【まとめ】AirPods Proの使い方。音量調整・Siriを起動する方法

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

「AirPods Proの使い方・音量調整・Siriを起動する方法」を知りたい方へ。

  • AirPods Proを購入したけど、使い方が分からない…
  • 音量調整やSiriを起動する方法は?

そのような疑問を抱えている方へ。

本記事では、「AirPodsPro」の使い方・音量調整・Siriを起動する方法について紹介をしていきます。

「AirPodsPro」とは?という方は、以下記事にも記載していますので参考にしてみて下さい。

本記事の内容(まとめ)
  • 「AirPods Pro」の使い方(操作方法)を解説
  • 「AirPods Pro」の音量調整/Siriを起動する方法を解説
Contents

【まとめ】AirPodsProの使い方。音量調整・Siriを起動する方法

「AirPods Pro」の使い方

「AirPods Pro」では、従来のAirPodsと使い方が異なります。従来のAirPodsでは、イヤフォン本体をダブルタップで、”再生/一時停止”や”次/前のトラック”・”Siriの起動”が可能でしたが、今作「AirPodsPro」では、すべての操作は『感圧センサー』を押すことで操作することができます。

イヤフォン本体の少し平らになっている箇所が「感圧センサー」となり、感圧センサーを【押す】または【長押し】することで、様々な操作をすることが可能です。

「AirPods Pro」の使い方

  • 感圧センサーを1回押す:再生/一時停止
  • 感圧センサーを2回押す:次のトラックへ
  • 感圧センサーを3回押す:前のトラックへ
  • 感圧センサーを長押し:ノイズキャンセリング機能・外部音取り込みモードの切替
  • 「Hey,Siri」と呼びかけ:Siriを起動

感圧センサーを1回押すことで、再生中の音楽を、再生/一時停止することが可能です。

感圧センサーを2回押すことで、再生中の音楽から、次のトラックへ進むことが可能です。

感圧センサーを3回押すことで、再生中の音楽から、前のトラックへ戻ることが可能です。

感圧センサーを長押しすることで、「アクティブノイズキャンセリング機能」と「外部音取り込みモード」の切替が可能です。

AirPodsProを装着時、「Hey,Siri」と呼びかけることで、Siriを起動させることが可能です。

感圧センサーによる操作では、音量調整はできません

「AirPods Pro」で音量調整・Siriを起動する方法

AirPodsProは、基本的に感圧センサーを使った操作となりますが、感圧センサーによる音量調整はできません。しかし、Siriを使った音量調整は可能です。

AirPodsProを装着時、イヤフォン本体に内蔵されているマイクに向かって、

Yuma

Hey,Siri。ボリュームを大きくして!

などと音量調整を呼びかけることで、ハンズフリーで再生中の音楽の音量を調整することが可能です。

「AirPodsPro」では、感圧センサーで操作できる機能制限はありますが、最大の魅力は『Siriを活用すれば無限の使い方ができる』という点です。

音量調整・再生/一時停止、次/前のトラックへの曲切替などの基本操作はもちろん、道案内・Web検索・メッセージの送信・リマインダー/カレンダー/メモの追加等など、音声のみで様々な使い方をすることが可能です。

まとめ:AirPodsProの使い方

以上、AirPodsProの使い方や音量調整・Siriを起動する方法についてのまとめ記事でした。

AirPodsProについての関連記事は以下にも記載しています。通常モデルとの比較やどのユーザーにはどっちがおすすめなのか?について記載しておりますので、気になる方は参考にしてみて下さい。

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • AirPods Proのおすすめアクセサリー
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

2 + 10 =

Contents