【Apple Watch】購入後にすべき「おすすめ初期設定」13選を紹介

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

「Apple Watch購入後のおすすめ初期設定」を知りたい方へ。

Apple WatchとiPhoneのペアリングはとても簡単ですが、どんな設定をすれば便利になるのか、疑問に感じている方は多いと思います。

  • Apple Watchの初期設定は、なにをすればいい?
  • Apple Watchを新しく購入したけど、設定方法が分からない…

このような悩みを抱えている方へ。

本記事では、Apple Watch購入後にすべき「おすすめ初期設定」13選を紹介をしていきます。

新しくApple Watchを購入した方」「新しいApple Watchへ買い替えされた方」にも、おすすめの初期設定を紹介していますので、ぜひ当記事を参考にしていただければ幸いです。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watch購入後にすべき「おすすめ初期設定」13選を紹介
  • Apple Watchと合わせて購入したい「おすすめアクセサリー」を紹介
Contents

【Apple Watch】購入後にすべき「おすすめ初期設定」13選を紹介

Apple Watchを新しく購入した方買い替えされた方向けに、おすすめの初期設定を13個紹介します。

1.「通知」するアプリの整理

AppleWatchで「通知」を受取するアプリの整理を行いましょう。

AppleWatchでは、iPhoneの通知をWatch上で受取できます。ただし、様々なアプリをiPhone上にインストールしている場合は、通知が届きすぎて、鬱陶しく感じることがあります…。

  • 重要度・緊急度が高いアプリ「通知」するように設定しましょう

設定方法は、iPhoneの「Watch」「通知」をタップし、”iPhoneから通知を反映”から、通知しないアプリの「通知をオフ」にします

「通知」するアプリの整理
iPhone上で設定

また、AppleWatch上で通知を受け取った時は、アプリの通知画面で、”受取をオフ”にする設定もできます

アプリ通知の受取変更
Apple Watch上で設定

オフにしたい通知を「右からスワイプ」「…」をタップ→「オフに変更」を選択すると、iPhoneで通知は届きますが、Apple Watch上では通知を届かないように設定できます。

1時間通知を停止:選択したアプリの通知を1時間停止できます
即時通知をオンにする:集中モード利用時でも通知の受取をオンにできます

2.消音モードを「オン」にする

Apple Watchの通知は非常に便利ですが、通知音が無くても、振動(バイブ)のみでも通知に気付きますので、「消音モード」をオンにすることをおすすめします。

“消音モードをオン”にする方法は、Apple Watchの画面で「コントロールセンター」を呼び出し、消音モード(ベルマーク)を「タップ」します

消音モードを「オン」にする
Apple Watch上で設定

また、通知音を鳴らしたい方は、通知音量を調整することができます。

“通知音量の変更”は、Apple Watchの「設定」「サウンドと触覚」→通知音の音量を「調整」します

通知音量の変更方法
通知音量も変更できます

3.通知の振動を「はっきり」へ設定

通知の振動(バイブ)は、「はっきり」へ設定することがおすすめです。

触覚による通知を「オン」にすることで、AppleWatchの触覚(振動)で通知が届いたことが分かります

このバイブレーションの初期設定が「デフォルト」ですので、仕事中や作業中など手を動かしているときは、通知が届いたことに気付かないことが多いです。

通知の振動を「はっきり」に設定すれば、振動が長く手首にはっきりと伝わります。通知が気付きにくい方は、通知の振動を「はっきり」へ設定しておきましょう。

通知の振動を変更する方法は、AppleWatchの「設定」「サウンドと触覚」をタップし、触覚より「はっきり」に設定します

通知の振動を「はっきり」へ設定
通知の振動は、”はっきり”がおすすめ

4.スクリーンショットを「オフ」にする

AppleWatchでは、サイドボタンとDigitalCrownを同時に押すと、AppleWatchの画面をスクリーンショットすることができます。

ただし、誤動作(手首を曲げた時など)でスクショすることがありますので、スクリーンショットを「オフ」に設定することをおすすめします。

設定方法は、iPhoneの「Watch」「一般」→スクリーンショットをオンにするを「オフ」にします

スクリーンショットを「オフ」にする
iPhoneの”Watch”アプリから設定できます

5.不要なアプリをAppleWatch上で「表示しない」

Apple Watchで不要な(よく使っていない)アプリは、Apple Watch上で「表示しない」に設定しておきましょう。

AppleWatchは、iPhoneと比較して画面が小さい為、AppleWatch上でアプリを表示すると、本当に使いたいアプリを見つけにくく逆に使いづらくなることも…。

よく使っていないアプリは「表示しない」ことをおすすめします

設定方法は、iPhoneの「Watch」→”APPLE WATCH上にインストール済み”から、「表示しないアプリ」を選択し、AppをAppleWatchで表示をオフ」にします

不要なアプリをAppleWatch上で「表示しない」
アプリごとにON/OFFの切替ができます

6.アプリの自動ダウンロードを「オフ」にする

(上記と合わせて)iPhoneで新しくアプリをインストールした場合、”アプリの自動ダウンロードが有効”になっていると、AppleWatch上にアプリがどんどん増えていきます。

不要なアプリをApple Watchに入れたくない人は、「アプリの自動ダウンロードをオフ」に設定することをおすすめします。

設定方法は、iPhoneで「Watch」「App Store」より、自動ダウンロードを「オフ」にすることで、Apple Watch上で不要なアプリが増えていきません

アプリの自動ダウンロードを「オフ」にする
iPhoneの”Watch”アプリから設定できます

7.Apple Payを設定する【Suicaのエクスプレスカードを活用】

Apple Watch購入後は、Apple Payの登録をしておきましょう。特に『Suica』がおすすめです!

ApplePayとは、手持ちのクレジットカードを登録しておくことで、AppleWatch(またはiPhone)で電子決済ができる支払いサービスのこと

AppleWatchで『Suica』をおすすめする理由は、駅の改札通過・コンビニなどの決済を、手元のAppleWatchだけで完結する為です。

Yuma

iPhoneを取り出す→ApplePayを呼び出す…このような操作が不要です

Apple WatchのSuicaでは、「エクスプレスカード」という“Apple Watchをかざすだけ”で決済できる設定があります。

通常、AppleWatchでSuicaを利用するには、AppleWatchの”サイドボタンを2回押す”必要がありますが…。

「エクスプレスカード」に設定すると、”サイドボタンを2回押す”操作が不要になります。

Suicaを「エクスプレスカード」に設定する方法は、iPhoneの「Watch」「ウォレットとApple Pay」「My Suica」エクスプレスカードを「オン」にするだけです

Apple Payを設定する【Suicaのエクスプレスカードを活用】
iPhoneから”エクスプレスカード”の設定ができます

8.「再生中」画面を表示しない

iPhoneで音楽・動画を再生すると、(初期設定では)Apple Watchの画面上に「再生中」画面が自動表示されます。

「再生中」画面を表示しない
初期設定では、”再生中”画面が自動表示される

再生する度に”再生中”画面が自動表示されると、いつもの文字盤(画面)に戻すには、DigitalCrownを押す(または、画面左上の”<”をタップ)動作が必要で面倒ですよね…。

この「再生中」画面を表示しないように、“オーディオAppを自動起動”を「オフ」にする設定をおすすめします。

“再生中”画面を表示しない方法は、iPhoneの「Watch」「画面表示と明るさ」→「自動起動」→オーディオAppを自動起動を「オフ」にします

オーディオAppの自動起動

“再生中”画面に戻したい時は、文字盤上の音楽アイコンをタップすることで、音楽・動画再生時の”再生中”画面に戻せます

"再生中"画面に戻す方法
“再生中”画面に戻す方法

9.iPhoneでロック解除を「オン」にする

Apple Watchでは、iPhone同様に”パスコード”を設定できます。しかし、Apple Watchを装着する度に、パスコードを毎回入力するのは手間ですよね…。

そこで、iPhoneのロックを解除すると、自動的にApple Watchのロックも解除される設定を「オン」にしておきましょう。

設定方法は、Apple Watchの「パスコード」→”iPhoneでロックを解除”を「オン」にします

iPhoneでロック解除を「オン」にする

10.(マスク着用時)Apple Watchで、iPhoneの「ロックを解除」する

反対に、(マスク着用時に)Apple Watchで、iPhoneのロックを解除できる設定を「オン」にすると便利です。

マスク・サングラスを着用していても、iPhoneを覗き込めばロック解除できる機能です

設定方法は、iPhoneの「設定」「Face IDとパスコード」→APPLE WATCH上でロック解除から“○○さんのApple Watch”を「オン」にします

Apple WatchでiPhoneの「ロックを解除」する
iPhoneの「設定」アプリからオンにします

iOS 15.4より、マスクをしていても、iPhoneのロックが解除可能に

iOS 15.4以降を搭載したiPhone 12以降のモデルであれば、「マスク着用時Face ID」をオンにすることで、マスク・サングラス着用時でも、iPhoneのロックを解除できるようになりました。

設定方法は、iPhoneの「設定」「Face IDとパスコード」“マスク着用時Face ID”を「オン」にします

マスク着用時Face IDをオンに設定
iPhoneの「設定」アプリからオンにします

参考:iPhone 12以降でマスク着用時にFace IDを使う|Apple

Apple Watchで、Macの「ロックを解除」する

Macユーザーは、Apple Watchで、Macのロックを解除する設定を「オン」にすると便利です。

設定方法は、Macの「システム環境設定」「セキュリティとプライバシー」から、Macのロックを解除するApple Watchを「チェック」します

Apple Watchで、Macの「ロックを解除」する

パスコード・Touch IDを使わずに、スリープ解除できます

11.Siriの”音声フィードバック”を「消音モードで制御」にする

(手首を曲げた時など)誤ってDigtal Crownを長押し→Siriが勝手に喋りだす…このようなことがApple Watchでは度々あります。

そんな時は、Siriの音を消しておくのがベター。

つまり…Apple Watchの音声フィードバック(=Siriが音声で応答するモード)を「消音モードで制御」にチェックすることをおすすめします。

まず、Apple WatchでSiriを有効すると設定できる”音声フィードバック”は、次の3つから選択できます。

  • 常にオン:Apple Watchが”消音モード”でも、いつでもSiriが応答を読み上げる
  • 消音モードで制御:Apple Watchが”消音モード”の時は、Siriが無音で応答する(=画面だけで応答する)
  • ヘッドフォンのみ:ヘッドフォン装着時のみ、Siriが応答を読み上げる

よって、(仕事場などで)Siriが勝手に喋りだすと困るけど、Siriは有効にしておきたい時は、次の設定がおすすめです。

  • 音声フィードバックを『消音モードで制御』にチェックする
  • コントロールセンターで『消音モード』に切り替える

音声フィードバックの設定方法は、Apple Watchの「設定」「Siri」→音声フィードバックより、“消音モードで制御”に「チェック」します

Siriの"音声フィードバック"を「消音モードで制御」にする
Yuma

Apple Watchの”消音モード”をオンにすると、画面にはSiriの応答が表示されますが、音声は出ません!

12.AssistiveTouchの「ハンドジェスチャを有効」にする

Apple Watchの画面に触れなくても、手や指の動作(ハンドジェスチャ)だけで画面操作ができる“AssistiveTouch”の「ハンドジェスチャを有効」にすることをおすすめします。

AssistiveTouchとは、手・指のジェスチャでApple Watchの画面を操作できる機能のこと

AssistiveTouchは、上肢に障害がある方向けの機能ですが、片手が塞がっているなど、Apple Watchを操作できない状況で大変役に立つ機能です。

例えば…ダブルピンチに「Siri」、ダブルクレンチに「Apple Pay」を割り当てることで、各機能を呼び出せます

ハンドジェスチャを使えば、片手で呼び出し・操作できる

AssistiveTouchで「ハンドジェスチャを有効」にする方法は、iPhone/Apple Watchを使って設定できます。

設定方法・使い方の詳細は、以下記事で紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてみてください

13.「緊急SOS」を有効にする

万が一の場合に備えて、Apple Watchで「緊急SOS」を有効にすることをおすすめします。

「緊急SOS」の特徴
  • 緊急時に、Apple Watchから素早く緊急電話をかけて、助けを求めることができる
    • 自動的に緊急通報サービス(110/118/119)にかかり、位置情報を共有できる
    • 緊急連絡先に通知できる

“海外での緊急通報”機能は、Series 5以降(GPS+Cellular)・SE(GPS+Cellular)モデルで搭載

  • 転倒検出機能が使える
    • 転倒したことを自動検知して、(1分間なにも動作がない場合は)緊急通報サービスに自動通報できる
    • 緊急連絡先に通知できる

“転倒検出”機能は、Series 4以降・SEモデルで搭載

“Apple Watchが命を救った”というニュースが多く出ているほど、万が一の場合に備えることは非常に大切。

緊急SOSでは、自分の身に何かが起こった時・大きな転倒をした場合に、Apple Watchからすぐに電話をかけたり、自動通報してくれます。

Yuma

何もないことが一番ですが、いざという時に備えて”緊急SOS”を有効にしておきましょう

“緊急SOS”で素早く電話をかける方法は、iPhoneの「Watch」「緊急SOS」→”サイドボタンを長押ししてダイヤル”を「オン」にします

緊急SOS

サイドボタンを(少し長めに)押し続けると、カウントダウンが始まり、すばやく緊急電話をかけられます

“転倒検出”を有効にする方法は、iPhoneの「Watch」「緊急SOS」→転倒検出を「オン」にします

転倒検出

緊急SOSを使うと、あらかじめ登録しておいた”緊急連絡先”に、通知した旨と位置情報を通知できます。

“緊急連絡先”の追加方法は、iPhoneの「Watch」「緊急SOS」→これらの連絡先を”ヘルスケア”で編集を「タップ」後、「緊急連絡先を追加」して必要事項を入力します

緊急連絡先の追加

または、iPhoneの「設定」「ヘルスケア」「メディカルID」からでも、緊急連絡先を追加できます

Apple Watch:バッテリー容量を長持ちさせる方法

Apple Watch:バッテリー容量を長持ちさせる方法

Apple Watchは、年々充電速度が速くなっていますが、充電時間は“18時間”と変わりありません。少しでもバッテリー消費を抑えて、長時間利用したいですよね。

以下に、バッテリー容量を長持ちさせる方法(設定)を紹介します。

Yuma

自分の使い方と照らし合わせて、必要であれば設定してみてください!

Apple Watch:バッテリー容量を長持ちさせる方法
  • 「常時ディスプレイ」をオフにする
  • 「ディスプレイの明るさ」を暗くする
  • 「画面をスリープ解除」をオフにする
  • 「シアターモード」をオンにする
  • 「通知」をオフにする
  • コンプリケーションが少ない「文字盤」を使用する
  • 「Appのバックグラウンド更新」をオフにする
  • 「視覚サポート機能」をオフにする
  • 「サウンドと触覚」を調整する
  • 「機内モード」をオンにする
  • 「バッテリー充電の最適化」をオンにする

逆に使いにくくなることもあるので、自分にはいらないと思う機能を選んで設定してみましょう

設定方法の紹介は、以下記事で解説しています。気になる方は合わせてご覧ください

Apple Watchと合わせて購入したいおすすめのアクセサリーを紹介

AppleWatchと合わせて購入しておけばもっと便利になる「おすすめのアクセサリー」を項目ごとに厳選して紹介します。

AppleWatch:充電スタンド

AppleWatch:充電スタンド

AppleWatch購入時は、”磁気充電ケーブル”が付属しますが、ケーブルを固定する為の「充電スタンド」は付属しません。

ケーブルが露出になると、充電時の見栄えも悪く、充電できていなかった…そんな経験をされた人も多いと思います。

Yuma

充電スタンドがあれば、充電ミスを無くし、充電時の見栄えもスタイリッシュになりますよ

AppleWatch:保護ケース・フィルム

AppleWatch:保護ケース・フィルム

AppleWatch本体を守る「保護ケース」と「フィルム」があれば、傷や汚れを保護して、激しい運動をしても安心してApple Watchを使うことができます。

Yuma

必須ではないですが、着けているだけで“安心感”が全然違いますよ

AppleWatch:モバイルバッテリー

AppleWatch:モバイルバッテリー

Apple Watchの充電時間は、”18時間”と一日持たず、毎日の充電は必須です。バッテリーが切れて困った経験をした方も多いと思います。

“モバイルバッテリー”や”USB式の充電器”があれば、外出時でも手軽に・コードレスで充電できます。

Yuma

モバイルバッテリー充電器は、持っておいても損がないアイテムの一つですよ

Apple Watch:バンド

Apple Watch:バンド

Apple Watchバンドには、Apple純正非純正(サードパーティ)から様々な種類が販売されています。

バンドを替えるだけで、見た目・雰囲気が大きく変わりますので、ビジネス・プライベートなど様々なシーンに合わせて、自分好みのカスタマイズを楽しんでみましょう!

まとめ:【Apple Watch】購入後にすべき「おすすめ初期設定」13選を紹介

以上、Apple Watch購入後にすべきおすすめ初期設定13選の紹介記事でした。

最後に、もう一度おすすめの初期設定を載せておきます。

それでは、本記事は以上です。良きApple Watch Lifeをお過ごしください!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

five × five =

Contents