Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
プロフィール背景画像
ゆうま
ブロガー
IT業界で働きながら、Apple製品を中心としたIT・ガジェットレビューブログ「yuLog」を運営しているゆうまです。
田舎生活満喫中の1児のパパ。趣味は、Apple製品を集めること。

【iPhone 12】Mag Safe充電器とは?対応ケースと合わせてレビュー

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

iPhone 12対応「Mag Safe充電器」のレビューを知りたい方へ。

iPhone 12が発売されたと同時に、新しいカタチの充電方法である「Mag Safe充電器」が発売されました。

Mag Safe充電器を使えば、iPhone 12・12 ProなどのiPhoneをワイヤレスで、最大15Wの高い出力で充電することが可能です。

  • 「Mag Safe充電器」とは?
  • Mag Safe充電器の「メリット・デメリット」は?
  • Mag Safeは、12以外のiPhoneでも対応するのか?
  • 結果、Mag Safeは、買う価値あり?

そのような悩みを抱えている方へ。

本記事では、「Mag Safe充電器を開封・レビュー、紹介」していきたいと思います。

本記事の内容まとめ
  • Mag Safe充電器を「開封・レビュー」
  • Mag Safe充電器の「互換性」「充電時間」を検証
  • Mag Safe充電器の「メリット・デメリット」を紹介
Contents

【iPhone 12】Mag Safe充電器とは?対応ケースと合わせてレビュー

まず結論から言いますと…「Mag Safe充電器は、あれば便利だけど、通常のワイヤレス充電器でも代替品となる」と言えるアクセサリーでした。

とはいえ、新しく発売された新しいカタチの充電方法である【Mag Safe】が、どんなアクセサリーなのか、レビュー含めて解説していきたいと思います。

はじめに:Mag Safe充電器とは?

「Mag Safe充電器」とは、Apple Online Storeで発売されている、iPhoneやAirPods Proで利用できるワイヤレス充電器のことを言います。

Mag Safeに内蔵されている強力なマグネットが、iPhoneとカチッと引っ付き、最大15Wの出力でワイヤレス充電が可能です。

Mag Safe充電器の特徴は、以下の通りです。

Mag Safe充電器の「特徴」
  • 最大15Wの急速充電ができる
  • iPhone 12、iPhone 12 Proの内蔵磁力で、ピタッとワイヤレス充電が可能
  • 接続端子は「USB-Type C」
    ※USB電源アダプタは、別売
  • “Qi充電”と互換性がある為、iPhone 8以降のiPhoneとAirPods Proも(一応)利用できる
  • 価格は、4,500円(税別)

大きな特徴としては、従来のワイヤレス充電器の出力は「7.5W」であるのに対して、Mag Safeは「最大15W」の急速充電が可能であるということ。

従来より、ワイヤレス充電が『2倍』早く充電することができます。

前提として、Apple純正の20W USB-C電源アダプタを接続する必要があります

また、iPhone 12とiPhone 12 Proであれば、強力なマグネットで『ピタッ』と、充電するのが楽しくなるような斬新なカタチでワイヤレス充電が可能です(詳細は後述します)。

宙からぶら下げても落ちない強力なマグネットが特徴的

Mag Safe充電器を開封・レビュー

それでは、「Mag Safe充電器」と「Mag Safe対応iPhone 12 Pro用クリアケース」を購入しましたので、開封レビューしていきます!

今回購入した商品は、こちら。

予約開始後、すぐ注文するとiPhone 12 Proが発売される前に届きました

表面
裏面

Mag Safeを開封していきます。同梱物はこちら。

同梱物

接続端子は「USB-Type C」であることにご注意下さい。ケーブル長は「1m」。

接続端子は「USB-Type C」

USB電源アダプターは同梱されていません。
別途、USB-Type Cに対応した電源アダプターを購入する必要があります。

サイズ感は「直径5.5cmほど」、厚みは「5mm」。ワイヤレス充電スタンドよりは場所を取らないコンパクトなサイズ感

周囲はアルミフレーム

続いて「Mag Safe対応iPhone 12 Pro用クリアケース」を開封

同梱物

ケース内側には、白い円のMag Safe用マグネットが内蔵されえいます

クリアケースとMag Safeを装着。1mmのズレがないほど『ピタッ』と強力なマグネットで引っ付きます。

続けて「iPhone 12 Pro」と「Mag Safe」を装着していきます

充電時には、Mag Safe専用の『ポンッ』という充電音と合わせて、Mag Safe専用の充電画面が表示されます(個人的に斬新で好き)

補足:Mag Safeには充電アダプタは、同梱されていません

Mag Safe充電器を購入すると、ケーブルのみ同梱されており「USB-Type C電源アダプター」は同梱されていません。

というわけで、Ankerより10月20日に新しく発売された『Anker PowerPort Ⅲ Nano 20W』を購入してみました。

500円玉サイズの超コンパクトが特徴的

Apple Watch Series 5(44mm)よりも小さい

もちろん、Apple純正USB-Type C(20W)アダプタでも問題ありません。

Mag Safeの充電時間を測定

最大15Wの急速充電ができるMag Safeを使って、実際にiPhone 12 Proの充電時間を測定してみました。

iPhone 12 Proのバッテリーが0%の状態から、Mag Safe充電器で測定

時間バッテリー容量
30分25%
60分45%
90分65%
120分80%
150分90%
180分100%
iPhone 12 ProとMag Safeの充電時間・バッテリー容量

Mag Safeを使えば、約3時間で100%のフル充電が可能という微妙な結果に…。

有線の18W急速充電器を使えば、約30分で50%充電可能なことを考えると、ワイヤレスであるMag Safeは、有線に比べて約2倍の時間を要することになります。

充電時間について少し調べてみるとこのような意見も。

Kang氏によると、MagSafe充電器で15Wのワイヤレス充電を継続して行うには、充電器を一定の温度に保つ必要があるそうです。15Wで継続して充電できるのはわずか3分〜5分程度で、「このファームウェアでは長時間15Wを維持するのはほぼ不可能だ」と述べています。

iPhone Mania

Mag Safeでは、15Wの出力で長時間充電することは現状できていないとのことですが、今後のアップデートで改善されるような気もします。今後の課題ですね。

【MagSafe互換性】12以外のiPhoneでも対応する?

Mag Safeと同じく発売されたiPhone 12/12 Proは、もちろんMag Safeに対応しています。

それ以外のモデルの互換性ですが、以下の通り、「iPhone 8以降のiPhone」と「AirPods Pro」がMag Safeに対応しています。

iPhone 12/12 Pro/12 Pro Max/12 miniは、iPhone自身のMag Safe用のマグネットが内蔵されている為『ピタッと』強力な磁石で引っ付き充電されます。

それ以外のiPhoneは、Mag Safe専用のマグネットは搭載されていませんが、ワイヤレス充電規格の”Qi”に対応していますので、それ以外のiPhoneもMag Safeで充電することが可能です。

というわけで、以前利用していたiPhone XSを使ってMag Safeで充電できるか試してみました。

iPhone 12のような『ポンッ』というMag Safe用の充電音ではありませんが、Mag SafeとiPhone XSがしっかりと充電していることを確認できました。

iPhone XSとMag Safeを装着

デメリットとしては、iPhone 12シリーズ以外のiPhoneは、Mag Safe専用マグネットが内蔵されていない為、iPhone 12のように『ピタッと』は引っ付きません。

位置調整が難しく、少しでもズレるとうまく充電してくれませんでした。

この位置であれば安定して充電することが可能です

「すべてが、ピタッと」というMag Safeのキャッチフレーズを考えると、iPhone 12シリーズ以外のiPhoneを充電するには、不向きかなと感じました。

Mag Safe充電器のメリット・デメリット

上記レビューを踏まえて、Mag Safeのメリット・デメリットをまとめてみました。

Mag Safeの「メリット」

Mag Safeの「メリット」

  • ワイヤレス充電なのに、iPhoneを自由に動かせる
  • 最大15Wの高速充電が可能
  • マグネットが強力過ぎて、充電できていなかった…なんて思いをする必要なし

Mag Safeを購入して一番良かった点は、ワイヤレス充電なのにiPhoneを自由に動かせるということ。

今までのワイヤレス充電器は、iPhoneを専用スタンドに置くことで充電を可能としていました。しかし、微妙な位置調整が必要だったり、振動によってiPhoneが動き、充電できていなかった…という体験をしている方も多いと思います。

ワイヤレス充電器の課題であった”iPhoneの微妙な位置調整”をする必要がなくなった点が、個人的にはMag Safeを購入して一番良かった点かもしれません。

マグネットが強力過ぎて、充電できていなかった…なんて思いをする必要なし

Mag Safeを購入した方はお分かり頂けるでしょうが、マグネットが強すぎるんですよね。

ケーブルで持ち上げてもピタッと引っ付いたままのiPhone 12 Pro

Mag Safeで、iPhoneをしっかりと固定し充電してくれます。

iPhoneをMag Safeの上に乗せれば、(両手で外さない限り)iPhoneとMag Safeが外れることがありません。位置調整が課題であるワイヤレス充電器の“充電し忘れ”を防止できます。

最大15Wの急速充電に対応、しかし課題有り

Mag Safeは、20W USB-Type C電源アダプタを使うことで、最大15Wで急速充電が可能です。

ワイヤレス充電規格の”Qi(7.5W)”と比較すると、2倍の出力が出ますので、Qiワイヤレス充電よりは、間違いなく高速に充電することが可能です。

しかし、上記充電時間の測定に記載してある通り、出力にはバラつきがありそうで、アップデートで改善されるかは今後の課題となりそうです。

Mag Safeの「デメリット」

  • Mag Safe単独で置くと、見た目がなにか物足りなく感じる
  • iPhoneをMag Safeから取り外すのに、少しコツがいる

Mag Safe単独で置くと、見た目がなにか物足りなく感じる

Mag Safe充電器を机上に置くと、何か見た目が物足りなく感じる…気がしませんか?

従来のワイヤレススタンドやApple Watch充電器は、”固定して設置する”ことを前提として作られています。

しかし、Mag Safe充電器は、何かに固定することを前提として作られていない為、見た目が何か寂しく感じてしまいました(個人的な感想ですが…)。

ポツッと置くしかない「Mag Safe」。何かに固定したい…

固定するなら両面テープを付けて机上に固定する、または、iPadのMagic KeyboardのようにうまくMag Safeを宙に浮かせて設置(例えば、iMacの下部に固定するなど)すれば良い話ですが…。

何かケーブルの収まりが悪いと言いますか、見た目がパッとしないんですよね。

とはいえ、Appleが新しいカタチの充電器を発売したことで、Mag Safeを固定するアクセサリーがサードパーティから発売されることが想定されますので、これからに期待です…!

iPhoneをMag Safeから取り外すのに、少しコツがいる

Mag Safeを使ってみてデメリットを感じたことは、iPhoneからMag Safeから取り外すには少しコツがいるということ。

Mag Safeのマグネットが強力過ぎる反面、iPhoneの取り外しには、両手でiPhoneとケーブル(Mag Safe本体)を抑押さえて、充電器からiPhoneを取り外す必要があります。

こんな感じで、iPhoneとケーブルの根本を押さえて取り外す必要がある

とはいえ、これに関しては少しコツを掴めば片手でも外せます(中指でMag Safeを押さえて、他の指でiPhoneを取り外す)。

(やっぱり固定するMag Safe周辺アクセサリーが発売されることに期待です…!)

まとめ:【iPhone 12】Mag Safe充電器とは?対応ケースと合わせてレビュー

以上、Mag Safe充電器のレビュー記事についてでした。

冒頭でもお伝えした通り、「Mag Safe充電器は、あれば便利だけど、通常のワイヤレス充電器でも代替品となる」と言えるアクセサリーとなりました。

とは言え、ワイヤレス+急速充電+強力なマグネットから充電できないことを防ぐことができる点は、魅力的。

急速充電時間に課題があるものの、Appleが新しいカタチの充電方法を発表してきた為、今後Mag Safeに対応するアクセサリーが増えていきそうで、これからに期待です!

  • 今回紹介した商品はこちら
  • Mag Safe関連アクセサリー
よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる