Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選を紹介

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選」を知りたい方へ。

Appleから、2021年10月15日に新モデルのApple Watch Series 7が発売されてから約1ヶ月が経ちました。

Series 7では、ディスプレイサイズが拡大し、耐亀裂性能が向上したことが特徴的ですが、同時期に公開されたApple Watchの新OS『watch OS 8』の新機能も話題となりました。

watch OS 8では、ハンドジェスチャーでApple Watchを片手操作できる「AssistiveTouch」機能や「QWERTYキーボード」「マインドフルネス」など様々な新機能が利用可能です。

  • Apple Watch 7では、どんな新機能があるのか知りたい人
  • Apple Watch 7を購入したけど、使いこなせているか不安な人
  • Apple Watchを購入しようか迷っている人

このような悩みを抱えている方へ。

本記事では、Apple Watch Series 7を1ヶ月使ってみた私が、「Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選」を紹介をしていきます!

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選を紹介
  • watch OS 8の対応機種とインストール方法を解説

また、Apple Watch Series 7のレビュー記事も書いていますので、気になる方はチェックしてみて下さい!

Contents

Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選を紹介

Apple Watch Series 7の発売と同じ時期に公開された『watch OS8』では、AssistiveTouchやQWERTYキーボードが注目を浴びていますが、他にも新機能はたくさんあります。

新機能の中で、「この機能は、ぜひ使ってみてほしい!」と感じた新機能を選定しましたので、おすすめを紹介していきたいと思います!

Apple Watch 7のおすすめ新機能7選
  • AssistiveTouch|手や指の動作で操作可能に
  • 新文字盤|ワールドタイム、ポートレートの追加
  • QWERTYキーボード|画面でキーが打てるように
  • マインドフルネス|”リフレクト”が利用可能に
  • ヘルスケア|睡眠時の呼吸数が記録可能に
  • 持ち物/デバイスを探す|Apple Watchに対応
  • タイマー|複数の表示・管理が可能に

AssistiveTouch|手や指の動作で操作可能に

watch OS 8では、「AssistiveTouch」というApple Watchの画面に触れなくても、手や指の動作(ハンドジェスチャ)だけで、Apple Watchの画面を操作可能になりました。

ハンドジェスチャ動作は、人差し指を親指に1回タップする「ピンチ」と、2回タップする「ダブルピンチ」、手を1回握りしめる「クレンチ」と、2回握りしめる「ダブルクレンチ」と、合計4種類の動作があります。

各動作に、それぞれの機能を割り当てることが可能です。

例えば、ダブルピンチに”Siri”、ダブルクレンチに”ApplePay”を割り当てるとこうなります

手や指の動作だけで、Apple Watchを操作できる

AssistiveTouchが出た理由としては、体に障害のある方向けに作られた機能ですが、Apple Watchを片手だけで操作すると便利になるシーンは意外とあるものです。

手が塞がっている時に、ApplePayでカード決済ができたり、Siriを起動して今日のスケジュールや天気を確認したり等など…使い方は無限大です。

ゆうま

片手だけでApple Watchを操作できるって、すごく便利!!

ハンドジェスチャの設定では、各ジェスチャ毎に細かく機能を割り振りすることが可能です。

詳細の設定は、iPhoneの「Watch」アプリから設定可能

誤って認識しないように、普段の動作ではあまり使わない”ダブルピンチ”や”ダブルクレンチ”に機能を割り当てすることをおすすめします!

片手だけでApple Watchの画面内を操作できる”AssistiveTouch”の「使い方」や「設定方法」の詳細は、以下関連記事に記載しています!

新文字盤|ワールドタイム、ポートレートの追加

watch OS 8では、世界中の時刻をひと目で確認できる「ワールドタイム」文字盤と、自分が撮ったポートレート写真が浮かび上がる「ポートレート」文字盤が追加されました。

「ワールドタイム」文字盤が追加

「ワールドタイム」文字盤では、24カ国の時間帯を一度に表示することが可能な文字盤です。

内側のダイヤルでは、自分がいる地点の時刻を表示して、外側のダイヤルでは、各地点の時間帯を表示されています

新文字盤「ワールドタイム」

内側のダイヤルに、太陽と月のアイコンが表示されていますが、これは日の出と日の入を表しています。また、真ん中の地球儀では、明るいゾーンと暗いゾーンがありますが、これは夜と昼の動きを表しています。

なお、外角4箇所に、自分の好きなコンプリケーションを4つ設定することも可能です!

「ワールドタイム」文字盤では、世界時刻だけでなく、日の出/日の入、夜/昼の動き、4つのコンプリケーションを確認可能です

「ポートレート」文字盤が追加

「ポートレート」文字盤では、自分のiPhoneで撮ったポートレート写真をApple Watchの文字盤として表示することが可能です。

奥行きのある多層の文字盤を自動で作成し、ポートレート写真を文字盤として使うことができます

新文字盤「ポートレート」

ポートレート写真は、最大24枚までの写真を選択可能です。複数枚の写真を選択すれば、数秒ごとに写真が変わりますし(タップしても変わります)、お気に入りの1枚を設定することも可能です。

「ポートレート文字盤」は、Apple Watch S4以降・Apple Watch SEで利用可能です

また、Apple Watch Series 7では、Series 7限定の「輪郭」と「モジュラーデュオ」の2つの文字盤も利用することができます。

S7は、前モデルとディスプレイサイズが大きくなった為、表示領域が拡大されたことを強調した文字盤が追加されました

ゆうま

文字盤をスワイプ操作でかんたんに切替できるので、気分転換にも良い!

QWERTYキーボード|画面でキーが打てるように

Series 7では、ソフトウェアキーボードが利用可能に

Apple Watch 7では、画面サイズが拡大されたことで、Apple Watchの画面だけでキーボードが入力できる「QWERTY(ソフトウェア)キーボード」に対応しました。

今までLINEやメッセージなどの返信は、”定型文”や”音声”、”手書き”入力に対応していましたが、キーボード入力も可能となり、活用の幅が拡がりました。

タップしたり、指で文字をスライド(QuickPath)することで、キー入力が可能です

Apple Watch 7では、QWERTYキーボードに対応
ゆうま

iPhoneを触らずとも、手元だけで簡単に返信できるので使い勝手がいい!

AIを使った次の単語を予測する機械学習も搭載されている為、より正確に・速くタイプすることが可能です

ただし、発売時点では“日本語”は非対応で、英語・中国語のみ対応していますので(心電図が日本語対応した時同様に)、気長に待ちましょう…!

マインドフルネス|”リフレクト”が利用可能に

watch OS 8では、呼吸アプリが進化した”マインドフルネス”機能から、新たに「リフレクト」が利用可能になりました。

リフレクトを使うと…「少し時間を取りましょう。感謝したことを振り返り、とてもありがたく感じる理由を考えましょう」のようなメッセージと美しいアニメーションが流れますので、指示に従って瞑想を始めてみましょう。

マインドフルネスでは、リフレクトと呼吸が利用可能に

メッセージやアニメーションは、毎回違う内容が表示されます!

セッションが終了すると、時間や平均心拍数が表示され、この情報はiPhoneの”フィットネス”アプリに自動的に保存されます。

1分間のマインドフルネスな集中を行うことで、自身の心をリフレッシュし、ボジティブな気持ちを促してくれます!

忙しい時こそ、マインドフルネスが重要とされていますよ!

ゆうま

watch OS 8より、Apple Watch7ユーザー以外も利用可能です。
ぜひ新しく美しいアニメーションを体感してみて下さい!

ヘルスケア|睡眠時の呼吸数が記録可能に

watch OS 8より、これまでの睡眠時間や血中酸素濃度・心拍数に加えて「呼吸数」が睡眠時で記録可能になりました。

Apple Watchに搭載されている”加速度センサー”を使って、呼吸数を測定しています

息を吸うと血液に酸素が入り二酸化炭素が除去され、二酸化炭素は息を吐く時に肺から排出されます。

運動をしている時は、多くの酸素が体に必要となるので呼吸数が増加します。反して、睡眠中など、酸素の必要量が少ない時は呼吸数が減少します。

トレンドが検出された場合に通知されますので、自身の呼吸数の平均値を把握することで、健康状態をしっかりと管理することが可能です。

呼吸数を測定することで、全身の健康状態を記録して、iPhoneの”ヘルスケア”アプリから詳しい情報を確認することが可能です。

毎日・毎週・毎月のハイライトを、ヘルスケアアプリで確認可能

なお、Apple Watchで就寝中の呼吸数を記録できるのは、18歳以上が対象となります

持ち物/デバイスを探す|Apple Watchに対応

watch OS 8では、今までiPhoneの「探す」アプリでできていた“持ち物を探す機能”がApple Watchでも対応しました。

watch OS 8では、「持ち物を探す」と「デバイスを探す」の2つのアプリが追加されています。

「持ち物を探す」アプリ

AirTagが取り付けられた持ち物や、”探す”ネットワークと互換性のある他社製品の「位置」や「経路」「サウンドを鳴らす」ことが、Apple Watchだけで確認することが可能です。

iPhoneでできた機能がApple Watchでも可能に

「デバイスを探す」アプリ

紛失したAppleデバイスやファミリー共有グループの誰かが所有しているデバイスの「位置」や「経路」「サウンドを鳴らす」ことが、Apple Watchだけで確認することが可能です。

手元から離れた時に、通知させることも可能に
ゆうま

iPhoneではお馴染みの機能ですが、手元操作できるので、より便利になりましたね!

タイマー|複数の表示・管理が可能に

watch OS 8では、時間を計測しアラームを鳴らす“タイマー”を複数表示し、管理すること可能になりました。

ゆうま

地味な機能ですが…これがめちゃくちゃ便利なんです…!

watch OS 8以前では、一つのタイマーしか表示・管理ができませんでした。しかしアップデート後は、最大3つまで同時に表示・管理することが可能に。

watch OS 8では、最大3つのタイマーを同時に表示可能に

タイマーって、食事の時にすごく重宝する機能なんですよね。湯で時間やカップ麺を浸す時間、コーヒーを抽出する時間など…iPhoneを取り出すのが面倒な時に非常に役に立ちますよね…!

しかもApple Watch S7では、画面サイズが大きいので、残りのタイマー表示も見やすい!

また、Siriを使うことで特定のラベル(”洗濯タイマー”や”カップ麺タイマー”など)を付けることも可能です。

ラベルを付ける方法は、「Hey,Siri、3分のカップ麺タイマーをセット」などと言うだけ。

ラベル(名称)と残り時間を照らし合わせることが可能
ゆうま

改めて、手首だけで完結してしまうApple Watchって、本当に便利だと感じた瞬間でした…

「Apple Watchを使いこなすための5つのおすすめ機能」についても記事を書いていますので、気になる方は参考にしてみて下さい!

以上、本記事では、watch OS 8の新機能を7つ選定しましたが、以下Apple公式サイトでは、他の新しい機能も紹介されていますので、もっと深く知りたい方は参考にしみて下さい。

watch OS 8の対応機種とインストール方法

上記の新機能を使うためには、Apple Watchの対応機種を確認し、新しいwatch OS 8をインストールする必要がありますので、合わせて紹介をしていきます。

watch OS 8の対応機種

watch OS 8を利用するには、iPhoneが「iOS 15」以降を搭載したiPhone 6S以降と、以下のApple Watchのモデルが必要となります。

watch OS 8の対応機種
  • Apple Watch Series 3
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch SE
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch Series 7

詳細は、Apple公式サイト(Apple Watchの見分け方)からご確認下さい

watch OS 8のインストール方法

watch OS 8をインストールする方法は、以下の通りです。

STEP
iPhoneを最新バージョンのiOSにアップデートする

iPhoneの「設定」を開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」をタップして、「今すぐインストール」をタップして、新しいiOSにアップデートします。

STEP
Apple Watchが”50%以上”充電されていることを確認する

iPhoneをWi-Fiに接続して、Apple WatchとBluetooth圏内に収まるように、iPhoneとApple Watchを近づけます。

STEP
iPhoneを使って、Apple Watchをアップデートする

iPhoneの「Watch」を開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」をタップして、「今すぐインストール」をタップすることで、Apple Watchを新しい”watch OS 8″にアップデート可能です。

まとめ:Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選を紹介

以上、Apple Watch Series 7のおすすめ新機能7選についての紹介記事でした。

毎年新しいwatch OSがアップデートされていますが、今作ではAssistiveTouchとQWERTYキーボードが個人的にはお気に入り。

QWERTYキーボードは公開時点では日本語対応していませんが、いずれ日本語に対応した時は、手元だけで好きな文字を返信可能です。想像するだけで使い勝手が良くなるので、次回のアップデートに期待しています…!

また、「Apple Watch Series 7のレビュー」や「7とSEの比較」記事を以下にも記載しています。

「Apple Watchを購入しよう迷っている…」なんて人は、合わせてご参考にして頂ければと思います!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 関連記事
  • 今回紹介した商品は、こちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる