【Apple Watch】Siriが起動しない・反応しない時の対処法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「Apple WatchでSiriが起動しない・反応しない時の対処法」を知りたい方へ。

Apple Watchでは、手首を口元に近づけて「Hey,Siri」と呼びかけることで、電話・メッセージの送信や道案内など、様々なことをSiriにお願いできます。

ただし、Apple Watchに「Hey,Siri」と話しかけても何も反応しなかった経験をした人も多いはず…。

  • Apple Watchで、Siriが反応しなくなった…
  • Siriをうまく起動させるコツを知りたい!

このような悩みがある方へ。

本記事では、Apple WatchでSiriが起動しない(反応しない)時の対処法を解説します。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchで、Siriが起動しない(反応しない)時の対処法を解説
  • Apple Watchで、Siriをうまく起動させる”コツ”を紹介
Contents

【Apple Watch】Siriが起動しない・反応しない時の対処法を解説

Apple WatchSiriが起動しない(反応しない)時は、以下の項目をチェックしてみて下さい。

1.インターネット接続を確認する

1.インターネット接続を確認する

まず、Apple Watchがインターネットに接続しているか確認しましょう。

Apple WatchでSiriを起動するには、Apple WatchとペアリングしているiPhoneの「Wi-Fi」と「Bluetooth」を有効にする必要があります。

Wi-FiとBluetoothを有効にする方法は、iPhone「コントロールセンター」または「設定」アプリから、「Wi-Fi」と「Bluetooth」が有効になっているか確認しましょう。

または、「Wi-Fi」と「Bluetooth」アイコンをタップして再接続を行いましょう

2.「Siri」がオンになっているか確認する

iPhoneとApple Watchの「Siri」がオンになっているか確認します。

Apple Watchの設定内容は、iPhoneで設定した内容が反映されますので、次のようにiPhoneで設定した内容がApple Watchに反映されているか確認しましょう。

iPhoneの場合

「設定」アプリを起動し、「Siriと検索」から、「”Hey,Siri”を聞き取る」と「サイドボタンを押してSiriを使用」が有効になっているか確認します。

Apple Watchの場合

「設定」アプリから、「Siri」「”Hey,Siri”を聞き取る」が有効になっているか確認します。

3.Apple Watchのマイク・スピーカーが塞がっていないか確認する

Apple Watch本体のマイク・スピーカーが、保護ケースなどで塞がっていないか確認します。

Apple WatchのSeriesによって、マイク・スピーカー位置が異なりますが、保護ケースや埃などで、マイク・スピーカー箇所が塞がっていないか確認しましょう。

  • Series 3以前のモデルは、筐体の左側にマイク・スピーカーが設置されています
  • Series 4以降のモデルは、筐体の右側にマイク、筐体左側にスピーカーが設置されています

4.Apple Watchを再起動する

上記を試してもみてもSiriが起動しない場合は、Apple Watchを再起動してみて下さい。

Apple Watchを再起動するには、Apple Watchの本体側面にある「サイドボタンを長押し」した後、電源オフを「右へスワイプ」することで、Apple Watchの電源をオフにできます。

次に、Apple Watchの電源をオンにするには、本体側面にある「サイドボタンを長押し(Appleロゴマークが表示されるまで)」することで、Apple Watchの電源をオンにできます。

5.Appleサポートセンターへ問い合わせする

上記を試してみてもSiriが起動・反応しなかった場合、Appleのサポートセンターへ問い合わせしてみることを推奨します。

Apple公式問い合わせ窓口は、こちらから

なかなか問い合わせる時間帯が合わない..!という方にも、お問い合わせの着信が届く時間を指定することができる「Apple専用サポート」のアプリもあります。

気になる方は、ダウンロードしてみてください

Apple サポート

Apple サポート

Apple無料posted withアプリーチ

Apple Watchで「Siri」をうまく起動させるコツは?

Apple Watch でSiriを起動させるには、お馴染みのフレーズ「Hey,Siri」をApple Watchに向かって呼びかけることでSiriを起動できます。

しかし、「Hey,Siri」と呼びかけてもうまく反応せずに、恥ずかしい思いをした方も多いですよね…。

以下より、Apple Watchで「Siri」をうまく起動させるコツを紹介をしていきます。

Apple Watchで「Siri」をうまく起動させるコツ

Apple Watchで「Siri」をうまく起動させるコツは、次の通りです。

  • 手首を内側に”すばやく”ひねって、Apple Watchを口元に近づけて話す

Apple Watchで「Siriの起動」をしっかりと認識させるには、“すばやく”腕を口元に近づけて話しかけることが大切です。

Apple WatchのSeriesによってマイク位置が違うこと、腕の角度や話しかける位置によっても反応が違います

何度か試してうまくSiriを起動させる感覚を掴んでみましょう!

「手首を上げて話す」だけで、Siriが起動可能に

watchOS 5以降で搭載しているApple Watch Series3以降のモデルでは、「Hey,Siri」と呼びかけ不要で、手首を上げるだけでSiriを起動できます。

従来は、お馴染みのフレーズ「Hey,Siri」と話しかけることが、Siriを起動させる必須条件でした

しかし、Series 3以降のモデルでは、【Apple Watchを口元に近づけて話す】だけで、「Hey,Siri」の呼びかけが不要で、Siriを起動できます。

設定方法は、Apple Watchの「設定」アプリ→「Siri」を選択して、「手首を上げて話す」を有効にすることで設定完了です。

Siriを起動させる方法・使い方も以下記事で紹介しています。よろしければ合わせてご確認ください

まとめ:【Apple Watch】Siriが起動しない・反応しない時の対処法を解説

以上、Apple WatchでSiriが起動しない(反応しない)時の対処法の解説記事でした。

手首を上げてSiriを起動するには、感覚を掴むまで少し時間がかかるかと思いますが、一度感覚をつかめば、移動中・作業中どこでもSiriを起動して頼みごとができるので、Siriの活用の幅が広がりますよ!

Apple Watchの角度や位置に気をつけて何度か試してみましょう

最後に、記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント【まとめ】

  • Apple WatchでSiriが起動しない時は、以下の5つを試してみる
    • インターネット接続されているか
    • Siriがオンになっているか
    • Apple Watchのマイク・スピーカーがケースなどで塞がっていないか
    • Apple Watchの再起動
    • Appleサポートセンターへ問い合わせ
  • Apple WatchでSiriをうまく起動するコツは【手首を内側に”すばやく”ひねって、Apple Watchを口元に近づけて話す】
  • 「手首を上げて話す」を有効にすれば、Hey,Siriと呼びかけ不要で、手首を上げるだけでSiriを起動できる
  • 関連記事
  • 今回紹介した商品は、こちら

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

eight − 1 =

Contents
閉じる