AirTag(エアタグ)ケースのおすすめ10選|純正・おしゃれなブランドを紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

Appleの忘れ物防止タグであるAirTag(エアタグ)は、無くしたモノの居場所を見つけることができる優れたアクセサリー。

万が一の時に頼りになるAirTagですが、小さくて滑りやすくて、落としやすいことがデメリット。基本的に、AirTagには「ケース」の装着が必須です。

また、Apple Online StoreやAmazonでは、AirTagケースの種類が多く販売されているので、どのケースを買うべきか迷う人も多いと思います。

AirTagケース
AirTagケースは種類が豊富

ということで、私が実際に使っているケースも含めて、本記事では、「AirTag(エアタグ)ケースのおすすめ10選」を紹介していきます。

  • 「おすすめのAirTagケース」を知りたい人
  • 「AirTagケースの選び方」を知りたい人

このような悩みがある方は、当記事が参考になるかと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

本記事の内容(まとめ)
  • AirTagケースを「選ぶ時のポイント」
  • 「AirTagケースのおすすめ10選(純正・おしゃれなブランド)」を紹介

AirTagおすすめケース【今すぐ見たい人向け】

スクロールできます
Caseology ヴォールトCaseology ナノポップSpigen エア・フィットエレコム ハードバンパーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーBenazcap レザーApple ループSUPTMACX ループ
マットブラックCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム:ハードパンバーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリングAirTagケース:Benazcap レザーApple ループシリコン
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします
Contents

はじめに:AirTagケースを「選ぶ時のポイント」

AirTagケースを選ぶ時のポイント

まずはじめに、AirTagケースの「選ぶ時のポイント」を解説していきます。予備知識として知っておくと、購入時に選びやすくなりますので、ぜひご参考に。

先に「AirTagケースのおすすめを知りたい!」という人は、次項の『AirTagケースおすすめ10選』まで読み飛ばして下さいね

Airケースを「選ぶ時のポイント」

1|AirTagの「取り付け場所」を決める

AirTagの取り付け場所を決める

AirTagケース購入時は、どこに付けるか・どんな使い方をするか『取り付け場所』をあらかじめ決めておくことが大切です。

AirTagの「取り付け場所」
  • 家・車のキー
  • リュック・カバン
  • スーツケース
  • 財布
  • 首輪
  • 自転車など…

理由は、取り付け場所によって、向いているAirTagケースの”種類”が異なる為です。例えると、次の通りです。

  • 家や車のキーには、一度付けると外れにくい「キーリング型」
  • リュックやカバンには、手軽に取り外しできる「カラビナ型」「ループ型」
  • 財布に入れるには、邪魔にならない「カード型」

基本的に、AirTagを取り付けする場所のカテゴリ(キー、カバン、財布など)って固定しますよね(AirTagの名前を変更しませんよね)。

つまり、どのような場所に付けるのか?取り外す必要があるか?を考えることで、AirTagケースの「種類」や「素材」が決まっていくはずです。

ということで、次項のケース「種類」や「素材」をチェックした上で、自分に合うAirTagケースを選んでいきましょう。

2|AirTagケースの「種類」をチェック

AirTagのケースには、大きく分けて、次の4つの「種類」があります。

スクロールできます
AirTagケースの種類キーリング型カラビナ型ループ型カード型
外観キーリング型カラビナ型ループ型カード型
特徴固定力◎
付け外しが面倒
付け外しが簡単
外れる可能性がある
付け外しが簡単
外れる可能性がある
財布に綺麗に収まる
財布以外に使えない
おすすめの取付場所家,車のキー
自転車
首輪
家,車のキー
リュック,カバン
首輪
リュック,カバン
ポーチ
スーツケース
財布
AirTagケースの「種類」

各ケースの種類によって、最適な取り付け場所・特徴が異なります。ケースをどこに付けるか・どんな使い方をするかを意識して、AirTagケースを選んでみて下さい。

3|AirTagケースの「素材」をチェック

AirTagケースには、大きく分けて、次の4つの「素材」があります。

スクロールできます
AirTagケースの素材TPUPCシリコンレザー
外観TPUカード型シリコンレザー
メリット耐衝撃性が高い
薄くて軽量
耐衝撃性が高い
薄くて軽量
耐水性が高い
持ちやすい
高級感がある
デメリット耐熱性が低い表面がツルツルで落としやすい見た目がチープ
埃,汚れが付きやすい
耐水性が低い
高価
AirTagケースの「素材」

TPU=熱可塑性ポリウレタン
PC=ポリカーボネート

意外と見落としなのが、ケースの「素材」。AirTagには、IP67等級の耐水性能を備えていますが、肝心なケースも”耐水性能”がないと元も子もありませんね…。

フォーマルな利用シーンには「レザー」、アウトドアシーンには「TPU、PC」、水回り・首輪などの利用シーンには「シリコン」など、利用シーンに応じた素材を選択することも大切です。

AirTagケースを「選ぶ時のポイント」

  • ケースの「取り付け場所」を決める
  • ケースの「種類」をチェック
  • ケースの「素材」をチェック

AirTag(エアタグ)ケースのおすすめ10選|純正・おしゃれなブランドを紹介

AirTag(エアタグ)ケースのおすすめ10選|純正・おしゃれなブランドを紹介

それでは、本題の「AirTagケースのおすすめ10選」を紹介していきます。

はじめに、AirTagのおすすめケースの比較表が、次の通りです。

スクロールできます
商品名Caseology ヴォールトCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム ハードバンパーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーBenazcap レザーApple ループSUPTMAX ループ
デザインマットブラックCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム:ハードパンバーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリングAirTagケース:Benazcap レザーApple ループシリコン
特徴カーボン風で高級感が漂うケース二重構造で、AirTagをしっかりと保護カード型デザインのケーススリムな形状のカード型栓抜きとしても使えるアウトドア向け挟んで捻るタイプのシンプルなケース上質レザーを使った最高峰ケースフェイクレザーの格安モデルケースとストラップが一体型耐水に強いシリコンの一体型ケース
素材TPU、ゴムTPU、ゴム、シリコンPCABSエラストマーTPU、シリコンプラスチックヨーロピアンレザーPUレザーポリウレタンシリコン、PC
種類カラビナカラビナカラビナカラビナ、キーリングキーリングキーリングキーリングループループ
カラバリ3色1色1色2色1色4色8色4色5色4色
重量18g32g24g10g42g8g10g10g7g4g
価格約1,600円約1,800円約2,500円1,580円約2,600円1,580円4,500円約500円/個3,800円680円
比較表:AirTagケース

AirTagケース:Caseology「ヴォールト」※カラビナ

Caseologyの「AirTagケース”ヴォールト”」は、斜線のスリット入りが特徴的なスタイリッシュなデザインのAirTagケースです。

AirTagケース:Caseology ヴォールト
カーボンフィーバ仕上げで、高級感が漂います

カーボン風の”TPU素材”でできているので、耐衝撃性が高く、ぶつけやすいAirTagを保護してくれます。また、サイドは凹凸のあるサンドストーン加工で、触り心地は優しい感じで、質感が高いケースです。

カラバリは「3種類」でどのカラーも大人の雰囲気のある上品さがあります。しかも、価格も約1,600円と非常にリーズナブル。

家・車のキーとマッチしやすい落ち着いた色合いのケースですので、個人的にも愛用し続けているケースの一つです。

AirTagケース:Caseology ヴォールト
カラーは、マットブラック

カラビナ付きですので、家のキーやリュック・カバンと合うケースです

AirTagケース:Caseology「ナノポップ」※カラビナ

同じくCaseologyの「AirTagケース”ナノポップ”」は、上記”ヴォールト”の後継モデル。

多くのAirTagケースは、はめ込み式で、AirTagの両面が露出しがちですが、本ケースは、AirTagの片面を完全保護してくれます。

ケース素材は、柔軟性と弾力性のある”TPU素材”で耐久性に優れたケースです。また、ケースは二重構造でAirTagをはめ込みますので、AirTagが落下する心配も不要です。

AirTagケース:Caseology ナノポップ
引用元:Amazon

上記の”ヴォールト”よりは、カジュアルなファッションにも合うケースです

AirTagケース:Spigen「エア・フィット」※カード

Spigenの「AirTagケース”エア・フィット”」は、財布に収納できるカード型のAirTagケースです。AirTagを2つのプレートで挟み込むタイプですので、AirTagが落下する心配が不要です。

ケース素材は、耐衝撃性が高い”PC素材”を採用。AirTagの縁を全面保護しますので、ケースを落としたりぶつけたりしても安心です。

基本的に、AirTagは無くしたいモノに取付けますが、外出時に無くしたいモノトップ3が「財布」ですよね。

カード型ケースは、小銭スペースでも無く、財布に直接収納・固定できるので、安心感が全然違います。

AirTagケース:Spigen エア・フィット

また、リュックやカバンにも取付けできる”カラビナ”付きですが、フックの強度が強いとは言えない強度。リュックやカバンに付けるよりは、財布専用として使ったほうが良いです。

AirTagケース:Spigen エア・フィット
シンプルなホワイト1色のカラーは、Appleデバイスとも相性が良い

カラバリは、ホワイト1色のみです

AirTagケース:エレコム「ハードバンパー」※カード

エレコムの「AirTagケース”ハードバンパー”」は、財布に収納できるカード型デザインのAirTagケースです。

クレカなどのカードサイズより一回り小さく設計されており、財布ポケットに収納しやすいスリムな形状が特徴的。

AirTagは少し厚みがあるので、財布ポケットに入れる時はかさばりがち…。対して、エレコムのケースは、AirTag以外の箇所が薄いので利用者にとって優しいケースです。

上記の“Spigen:エア・フィット”ケースよりも安く購入できますよ

AirTagケース:Spigen「ラギッド・アーマー」※カラビナ

Spigenの「AirTagケース”ラギッド・アーマー”」は、アウトドアなどのハード環境に最適な耐衝撃を備えたケースです。

AirTagケース:Spigen ラギッド・アーマー

Apple WatchケースAirPodsケースでも大人気な「ラギッド・アーマー」シリーズです

Spigenの「ラギッド・アーマー」シリーズは、耐衝撃に強く頑丈なケースであることが特徴的。カラビナだけではなく、“キーリング”も付属しているので、用途に応じて付け替えすることができます。

歴代シリーズ同様に、ケース両サイドには、お馴染みのカーボンテクスチャーが印象に残るデザイン。マット調なブラックで、ケースだけでも上品さを感じますし、なによりもカッコイイ。

AirTagケース:Spigen ラギッド・アーマー
内側にはAirTagをピッタリと収納する”溝”があり、フィット感も◎

価格が”2,590円”と少し高めではあるものの、外観デザインもスタイリッシュで多用途で使える点は、さすがのSpigenブランド。

AirTagケース:Spigen ラギッド・アーマー
キーリングに付けてもスタイリッシュ

クライミング・アウトドア向けのリュック・カバンには相性抜群のケースです

AirTagケース:Belkin「セキュアホルダー」※キーリング

Apple Online Storeでも商品が並ぶほど信頼性のあるBelkinの「AirTagケース”セキュアホルダー”」は、挟んで捻るだけで簡単に取付けできるキーリング型のAirTagケースです。

AirTagケース:Belkin セキュアホルダー

AirTagをケースで挟み込んで取付し、さらに付属の”キーリング”でロックしますので、AirTagが落下する心配は不要です

また、AirTagにはスピーカーが内蔵しているので、(音が聞こえるように)AirTagの表裏面は露出になりがち。AirTagの縁は守るけど、表裏面は傷が付きやすい設計のケースが多いです。

しかし、本ケースは、AirTagの表裏面に傷が付かないように、エッジが高く設計されているので、(多少は)ぶつけたり落としても傷が付きにくいことが特徴的です。

AirTagケース:Belkin セキュアホルダー
AirTagに傷がつかないように、ケースのエッジが高い

なによりもシンプル過ぎるデザインが個人的には好み。カラバリも”4種類”ありますので、カジュアルからキレイめのバックなど、使える幅が広いのも使い勝手が良いです。

AirTagケース:Belkin セキュアホルダー

価格も”1,580円”と購入しやすい価格です

AirTagケース:Apple「レザー」※キーリング

Apple純正の「AirTagケース”レザーキーリング”」は、最上質なヨーロピアンレザーを使ったAirTagケースの最高峰。勿論、純正ですので価格は”4,500円”とAirTagを上回るほど高価です。

AirTagケース:Apple レザー

Appleのヨーロピアンレザーは特殊ななめし加工が施されているので、触り心地が柔らかくて優しい感じ。サードパーティの激安レザーと比較しても、一目瞭然です。

AirTagケース:Apple レザー
ステッチ・金具の作りも全然違います(左:サードパーティ、右:純正)

純正レザーには、ステンレススチールで作られた”キーリング”が付属していますが、美しさが全然違います(ひっそりと、”Designed by Apple in California”が刻字されています)。

AirTagケース:Apple レザー
キーリングにもこだわりがある

フォーマルなバックから、カジュアルなバックまで、どんなモノでも似合いやすいケースです

AirTagケース:Benazcap「レザー」※キーリング

Benazcapの「AirTagケース”レザー”」は、フェイクレザーを使ったキーリング型のAirTagケース。4個セットの購入となりますが、1個あたりの値段はなんと500円。安すぎる…。

上記画像の通り、サードパーティのレザーは、ケース・ボタンの厚みがあるので、スタイリッシュじゃないことが多いです。

AirTagレザーの比較
ボタンやケースの厚みが違う(左:サードパーティ、右:純正)

しかし、本ケースは純正に近いスタイリッシュを再現したケースですので、Amazonでも高評価なケースの一つ。純正レザーは高いけど、レザーを使ってみたい人におすすめのケースです。

AirTagケース:Apple「ループ」※ループ

Apple純正の「AirTagループ」は、ケースとストラップが一体型のAirTagケースです。純正ということで、AirTag一個分と同じ価格の”3,800円”と価格は高めです。

引用元:Amazon

ケース素材は、”ポリウレタン”を採用しているので、軽量で耐久性・伸縮性を持っているので、AirTagの着脱が簡単であることも特徴的。

リュック・カバンは勿論、スーツケースにも付けやすいケースです

AirTagケース:SUPTMAX「シリコン」※ループ

SUPTOMAXの「AirTagシリコンケース(ループ型)」は、ケースとストラップが一体型のケース。シリコン素材ですので水気に強く、ケースをそのまま水洗いすることが可能です。

ループ型のケースですので、場所を選ばない付けやすさも良いですし。なによりも”680円”という低価格で購入可能ですので、AirTag購入時の始めのケースとしてもおすすめです。

周辺機器1:AirTag用フィルム

AirTagケースと合わせて購入しておきたい周辺機器として、「AirTagの保護フィルム」もおすすめです。

AirTagのケースは、AirTagの縁を保護するものが多く、肝心のAirTag表裏面を保護するケースが少ないです。約1年間、キーリングと一緒に使い続けると、結構傷が付くものです…。

AirTag用保護フィルム
裸で使うと傷が目立つ…

無いと困るモノではありませんが、5枚入りで1,000円以下で購入できますので、AirTagの綺麗な状態を保ちたい人は、検討してはいかがでしょうか。

周辺機器2:AirTag用電池

AirTagを動かすための「AirTag用電池」は、”CR2032(3V)”のコイン型のリチウム電池を推奨されています。

AirTagの電池寿命は”約1年間”で、電池交換のタイミングは、iPhoneで通知が届くようになっていますので、いざという時に備えて準備しておくことをおすすめします。

参考:AirTagの電池を交換する方法|Apple

「AirTagケース」を購入する!

スクロールできます
Caseology ヴォールトCaseology ナノポップSpigen エア・フィットエレコム ハードバンパーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーBenazcap レザーApple ループSUPTMACX ループ
マットブラックCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム:ハードパンバーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリングAirTagケース:Benazcap レザーApple ループシリコン
▲タップで、商品リンクまでジャンプします

【比較表】AirTagケースおすすめ10選

最後に、今回購入したAirTagケースを比較表にまとめましたので、合わせて参考にして頂ければ幸いです。

スクロールできます
商品名Caseology ヴォールトCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム ハードバンパーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーBenazcap レザーApple ループSUPTMAX ループ
デザインマットブラックCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム:ハードパンバーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリングAirTagケース:Benazcap レザーApple ループシリコン
特徴カーボン風で高級感が漂うケース二重構造で、AirTagをしっかりと保護カード型デザインのケーススリムな形状のカード型栓抜きとしても使えるアウトドア向け挟んで捻るタイプのシンプルなケース上質レザーを使った最高峰ケースフェイクレザーの格安モデルケースとストラップが一体型耐水に強いシリコンの一体型ケース
素材TPU、ゴムTPU、ゴム、シリコンPCABSエラストマーTPU、シリコンプラスチックヨーロピアンレザーPUレザーポリウレタンシリコン、PC
種類カラビナカラビナカラビナカラビナ、キーリングキーリングキーリングキーリングループループ
カラバリ3色1色1色2色1色4色8色4色5色4色
重量18g32g24g10g42g8g10g10g7g4g
価格約1,600円約1,800円約2,500円1,580円約2,600円1,580円4,500円約500円/個3,800円680円
比較表:AirTagケース

「AirTagケース」の各レビュー記事は、こちら

まとめ:AirTag(エアタグ)ケースのおすすめ10選|純正・おしゃれなブランドを紹介

以上、AirTag(エアタグ)ケースのおすすめ10選の紹介記事でした。

AirTagケースは色々な種類がありますが、Amazonで販売されている安いサードパーティでも意外と質感が高く、使えるケースが多いという印象を受けました。

高級感のあるケースや質感を楽しみたい方は、Apple純正は価格に見合うだけの価値があると思いますので、純正ケースを選んでみるのも良いと思いますよ。

当記事を参考に、お気に入りのAirTagケースが見つかれば幸いです。

AirTagおすすめケース【もう一度チェックする】

スクロールできます
Caseology ヴォールトCaseology ナノポップSpigen エア・フィットエレコム ハードバンパーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーBenazcap レザーApple ループSUPTMACX ループ
マットブラックCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム:ハードパンバーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリングAirTagケース:Benazcap レザーApple ループシリコン
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

2 × 4 =

Contents
閉じる