【Apple Watch】おすすめモバイルバッテリーを紹介!選ぶ時の注意点も解説

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

  • Apple Watchモバイルバッテリーの購入に迷っている人
  • Apple Watchのおすすめモバイルバッテリーを知りたい人

スマートウォッチの代表格であるApple Watchは、便利な半面、バッテリー持続時間が短いことが特徴的。

Apple Watch Series 7/8やSEモデルでは、最大18時間と一日バッテリーが持たない為、バッテリーが切れて困った経験をした人も多いと思います。

Yuma

Apple Watchを充電し忘れてバッテリーが切れた…

いざという時に備えて、活躍する便利なアイテムが『Apple Watch専用モバイルバッテリー』です。

Apple Watchモバイルバッテリー

モバイルバッテリーがあれば、不測の事態に備えられることはもちろん、外出時や旅行中・すきま時間にもサッと手軽に、Apple Watchを充電できます。

ということで、本記事では、Apple Watchの「おすすめのモバイルバッテリー」を紹介していきます。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」を解説
  • 「おすすめモバイルバッテリー」を紹介
  • 迷ったらコレを選べばOK!「イチオシのモバイルバッテリー」を紹介
Contents

はじめに:Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」を解説

Apple Watchモバイルバッテリー

Apple Watchのおすすめモバイルバッテリーを紹介する前に、Apple Watch充電器の「種類」や「選ぶ時の注意点」を解説していきます。

「自分がいつ、どんな場所で、どんな種類の充電器が合っているか」充電するシーンを考えて選ぶことで、自分に合うベストな種類の充電器が見つかりますよ!

Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点」
  • Apple Watch充電器の種類は、4種類ある
    • 磁気ケーブルタイプ
    • 充電スタンドタイプ
    • USBタイプ
    • モバイルバッテリータイプ
  • MFi認証(Made for Apple Watch)のモバイルバッテリーを選ぶこと

Apple Watch充電器の種類は、4種類ある

Apple Watchの充電器には、大きく分けて4種類のタイプの充電器(磁気ケーブル、充電スタンド、USB、モバイルバッテリー)があります。

各充電器の特徴やメリット・デメリットなどの比較表は、次の通りです

スクロールできます
種類磁気ケーブル充電スタンドUSBモバイルバッテリー
外観デザイン磁気ケーブル充電スタンド
USBモバイルバッテリー
特徴Apple Watch購入時に付属するケーブル縦・横に置きながら充電できるUSBに接続して充電できるケーブル不要のバッテリー内蔵タイプ
メリット多用途で利用できる種類が豊富で、デザイン性が高いものが多いケーブル不要、超コンパクトサイズいつ・どこでも充電できる
デメリットケーブルが長いと邪魔になるケーブルを別途用意する必要がある充電時にUSBを差すデバイスが必要重たくサイズが大きい
価格安い安い普通高い
主な利用場所自宅自宅/外出時外出時外出時
持ち運びやすさ
Apple Watch充電器の「種類と特徴」

上記の通り、Apple Watchの充電器には、「磁気ケーブル」「充電スタンド」「USB」「モバイルバッテリー」と4種類のタイプがあります。

「充電スタンド」タイプ「USB」タイプでは、別で磁気充電ケーブルを用意したり、USBポートに差し込む為のデバイスが必要となりますが…。

『モバイルバッテリー』は、磁気ケーブルが不要で、そのまま充電できることが最大のメリット。

Apple Watchモバイルバッテリー
乗せるだけで充電できる手軽さがモバイルバッテリーの良さ
Yuma

バッテリー本体に、マグネット式の”磁気部”が埋め込みされているので、ケーブルが不要です

他の充電器と比べると価格は高めですが、「モバイルバッテリー」があれば、ケーブルやスタンド・電源アダプタが不要で、そのままApple Watchを充電できます。

モバイルバッテリーは、持ち運び性能が高く、手軽に充電可能です

MFi認証(Made for Apple Watch)のモバイルバッテリーを選ぶこと

Apple Watchのモバイルバッテリーを選ぶ時の注意点として、「MFi認証(Made for Apple Watch)」を取得しているモバイルバッテリーを選ぶことが大切です。

Made for Apple Watchのロゴ
MFi(Made for AppleWatch)のロゴ

MFi認証とは、Appleの基準をクリアして正式に認定を受けている証のことを言います。

Yuma

MFi認証がある製品を選ぶことで、安心・信頼して使うことができます

もしも「MFi認証」が付いていない製品であれば、すぐにバッテリーが切れたり、充電できなくなったり…とトラブルの原因になる可能性があります。

Apple Watchのモバイルバッテリーを選ぶ時は、Appleの認定を受けた「MFi認証」のマークが付いている製品を選ぶことに注意して下さい。

【まとめ】Apple Watch充電器の「種類」と「選ぶ時の注意点

  • Appleの充電器は、4種類(磁気ケーブル、充電スタンド、USB、モバイルバッテリー)
  • モバイルバッテリーを選ぶ時の注意点は、Appleの認定を受けた「MFi認証」が取得された製品を選ぶこと

【Apple Watch】おすすめモバイルバッテリーを紹介!

それでは、Apple Watchと合わせて買いたい「おすすめモバイルバッテリー」を紹介していきます!

「モバイルバッテリー」おすすめ

スクロールできます
Belkin:BOOST CHARGEBelkin:Valet Charger Power PackCHOETECH:T313CIO:ハイブリッドワイヤレスバッテリーAnker:Portable Magnetic ChargerAnker:Magnetic Charging Dock
Belkin:BOOST CHARGE
Belkin:Valet Charger Power PackCHOETECH:T313CIO:ハイブリッドワイヤレスバッテリー
Anker:Portable Magnetic ChargerAnker:Magnetic Charging Dock
▲タップで、おすすめ項目までジャンプします

Belkin:BOOST CHARGE Apple Watchモバイルバッテリー

“Belkin”より、デザイン性が高くコンパクトな設計「BOOST CHARGE Apple Watch専用モバイルバッテリー」

バッテリー容量は「2,200mAh」で、Apple Watchを約3.5回フル充電することが可能です。

マットブラックで上品な見た目
LEDインジゲーターで、バッテリー残量が分かる

また、重量が「約70g」と超軽量で、サイズ感もコンパクト。カバンやポーチに入れても場所を取りませんので、外出・旅行時には最適なモバイルバッテリーです。

また、バッテリーを立てた縦置きや、据置の横置きどちらにも対応しています。

縦置きでも充電○
横置きでも充電○

Apple Watchを充電しながら、日時・時刻を確認できる“ナイトスタンドモード”としても利用可能です

Belkin BOOST CHARGEモバイルバッテリー
  • マット調でスタイリッシュなデザイン
  • Apple Watchを約3.5回フル充電できる
  • 手のひらに収まるコンパクトなサイズ感
  • 安心の”MFi認証”を取得済み
軽量+コンパクトで持ち運びに最適なバッテリーです!

Belkin:Valet Charger Power Pack

同じく”Belkin”より、大容量タイプのモバイルバッテリー「Valet Charger Power Pack」もおすすめです。

価格は約11,000円と高めですが、Apple Watchと合わせて、iPhoneも一緒に充電できることが特徴的。

Apple Watch単体だと、最大8回(iPhoneは最大3回)まで充電できる驚異的な「6,700mAh」のバッテリー容量を持っています。

Yuma

長期の出張・旅行には最適なモバイルバッテリーです

バッテリー本体を充電するケーブル端子は「microUSB」でケーブルも付属してきます。

コレ一台あれば、iPhone用のモバイルバッテリーを買う必要がありません

Belkin Valet Charger Power Packモバイルバッテリー
  • Apple WatchとiPhoneをセットで充電できる「6,700mAh」大容量バッテリー
  • Apple Watchは8回、iPhoneは3回フル充電可能
  • アルミニウムケースで美しいデザイン
  • 価格は、1万円弱と高め
大容量タイプなので、本体を頻繁に充電する必要もありません

CHOETECH:T313

“CHOTECH”より、キーホルダー型で、約54gと軽量で、持ち運びに優れたモバイルバッテリー「T313」。

バッテリー容量は、900mAhのバッテリーが内蔵しているので、Apple Watchを約2回フル充電することが可能です。

Yuma

2回もフル充電できれば、外出時・小旅行時でも十分活躍しますね

Apple Watchを置くための磁気部は、(以下のように)ぶら下げて充電することができるほど、マグネット式で強力です。

CHOETECH Apple Watchモバイルバッテリー
磁気部はマグネット式なので、ぶらさげても問題ありません

本体側面には、バッテリー残量を示すLEDインジゲーター(4段階)がありますので、パッと見でバッテリー残量を確認することが可能です。

バッテリー残量を示すLEDインジゲーター
本体の充電端子は「microUSB」

なお、モバイルバッテリーの充電端子は「microUSB」となります。

充電ケーブルは付属していないので、別途「microUSB対応ケーブル」を用意する必要があります

CHOETECH T313モバイルバッテリー
  • ホワイト一色のシンプルなデザイン性
  • カラビナ付き+54gと軽量で、持ち運びがしやすい
  • Apple Watchを約2回フル充電できる
  • 安心の”MFi認証”を取得済み
カラビナ付きでカバンに掛けられるので、持ち運びに最適なバッテリーです!

CIO:ハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー

“CIO”より、iPhoneとApple Watchの2つのデバイスをワイヤレス充電できる「ハイブリッドなモバイルバッテリー」もおすすめです。

CIOバッテリーの特徴は、iPhoneとピタッと引っ付くMagSafeに対応しているのに、同じバッテリーでApple Watchも充電することができます。

Yuma

MagSafe充電に対応しつつ、Apple Watchも充電できるのは、”CIO”バッテリーならではの機能ですね

また、「5,000mAh」という大容量バッテリーを搭載している為、iPhone 12 miniだと約0.8回分を充電可能です。

さらに、モバイルバッテリー本体に格納できる「スタンド」も搭載されているので、iPhoneを充電しながら(スタンドで傾けて)映画・動画を楽しむ…なんて使い方もできてしまいます。

ただし、Apple Watchの充電時は、Apple純正の5W電源アダプタと比較して、「最大2.5W」と半分で低めの出力ですので、充電速度は遅めです。

“パススルー充電”にも対応しているので、ワイヤレス(7.5W)とUSB-C(20W)の同時充電が可能です

CIOハイブリッドワイヤレスモバイルバッテリー
  • iPhoneとApple Watchの2つのデバイスを充電できるモバイルバッテリー
  • MagSafe+Apple Watch充電に対応しているのは、CIOならではの機能
  • Apple Watchの充電出力が「2.5W」と低出力
  • パススルー充電に対応
MagSafe対応iPhone+Apple Watchユーザー必見のモバイルバッテリー!

【番外編】Anker:Portable Magnetic Charger for Apple Watch

モバイルバッテリーではありませんが、Ankerの超小型充電器「Portable Magnetic Charger for Apple Watch」もおすすめです。

「Portable Magnetic Charger」は、“25g”という超軽量+超コンパクトなサイズ感で、Apple Watchをコードレスで充電することができる充電器です。

Anker Apple Watch充電器
小銭入れにも収納できる超コンパクトなサイズ

基本的に、Apple Watchを充電するには、ケーブルと電源アダプタが必要です。

しかし、「Portable Magnetic Charger」があれば、充電ケーブルや電源アダプタを用意する必要がなく、置き場所にも困らないので、使い勝手は爆上がり。

また、充電方法は、USB-C(USB-A)に対応した充電器やiPadなどに差し込み、Apple Watchを磁気充電部に乗せるだけと、超簡単です。

電源アダプタと充電器
電源アダプタでも充電可能
モバイルバッテリーでも充電可能
MacBookと充電器
MacBookでも充電可能
iPadでも充電可能
Yuma

“コードレス設計”ですので、充電ケーブルを持ち歩く必要がありません

Anker Portable Magnetic Charger for Apple Watch
  • アルミニウム合金でスタイリッシュな美しいデザイン
  • Apple Watchをコードレスで充電できる
  • サイズが超コンパクト+軽量で、持ち運びに最適
  • USB-C or USB-Aの2種類から選択可能
ケーブル不要のコードレス小型充電器です!

【番外編】Anker:Magnetic Charging Dock for Apple Watch

モバイルバッテリーではありませんが、Ankerの磁気充電ドック「Magnetic Charging Dock for Apple Watch」もおすすめです。

Ankerの充電ドックは、Apple Watchの充電ケーブルとスタンドが一体型の「磁気充電器」です。

Anker Apple Watch充電ドック
スタンド本体にケーブルを巻き付け収納することで、長さ調節が可能

充電するためのUSB-C(USB-A)電源アダプタは別売となりますが、1.2mと長い充電ケーブルとスタンドがセットの充電器ですので、自宅・外出時など場所を問わない使いやすさが良いです。

外観は、Apple純正を感じさせるホワイト一色のシンプルなデザインで、Appleデバイスとの相性も良いです

設置方法は、縦置き・横置きの2種類。また、USB-C(USB-A)ポートがあれば、様々な環境元で、どこでもApple Watchを充電することができます。

そのまま縦置きしても充電可能
磁気部を起こして横置きもOK
モバイルバッテリーとも◎
iPadとも◎
Yuma

ケーブルをスタンドに巻き付け収納できるので、持ち運びにも最適ですね

Anker Magnetic Charging Dock for Apple Watch
  • Appleデバイスと相性が良いシンプルな充電ドック
  • ケーブルは巻取り式で、スタンドに収納可能
  • 手のひらサイズ+87gと軽量で、持ち運びにも◎
  • USB-C or USB-Aの2種類から選択可能
露出しやすい充電ケーブルをスタンドに収納できるので、見栄えもスッキリ!

【比較表】Apple Watchおすすめモバイルバッテリー

最後に、今回紹介した4つのおすすめモバイルバッテリーを比較表にまとめましたので、合わせて参考にしていただければ幸いです。

スクロールできます
メーカーBelkinBelkinCHOETECHCIO
外観デザイン
Apple Watchモバイルバッテリー
特徴マット調でスタイリッシュなデザイン大容量のモバイルバッテリーカバンに掛けれるキーホルダー型iPhoneとApple Watch2つのデバイスを充電可能
メリット軽量なのにバッテリー容量が大きいApple WatchとiPhoneを一緒に充電できるキーホルダー型で持ち運びしやすいMagSafe+Apple Watchの充電に対応
デメリット価格は高め価格が高く、重い充電ケーブルが付属していない充電出力が2.5Wと低出力(Apple Watch充電時)
価格約7,000円約11,000円約6,000円約5,500円
重量約70g180g54g約150g
バッテリー容量2,200mAh6,700mAh900mAh5,000mAh
フル充電回数3.5回8回
※iPhone:3回
2回記載なし
※iPhone 12 mini:0.8回
MFi認証記載なし
iPhoneの充電
Apple Watchおすすめモバイルバッテリーの比較

【イチオシのApple Watchモバイルバッテリー】迷ったらコレを選べばOK!

Belkin BOOST CHARGEモバイルバッテリー

上記では、私がおすすめするモバイルバッテリー4選を紹介しましたが、迷った方も多いはず。

(個人的に)Apple Watchのケース選びに迷ったら、『BelkinのBOOST CHARGE Apple Watchモバイルバッテリー』をおすすめします!

Belkinの「BOOST CHARGE」は、バッテリー容量が「2,200mAh」で、Apple Watchを3.5回もフル充電可能なモバイルバッテリーです。

Yuma

短期間の旅行であれば、バッテリー本体を充電する必要もありませんね

また、重量も「約70g」と超軽量で、手のひらに収まるコンパクトなサイズ感ですので、持ち運び性能が非常に高いです。

サイズは、7.9×4.2×1.7cmと超コンパクト

個人的にイチオシするのは、「外観のデザイン性」。

上品さを漂わせる落ち着いたマットなブラックカラーは、モバイルバッテリーとは見えないほどスタイリッシュで格好良いのです。

バッテリー表面には「Belkin」のロゴが彫り込みされています

肌触りは少しザラザラしているので、滑って落とすことはなさそうです

もちろん、充電性能も申し分なく完璧です。縦・横に置いても、自由に設置して充電することができますよ。

縦置き
横置き

Apple Watchのバンドって、バンドのつなぎ目が無いソロループや、バンドが2つに分かれているタイプなど様々なタイプがありますが…。

どんなバンドを使っていても設置方法が自由であるのは、使い勝手がかなり良いんですよね。

価格は少しお高めであるのは(バッテリーなので)仕方がないとしても、外観デザイン・機能性共に素晴らしいApple Watch専用モバイルバッテリーでおすすめです!

Belkin BOOST CHARGEモバイルバッテリー
  • マット調でスタイリッシュなデザイン
  • Apple Watchを約3.5回フル充電できる
  • 手のひらに収まるコンパクトなサイズ感
  • 安心の”MFi認証”を取得済み
軽量+コンパクトで持ち運びに最適なバッテリーです!

まとめ:【Apple Watch】おすすめモバイルバッテリーを紹介!選ぶ時の注意点も解説

Apple Watchと合わせて買いたいおすすめモバイルバッテリーの紹介記事でした。

Apple Watchのモバイルバッテリーがあれば、旅行や出張中でも、ケーブル不要で、すぐにApple Watchを充電することが可能です。

また、バッテリー切れの心配も不要で、緊急時にも備えることができますので、Apple Watchユーザーは、ぜひお気に入りの一台持つことをおすすめしますよ!

「Apple Watchのバッテリー容量を長持ちさせる方法」も紹介しています。よろしければ合わせてご覧ください

以上、お気に入りのApple Watchモバイルバッテリーを見つけて、快適なApple Watch Lifeを楽しんで頂ければ幸いです!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
スクロールできます
Belkin:BOOST CHARGEBelkin:Valet Charger Power PackCHOETECH:T313CIO:ハイブリッドワイヤレスバッテリーAnker:Portable Magnetic ChargerAnker:Magnetic Charging Dock
Belkin:BOOST CHARGE
Belkin:Valet Charger Power PackCHOETECH:T313CIO:ハイブリッドワイヤレスバッテリー
Anker:Portable Magnetic ChargerAnker:Magnetic Charging Dock
▲タップで、商品リンクまでジャンプします
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

18 + 5 =

Contents