Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

【Apple Watch】AssistiveTouchの設定方法・使い方を解説

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

Apple Watchの「AssistiveTouchの設定方法・使い方」を知りたい方へ。

Apple Watch Series 7の発売と同時期に公開された新しいOS「watch OS 8」。

中でも、手や指のジェスチャでApple Watchの画面を操作できる『AssistiveTouch』機能がめちゃくちゃ便利で話題に。

『AssistiveTouch』を有効にすると、Apple Watchを片手だけで様々な操作をすることが可能です。しかし、使うための設定が必要だったり、対応機種も限定されているなど、利用には注意が必要です。

  • AssistiveTouchって、なに?
  • AssistiveTouchの”対応機種”を知りたい!
  • AssistiveTouchの”設定方法”や”使い方”を知りたい!

このような悩みを抱えている方へ。

本記事では、Apple Watchの「AssistiveTouchの設定方法・使い方」を解説していきます。

本記事の内容(まとめ)
  • AssistiveTouchとは?対応機種を解説
  • AssistiveTouchの「設定方法」と「使い方」を解説
Contents

はじめに:AssistiveTouchと対応機種

『AssistiveTouch』とは?

『AssistiveTouch』とは、Apple Watchの画面に触れなくても、手や指の動作(ハンドジェスチャ)だけで、Apple Watchの画面を操作可能にする機能のことです。

watch OS 8より、『AssistiveTouch』がApple Watchに対応しました

ハンドジェスチャの動作は、4種類の動画があり、それぞれの動作に様々なアクション(機能)を割り当てすることができます。

ハンドジェスチャの動作
  • 人差し指を親指に1回タップする「ピンチ」
  • 人差し指を親指に2回タップする「ダブルピンチ」
  • 手を1回握りしめる「クレンチ」
  • 手を2回握りしめる「ダブルクレンチ」

AssistiveTouchは、上肢に障害のある方向けに、Apple Watchを使うための機能です。しかし、使い方によっては、Apple Watchを片手だけで操作すると便利になるシーンが意外とあるものです。

例えば、手が塞がっている時に、Apple Payでカード決済をする。または、Siriを起動して、今日のスケジュールや天気を確認する…等など。使い方は無限大にあります。

ダブルピンチに「Siri」、ダブルクレンチに「Apple Pay」を割り当てるとこうなります

ハンドジェスチャだけで、Apple Watchを操作できる
ゆうま

片手だけでApple Watchを操作できるって、凄く便利じゃん…!

上記は一例ですが、各ハンドジェスチャに様々なアクション(機能)を割り振りすることで、Apple Watchがさらに便利になる優れた機能が『AssistiveTouch』です!

他にも、Apple Watchの画面上のポインタを操作したり、電話に出たり、通知センターやコントロールセンターにアクセスする”アクションメニュー”を立ち上げたりすることが可能です。

AssistiveTouchは、手首や手の位置を検知する為に、Apple Watchに内蔵された”加速度センサー”や”光学式心拍センサー”やジャイロスコープを使っています

AssistiveTouchが使える「Apple Watch対応機種」

AssistiveTouchは、Series 6以降とSEモデルで利用可能

AssistiveTouch機能が使えるApple Watchの対応機種は、「Apple Watch Series 6以降」および「Apple Watch SE」が対応しています。

AssistiveTouchが使える対応機種

AssistiveTouchを使う時は、最新バージョンのwatch OSを利用しましょう

現時点では、前モデルのApple Watch Series 5や、継続販売されたApple Watch Series 3では、AssistiveTouch機能を使うことができませんので注意して下さい。

参考サイト:必要なもの|Apple WatchでAssistiveTouchを使う

【Apple Watch】AssistiveTouchの「設定方法・使い方」

事前設定:「AssistiveTouch」を有効にする

まずはじめに、iPhoneの「Watch」アプリ(または、Apple Watchの「設定」)から『AssistiveTouch』を有効にする必要があります。

『AssistiveTouch』を有効にする方法は、次のステップの通りです。

使い方1:Apple Watchを「ハンドジェスチャ」で操作する方法

Apple Watchを「ハンドジェスチャ」で操作する方法は、以下ステップの通りです。

STEP
Apple Watchを装着した手首を持ち上げて、画面周りにリングが表示されているのを確認する 
青いリングが表示されると、AssistiveTouchがONになった状態

この青いリングが表示された状態が、AssistiveTouchがONになった状態です

STEP
(リングが表示された状態で)ダブルクレンチを実施すると、AssistiveTouchが有効化されます

“ダブルクレンチ”は、デフォルト値の為、設定変更が可能です(詳細は後述)

STEP
ハンドジェスチャ動作を実施する

(AssistiveTouchが有効化された状態で)ハンドジェスチャ動作を実施することで、片手だけでApple Watchの画面を操作することが可能です。

ハンドジェスチャ動作には、ピンチ・ダブルピンチ・クレンチ・ダブルクレンチの4種類

AssistiveTouchを有効化するジェスチャを変更可能

AssistiveTouchを使うには、Apple Watchの画面がONになった後で、ジェスチャ(デフォルトは”ダブルクレンチ”)を実施する必要があります。

このジェスチャ機能ですが、デフォルトは”ダブルクレンチ”ですが、有効化するジェスチャを変更することが可能です。

「ダブルクレンチ」「ダブルピンチ」「なし」の3つから選択可能です

設定方法は、AssistiveTouchの設定から”入力”の「ハンドジェスチャ」をタップ→「有効化するジェスチャ」をタップして、上記3つのうちどれかを選択することで変更可能です。

リングカラーを変更可能

リングカラーを変更することが可能

AssistiveTouchがONになった状態を表す”リング”ですが、カラーを変更することが可能です。

リングカラーの設定方法は、AssistiveTouchの設定から、”外観モードの「カラー」をタップすることで、7色のカラーから変更することが可能です。

リングの枠を消すことも可能

また、AssistiveTouchが有効になった証であるこの”リング”を表示させないようにすることも可能です。

ゆうま

お気に入りの文字盤にリング枠が出るのは嫌だな…なんて人へOFFにすることもできます!

設定方法は、同じくAssistiveTouchの設定から、”入力”の「ハンドジェスチャ」をタップ→「有効化するジェスチャ」をタップ→ビジュアル信号を「オフ」にすることで完了です。

ハンドジェスチャの基本動作

AssistiveTouchのハンドジェスチャ動作は、4種類(ピンチ・ダブルピンチ・クレンチ・ダブルクレンチ)から、各機能を割り振りすることが可能です。

デフォルト設定では、ハンドジェスチャ動作は、以下の機能が割り振られています。

ハンドジェスチャ動作(デフォルト値)
  • ピンチ:順方向
  • ダブルピンチ:逆方向
  • クレンチ:タップ
  • ダブルクレンチ:アクションメニュー

各ジェスチャは、それぞれ機能を割り振り設定可能です

(デフォルト設定では)ピンチは、画面内の移動に使い、クレンチは決定で使用します。

ダブルクレンチでは、アクションメニューを表示することで、Digital Crownを回したり、文字盤を変えたり、時刻を読み上げたり…などの様々な動作を実施できます。

ハンドジェスチャ動作は、カスタマイズ可能

上記のハンドジェスチャ動作は、自由にカスタマイズすることが可能です。AssistiveTouchは、身体が不自由な方向けへの機能ですので、ユーザーによってベストな使い方をカスタマイズすることができますよ。

設定方法は、AssistiveTouchの設定から、”入力”の「ハンドジェスチャ」をタップ→”ジェスチャをカスタマイズ”から変更したい「ジェスチャ」をタップすることで、各機能を設定することが可能です。

iPhoneの「Watch」アプリから、カスタマイズ可能

クイックアクションを使うこともできる

Apple Watchに通知が表示された時に、クイックアクション(ハンドジェスチャ動作)を行うことで、通知内容を確認したり、画面を閉じることが可能です。

クイックアクションには、2種類の操作(ダブルクレンチ、ダブルピンチ)を実行することができます。

  • ダブルクレンチ:実行
  • ダブルピンチ:閉じる
ゆうま

電話・メールが届いた時に便利な機能です!

使い方2:Apple Watchを「モーションポインタ」で操作する方法

モーションポインタでApple Watchを操作可能

AssistiveTouchでは、Apple Watchを「モーションポインタ」として操作することが可能です。

「モーションポインタ」は、パソコンのマウスカーソルみたいなもので、Apple Watchの画面に”円のポインタ”が表示され、Apple Watchを傾けてポインタを動かすことで、操作することができる機能です。

Apple Watchを「モーションポインタ」で操作する方法は、以下ステップの通りです。

STEP
事前設定:iPhoneの「Watch」アプリを起動して、「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」→「モーションポインタ」→「滞留コントロール」を有効にする。

「シェイクで開始」を有効にして、モーションポインタをONにします

STEP
Apple Watchを装着した手首を持ち上げて、手首を揺らす(シェイク)と、モーションポインタが表示されます
「◎」がモーションポインタ
STEP
Apple Watchを傾けてポインタを動かすことで、Apple Watchの画面を操作する

モーションポインタを動かして項目を選択すると、ハンドジェスチャで項目をタップまたは、指定時間経過で自動的にモーションポインタをタップすることが可能です。

ホットエッジに、機能を設定可能

モーションポインタでは、Apple Watchの画面「上・下・左・右(ホットエッジ)」に機能を設定することが可能です。

例えば、ホットエッジの”上”に「Siri」を割り当てることで、すぐにSiriを起動することが可能です

ホットエッジ(上)にポインタを合わせることで、Siriが起動可能
ゆうま

慣れるまでには少し時間がかかりますが、ホットエッジにSiriやApple Payを設定しておけば、片手だけで様々なアクションができます!

「AssistiveTouchで承認」機能を設定する方法

AssistiveTouchを使えば、Apple Payで支払いを承認したり、Macのロック解除をする時に、Apple Watchのサイドボタンのダブルクリックを実施することが可能です。

「AssistiveTouchで承認」機能を有効にする設定方法は、以下ステップの通りです。

STEP
iPhoneの「Watch」アプリを起動して、「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」→「”AssistiveTouchで承認”を有効にする」→「Apple Watchで続ける」をタップします
STEP
Apple Watchのサイドボタンを「ダブルクリック」して、「パスコード」を入力します
STEP
再度、Apple Watchの「サイドボタン」をダブルクリックします

以上の設定で、Apple PayをAssistiveTouchで使うことが可能となります!

設定後は、ハンドジェスチャで「Apple Pay」を選択して、支払いするカードを選択します。

アクションメニューより、「Apple Payを確認」と表示されますので、”クレンチ”で承認を行うことで、Apple Payで支払いを行うことができます。

片手操作で、Apple Payの承認ができる

注意点としては、”Apple Watchのサイドボタンをダブルクリック”と一緒に使うことができません

Apple Watchのサイドボタンを手でダブルクリックすると、AssistiveTouchを使って承認を行う必要がありますので注意して下さい(今後のアップデートに期待ですね…!)。

ゆうま

片手操作でApple Payを使いたい時は、便利な機能です!
(iD・QUICK Payユーザーにおすすめ)

まとめ:【Apple Watch】AssistiveTouchの設定方法・使い方を解説

以上、Apple Watchを使ったAssistiveTouchの設定方法・使い方についての解説記事でした。

AssistiveTouchは、身体に障害のある方向けの機能ではありますが、片手が塞がっている時など、Apple Watchが操作できない状況に大変役立つ機能です。

Apple PayやSiri起動を設定するなど、自分だけのショートカット機能としてカスタマイズすれば、よりApple Watchが便利になりますね!

最後に、AssistiveTouch以外で「watch OS 8」は、新文字盤やQWERTYキーボードといった便利で役立つ機能もあります!

以下、Apple Watch 7おすすめ新機能についても記事を書いていますので、気になる方は合わせて参考にしてみて下さいね。

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 関連記事
  • 今回紹介した商品は、こちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる