apple Watch:ブレイデッドソロループバンド
均等な編み込みが美しい…

サイズ選びの注意点としては、ジャストサイズよりワンサイズ小さめを選ぶことを個人的にはおすすめします。

ジャストサイズだと、次のようにブカブカになりました(個人差があると思いますが…)

ジャストサイズだと、少しぶかぶか…
触り心地が気持ち良く、ソフトな質感の素材です

また、耐汗耐水性能も搭載。バンドが汚れた時は水洗いも可能です(速乾性は無いので、完全に乾くには少し時間が掛かります)。

スポーツループ/NIKEスポーツループ

スポーツループ/NIKEスポーツループ

Apple Watchの「スポーツループ」は、通気性が高いナイロン素材を採用。ソロループと比べても、暑苦しさを感じにくいバンドです。

Apple Watchバンドはどうしても肌と触れる為、汗ばんでしまいがちです。しかし、スポーツループは(ナイロン生地の為)湿気を逃しやすく、通気性が高いことが特徴的

Apple Watch:スポーツループバンド
しかも、めちゃくちゃ軽い…

ファスナー式で、サイズ調整も自由自在です

ナイロン生地は、どうしてもチープに見えがち?ですが、Apple Watchケースと組み合わせて使えば、他のバンドにも引けを取らないデザイン性の高さも売りなバンドの一つです。

オリンピックでは、各国をモチーフとした”スポーツループ限定バンド”が販売されていました。シーズンによって様々なバンドが販売されています!

オリンピック限定バンド
英国・インターナショナルコレクションスポーツループ

2023年9月に発表された新型スポーツループは、バンドで初となる”カーボンニュートラル”の認定を受けたバンド

使われている再生糸の割合は、なんと82%・・!
使われている再生糸の割合は、なんと82%・・!
Yuma

環境への取り組みをずっとしてきたAppleですが、遂に”カーボンニュートラルな製品“として登場しました!

ファインウーブン(旧:レザー)

ファインウーブン

2023年9月:Appleは環境への取り組みから(バンドを含めた)全てのApple製品でレザーを廃止することを発表

新たに発表されたApple Watchの「ファインウーブン」は、再生素材を68%も使用したスエードのような生地と質感を持ったバンド。

「マグネティックリンク」と「モダンバックル」バンドの2種類が販売されてます

マグネティックリンク
マグネティックリンク
モダンバックル
モダンバックル
  • マグネティックリンク…埋込マグネットでサイズ微調整がしやすい&スエードのような質感でつけ心地が快適なバンド
  • モダンバックル…高い耐久性&バックルが2つのパーツでできているマグネット式バンド

(今までのレザーと同等に位置する)新しい「ファインウーブン」バンドは、いずれも環境に配慮して作られていますが、洗練されたデザインやつけ心地・耐久性の高さは、レザーにも引けを取らない高級感ある仕上がりが特徴的なバンドです。

Yuma

見た目のかっこよさと美しい佇まいは、ビジネス・カジュアルシーンでも合わせやすい・・!

特にマグネティックリンクは、”磁石”でバンドを脱着できるのでサイズの微調整も合わせやすくフィット感も快適です!

サードパーティ:レザーバンド
手頃な価格で買えるサードパーティバンド。安く抑えたい方におすすめ

レザーの廃止は残念ですが、新しい”ファインウーブン”バンドは(レザーと比べて)炭素排出量を大幅に削減しているとのこと。新しく上質な生地ということで、これからの主流になりそうな予感・・!

HERMES

HERMES

高級ブランドで有名なHERMESから、Apple Watchの「HERMES」バンド。ブランド力の高さから価格も非常に高価ですが・・質感の高さやデザイン性は、他のバンドと比較しても別格です。

プライベートは勿論、ビジネスシーンでも使えるマルチな用途にも適したレザーバンドです

上質な織物にインスパイアされた4つのスタイルが登場!

4種類のHERMESバンド
  • トワルHシンプルトゥール…Hermèsらしさが特徴的なチェックのキャンバスを軽い織物で再解釈されたバンド
  • ブリドン…立体的なシェヴロンパターンに編み上げられたニット素材で作られたバンド
  • ツイルジャンプシンプルトゥール…絹のような滑らかな質感のあるウーブンナイロン素材を使われたストライプ風バンド
  • キリムシンプルトゥール…高い耐水性のある成形ラバーを採用したHermèsの中で最もスポーティなバンド
Yuma

いつものレザーは廃止されましたが、他のバンドと比べて大胆なデザインは一味違った良さを感じますよね・・

価格は高いですが、他の人とは一味違うバンドを使いたい人特別感があるバンドを使いたい人にも、一つは持っておいても損はないバンドの一つです。

ステンレススチール

ミラネーゼループ

Apple Watchの”ステンレススチール”には、「ミラネーゼループ」と「リンクブレスレット」の2種類が販売中。

まずは、織り込まれたステンレススチールメッシュで高級感が漂う「ミラネーゼループ」。バンド先端がマグネット式で、バンドサイズを気にすることなくサイズ微調整ができることが特徴的。

Apple Watch:ミラネーゼループバンド
ミラネーゼループ:ゴールド

綺麗に織り込まれたステンレスメッシュが美しいですよね・・。特に夏場なんかは、装着時の”ムレ”が気になる人も多いと思いますが・・ミラネーゼループは通気性も良く、装着時のフィット感・満足度が高いバンドの一つです。

HERMESレザーは高すぎるので、もう少し安価で高級感のあるバンドを身に付けたい…!という方にもおすすめなバンドです!

Yuma

とにかく美しさが最高!見た目重視の高級感のあるバンドを付けたい人に最適です!

また、同じくステンレス素材の「リンクブレスレット」タイプも販売中です。価格は高めですが、DLCコーティングが施され、高級感は別格です。

サードパーティでもお手頃にリンクブレスレットを購入できます
サードパーティでもお手頃にリンクブレスレットを購入できます

Ultraバンド

Ultra専用バンド

ダイビング・ランニング・クライミングなどのエクストリームスポーツに最適な”Ultra“モデル専用に作られた「Ultraバンド」。

過酷な環境元で耐えられるUltraの為にデザインされたバンドは、次の3種類が販売されています。

Ultra専用バンド
Ultraのために設計された3種類のバンド
  • アルパインループ…過酷な山道・登山でもしっかりと手首に固定できる”G字フック”を搭載した強靭なバンド
  • トレイルループ…長距離ランニングでもストレスフリーな装着感で、伸縮性もある最も薄いバンド
  • オーシャンバンド…激しいウォータースポーツでもフィット感が高く、伸縮性のあるバンド

アルパインループは、ポリエステル素材でつけ心地も違和感がなく、固定力が高いバンドの一つです。

アルパインループ
フックを引っ掛けて固定するタイプ
アルパインループ
アルパインループバンド

トレイルループは、長距離ランニングでもストレスない快適な装着感が特徴的なバンド。ナイロン素材なので、肌にも優しく普段使いや就寝時でも長く付けていられるバンドです。

トレイルループ
トレイルループ
マジックテープ式+プルタブ付きでサイズ調整が自由
マジックテープ式+プルタブ付きでサイズ調整が自由

オーシャンバンドは、ウォータースポーツ向けのチューブ状のデザインが特徴的。防水ですので、普段使いの手洗いでも気にせず使える扱いやすさのあるバンドです。

オーシャンバンド
オーシャンバンド

Ultraのケースサイズは、歴代モデルより一回り大きい「49mm」ですが、歴代Apple Watchの42/44/45mmバンドと互換性があります

Yuma

42/44/45mmケースのApple Watchユーザーでも使えるバンドです!

Ultraと相性がいいバンドの検証記事も書いてます!気になる方は合わせてご覧ください

アウトドア用・耐久力が求められるスポーツ用・ウォータースポーツ用と種目別に作られた、アスリート向けの”Ultra”仕様のバンド。過酷なスポーツをするアクティビティな方におすすめです…!

Apple Watch純正バンドで迷った時は「ソロループ」がおすすめです!

Apple Watch:ソロループバンド

上記にも紹介しましたApple Watch純正バンドですが、「結局自分にはどのバンドが良いの?」と迷った方へ、個人的に『ソロループ』バンドを激推しします!

Apple純正ソロループバンドの特徴は、次の通りです。

Apple Watchソロループバンドの「特徴」
  • バンドのつなぎ目が無い一体型バンドの為、最適なフィット感を得られる
  • バンドサイズ選びがシビアで、初めて購入する方には少し難しい
  • カラー展開が豊富で、プライベート・ビジネスシーンにも分けた好きなカラーを選択できる

Apple Watchのソロループバンドは、伸縮性がありますので、バンドを伸ばして手首に装着します。

Apple Watch:ソロループバンド
こんな感じで、ビヨーンと伸ばして脱着します

そのため、バンドの脱着も簡単で、サイズ調整をすることなく、毎日使うApple Watchをストレスフリーで脱着できます。

また、Series 7以降のApple Watchは、血中酸素濃度や心拍数などを測定できますが、ソロループバンドを使うことで、ジャストなサイズ感でApple Watchを装着できます。

Yuma

つまり、正確な測定をすることが可能で、ウェルネス向上にも最適なバンドの一つです

一点注意点を挙げるとすると、自分の手首に合ったサイズを測定して購入する必要がありますので、はじめてのサイズ選びはしっかりと行うことが大切です!

サイズ選びは、Apple公式サイトより、測定ツールを活用して、自分の手首のサイズに合ったバンドを選択できますよ

また、継ぎ目が無いバンドの種類として、Apple純正では、シンプルな1カラーが特徴的な「ソロループ」と、編み込みのあるオシャレを味わえる「ブレイデッドソロループ」の2種類が販売されています。

ソロループとブレイデッドソロループ
左:ソロループ、右:ブレイデッドソロループ

ブレイデッドソロループは、通常のソロループよりも約2倍の価格ですが、ムレが無くつけ心地が最高なバンドですので、私も愛用しているバンドの一つです。

Apple Watch:ブレイデッドソロループ
ブレイデッドは、シリコンよりもムレが無くつけ、心地も超快適です

注意点としては、ソロループとブレイデッドソロループバンドに対応するのは、Apple Watch SEとSeries 4以降のモデルのみ。つまり・・Ultraに装着することはできますが、互換性はありません

Ultraはソロループバンドと互換性がない
Ultraは49mmケースと大きいので、バンドに余りが出てくる

Ultraユーザーでソロループバンドを着けたい人は、(44/45mmサイズのApple Watch着用時で)「1つ下のサイズ」または、「ぴったりのバンドサイズ」を推奨します。

Yuma

44/45mm→49mmとサイズが大きくなったので、仕方ないですね…

まとめ:Apple Watchの純正バンドおすすめはコレだ!

以上、Apple Watchのおすすめ純正バンドの紹介記事でした。

Apple Watchは毎日着用するものですので、見た目のオシャレさはもちろんですが、装着時にストレスのない快適性を重視することも大切です。

個人的には、価格も安価でジャストサイズで装着できるソロループがおすすめですが、皆さんはいかがでしょうか。

サードパーティバンドも紹介しています。よろしければ、合わせて参考にしてみてください

このWebサイトでは、Appleデバイスガジェットなどのレビューを発信しています。

SNS(XInstagram)も更新してますので、フォローしていただけると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
スクロールできます
スポーツソロループブレイデッドソロループスポーツループファインウーブン(旧:レザー)HermesステンレススチールUltra
スポーツバンドソロループバンドブレイデッドソロループスポーツループファインウーブンHERMESミラネーゼループUltra
▲タップで、商品リンクまでジャンプします
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

5 × three =

Contents