Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

AirPodsをなくしても大丈夫!「探す」方法を解説

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「なくしたAirPodsを探す方法」を知りたい方へ。

AirPodsを無くしてしまった。。
探す方法を知りたい…!

このような悩みを抱えている方へ。

結論、AirPodsはなくしてしまっても、iPhoneやMacの「探す」アプリから場所を特定し、見つけ出すことができます!

片方のAirPodをなくして交換すると、出費も大きく大変です…。

そんな時に、iPhoneの「探す」アプリを使えば、最後に接続された位置をマップで確認し、音を鳴らすことで、なくしたAirPodsを探し出すことが可能です。

本記事では、「なくしたAirPodsを探す方法」について解説をしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • なくしたAirPodsを「探す」方法を解説
  • 「AirPodsを探す」よくある質問について回答
Contents

なくしたAirPodsを「探す」方法

AirPodsをなくしてしまってもiPhoneの「探す」アプリを使うことで、AirPodsを見つけ出すことが可能です。

はじめに、iPhoneの設定画面で「iPhoneを探す」を有効にする必要があります

設定されていない方は、以下より「iPhoneを探す」を有効にしておきましょう。

AirPodsを探す手順は、以下ステップの通りです。

STEP
iPhoneの「探す」アプリを開き、画面下の”デバイスを探す”をタップする
STEP
“デバイスを探す”から、「なくしたAirPods」をタップする

“デバイスを探す”をタップすると、Appleデバイス一覧が表示されます。なくしたAirPodsをタップすると、「”おおよそ”の場所」と「最後に接続した時間」が表示されます。

STEP
「サウンドを再生」または「探す(or経路)」をタップして、場所を特定する

AirPodsをなくした”おおよその場所”付近まで行き、「サウンドを再生」することで、AirPodsのイヤフォンから音を鳴らすことが可能です。

AirPodsから発せられる音に耳を澄ませて、AirPodsの場所を特定しましょう。

また、「探す(経路)」をタップすることで、正確な場所を特定したり、マップアプリを使った経路を道案内してくれることが可能です。

【補足】”探す”ネットワークに対応

AirPods(第3世代)、AirPods Pro、AirPods Maxでは、”探す”ネットワークに対応していることで、AirPodsの行方が分からない場合は、アニメーションを使って居場所を確認することが可能です。

(上記STEP3の)”探す”をタップすることで、AirPodsの位置(信号)が近いのか、遠いのか、以下のようなアニメーションでお知らせしてくてます。

Bluetooth接続なので、AirPodsを認識するまで少し時間がかかります

AirPods(第3世代、Pro、Max)には、UWB(Ultra Wideband=超広帯域)チップが搭載されていないので、AirTagのような正確な位置(距離・方角)までは特定できません

上記のようなアニメーションで”近いです”と表示されたら、画面右下の「サウンド」を鳴らして、AirPodsの位置を特定させましょう。

AirPodsの付近(半径1m程)まで来ると「ここ」と表示される

AirPodsまで半径1mほど(体感上ですが)近づくと、”ここ”と表示されますので、付近をよ〜く探してAirPodsを探し出しましょう。

AirPods(第1世代)とAirPods(第2世代)は、”探す”ネットワーク非対応の為、上記のようなアニメーション表示はできません

“探す”ネットワークは、設定が必要

ちなみに、”探す”ネットワークを有効にするには、iPhoneから設定が必要となりますので、あらかじめ設定しておきましょう。

「AirPodsを探す」よくある質問について

AirPodsを探すときに、よくある質問についてまとめましたので、以下にQ&Aで回答していきます。

AirPodsのケースも探すことができるか?

AirPodsの”ケース単体”は、iPhoneの「探す」アプリを使って見つけ出すことはできません。

ただし、最後にBluetooth接続された場所は、マップ上で表示されます

“サウンドを再生”すると、「サウンドを保留中…」と表示されるのはなぜ?

iPhoneとペアリングしているAirPodsが「オフライン」の為、サウンドの再生が保留状態となります。

※オフライン=iPhone(または、iPad/Mac)がAirPodsとペアリング接続していない状態。または、AirPodsが充電ケースに入っていたり、AirPodsの電池が切れている状態のこと。

手持ちのAppleデバイスが、AirPodsとBluetooth接続された時に、AirPodsから音が鳴りはじめます。

片方のイヤフォンや充電ケースがどうしても見つからない時は、どうすれば?

「探す」アプリでも見当たらずどうしても見つからない場合は、「AirPodsの修理サービス」を活用することで、片方のイヤフォンや充電ケースを単品購入することが可能です。

各料金表は、以下のApple公式サイトをご参考下さい。

AirPods単体には、GPS機能が搭載されていません。

しかし、AirPodsとiPhoneのBluetooth接続が最後に切れた時の位置情報を、iPhoneに自動的に保存してくれますので、おおよその位置であれば把握することが可能です。

また、呼び出しする音は、左右どちからのイヤフォン、または両方のイヤフォンか指定して音を鳴らすことが可能です。

左右のイヤフォンを指定して、音を鳴らすことが可能

今後の対策として…

万が一、AirPodsをなくしてしまった場合に備えて、「AirPodsが手元から離れた時に通知をON」に設定することも可能です。

設定方法は、iPhoneの「探す」アプリを起動→”デバイスを探す”→AirPodsを選択します。

通知から”手元から離れた時に通知」をタップして、”手元から離れたときに通知”を有効にすることで完了です。

手元から離れた時に、iPhoneに通知させることが可能

なお、充電ケースは、iPhoneの「探す」機能に対応していない為、忘れ物防止タグ”AirTag”と一緒に持ち歩くことで、詳細の位置情報を把握することも可能です。 

「AirTag」のレビュー記事を以下にも記載していますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

まとめ:AirPodsをなくしても大丈夫!「探す」方法を解説

以上、AirPodsをなくした時の「探す」方法についての解説記事でした。

AirPodsを本当になくして交換するとなると、出費が大きいですよね…。万が一の場合に備えて、あらかじめiPhoneの設定を見直しておくことは大切ですね…!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる