【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

「Apple Watchで、Siriの音声を消す(無効にする)方法」を知りたい方へ。

「Hey,Siri」でお馴染みのSiriは、iPhone・Apple Watchで、電話・メッセージの送受信など様々な頼みごとができるAIアシスタント。

しかし、誤動作で勝手にSiriが喋りだして、困った経験をしている方は多いはず…。

特にApple Watchでは、手首を曲げた時など…誤ってDigital Crownを長押し→Siriが勝手に起動した…そんな経験をした方も多いですよね。

  • Apple Watchで、Siriを使わない!
  • Siriの誤動作を防ぎたい!
  • Siriの起動を”必要に応じて”切替したい

このような悩みがある方へ。本記事では、Apple WatchでSiriの音声を消す(無効にする)方法を解説します。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchで「Siriの音声を消す(無効にする)方法」を解説
  • Siriを有効にしながら、Siriの音声を消す方法を解説
Contents

【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

Apple WatchでSiriの音声を消す(無効にする)方法は、Apple Watchの「設定」アプリで行います。

STEP
Apple Watchの「設定」アプリを起動する
STEP
「Siri」→3つの項目を「全てオフ」→「Siriをオフにする」をタップする 
  • “Hey,Siri”を聞き取る
  • 手首を上げて話す
  • Digital Crownを押す

上記3つのチェックを全てオフにして、警告文表示後「Siriをオフ」をタップすると、Siriの音声を消す(無効にする)ことができます。

Apple WatchでSiriをオフにしても、ペアリングしているiPhoneの「Siri」はオフになりません

ちなみに、iPhoneのSiriの音声を消す方法は、iPhoneの「設定」→「Siriと検索」から、上記同様に「”Hey,Siri”を聞き取る」と「サイドボタンを押してSiriを使用」と「ロック中にSiriを許可」のチェックを全てオフにすると、iPhoneでもSiriの音声を消せます。

【Apple Watch】Siriを有効に戻す方法

Siriを有効にするには、上記3つの項目どれか一つでも”有効”にして、(警告文表示後)「Siriを有効にする」をタップするとSiriを有効にできます。

【Apple Watch】Siriを有効に戻す方法

Siriを有効にしながら、Siriの音声を消す方法

上記では、Apple Watchで「Siriの音声をオフ」=「Siri機能をオフ」にする方法を解説しました。

Yuma

Siriを有効にしながら、好きな時にSiriを起動したい…

Yuma

Siriの「音声」を消す方法は?

そのような方は、次の設定がおすすめです。

Siriを有効にしながら、Siriの音声を消す方法

  • Siriが音声で読み上げするモード(=Siriの応答)を『消音モードで制御』にする

Apple Watchでは、Siriが音声で読み上げするモード「Siriの応答」を3種類(常にオン・消音モードで制御・ヘッドフォンのみ)から選択できます。

  • 常にオン:Apple Watchが”消音モード”でも、いつでもSiriが応答を読み上げる
  • 消音モードで制御:Apple Watchが”消音モード”の時は、Siriが無音で応答する(=画面だけで応答する)
  • ヘッドフォンのみ:ヘッドフォン装着時のみ、Siriが応答を読み上げる

Siriの応答を「消音モードで制御」にチェックすることで、Siriを有効にしながら、Siriの音声を消せます。

設定方法は、Apple Watchの「設定」「Siri」→「Siriの応答」、”応答の読み上げ”より「消音モードで制御にチェック」します

Apple Watch:消音モードで制御
Yuma

音声が出ないだけで、画面にはSiriの応答が表示されます!

Apple Watchの「消音モードをオン」にしよう!

“消音モードで制御”にチェックしても、Apple Watchの「消音モードをオン」にしないと、Sirはいつも通り音声で応答します。

消音モードをオンにする方法は、Apple Watchの画面で「コントロールセンター」を呼び出して、消音モード(ベルマーク)を「タップ」します

Apple Watch:消音モード
Yuma

以上で、Apple WatchのSiriを有効にしながら、Siriの音声を消すことができます!

まとめ:【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

以上、Apple WatchでSiriの音声を消す方法の紹介記事でした。

Apple Watchユーザーであれば、Digital Crownを気付かずに長押しして、Siriが勝手に起動してびっくりした…そんな経験は多いですよね。

Apple WatchでSiriを使わない方は、Apple Watchの設定は全てオフにしても問題ありません(iPhoneでもSiriが利用できます)。

「(仕事中など)Siriが勝手に喋りだすと困るけど、画面でSiriの応答は確認したい!」という方は、次の設定がおすすめです。

  • Siriの応答を「消音モードで制御」にチェックする
  • コントロールセンターで「消音モード」に切り替える

それでは、本記事は以上です。

以下にも「Siriの使い方」「Siriが起動しない時の対処法」も紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

  • 関連記事
  • 今回紹介した商品は、こちら

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

2 × four =

Contents