Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
プロフィール背景画像
ゆうまの画像
ゆうま
Web系の仕事をしています「ゆうま」と言います【IT系ブロガー】。
空気が綺麗な田舎「北陸」に住んでいます。
Apple・アプリ・ガジェット・流行なモノなどについて、ゆるーくブログを書いています📱

【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

Apple Watchで、Siriの音声を消す(無効にする)方法を知りたい方へ。

「Hey,Siri」でお馴染みのSiriでは、iPhone・Apple Watchで電話やメッセージの送信など様々な頼みごとをすることができます。

しかし、誤動作で勝手にSiriが喋りだして、困った経験をされた方も多いと思います。

特にApple Watchでは、手首を曲げた時にDigital Crownを押してしまう→Siriが起動するケースが多いでしょう。

 

以下ユーザーを対象に、本記事では、Apple WatchでSiriの音声を消す(無効にする)方法について解説をしていきます。

  • Apple WatchでSiriを利用しない方
  • Apple WatchのSiriの誤動作を防ぎたい方
  • Siriの起動を必要に応じて切り替えたい方
本記事の内容まとめ
  • Apple Watchで「Siriの音声を消す(無効にする)方法」を解説
  • Siriを有効にしながら、Siriを起動させない方法を解説

 

Contents

【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

Apple WatchでSiriの音声を消す(無効にする)方法は、Apple Watchの設定アプリより以下操作を行います。

Siriの音声を消す方法

  1. Apple Watchの「設定」アプリを起動
  2. 「Siri」を選択
  3. 「”Hey,Siri”を聞き取る」と「手首を上げて話す」と「Digital Crownを押す」を全てオフにする
  4. 警告文から「Siriをオフにする」をタップする

 

Apple Watchの「設定」アプリを起動し、「Siri」を選択します。

「”Hey,Siri”を聞き取る」と「手首を上げて話す」「Digital Crownを押す」を全てオフにします。

 

全てのチェックをオフにすると、以下のような警告文が表示されるため「Siriをオフにする」をタップすることで、Siriの音声を消す(無効にする)設定が完了です。

 

※Apple WatchでSiriをオフにしても、ペアリングしているiPhoneの「Siri」はオフになりません。

iPhoneのSiriの音声を消す方法は、iPhoneの「設定」アプリを起動し、「Siriと検索」から、上記同様に「”Hey,Siri”を聞き取る」と「サイドボタンを押してSiriを使用」と「ロック中にSiriを許可」のチェックをオフにすることで、iPhoneでもSiriの音声を消す(無効にする)ことができます。

 

【Apple Watch】Siriを有効に戻す方法

Siriを有効にするには、上記3つの項目どれか一つでも”有効”にすることで、以下のような警告文が表示されるため「Siriを有効にする」をタップすることで、Siriを有効にすることができます。

 

Siriを有効にしながら、Siriを起動させない方法

上記では、Apple Watchで「Siriの音声をオフ」=「Siri機能をオフ」にする方法を解説しました。

ねこのアイコン画像ねこ
だけど、Siriを有効にしながら、好きな時にSiriを起動したいな…

というユーザー向けにSiriを有効にしながら、Siriを起動しない(応答しない)方法も合わせて解説します。

 

それは、Siriの音声が応答するモードを「消音モードで制御」にすることです。

 

Apple Watchでは、Siriが音声で応答するモード『音声フィードバック』を3種類(常にオン・消音モードで制御・ヘッドフォンのみ)から選択することができます。

各モードの説明は、以下の通りです。

  • 「常にオン」:Apple Watch装着時、Siriが常に音声で応答する
  • 「消音モードで制御」:”消音モード”に設定している時のみ、Siriが応答しない
  • 「ヘッドフォンのみ」:ヘッドフォン接続時のみ、Siriが音声で応答する

 

Siriが音声で応答するモードを「消音モードで制御」にチェックすることで、Siriを有効にしながら、Siriを応答しない(起動しない)ように設定することができます。

 

設定方法としては、Apple Watchの「設定」アプリから「Siri」を選択し、音声フィードバックから「消音モードで制御」にチェックすることで完了です。

 

”音声フィードバック”と”消音モード”の設定をうまく切り替えすることで、Siriが勝手に起動しない(応答しない)ように設定できますね!

 

まとめ:【Apple Watch】Siriの音声を消す(無効にする)方法

以上、Apple WatchのSiriの音声を消す方法についての解説記事でした。

Apple Watchユーザーであれば、Digital Crownを気付かずに押してSiriが勝手に起動してびっくりした経験は多いと思います。

Apple WatchでSiriを利用しない方は、Apple Watchの設定をオフにしても問題ないと思います(iPhoneでもSiriが利用できますからね)。

また、仕事中や作業中などで、Siriが勝手に起動されたら困るけど、Siriは使えるように有効化しておきたいな…というユーザーには以下設定がおすすめです。

  • 音声フィードバック設定は「消音モードで制御」+コントロールセンターから「消音モード」に設定

 

最後に、Apple WatchのSiriの使い方について、Siriが起動しない時の対処法についても以下記事に記載していますので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

あわせて読みたい
【Apple Watch】Siriが起動しない・反応しない時の対処法を解説
【Apple Watch】Siriが起動しない・反応しない時の対処法を解説こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。Apple WatchでSiriが起動しない・反応しない時の対処法を知りたい方へ。Apple Watchでは、手首を口元に近づけて「Hey,Si...
あわせて読みたい
【Apple Watch】Siriの使い方を解説|起動・音量変更の方法など
【Apple Watch】Siriの使い方を解説|起動・音量変更の方法などこんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。Apple Watchの『Siri』の使い方を知りたい方へ。Apple Watchでは、iPhone同様にパーソナルアシスタントである『Siri』を...

 

今回紹介した商品はこちら

 

AppleWatchのおすすめアクセサリー

Contents
閉じる