【Spigen】AirTagケース”エア・フィット”をレビュー|財布に入るカード型ケース

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

Appleの忘れ物防止タグである“AirTag”は、無くしたモノの居場所見つけることができる優れたアイテム。

しかし、AirTagは小さくて滑りやすく落としやすいのが欠点。つまり、AirTagには「ケース」の装着が必須です。しかも、AirTagケースは種類が豊富で、どのケースを買うか迷う人も多いと思います。

AirTagケース
AirTagケースは種類が豊富で迷いやすい…

そんな中、大人気ブランドのSpigenから、財布にも収納できるカード型の「AirTagケース”エア・フィット”」を購入したのでレビューしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • Spigen:AirTagケース”エア・フィット”を「レビュー」
  • Spigen:AirTagケース”エア・フィット”の「メリット」「デメリット」を紹介
  • 「他社製のAirTagケース」を紹介
Contents

【Spigen】AirTagケース”エア・フィット”をレビュー|財布に入るカード型ケース

Spigen:AirTagケース エア・フィット

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”の「特徴」

今回紹介する商品は、Apple WatchAirPodsなどのアクセサリーを販売しているブランド”Spgen”の『AirTagケース”エア・フィット”』。

Spigenの「AirTagケース”エア・フィット”」の特徴は、次の通りです。

Spigen:AirTagケース エア・フィットの特徴
  • 財布に収納しやすいカード型のAirTagケース
  • 耐衝撃性が高い“ポリカーボネート”素材を採用
  • リュックやカバンに取付けできる“カラビナ”付き
  • カラバリは、1色(ホワイトのみ)
  • 価格は、2,490円と少し高め

Spigenの「AirTagケース”エア・フィット”」は、カード型のデザインで財布に収納できるAirTagケースです。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
同梱品(AirTagケース、カラビナ)

本ケースは、サードパーティでも種類が多い”キーリング”型のケースではなく、クレジットカードのようなカード型のデザインが特徴的なケースです。

Spigen:AirTagケース エア・フィット

カラビナ付きですので、家や車のキーと一緒に持ち歩くことも可能です

外観|財布にも収納できるカード型

AirTagケース”エア・フィット”は、AirTagを挟み込む形のカード型のデザイン。AirTagを両面から挟み込むので、AirTagが落下することがありません。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
2つのプレートでAirTagを挟み込みます

両面共に、ホワイトカラーで統一されたシンプルな見た目。Apple純正を感じさせるスタイリッシュさがある感じが個人的に好み。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
片面の下には、”Spigenロゴ”が刻印されています

ケース中央に穴が空いているので、AirTagのスピーカー音もはっきりと聞こえます

四隅には、リュックやカバンに取付けできる“カラビナ”が付属しています。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
カラビナにも”Spigen”ロゴが印字されています

質感・素材|AirTag全面を保護可能

ケース素材は、耐衝撃性が高い”ポリカーボネート”素材を採用。AirTagの縁をケースで保護しているので、ケースを落としたり、ぶつけたりしても安心です。

Spigen:AirTagケース エア・フィット

ケースの質感は、ポリカーボネート素材なので…The.プラスチック感が強い感じ(財布の中に入れるために製作されているので、直接見ることはないとは思いますが…少しチープな印象を受けました)。

触り心地は、少しツルツルしているので、落とさないように持ち運びは注意が必要です

付属するカラビナの質感は、可もなく不可もなくという作りですが、フックの強度は少し弱め。

Spigen:AirTagケース エア・フィット

重量・サイズ|軽量だが、少し厚みが有り

SpigenのAirTagケース”エア・フィット”の重量は、「24g(カラビナ有り)」。カード型で大きめのサイズの割には、かなり軽量です。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
ポリカーボネートは、薄くて軽量であることが特徴的な素材です

ケースサイズとしては、「縦8.56 × 横5.4 × 厚み0.66cm」で、一般的なクレカなどと一緒のサイズです。

Amazon販売ページでは、“カード約3枚分のスリムさ”と記載ありますが、実際に並べてみると、カード4,5枚くらいの厚みでした。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
クレカ4,5枚で、同じ厚み

財布のカード1枚分が入るスペースには少し厳しい厚みですので、財布に入れるならば、お札やレシートを収納するスペースに入れることになりそうです。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
入るが、厚みがすごい

財布だけではなく、「名刺入れ」に収納するのも有りかと思います

取付/装着感|外れること無くピッタリとフィット

Spigenのエア・フィットは、分かれた2枚のプレートでAirTagを挟み込んで収納するタイプ。プレートを取り外すには、細めのマイナスドライバーを差し込んで、プレートを外します。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
一応、爪でも開けれる硬さです

AirTagを収納する箇所は、AirTagを傷付けないように、薄っすらとクッションテープが貼ってあります。表裏面を気にせずにAirTagを装着することが可能です。

Spigen:AirTagケース エア・フィット

この箇所にAirTagをはめ込んで、ケースをカチッと合わせれば、カード型ケースの完成です。サイズ感もピッタリで、意図的に取り外さない限りは、外れることがない強度です。

ということで、実際に財布に入れた画像がこちら

Spigen:AirTagケース エア・フィット

カード1枚分が入るスリット付きのポケットだと、少し厚みが出るので他のカードが出しにくい…。ですが、お札・レシートスペースには問題なく入ります。ただし、厚みが出るので結構な存在感に。

とは言っても、AirTagを小銭スペースに入れると傷が付きますし、キーリング型ケースだと不便ですし。カード型というのがちょうど良いデザインかと思います。

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”の「メリット」「デメリット」

Spigen:AirTagケース エア・フィット
メリット
デメリット
  • カード型ケースで安心感UP
  • ホワイトカラーのスタイリッシュなデザイン
  • ケースを着けたまま、ボタン電池のカバーを外せる
  • 値段が少し高い

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”の「メリット」

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”のメリット
  • カード型ケースで安心感UP
  • ホワイトカラーのスタイリッシュなデザイン

SpigenのAirTagケース”エア・フィット”の一番のメリットは、カード型のケースで財布に収納できるので安心感があること。

Spigen:AirTagケース エア・フィット

AirTagは無くしたくないモノに取付けますが、外出時に無くしたくないモノのトップ3に入るのが「財布」ですよね。

AirTagの厚み分が財布でも厚くなるものの、今までのように小銭スペースに入れて飛び出る心配もいりませんし、AirTagを収納・固定していると安心感が全然違います。

財布専用にAirTagケースを持ち歩きたい人には、まずこれを買っておけば間違いないアイテムかと思います

また、AirTagカラーに合わせたホワイト1色のスタイリッシュなデザインもカッコイイ。

Spigen:AirTagケース エア・フィット
シンプルなホワイトカラーは、Appleデバイスとも相性が良い

基本的に財布に入れて使うケースですので、ケース自体を見る機会は少ないと思いますが…。カラビナに通して持ち歩く時でも、「それ、AirTag?」とパッと見は分からない感じも個人的には好み。

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”の「デメリット」

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”のデメリット
  • ケースを着けたまま、ボタン電池のカバーを外せる
  • 値段が少し高い

デメリットとしては、AirTagケースを着けたまま、AirTagのボタン電池のカバーを外せること。

本ケースは、AirTagの縁をカバーすることができますが、表裏部分は露出となります(恐らく、AirTagのスピーカー音が聞こえるようにする為)。

AirTagカバーを回すことで、ボタン電池カバーが簡単に外せてしまいます

Spigen:AirTagケース エア・フィット
外れてしまうと元も子もない…

とは言っても、AirTagの電池カバーは意図的に回さないと外れない仕様ですので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

また、値段が少し高い”2,490円”で購入できることも気になる点の一つ。もう少しお金を出せば、AirTag本体を買えてしまうレベル…。

カード型デザインのAirTagケースは種類が少ないですが、以下ケースは、Spigenよりも安く購入できますよ

【比較表】他社製品の紹介(AirTagケース)

本記事では、Spigenの「AirTagケース”エア・フィット”」をレビューしましたが、他社製品のおすすめAirTagケースも合わせて紹介しておきます。

以下に、おすすめAirTagケースの比較表を載せておきますので、気になる方は、合わせて参考にしてみて下さい。

スクロールできます
商品名Spigen エアフィットSpigen ラギッド・アーマーCaseology ヴォールトCaseology ナノポップBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリング
デザインSpigen エアフィットSpigen ラギッド・アーマーマットブラックCaseology ナノポップBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリング
特徴カード型デザインのケース栓抜きとしても使えるアウトドア向けカーボン風で高級感が漂うケース二重構造で、AirTagをしっかりと保護挟んで捻るタイプのシンプルなケース上質レザーを使った最高峰ケース
素材PCTPU、シリコンTPU、ゴムTPU、ゴム、シリコンプラスチックヨーロピアンレザー
付属品カラビナカラビナ、キーリングカラビナカラビナキーリングキーリング
カラバリ1色1色3色1色4色8色
重量24g42g18g32g8g10g
価格約2,500円約2,600円約1,600円約1,800円1,580円4,500円
比較表:AirTagケース

「AirTagケースのおすすめ」まとめ記事は、こちら

「AirTagケース」の各レビュー記事はこちら

まとめ:【Spigen】AirTagケース”エア・フィット”をレビュー|財布に入るカード型ケース

以上、SpigenのAirTagケース”エア・フィット”のレビュー記事でした。

価格が少し高いのは気になるものの、財布にも収納できるカード型ケースという点が個人的には高評価。今までの小銭スペースに入れて傷つく問題を解消してくれたので、個人的には大満足しています。

AirTagを見栄え良く、財布に収納したい人におすすすめのケースです。AirTagケース選びで迷っている方は、ぜひ検討しみててはいかがでしょうか。

Spigen:AirTagケース”エア・フィット”の評価
外観デザイン/質感
82点
取付け/装着感
90点
価格
70点
総合評価
81点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
Spigen:AirTagケース エア・フィット
  • 財布に収納できるカード型デザイン
  • シンプルなホワイト一色でスタイリッシュなデザイン
  • キーリングにも着けられる”カラビナ”付き
  • 価格は、2,490円と少し高め
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

ten − 8 =

Contents
閉じる