Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要な人は?選ぶ基準を紹介

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

「Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要なのか?」を知りたい方へ。

Apple Watchは、ケース素材バンド充電スタンドなど、様々なアクセサリを組み合わせて、自分好みのApple Watchをカスタマイズすることが可能です。

それと合わせて気になることが…

Yuma

Apple Watchに保護ケースやフィルムは、必要なのか?

…このように、保護ケース・フィルムの必要性について考える人は多いと思います。

  • Apple Watchの保護ケース・フィルムの”必要性”を知りたい人
  • ケース・フィルムを買う”基準”を知りたい人
  • 選び方のポイント、おすすめ保護ケース・フィルムを知りたい人

このような悩みを持っている方へ。

本記事では、Apple Watchの保護ケース・フィルムが必要か・不必要か?「選ぶ基準」を紹介した上で、「必要性」を解説していきます。

また、保護ケース・フィルムが必要だと感じた方へは、おすすめの保護ケース・フィルムを紹介していきますので、ぜひ最後までご一読いただけますと幸いです。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchの保護ケース・フィルムを買う基準を紹介
  • 保護ケース・フィルムの必要性を解説
  • ケース・フィルムを着けるメリット・デメリットを解説
  • ケース・フィルムを選ぶ時の注意点を紹介
  • おすすめの保護ケース・フィルムの紹介
Contents

Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要な人は?選ぶ基準を紹介

結論を先に言うと…Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要か、不必要かは『人によります』。

必要かどうかの判断基準としては、万が一、Apple Watchの画面が割れたり傷つくことを想定して、保護ケース・フィルムを着けて「備えるか・備えないか」です。

Yuma

保険と考え方が似ていますね…!

万が一、Apple Watchのディスプレイが割れたり、傷が付いて修理を出すことになると(場合によりますが)約2〜3万円ほど高額な費用が必要となります。

Apple Watch Series 7/8の価格は、59,800円〜からと決して安いものではありません。

日常生活では、Apple Watch本体やディスプレイにぶつけるシーンが意外と多いもの。特に、頻繁に運動をする人アウトドア派の人には、保護ケース・フィルムを着けたほうが安心であることは言うまでもありませんね。

Yuma

…とは言っても、何を基準に判断すれば良いか分からない!

Apple Watchに保護ケース・フィルムを着けたほうが「安心」であることは間違いありませんが、何を基準に判断すれば良いか分かりませんよね…。

個人的には、次の基準で判断すべきだと思っています。

保護ケース・フィルムの必要性を理解した上で、「自分には、Apple Watch保護ケース・フィルムが必要なのか?」を考える

次項では、Apple Watchに保護ケース・フィルムの「必要性」を解説していきます。

ぜひ理解を深めて頂き「自分には、保護ケース・フィルムが必要なのか?」検討してみて下さい!

  • Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要かどうかは「人による」
  • 判断基準は、(万が一の時に)ケース・フィルムを着けて「備えるか・備えないか」
  • ケース・フィルムが必要かどうかは、「必要性を理解した上で、判断すること」が大切

4台のApple Watchを使った「傷つきやすさ」比較記事も書いていますので、よろしければ合わせて参考にしてみて下さい

【Apple Watch】保護ケース・フィルムの必要性を解説

Apple Watch保護ケース

自分にはApple Watchの保護ケース・フィルムが必要かどうか?」を判断する上で、保護ケース・フィルムの必要性を解説していきます。

まず、Apple Watchに保護ケース・フィルムを着ける必要性は、「万が一の時に、画面割れや傷を保護してくれる」ので、安心してApple Watch Lifeを楽しむことができるということ。

保護ケース・フィルムを着ける場合の「メリット」「デメリット」は、次の通りです。

着けるメリット
着けるデメリット
  • 傷や汚れを事前に保護(軽減)できる
  • カラーケースで着せ替えを楽しめる
  • 激しい運動でも安心して使える
  • 指紋・皮脂が付きにくい
  • 綺麗な状態だと高く売れる
  • 装着感に違和感を感じることがある
  • タッチ・スワイプ操作が反応しないことがある
  • サイズ感が大きく見えてしまう
  • 長期間使うとフィルムが剥がれることがある

上記の通り、保護ケース・フィルムを着けるメリットは、本体の傷・汚れを保護できるので、運動時などのアクティビティやアウトドアが多い人でも、安心してApple Watchを使うことが可能です。

対して、保護ケース・フィルムを着けるデメリットは、サイズ感・装着感に違和感を感じたり、画面へのタッチ・スワイプ操作が反応しないことです。

【まとめ】Apple Watchに、保護ケース・フィルムを着ける必要性

  • 万が一の時に、画面割れや傷を保護してくれるので、安心してApple Watch Lifeを楽しむことができる

保護ケース・フィルムを着ける「メリット・デメリット」を解説

Apple Watch保護ケース

Apple Watch保護ケース・フィルムを着ける「メリット・デメリット」の詳細を以下より解説していきます。

保護ケース・フィルムを着けるメリット・デメリット
  • Apple Watch本体を傷・汚れから防げる
  • おしゃれなカラーケースで着せ替えを楽しめる
  • ケースを着けると、サイズ感が大きく見えることがある
  • 画面操作がうまく反応しないことがある

○Apple Watch本体を傷・汚れから防げる

Apple Watchにケース・保護フィルムを着けることで、傷・汚れを防ぐことが可能です。

Apple Watchは、日常使いや運動時・就寝時など様々なシーンで使いますが、日常生活で、ディスプレイや本体をぶつけて傷を付けてしまうシーンが意外と多いもの。

Yuma

Suicaなどの決済時、人やモノにぶつけたり、転んだりして…ぶつけてしまうケースは多々考えられますね…

私は以前、Apple Watch Series 2やSE(素材:アルミニウム)を保護ケース・フィルムを着けずに使っていましが…次の通りで、画面や側面に傷が付いてしまいました。

Apple Watchをそのまま使うと、傷が付きやすい
保護ケースを着けないと傷が付くことも(左:S2、右:SE)

特に、ディスプレイに傷が付いてしまうと、傷が拡がりヒビが入って、修理費用が高くなることも考えられます。

最悪の場合は、買い替えの可能性も考えられますので、万が一のケースに備えて保護ケースやフィルムを貼って、予防しておきたいものですね。

補足説明【タップで開きます】

…とは言え、Apple Watchのディスプレイ強度は頑丈です

保護ケース・フィルムを着けることで安心感があるのは間違いないですが、Apple Watchのディスプレイ強度は、非常に丈夫で耐久性が高いので、補足説明します。

Apple Watchのケース素材には、アルミニウム・ステンレス・チタニウムの3種類があります。各ケースに使われている素材は、次の通り。

  • アルミニウム:Ion-X前面ガラス
  • ステンレス・チタニウム:サファイア前面クリスタル

アルミニウムの”Ion-X前面ガラス”も耐久性が高いですが、ステンレス・チタニウムに使われている“サファイア前面クリスタル”は、高級時計にも使われるほど非常に丈夫で耐久性が高いことが特徴的です。

以前私は、Series 5Series 6のステンレス素材を使っていましたが、次の画像の通りで、擦り傷など一切傷が付きませんでした。

Apple Watch Series 5・Series 6
ステンレス素材(左:Series 5、右:Series 6)

なお、Apple Watch Series 7では、前面パネルの耐久性が向上し、“Apple Watch史上、最も割れにくい前面クリスタル”と言われています。

(個人的な感想ですが)アルミニウムの「Ion-X前面ガラス」も、非常に耐久性が高く、ぶつけても擦っても傷が全く付いていないほど、耐久性が高いと実感しています。

Apple Watch 7のアルミニウムは傷が付きにくい
S7のアルミニウム(Ion-Xガラス)は傷が付きにくい

○おしゃれなカラーケースで着せ替えを楽しめる

Apple Watchカラーケース

Apple Watchのケースには、サードパーティから様々な種類のカラーケースも販売されていますので、おしゃれなカラーケースで着せ替えを楽しむことも可能です。

2022年モデルのSeries 8では、アルミニウム素材に4つの新色が発売されカラバリも豊富に、選択の幅が拡がりました。

しかし、サードパーティのカラーケースは、純正カラーよりもカラバリが豊富。ケースの種類も、上品な”ステンレス”素材、個性的な”ミリタリー風”など…、様々な種類のケースがあります。

自分好みのカラーで、Apple Watchを彩ることができます

Yuma

ケースを着けることで、いつも見慣れたApple Watchとは違った雰囲気を楽しめます!

×サイズ感が大きく見えることがある

Apple Watchのケースには、サードパーティから様々な種類のケースが販売されています。しかし、ケースの種類によっては、Apple Watch本体のサイズ感が大きく見えてしまい圧迫感を感じてしまうことがあります。

例えば、YOFITARのクリアケースを装着した場合、(高透過率で画面が見やすい反面)クリアケースで透明であるゆえに、サイズ感が大きく見えてしまい圧迫感を感じてしまうことも…。

Apple Watchクリアケース
YOFITARのクリアケース装着時
Yuma

シンプルで美しいApple Watchの見た目が台無しに…

クリアケースは、Apple Watch本来のカラーを引き出してくれる色合い。しかし、サイズ感が大きく見えてしまう…“ケースに着けられている感”が大きく出てしまうのもデメリットの一つです。

×画面操作がうまく反応しないことがある

Apple Watchに保護ケース・フィルムを着けることで、(モノによっては)Apple Watch画面へのタッチ・スワイプ操作がうまく反応しないことがあるのもデメリットの一つ。

(ケース・フィルムを着けると厚みが出るので、仕方ないことですが…)日常使いや運動時、ふとした瞬間に画面操作が反応してくれないと、ストレスを感じるのは言うまでもありませんね…。

また、プール・シャワーなど水場で利用するユーザー向けに”防水性のあるケース”も販売されていますが、画面と保護ケースの間に水が入り込むと、操作性が悪くなることがあります。

Apple Watchケース
防水機能が無いと、画面とフィルムの間に水が入り込むことも…

…とは言っても、Apple Watch画面への反応の悪さは「モノによります」

ケース・フィルムの仕様やレビューを参考にしながら、操作反応の良し悪しを確認することも大切です。

Yuma

個人的に、防水性に長けた保護ケースは“OAproda”がおすすめです!

Apple Watch保護ケース
  • ガラスフィルムとカバーが一体型の保護ケース
  • 水が入り込まない防水性能が優秀
  • ポリカーボネート素材で、傷が付きにくく耐衝撃性がある

また、保護フィルムは消耗品ですので、長年使い続けたり、水場で使う頻度が多いと、フィルムの端から剥がれてしまう可能性があります。

フィルムの貼り直しが面倒な方は、ガラスフィルムとカバーの一体型ケースがおすすめです

【まとめ】保護ケース・フィルムを着けるメリット・デメリット

  • Apple Watch本体を傷・汚れから防ぐことができる
  • おしゃれなカラーケースで着せ替えを楽しめる
  • ケースを着けると、サイズ感が大きく見えることがある
  • 画面操作(タッチ・スワイプ)がうまく反応しないことがある

Apple Watch保護ケース・フィルムを選ぶ時の注意点

本項では、Apple Watchの保護ケース・フィルムを選ぶ時の注意点を紹介していきます。

1.ケースタイプは、3種類のタイプがある

Apple Watchのケースには、次の3種類のタイプがあります。

  • Apple Watch本体を保護する「ケースのみ」のタイプ
  • 本体と画面を保護する「ケース+保護カバーの一体型タイプ」
  • 本体と画面の保護に加えてバンドもセットになった「ケース+保護カバー+バンドの一体型タイプ」

「ケースのみ」のタイプ

Apple Watchの画面までは保護しない為、保護フィルム別途購入する必要がありますが、ケースの着脱が簡単で、その日の気分によってケースを簡単に変えられることが特徴的です。

ケースのみ
ケースのみ

「ケース+保護カバーの一体型タイプ」

ケースとカバーが一体型なので、保護フィルムの購入が不要です。ただし、画面へのタッチ・スワイプ操作がしにくいカバーもあるので、ケース選びには要注意が必要です。

ケース+保護カバー
ケース+保護カバー

「ケース+保護カバー+バンドの一体型タイプ」

着脱にやや大変さはあるものの、ケースとバンドがセットになっているので統一感のあるデザイン性の高さが特徴的です。

ケース+保護カバー+バンド
ケース+保護カバー+バンド

2.フィルムタイプは、2種類のタイプがある

Apple Watchのフィルムには、次の2種類のタイプがあります。

  • 高透明度で着けていることを感じさせない「ガラスフィルム」
  • 薄く画面にフィットする「TPU(熱可塑性ポリウレタン)フィルム」
Yuma

個人的には、TPUフィルムがおすすめです

ガラスフィルムは、厚みがあるので画面にフィットしにくく、画面操作する時に、フィルムに引っかかりを感じてしまうデメリットがあります。

対して、TPUフィルムは、厚みが非常に薄いので、フィルムを貼っている違和感がなく、操作性も快適です。

引用元;Amazon

TPUフィルムは、数日で気泡が抜けていきますので、パッと見フィルムを貼っていることが分かりにくいです

もちろん、フィルムを貼ると(裸の画面より)タッチした時の感覚は変わります。しかし、TPUフィルムは、ゴムのような少しプニプニした触り心地で、フィルムを貼っている違和感を感じにくいです。

Yuma

衝撃吸収性もある「TPUフィルム」がおすすめです

3.自分の利用シーンに合ったケース・フィルムを選ぶこと

Apple Watchのケース・フィルムを選ぶ時は、自分の利用シーンに合ったケースを選ぶことが大切です。

Apple Watchのケース・フィルムには、サードパーティから様々な種類が販売されています。

自分がApple Watchを使うシーンを想定して、『ケース素材』『質感』『カラー』『デザイン』『サイズ』『重量』などに注目して、自分の利用シーンに合うケースを選ぶことで、自分にマッチするケース・フィルムを絞りやすくなりますよ。

Yuma

例えば、フォーマルな場は”ステンレス素材”、カジュアルな場には”カラーケース”、アウトドアな場には”耐衝撃性”がある素材を使うなど…

4.機能性が備わっているかチェックすること

Apple Watch保護ケース

Apple Watchケース・フィルムを選ぶ時は、機能性(耐衝撃性、防水性、操作性)が備わっているかチェックすることも大切です。

  • 耐衝撃性:Apple Watchをぶつけたり落としても、衝撃を吸収しすることで、Apple Watchの故障リスクを軽減することが可能
  • 防水性:Apple Watchを着けたまま、手洗い・シャワー・プールなどの水場で使っても、画面とケースの間に水が入り込む心配が不要
  • 操作性:ケース・フィルムを着けていても、裸のApple Watchを操作しているかのように、いつも通りの快適な画面操作(タッチ・スワイプなど)が可能

Apple Watch保護ケース・フィルムを選ぶ時の注意点

  • ケースタイプは、3種類のタイプがある
  • フィルムタイプは、2種類 → “TPUフィルム”がおすすめ
  • 自分の利用シーンに合ったケース・フィルムを選ぶことが大切
  • 機能性(耐衝撃性、防水性、操作性)が備わっているかチェックする

おすすめのApple Watch保護ケース・フィルムの紹介

本項では、「自分にはApple Watch保護ケース・フィルムが必要」だと感じたあなたに向けて、私がおすすめする保護ケース・フィルムを紹介していきます。

Apple Watch:おすすめの保護ケース

私が一押しする保護ケースは、『AmovoのApple Watch保護ケース』がおすすめです!

Amovoのケースは、Apple Watch本体を覆う”ケース”と”保護カバー”が一体型の保護ケースです。

フィルムとカバーが一体型
フィルムとカバーが一体型
細部までこだわり設計されている
細部までこだわり設計されている
サイドボタン・Digital Crownも押しやすい
サイドボタン・Digital Crownも押しやすい
画面は、高透過率で見やすい
画面は、高透過率で見やすい

傷が付きにくい”ポリカーボネート”素材、耐衝撃性の搭載、ケースを着けたままの快適な操作性も完璧。

また、Apple Watch Series 7/8の純正カラーと良く似たカラーを再現したケースで、カラバリも豊富です。個人的には、文句の付けようが無いApple Watch保護ケースです。

Yuma

ケース選びに迷ったら『Amovoの保護ケース』がおすすめです!

  • ガラスフィルムとカバーが一体型の保護ケース
  • ガラスフィルムが滑らかで、操作性が快適
  • ポリカーボネート素材で、傷が付きにくく耐衝撃性がある
  • カラバリが6種類と豊富で、Series 7/8との相性が良い

Apple Watch:おすすめの保護フィルム

私が一押しする保護フィルムは、AUNEOSのApple Watch保護フィルム』がおすすめです!

AUNEOSのフィルムは、Apple Watchの美しい湾曲したディスプレイにもフィットする”TPUフィルム”が採用されています。

TPU素材ですので、フィルムに気泡が入っても数日で抜けるので、保護フィルムを貼っていない見た目なのに、しっかりとApple Watchを保護してくれるフィルムです。

貼り付けするオプションも豊富
貼り付けするオプションも豊富
フィルムを貼っていないかのような見た目
フィルムを貼っていないかのような見た目

滑らかな手触りですので、画面へのタッチ・スワイプなどの操作も違和感を感じることなく、快適に操作することができますよ

Yuma

5枚組ですので、万が一失敗しても安心です!

  • 湾曲した画面にフィットする「TPU」素材
  • フィルムを貼っているか分からないほど「薄い」
  • 失敗しても安心な「5枚」入り!

また、上記で紹介したケース以外にも「おすすめケース10選」も紹介記しています。よろしければ、合わせてご覧ください

まとめ:Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要な人は?選ぶ基準を紹介

以上、「Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要かどうか?」についての紹介記事でした。

最後に、本記事のポイントをまとめます。

Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要か迷った人は、この基準で選べばOK!
  • Apple Watchに保護ケース・フィルムが必要か、不必要かは『人による』
  • 判断基準は、万が一、Apple Watchの画面が割れたり傷つくことを想定して、保護ケース・フィルムを着けて「備えるか・備えないか」で判断すること

Apple Watchの保護ケース・フィルムが必要かどうかの判断は、(個人的に)保険と考え方が一緒で、万が一の時に備える必要があるかどうかだと思っています。

サードパーティで保護ケース・フィルムは、平均約1,000〜2,000円くらいで購入することができます。その費用に見合うかどうか、検討してみてはいかがでしょうか。

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

sixteen − thirteen =

Contents