PITAKA AirTagケース「PitaTag For Cable」をレビュー|充電ケーブル付きストラップが実用的で便利!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

Appleの忘れ物防止タグである”AirTag”は、小さくて失くしやすいため「専用ケース」に入れて持ち運ぶのがマスト。

AirTagユーザー=iPhoneユーザーですが、充電器やケーブルは、基本的に別で持ち歩きますよね。

Yuma

極力荷物を少なくして外出したい…!

そんなミニマリストな方へピッタリのAirTagケースが、PITAKAの「PitaTag For Cable」。

PITAKA:PitaTag For Cable

実はコレ、USB-C to Lightningケーブルやキーホルダーとしても使えるAirTag専用ケースです。

使う頻度は少ないですが、毎日身につけるAirTagだからこそ、頻繁に使うiPhoneの”充電ケーブル”代わりにもなる「PitaTag For Cable」は実用性が高く便利…!

今回メーカーより提供してもらったので、PITAKAのAirTagケース「PitaTag For Cable」をレビューしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • PITAKA:PitaTag For Cableをレビュー
  • PitaTag For Cableの「メリット、デメリット」を紹介
  • 「他社おすすめAirTagケース」を比較紹介
Contents

PITAKA AirTagケース「PitaTag For Cable」をレビュー|充電ケーブル付きストラップが実用的で便利!

PITAKA AirTagケース”PitaTag For Cable”の「特徴」

今回紹介する商品は、高級感のある一味違ったアクセサリーを取り扱う”PITAKA”のAirTagケース『PitaTag For Cable』

AirTagケース「PitaTag For Cable」の特徴は、次の通りです。

PITAKA:PitaTag For Cableの特徴
  • AirTagを収納するための専用ケース
    • アラミド繊維+高級レザーを採用
    • 鞄やキーに取付けできるストラップ付き
    • 20.3gの超軽量設計
  • USB-C to Lightningケーブルが一体型
    • 安心安全のMFi認証を取得
  • カラバリは、1色(ブラック)
  • 価格は、7,499円

PITAKA「PitaTag For Cable」は、USB-C to Lightningケーブル一体型のAirTagケースです。

同梱品
同梱品(AirTagケース本体、ケーブル、AirTag引き抜き用テープ、取説)

USB-C・Lightning端子の先端がマグネットで引っ付くので、AirTagケースにクルクルっと回せば、ストラップとしても持ち運びできます。

PITAKA:PitaTag For Cable

(USB-C対応)充電器やモバイルバッテリーを使えば、外出先でiPhoneを充電できます。使う頻度が少ない割に毎日持ち歩くAirTagですが、この使い方は実用性が高いです…!

普段はストラップとして、外出先では充電用のケーブルとしても使える
普段はストラップとして、外出先では充電用のケーブルとしても使える

カラーは、ブラック1色のみの販売です

カーボンテクスチャが際立つ上品な「デザイン」

外観は、カーボンテクスチャの模様が際立った上品で大人しめのデザイン。PITAKAではお馴染みですが、カーボンテクスチャを囲んだオレンジ枠が良いアクセントになってます。

表面
表面

裏面では、”PITAKAのロゴマーク”をつまんで持ち上げることで、AirTag本体を収納できるようになってます。

裏面
裏面
ここにAirTagを格納します
ここにAirTagを格納します

充電ケーブルとしても使えるストラップ部は、ケーブルの編み込みや境目・継ぎ目も精確。ズレることなくケーブル兼ストラップをAirTagケースに収納できます。

充電ケーブル付きのストラップ
ケーブル長さは、約13cm

一箇所ずつ丁寧な作り込みで、よーく見ても質感の高さを十分に感じられるのは、さすが安定のPITAKAブランド。

Yuma

安いAirTagケースとは比較にならないほど安心感が高いです!

キズに強く耐久性が高い「アラミド繊維」を採用

PitaTag For Cableの表面の素材は、PITAKAではお馴染みの600D”アラミド繊維”と”プレミアムレザー”を採用。プラスチックにアラミド繊維やレザーを貼り付けた仕上がりですが、縫製の作り込みも精確でほつれる心配もありません。

キズに強く耐久性が高い「アラミド繊維」を採用

アラミド繊維=飛行機やスーパーカー・タイヤの補強材などに使われている合成繊維の一つ。
信号干渉がなく、超軽量・引張強度・高耐久性に優れてます。

AirTag本体を「全面保護」した設計

AirTag本体の収納は、裏面の柔らかなレザーを持ち上げて収納します。AirTagを全面保護してくれるので、万が一落とした時でも安心です。

AirTag本体を「全面保護」した設計

また、電池交換時でもAirTagを取り出しやすいように、AirTagの金属面に貼り付ける”テープ”も付属してきます。

AirTagの白い面を上にして収納します
AirTagの白い面を上にして収納します

取り付け時の注意点は、AirTagの金属面を上にして収納しないこと。ズレなくピッタリとAirTagを収納できる設計ですので、取り出すのがめちゃくちゃ大変になるので要注意です。

間違ってAirTag金属面を上にして収納しないように要注意
間違ってAirTag金属面を上にして収納しないように要注意

また、AirTagはiPhoneの”探す”アプリでサウンドを再生できますが、ケースに入れたままでも音がハッキリと聞こえますのでご安心を

ケースに入れたままでも音はハッキリ聞こえます
ケースに入れたままでも音はハッキリ聞こえます

持ち運びの邪魔にならない「サイズと重さ」

PitaTag For Cableのサイズは、縦12.4cm×横4.1cm×厚み1.8cm(ストラップ込み)。重量は、20.3cmと超軽量です。

持ち運びの邪魔にならない「サイズと重さ」
AirTag本体と合わせると約32g

基本的な使い方は、鞄・キーケースなど取り付けしたい場所にケーブルを通して、クルクルっとケースを回して固定します。

ポーチに取付けもOK

アラミド繊維は、耐水性にも優れた素材ですし、AirTagも”IP67″等級の防沫/耐水性能があるので、急な雨なんかでケースに水がかかっても安心です。

もちろん、キーケースに付けても違和感なし。落ち着いたブラックなので、黒系のリュックなどへの取り付けは見栄えが良いです。

キーケースにも○
キーケースにも○
リュックにも合います○
リュックにも合います○

「MFi認証」を取得したケーブル

ストラップとしても使えるUSB-C to Lightningケーブルは、Appleの基準をクリアして正式に認定を受けた証である「MFi認証」を取得済み

MFi認証取得済み
MFi認証取得済み
USB-C to Lightning
USB-C to Lightning

最大2.4Aの急速充電やデータ転送に対応した充電ケーブルです

Yuma

サードパーティの安い充電ケーブルは、OSアップデートなどで上手く認識せずに使えなくなることがありますが、この点は安心感が全然違います…!

「マルチツールを搭載」したAirTagケースも販売中

同じくPITAKAでは、ドライバーや六角レンチ・ナイフなどのマルチツールを搭載した「PitaTag for Multi-tool」も販売中です。

PITAKA:PitaTag for Multi-tool
PITAKA:PitaTag for Multi-tool

お値段は一緒ですが、重厚感のあるオシャレなデザインなのにマルチツール搭載と多機能。アウドドア派な人にぴったりなAirTagケースです。

レビュー記事を書いています!気になる方は合わせてご覧ください

PITAKA AirTagケース”PitaTag For Cable”の「メリット、デメリット」

PITAKA:AirTagケース「PitaTag For Cable」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • アラミド繊維+レザー採用で高級感がある
  • USB-C to Lightningケーブル一体型のAirTagケース
  • AirTag本体をキズから守る全面保護設計
  • Appleの基準をクリアした”MFi認証”を取得
デメリット
  • テープを着けずに収納すると、AirTagを取り出すのが大変…
  • AirTag本体よりも価格が高い

PITAKA:PitaTag For Cableの「メリット」

PitaTag For Cableの最大の魅力は、iPhoneの充電に最適な”USB-C to Lightningケーブル”一体型ケースであること。

片方は「USB-C端子」。もう片方は「Lightning端子」ですので、出先でMacBookを広げながらiPhoneを充電する…なんてこともできます。

USB-C搭載デバイスであれば、iPhoneを充電しながら使える
USB-C搭載デバイスであれば、iPhoneを充電しながら使える

普段使うことがないAirTagですが、充電ケーブルとしても使えるAirTagケース…斬新なアイデアは感動もの。長すぎず短過ぎずの”USB-C to Lightningケーブル”ですので、汎用性も高いです。

Yuma

このケース…ただのAirTagケースじゃありません…!

各端子をマグネットで引っ付けて、AirTagケースにクルクルっと回して固定するので、外れる心配も不要。

AirTagケースが外れる心配も不要

AirTag本体も(付属のテープを引っ張り出さない限りは)ズレ落ちることなく固定されていてその点も安心設計です。

PITAKA:PitaTag For Cableの「デメリット」

対して気になる点は、付属する”テープ”を付けずに収納すると、AirTagを取り出すのが大変であること。

テープを貼り付け忘れると、中々取り出せない…
テープを貼り付け忘れると、中々取り出せない…

テープを付けずにAirTagを入れた場合は、穴開けなどで使う工具の”ピックツール”を使えば取り出せます。

ピックツールを使えば取り出せる

ただしピック先端が尖ってるので、ケースやAirTag本体を傷つける可能性があります…。必ず、付属するテープをAirTagに貼り付けてから収納するのがベストです。

また、AirTag本体を大きく超える7,499円という価格も気になるところ。一般的なAirTagケースは、2,000円前後なので中々勇気が必要な価格です…。

AirTag本体より高い…
AirTag本体より高い…

MFi認証取得+ブランドを考えれば妥当な価格ですが、サッと手軽に買える価格ではありません…。とは言いつつ、PITAKAは梱包もしっかりしているのでプレゼントとしても最適。

プレゼントとしてもピッタリ

開ける時からワクワク感があるのは、さすのがPITAKAブランド。値段が値段ですが、ひと味違う特別感があるAirTagケースが欲しい人にはピッタリではないでしょうか。

他社おすすめAirTagケースを比較紹介

「他のAirTagケースも気になる…!」という方へ、私も実際に使っているAirTagケースを比較表でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
商品名PITAKA:PitaTag For CablePITAKA PitaTag for Multi-toolCaseology ヴォールトCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム ハードバンパーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーBenazcap レザーApple ループSUPTMAX ループ
デザインPitaTag For CablePita Tag for Multi-toolマットブラックCaseology ナノポップSpigen エアフィットエレコム:ハードパンバーSpigen ラギッド・アーマーBelkin セキュアホルダーApple レザーキーリングAirTagケース:Benazcap レザーApple ループシリコン
特徴USB-C to Lightningケーブル一体型4つのマルチツールを搭載カーボン風で高級感が漂うケース二重構造で、AirTagをしっかりと保護カード型デザインのケーススリムな形状のカード型栓抜きとしても使えるアウトドア向け挟んで捻るタイプのシンプルなケース上質レザーを使った最高峰ケースフェイクレザーの格安モデルケースとストラップが一体型耐水に強いシリコンの一体型ケース
素材アラミド繊維、レザーステンレス、シリコンTPU、ゴムTPU、ゴム、シリコンPCABSエラストマーTPU、シリコンプラスチックヨーロピアンレザーPUレザーポリウレタンシリコン、PC
種類キーリングカラビナカラビナカラビナカラビナカラビナ、キーリングキーリングキーリングキーリングループループ
カラバリ1色1色3色1色1色2色1色4色8色4色5色4色
重量20.3g57g18g32g24g10g42g8g10g10g7g4g
価格7,499円7,499円約1,600円約1,800円約2,500円1,580円約2,600円1,580円5,580円約500円/個4,780円680円
比較表:AirTagケース

詳細はこちらの記事でまとめています

まとめ:PITAKA AirTagケース「PitaTag For Cable」をレビュー|充電ケーブル付きストラップが実用的で便利!

以上、PITAKA PitaTag For Cableのレビュー記事でした。

最後に、AirTagケース「PitaTag For Cable」がおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • 外出先で作業が多いMac・iPadユーザー
  • 充電ケーブルを持ち歩きたくないミニマリスト
  • 人とは違った高級感のあるAirTagケースを使いたい人
  • 少しでも安いAirTagケースが欲しい人
  • お気に入りの充電ケーブルを持っている人

MFi認証取得済みデバイスなのでどうしても価格の高さは気になるところ…。ただし、ケーブル一体型は汎用性が高く、”ただのAirTagケース”ではないことは事実

ちょっと高いので、大切な人へのプレゼントとして贈るのも良さそうです!気になった方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

PITAKA:PitaTag For Cableの評価
外観デザイン/質感
88点
機能性/使いやすさ
98点
価格
78点
総合評価
88点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
PITAKA:PitaTag For Cable
  • AirTagを収納するための専用ケース
  • USB-C to Lightningケーブルが一体型
  • 安心安全の”MFi認証”を取得済み
  • 価格は、7,499円
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

3 × 2 =

Contents