Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

AirPods(第3世代)をレビュー|空間オーディオと装着感が快適

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「AirPods(第3世代)のレビュー」を知りたい方へ。

Appleのワイヤレスイヤフォン『AirPods』が第3世代となり、2021年10月26日に発売されました!

AirPodsには、耳掛け式(インナーイヤー型)の「AirPods(第2世代)」と、ハイエンドモデルで密閉式(カナル型)の「AirPods Pro」、オーバーイヤー式の「AirPods MAX」の3種類が販売中です。

AirPods(第2世代)の発売が2019年3月ですので、「約2年半ぶり」に新モデルとなって発売されました。

AirPods(第3世代)は、第2世代同様の”インナーイヤー型”を採用し、AirPods Proに搭載されていた”空間オーディオ”や”ダイナミック・ヘッドトラッキング”に対応したことで、立体音楽体験を楽しむことが可能です。

  • AirPods(第3世代)を購入しようか迷っている人
  • AirPods各世代(第3世代・第2世代・Pro)の違いを知りたい人
  • ズバリ、AirPods(第3世代)は買うべき…?

このような悩みを持っている方へ。

本記事では、「AirPods(第3世代)を徹底レビューし、各世代の違い」も解説していきますので、ぜひご参考にして頂ければと思います!

本記事の内容(まとめ)
  • AirPods(第3世代)を実機レビュー!
  • 「設定方法」や「使い方」を解説
  • AirPods(第3世代・第2世代・Pro)各モデルの違いを比較
  • どんなユーザーに、AirPods第3世代がおすすめか?紹介
Contents

AirPods(第3世代)をレビュー|空間オーディオと装着感が快適

2021年10月26日に発売された『AirPods(第3世代)』。

私は発売当日に届き、約1週間ほど日常生活で使ってみましたので、感想と合わせて、実機レビューをしていきます!

AirPods(第3世代)の特徴

AirPods(第3世代)の特徴
  • 外観|AirPods Proとほぼ同じデザイン
  • 装着感|インナーイヤー型で、圧迫感は無し
  • 音質|低音の再現力が高い
  • 空間オーディオに対応|自宅が映画館に
  • ノイズキャンセリング|非対応
  • バッテリー性能|1回の充電で最大6時間再生
  • 防水性能|AirPodsとMagSafe充電ケース両方が、IPX4等級に対応
  • 価格|Proより安い”23,800円”

AirPods(第3世代)のパッと見は、AirPods Proのようなデザインですが、イヤーピースがなく見た目はスッキリに“耳からうどん”と言われた第2世代の軸部分も短くなりスタイリッシュになりました。

軸部分に感圧センサーが搭載され、再生/停止,スキップなどのコントロールが可能

また、AirPods Proのように、立体音楽を楽しめる「空間オーディオ」と「ダイナミックヘッドトラッキング」が搭載されたことで、四方八方から音に包み込まれるようなサウンド体験を楽しめます。

更に、AirPods Proのような「耐汗耐水性能」が搭載され、本格的な音楽を楽しみながらワークアウトを楽しむことが可能になりました。

価格は、AirPods Proの3万オーバーより、約7,000円安い『23,800円(税込)』で購入することができます。

AirPods Proのような本格的な音響体験をより手頃な価格で購入できますよ

外観|AirPods Proとほぼ同じデザイン

まずは、外観デザインから。いつものホワイト一色のシンプルなパッケージに、以下の同梱品が入っています。

同梱物は、AirPods(第3世代)、ケース、Lightning-USBケーブル、取説

AirPodsを収納するケースは、横長に丸みを帯びたAirPods Proと形状が同じで、マグネットでピタッと引っ付くMagSafeに対応した「MagSafe充電ケース」となります。

表面のステータスランプでは、充電状態が確認可能(オレンジ:充電中、緑:フル充電)

ケースサイズは、横幅:54.40×高さ46.40×厚さ21.38mmとコンパクト

重量は、「37.91g」でとにかく軽いです。

AirPodsを一度使ったことがあるユーザーであればお分かり頂けると思いますが、上記写真でもツルツル感が出ているように、手に持った感じはツルツルしており滑りやすく、うっかり落としてしまいそうな質感です。

AirPods(第3世代)のケースは、合わせて購入しておいたほうが良さそうですね!

MagSafeに対応していますので、以下のようにピタッと引っ付けることも可能です。また、Qi規格に対応したワイヤレス充電器を使った充電も可能です。

MagSafe充電に対応したケース

背面には、ボタンが搭載。充電状態を表示できるステータスランプの確認や、Appleデバイス以外の端末とAirPodsを接続する時に使います。

底面には、Lightning端子

付属のLightning〜USB-Cケーブルを使うことで、有線で充電することも可能です

AirPods本体側の差込口は、「Lightning端子」となり、電源アダプタ側は、「USB-C端子」となります。

AirPods(第3世代)を買うと、USB-C電源アダプタは付属されませんので、持っていない方は別途購入する必要があります。

イヤフォン本体は、耳掛け式の「インナーイヤー型」を採用

第2世代と比べて軸部分が短くなり、AirPods Proのようなスタイリッシュなデザインへ、イヤフォン本体もケース同様にツルツルしていて光沢感のある仕上がりになりました。

AirPods(第3世代)イヤフォン本体

イヤフォン外側は、内属マイクをアコースティックメッシュで覆うことで、通話中に風の音を最小限に抑えて、クリアな声を相手に伝えることが可能に

イヤフォン内側では、内向きのマイクを搭載している為、低域と中域の周波数を自動調整して、深みのあるサウンドを再現してくれます。

AirPods(第3世代)イヤフォン本体

イヤフォンの軸部分には、「感圧センサー」を搭載。センサー部を押すことでで、再生/停止・Siriなどのメディアコントロールが可能です。

フラットな箇所が、感圧センサー部分
AirPods(第3世代)のメディアコントロール
  • 1回押す:再生/一時停止、電話応答
  • 2回押す:次の曲にスキップ
  • 3回押す:前の曲にスキップ
  • 長押し:Siriの起動

装着感|インナーイヤー型で、圧迫感は無し

AirPods(第3世代)は、耳に引っ掛ける「インナーイヤー型」を採用している為、AirPods Proのような密閉式の「カナル型」と比べると、圧迫感の無いつけ心地を味わうことが可能です。

第2世代と比べると、耳の奥に入れるヘッド部分が若干大きくなっていますね!

左が「第2世代」、右が「第3世代」

第2世代では、軸部分も長いため、少し手に触れただけでイヤフォン落ちる…なんてこともありました。しかし、第3世代では、ヘッドが大きくなったことで耳への装着感が増して外れにくくなりました。

また、軸部分が短くコンパクトになったことで、少し激しめの運動をしても外れることなく安定性が増したかな…とも感じました!

耳の形状は個人差がありますので、一度試着してみることをオススメしますよ!

音質|低音の再現力が高い

AirPods(第3世代)の音質を一言で言うと…低音の再現力が高くて、本当に良い!

AirPods(第3世代)は、Apple独自設計の高偏位ドライバとハイダイナミックレンジアンプより、低音から高音まで高精細な音質を実現しています。

また、内向きにマイクが設置されていることで、聴いている音を検知して低域と中域の周波数を自動調整する”アダプティブイコライゼーション”機能が搭載されています。

ベースような低音が足りない時は、低音を自動強調することで、明瞭のあるサウンドを再現してくれます

第2世代と音質を比較すると、差は歴然。

低音がかなり力強く再現されており、ボーカルの声もクリアで聴き応えがあり、全体的なまとまりあるサウンドを楽しめる感じ。

個人的に、音質はめちゃくちゃ気に入っていて、本当に良い!AirPods Proを持っていない方、第1世代・第2世代のAirPodsを使っている人は、この新体験をぜひ一度試聴して頂きたいです!

空間オーディオに対応|自宅が映画館に

AirPods(第3世代)は、AirPods Proと同じように「空間オーディオ」と「ダイナミックヘッドトラッキング」に対応している為、音に包み込まれるような立体的な音楽を楽しむことが可能です。

Apple TV+やApple Musicなどで映画や音楽を聴くと、自宅が映画館なような立体音響を体験できます。また、動きを検知する”加速度センサー”の搭載から、顔を左右どちらの方向に向いても音を追従してくれます。

「空間オーディオ」の設定は、iPhoneのコントロールセンターから調整可能です。

AirPods装着時に、コントロールセンターから空間オーディが設定可能

必要に応じてオフにしたり、ヘッドトラッキングを固定にできるなど調整できるのは良いですね。

実際に、空間オーディオ対応の音楽・映画を聴いてみましたが、2chのステレオでは味わえない、四方八方から細かな音が聞こえてきて、迫力ある音響をイヤフォンで楽しむことができました。

特に映画のようなダイナミックなシーンでは、映画館にいるような没入感を味わうことができますよ!

ノイズキャンセリング|非対応

AirPods Proに搭載されていた騒音を防止する「ノイズキャンセリング」機能は、AirPods(第3世代)では対応していません。

AirPods(第3世代)は、”インナーイヤー型(耳掛け式)”イヤフォンです。

AirPods Proのようなイヤーチップがある”カナル型(密閉式)”ではない為、AirPods(第3世代)は、”ノイズキャンセリング”機能や外部音を防止する”外部音取り込みモード”が非対応となります。

AirPods Proは、ノイズキャンセリング機能を搭載

(個人的には)ノイズキャンセリング機能は、外部音が聞こえにくくなることで、日常使いでは逆に危なくなるケースがある。…と思っているので、カナル型イヤフォンはデスクワークやワークアウトなど集中したい時に使うことをおすすめします。

バッテリー性能|1回の充電で最大6時間再生

AirPods(第3世代)のバッテリー駆動時間は、AirPods(第2世代)の5時間と比較して、1時間伸びた「最大6時間再生」が可能となりました。

また、充電ケースを使用した場合は、最大で30時間も再生することが可能です(第2世代より6時間向上しています)。

各モデルのバッテリー性能の違いは、以下表の通りです。

AirPods(第3世代)AirPods(第2世代)AirPods Pro
再生時間(1回の充電)6時間5時間4.5時間
連続通話時間(1回の充電)4時間3時間3.5時間
再生時間(充電ケースを使用した場合)最大30時間24時間以上24時間以上
連続通話時間(充電ケースを使用した場合)最大20時間最大18時間18時間以上
各モデルのバッテリー性能の違い

AirPods(第3世代)では、「充電ケースでの5分間の充電で、約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間」が可能となっています。

バッテリーが切れそうな時でも、5分の充電で1時間再生できれば安心です

ちなみに(AirPodsに共通して言えることですが)、iPhoneのロックを解除した状態でAirPodsの蓋を開けると、AirPodsのバッテリー容量をiPhoneに自動的に表示してくれる為、いつでもAirPodsのバッテリー容量を確認することができますよ。

AirPodsの蓋を開けると、iPhoneにバッテリー容量が自動表示される

防水性能|AirPodsとMagSafe充電ケース両方が、IPX4等級に対応

AirPods(第3世代)では、AirPods Pro同様に、イヤフォン本体と充電ケースの両方が”IPX4″等級の耐汗耐水性能が備わっています。

第2世代には、耐汗耐水性能が搭載されていなかった為、運動時でも汗を気にすることなく安心して利用できますね。

個人的には、イヤフォンだけじゃなくて、MagSafe充電ケースも耐汗耐水性能があるのもGoodなポイント。AirPodsユーザーは、基本的に専用ケースに入れて持ち運びしますよね?

充電ケースを裸で持つと滑るので、専用ケースに入れることをおすすめします

こんな感じでカラビナ付きケースを使っている人も多いと思いますが、充電ケースも耐水性能があるので、突然雨が降ってきても、カラビナを外さなくても良くなります。

ゆうま

耐水性能がない第2世代と比べると、使い勝手が上がりますよ!(個人的に推したい機能の一つ…!)

ちなみに、AirPods(第3世代)はIPX4等級ですので、”水の飛まつに対して保護”されます。…つまり、生活防水程度と捉えて下さい。水に浸したりビショビショになるのはNGです。

汗や雨でイヤフォンが濡れたりする程度であれば、大丈夫ですよ!

価格|Proより安い”23,800円”

AirPods(第3世代)の価格は、税込み23,800円。第2世代よりも7,000円高く、Proよりも約7,000円安い価格となります。

モデル価格
AirPods(第2世代)¥16,800(税込)
AirPods(第3世代)¥23,800(税込)
AirPods Pro¥30,580(税込)
AirPods Max¥67,980(税込)
AirPods各モデルの価格

(各モデルの違いは後述しますが)AirPods Proのようなノイズキャンセリング機能は非対応ですが、空間オーディオやダイナミックヘッドトラッキングが使えますので、価格に関しては妥当な金額かな…とは思っています。

ただし、イヤフォンに2万オーバーは中々高価なイヤフォンですので、購入するには十分に検討して頂きたい(できれば試聴をおすすめします)と思います。

AirPods(第3世代)の設定方法、使い方

AirPods(第3世代)の設定方法

AirPods(第3世代)の設定方法は、毎度の如く超かんたん。AirPodsのフタを開けて、数タップでiPhoneとのペアリングは完了します。

STEP
AirPodsのフタを開けて、iPhoneの「接続」をタップする 

“通話発信者と通知を読み上げ”設定などが画面にポップアップされますので、するかしないかを選択します

STEP
ペアリング完了!

このように、Appleデバイス同士のペアリングはすぐに完了します。ケースのフタを開ければすぐペアリングできますので、難しい設定は不要です!

ペアリングする時は、iPhoneの”Bluetooth”設定は「ON」にする必要があります

AirPods(第3世代)の使い方

感圧センサーを押すことで、再生/停止など様々な操作ができる

AirPods(第3世代)では、音楽を聴いたり、Siriを呼び出したりして、様々な操作を行うことができます。

イヤフォン本体の軸部分の「感圧センサー(フラットになっている箇所)」を押したり・長押しすることで、以下のようなメディア・コントロールを操作可能です。

AirPods(第3世代)のメディア・コントロール
  • 1回押す:再生/一時停止、電話応答
  • 2回押す:次の曲にスキップ
  • 3回押す:前の曲にスキップ
  • 長押し:Siriの起動

Siriの起動は、長押ししなくても「Hey,Siri」と言うだけでも起動できますよ!

注意点としては、上記のメディア・コントロールの操作は”固定”されている為、変更できません

第1世代や第2世代のAirPodsでは、ダブルタップすることで、Siriの起動や再生/一時停止などの操作を自由に設定することができました。しかし、第3世代では、上記操作が固定となりますのでご注意下さい。

気になる音量調整は、AirPodsでできるのか?

音量調整はできるのか?

AirPods(第3世代)では、メディア・コントロールによる音量調整はできません。しかし、Siriを呼び出しして、音量を調整することは可能です。

(iPhoneを使わずに)音量調整をするには、「Hey,Siri、音量を上げて/下げて」のように伝えるだけで音量調整が可能です。

Apple Watchで「再生中」画面を開き、Digital Crownを回すことで音量調整もできますよ

AirPodsの名前を変更するには?

iPhoneで、AirPodsの名称や空間オーディオの設定変更が可能です

また、AirPods(第3世代)の名前の変更などを以下操作より、変更することも可能です。

AirPodsの名称などの設定方法
  • iPhoneの「設定」→「Bluetooth」→AirPods右側の「インフォマーク」をタップ

ここでは、「名前の変更」「自動耳検出」「空間オーディオ」「マイク」「バッテリー充電の最適化」「”探す”ネットワーク」の変更や、機種情報を確認可能です

AirPods 第3世代・第2世代・Proの「違い」

以上を踏まえて、現在販売中のAirPodsの各モデル(第3世代・第2世代・Pro)の「違い」を解説します!

AirPods 第3世代と第2世代の「違い」

引用元:AirPodsのモデルを比較する|Apple
AirPods 第3世代と第2世代の違い
  • イヤフォンタイプは両方とも“インナーイヤー型”だが、第3世代は軸部分が短く、耳から外れにくい
  • 耐汗耐水性能は、第3世代のみ対応
  • メディア・コントロール(再生/一時停止など)の操作性は、第3世代が使いやすい
  • 第3世代は、”空間オーディオ”と”ダイナミックヘッドトラッキング”に対応
  • “ノイズキャンセリング”と”外部音取り込みモード”は、どちらも非対応
  • 連続再生時間は、第3世代が長い(第3:6時間、第2:5時間)
  • 連続通話時間は、第3世代が長い(第3:4時間、第2:3時間)
  • AirPodsを無くした時、第3世代は「探す」機能に対応
  • 価格は、AirPods(第3世代)の方が、7,000円高い
  • カラーは、両方ともホワイト一色

AirPods 第3世代と第2世代の大きな違いは、「見た目のデザインが刷新されたこと」や「空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングに対応」したことなどが挙げられます。

見た目のデザインが刷新

第2世代では、(耳からうどんと言われた)イヤフォン本体の軸部分が長めですが、第3世代では、軸部分が短いです。

また、第3世代では、ヘッド部分が大きくなっている為、激しめの運動をしていても耳から外れにくいことが特徴的です。

第3世代は、イヤフォンの軸部分が短く、ヘッドも大きい

第3世代は、耐汗耐水性能も備わっているので、運動時の汗や急な雨に打たれたとしても問題ありません

空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングに対応

第3世代では、立体音楽体験ができる”空間オーディオ”と”ダイナミックヘッドトラッキング”に対応していますが、第2世代では対応していません。

ゆうま

個人的に選ぶ基準は、この機能が欲しいかどうかだと思います…!

空間オーディオですが、一度試聴ができるならば、ぜひ体感して頂きたい!

空間オーディオに対応した音楽・映画を聴いてみれば、一目瞭然。まるで映画館にいるかのような、広がりのあるダイナミックな音響をイヤフォンだけで擬似的に再現しています。

また、”ダイナミックヘッドトラッキング”に対応していることで、AirPodsを装着したユーザーの頭の位置を追跡して、音の向きを変える為、臨場感のある立体音響を体験することが可能です。

とにかく空間オーディオは、もう…本当に最高なんです。購入前は、ぜひとも体感して検討してみて下さい!

AirPods 第3世代とAirPods Proの「違い」

引用元:AirPodsのモデルを比較する|Apple
AirPods 第3世代とProの違い
  • イヤフォンタイプが異なる(第3世代:インナーイヤー型、Pro:カナル型)
  • 耐汗耐水性能は、どちらも対応
  • メディア・コントロール(再生/一時停止など)の操作性は、一緒
  • 両モデルとも”空間オーディオ”と”ダイナミックヘッドトラッキング”に対応
  • Proのみ”ノイズキャンセリング”と”外部音取り込みモード”に対応
  • 連続再生時間は、第3世代が長い(第3:6時間、Pro:4.5時間)
  • 連続通話時間は、第3世代が長い(第3:4時間、Pro:3.5時間)
  • 価格は、AirPods Proの方が、約7,000円高い
  • カラーは、両方ともホワイト一色

AirPods 第3世代とProの大きな違いは、「イヤフォンタイプが異なること」や「Proは、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードに対応」したことなどが挙げられます。

イヤフォンタイプが異なる

AirPods(第3世代)とAirPods Proでは、見た目のデザインは似ていますが、イヤフォンタイプが異なります。

AirPods 第3世代とProのイヤフォンタイプ
  • AirPods(第3世代):耳掛け式の「インナーイヤー型」
  • AirPods Pro:密閉式の「カナル型」

第3世代は、耳に引っ掛けるタイプの”インナーイヤー型”ですが、Proは、耳の奥に押し込む密閉式の”カナル型“となります。

引用元:AirPods Pro

周りの日常生活の音を拾いたい人は、密閉率が低い”インナーイヤー型”が向いています。逆に、できるだけ周りの音を遮断して作業に集中したい人は、”カナル型”が向いています。

インナーイヤー型とカナル型では、それぞれ良し悪しがありますが、自分の耳の形状によって、装着時の快適さは異なると思います。

第3世代 or Proでお悩みの方は、装着時の快適さや違和感の無さに注目するのも大切ですので、自分に合ったイヤフォンタイプを選択してみましょう。

Proは、ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードに対応

(上記の通り)AirPods Proは、イヤフォンタイプが密閉式の”カナル型”である為、「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」が搭載されています。

対して、AirPods(第3世代)は対応していません。

アクティブ・ノイズキャンセリングとは、信号処理技術を使って外部の音(ノイズ)を聞こえないようにする技術のこと。

外部音取り込みモードとは、名前の通り、音量はそのままで、周囲の音を拾いやすくする機能のことを言います。

ゆうま

ノイキャン機能も、一度試聴をおすすめします!

周りの音を聞こえないようにするノイズキャンセリング機能を使うことで、一つの作業やスポーツなどに集中したい時には、とても役立つ機能です!

個人的には、第3世代とProを選ぶ基準は「ノイズキャンセリング機能」と「外部音取り込みモード」を使うかどうかで判断することをおすすめします。

価格差は、約7,000円。自分がどんなシーンでこの機能を使うか考えて検討してみてはいかがでしょうか。

AirPods(第3世代)は、どんなユーザーにおすすめか?

AirPods(第3世代)

個人的に、「耳に負担がかかりにくい”インナーイヤー型”イヤフォンを使いたい人で、空間オーディオを体感したい人」に、AirPods(第3世代)をおすすめします。

イヤフォンの形状や装着感などの好みは、耳の形状によって人それぞれ異なると思います。

AirPods Proのような”カナル型”は、どうしても耳奥にイヤフォンが密着する為、圧迫感を感じやすく、装着してる時の違和感を感じる人もいるかと思います。

対して、AirPods(第3世代)は、耳に引っ掛けるタイプの”インナーイヤー型”ですので、耳への負担が少なく、装着時の違和感が少ないことが特徴的。

第3世代は、イヤーチップがないインナーイヤー型

また、空間オーディオを存分に体感したい人は、密閉式(カナル型)のAirPods Proの方が遮音性が高いです。

存分に立体音響を楽しみたい方は、価格は上がりますが、AirPods Proの方が適していますよ

空間オーディオ性能だけで言えば、AirPods Proの方が上です。

しかし、AirPods Proとはイヤフォンタイプが異なる”インナーイヤー型”だからこそ、AirPods(第3世代)の購入価値がある!個人的には思っています!

AirPods(第3世代)がおすすめなユーザー
  • 「耳に負担がかかりにくい”インナーイヤー型”を使いたい人で、空間オーディオを体感したい人」に、AirPods(第3世代)がおすすめ!

また、AirPods各モデル(第2世代・第3世代・Pro)の違いについて、以下記事にも記載していますので、気になる方はぜひご参考に。

まとめ:AirPods(第3世代)をレビュー|空間オーディオと装着感が快適

以上、AirPods(第3世代)についてのレビュー記事でした。

個人的には、イヤフォン装着時の違和感の少なさを重視しているので、カナル型よりインナーイヤー型のAirPods(第3世代)を購入して大満足!

今まで使っていたPowerbeats ProやAirPods(第2世代)に勝るイヤフォンで、日常使いや軽い運動時に活躍しています。

また、空間オーディオや音質も非常に良く、音楽や映画を見るのが楽しくて、AirPodsを装着するのにワクワクしています(笑)。

これから、AirPods(第3世代)を購入する人に伝えたいことは、以下の通りです!

ゆうま

AirPodsユーザー(第1・2世代)で、空間オーディオを使いたい人は、購入価値あり!
ただし、AirPods Proユーザーは、購入する必要はありません。

AirPods(第3世代)は、(再生時間、通話時間や価格を除けば)ノイキャンや外部音が取り込みできるAirPods Proの方が、性能は勝りますので、Proユーザーはわざわざ買う必要がないのは、言うまでもありませんね。。

ただし、第3世代では、装着時の違和感が少ない上に空間オーディオという立体音響が楽しめます。

(価格はそれなりにしますが)ライト層ユーザーで、本格的な音楽を楽しむにはベストなイヤフォンと言えるのではないでしょうか…!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる