【Apple Watchサイズを比較】40/41mmと44/45mmどっちがおすすめ?|選び方を紹介

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

Apple Watchを選ぶ時に、悩みの種となる一つがApple Watch本体の「ケースサイズ」

最新モデルのApple Watch Series 7/8では、41mmと45mmSEでは、40mmと44mmで本体サイズが異なりますが…、「どっちのサイズを選べばいいの?」と迷う人は多いはず。

数値だけ見ると小さい“4mm”というサイズ差ですが、実際にApple Watchを装着すると、見た目や画面の見やすさは全然違うもの。

Apple Watchサイズを比較
わずか4mmなのに、見た目が全然違います

ということで、本記事では、Apple Watchのサイズ「40/41mmと44/45mm」を比較し、サイズの選び方やおすすめサイズを紹介していきます。

  • Apple Watchのサイズをどっちにするか迷っている人
  • 手首に装着した時の”サイズ感”を確認したい人
  • おすすめのApple Watchサイズ、選び方を知りたい人

このような方へ向けた記事となりますので、Apple Watchのサイズ選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchのサイズ:40/41mmと44/45mmを比較
    • 大きさ、画面の見やすさ、装着時の見た目、メリット・デメリットも紹介
  • 40/41mm・44/45mmサイズの「選び方」を紹介
  • 「おすすめサイズ」を紹介

本記事では、「40mm」と「44/45mm」サイズを使って紹介していきます

Contents

【Apple Watchサイズを比較】40/41mmと44/45mmどっちがおすすめ?|選び方を紹介

はじめに:Apple Watchケースサイズのラインナップ

まずはじめに、Apple Watchのケースサイズは、「40mm41mm」と「44mm45mm」「49mm」の5種類のラインナップがあり、各モデルごとにケースサイズが異なります。

Apple Watchケースサイズのラインナップ
  • Series 8Hermés(Series 8)は、「41mm」「45mm」の2サイズ
  • SEは、「40mm」「44mm」の2サイズ
  • Ultraは、「49mm」の1サイズ

新モデルが発売するたびに、Apple Watch本体のサイズや画面に表示される領域が大きくなり、視認性が向上している傾向があります。

Apple Watchケースサイズのラインナップ
引用元:あたなにぴったりのApple Watchは?|Apple

ケースサイズの細かいスペック比較表は、次の通りです。

スクロールできます
モデルS8(41/45mm)SE(40/44mm)Ultra(38/42mm)
解像度352×430px(41mm)
396×484px(45mm)
324×394px(40mm)
368×448px(44mm)
410×502px(49mm)
表示領域904mm²(41mm)
1,143mm²(45mm)
759mm²(40mm)
977mm²(44mm)
1,164mm²(49mm)
サイズ41×35×10.7mm(41mm)
45×38×10.7mm(45mm)
40×34×10.7mm(40mm)
44×38×10.7mm(44mm)
49×44×14.4mm(49mm)
重量32.0g(アルミ/41mm)
42.3g(ステン/41mm)
38.8g(アルミ/45mm)
51.5g(ステン/45mm)
26.4g(GPS/40mm)
27.8g(GPS+Cellular/40mm)
32.9g(GPS/44mm)
33.0g(GPS+Cellular/44mm)
61.3g(49mm)
ケースサイズの違い

上記から分かることは、画面に表示される領域が、SE<Series 8<Ultraの順に大きく見やすくなっていること。

また、ケースサイズも、40m/44mm→41/45mm→49mmと大きくなっています。

ケースサイズ・画面の表示領域が大きくなることで、画面へのタッチ・スワイプ操作などの操作性が向上し、文字も大きく見やすくなる…というメリットがあります。

40/44mmケースの「大きさ」を比較

まずは、Apple Watchケース単体での「大きさ」を見ていきます。40mmと44mmサイズを比較した写真がこちら。

Apple Watchケースの「大きさ」の違い
左:40mm、右:44mm

【大きさ】40mm:40×34×10.7mm、44mm:44×38×10.7mm

ケースサイズは、40mm・44mmと異なりますが、厚みは「10.7mm」と同じです。

Apple Watchケースの「大きさ」の違い
左:40mm、右:44mm

参考に、Series 7の45mmと並べた画像がこちら

Apple Watchケースの「大きさ」の違い
左から、40mm(SE)・44mm(Series 6)・45mm(Series 7)

わずか数mm違うだけですが、こう並べてみると大きさがはっきりと違うことが見て分かりますね。特に、40mmと45mmは見た目のインパクトが全然違います。

40/44mmケースの「画面の見やすさ」を比較

次に、Apple Watchの画面に表示される文字盤・アプリなどの「画面の見やすさ」を見ていきます。

まずは、画面いっぱいに表示される文字盤(タイポグラフィ)を使って比較(参考に、Series 7の45mmサイズも合わせて紹介します)。

40/44mmケースの「画面の見え方」を比較
文字盤を表示した時(左から、40mm(SE)・44mm(S6)・45mm(S7))

わずかな差ではありますが、40mm<44mmとサイズが大きい方が見やすいです。

また、Series 7/8はケースサイズが”1mm”拡大+表示領域も(S6から)20%拡大しているので、画面端まで表示されていることが分かりますね

次に、アプリを表示(グリッド表示)した場合で比較

40/44mmケースの「画面の見え方」を比較
アプリを表示した時(左:40nm、右:44mm)

画面に表示される領域は全く一緒で、画面サイズが違うので“アプリの大きさ”だけ異なります。当然、画面が大きい方が、タッチ操作はしやすいです。

次に、文字サイズを確認するために”カレンダー”を起動して比較

40/44mmケースの「画面の見え方」を比較
カレンダーアプリを起動時(左:40nm、右:44mm)

文字サイズも”大きさ”だけが異なり画面に表示される領域は一緒です。

ちなみに、Apple Watchの「設定」→「画面表示と明るさ」→「テキストサイズ」から自由に文字サイズを変更できます

ということで、40mmと44mmケースの「画面の見やすさ」を比較したところ、画面の表示領域は一緒で、大きさだけが異なるという結果に。

Yuma

文字サイズは設定で自由に調整できるので、「文字が見にくいから、ケースは大きくないとダメ…」なんて心配をする必要はなさそうです

Apple公式では、手首の周囲の長さに応じた「推奨ケースサイズ」がある

引用元:Apple Watch Studio

ちなみに、ケースサイズを選ぶ上で、Apple公式では、手首の周囲の長さに応じた「推奨ケースサイズ」があります。

  • 手首が130mm〜200mmの人は、「38/40/41mm」がフィット
  • 手首が140mm〜220mmの人は、「42/44/45mm」がフィット

一応、大半の人がどちらのケースサイズを選んでも、手首にフィットする仕様になっています。

バンドの種類にもよりますが、バンドサイズも「フリーサイズ」や「S/Mサイズ(手首が130mm〜160mmの人向け)」「M/Lサイズ(手首が140mm〜180mmの人向け)」などとサイズ展開も豊富。

例えば、スポーツバンドを購入すると、”S/Mサイズ”と”M/Lサイズ”の2つのバンドが付属しますので、(上記サイズに当てはまらない人以外は)バンドサイズは特に気にする必要はありません。

Apple Watchケースの「大きさ」の違い
スポーツバンドを購入すると、2サイズのバンドが付属してきます

あとは、本題の「ケースサイズ(40/41mm、44/45mm)」をどうするか決めるだけ。

ということで、次項より、実際にApple Watchを装着した時の「見た目」や「メリット、デメリット」の違いを紹介していきます。

Apple Watch装着時の「見た目」を比較

では、40mm・44mmケースでApple Watch装着時の「見た目」の違いを比較していきます。

参考までに、私の手首の周囲の長さは「15.5cm」
ソロループバンド着用時は「サイズ:4」でピッタリ。「サイズ:5」で少し緩めというサイズ感です

40mmケース装着時の見た目

40mmケースを腕に装着した場合がこちら

40mmケース装着時の見た目

手首の幅より小さく収まっているので、ぱっと見でもスタイリッシュさを感じます。主張しすぎない大人しめさを感じるサイズですので、手首が細めの方や女性の方でも着けやすいです。

ただし、手首や手のサイズ・体型にもよりますが、大柄な体格の人には、少し小ささを感じるサイズ感が気になるところ

44mmケース装着時の見た目

続いて44mmケースを腕に装着した場合がこちら

44mmケース装着時の見た目

私は手首サイズが小さめ(15.5cm)ですが、手首の幅と44mmケース幅がちょうど収まっていてバランスがいい感じに。大柄の体格や男性の方には、特に着けやすいサイズ感です。

ただし、G-SHOCKのようなインパクトはありませんが、存在感が結構高めであるのは気になるところ

40mmと44mmケース装着時を比較

40mm・44mmケースを一緒に装着した場合が、こちら

40mmと44mmケース装着時を比較

こうやって並べてみると、”4mm”というサイズ差が見て分かります。

40mmと44mmケース装着時を比較
44mmケース

44mmは、The.Apple Watchを着けている感じがあって個人的には好きですが、人によっては、Apple Watchに着けられている感を感じるほど、圧迫感のある大きさでもあります。

40mmと44mmケース装着時を比較
40mmケース

40mmは、手首の幅より小さく収まっているので、ぱっと見でもスタイリッシュでおしゃれ。サイズが小さいことで、バンドの存在感も主張できるので上手にバランスが取れている感じがします。

40/41mmは、手元をすっきり見せておきたいフォーマル・ビジネスシーンでも活用できるサイズです

少し引いてみて撮った写真が、こちら。遠目で見ると、余計に44mmケースの存在感の高さが目立ちますね。

とは言っても、手首周りの長さや手・体格によって見え方が変わりますので、結局、サイズ選択は好みです(ちなみに私は、165cm・普通体型です)。

一つ言えることとしては、軽さやスタイリッシュさを求めるのであれば「40/41mmケース」を選択し、画面の見やすさを求めるのであれば「44/45mケース」がおすすめです。

Yuma

ケースサイズに”何を求めるか”によって、サイズを決めるのもありです

選び方は、次項「Apple Watchサイズのおすすめは?40/41mmと44/45mmどっちを選ぶ?」で詳細を解説しています

40/41mm・44/45mmケースの「メリット、デメリット」

40/41mm・44/45mmケースの「メリット、デメリット」

ここで一度、Apple Watchの40/41mm・44/45mmケースそれぞれの「メリット、デメリット」をまとめておきます。

Apple Watch「40/41mmケース」のメリット、デメリット

メリット
デメリット
  • スタイリッシュでスマートな見た目
  • 軽くて、アクティビティには最適
  • 面積が小さいので傷が付く頻度が減る
  • 価格は、安め
  • (44/45mmと比べると)操作性が悪い
  • 画面が小さいので、タッチ操作を間違うことがある
  • 画面が小さく見にくい場合がある

Apple Watch「44/45mmケース」のメリット、デメリット

メリット
デメリット
  • 画面が見やすい
  • タッチ・スワイプなどの操作がしやすい(指が太めの人でも○)
  • 文字が読みやすい
  • (存在感が高いので)ファッション・おしゃれアイテムとしても目立つ
  • 存在感は強め
  • 重みがあるので、アクティビティ目的としては不向き
  • サイズが大きいので、傷が付く頻度が増える
  • 価格は、安め

もちろん、体格・手首周りの長さによって見え方が異なり、人それぞれですので、あくまで一般的に言えることを記載しています

【補足】Apple Watch実物サイズの確認方法

【補足】Apple Watch実物ケースサイズの確認方法

補足説明となりますが、Apple Watch実物サイズを手短に(店頭に行かなくても)確認する方法として、「Apple Store」アプリを使えば、簡単に実物サイズを確認可能です。

確認方法を記載していますので、気になる方は参考にしてみて下さい【タップで開きます】

近くにApple StoreやApple Watchの取扱店があれば、試着してサイズ感を試すのが一番です。

しかし店舗が近くに無い方は、”Apple Store”アプリを使えば、実物サイズやイメージを簡単に掴めますので、ぜひ一度お試しいただければと思います。

Apple Watchサイズ(40/41mm・44/45mm)の選び方|おすすめサイズも紹介

Apple Watchサイズ(40/41mm・44/45mm)の選び方|おすすめサイズも紹介

では、Apple Watchのサイズ(40/41mmと44/45mm)の「選び方」を紹介していきます。

サイズ選びをする上で、いくつかの”選ぶ基準”を紹介しますので、「自分が重視するポイントはどれか?」自分の考えと照らし合わせて、納得のいくサイズが見つかれば幸いです。

Apple Watchのサイズを「選ぶ基準」
  1. 「手首の周囲の長さ・体格」からサイズを決める
    • 手首が130〜200mmの人は、40/41mmケースを選ぶ
    • 手首が140〜220mmの人は、44/45mmケースを選ぶ
  2. 「利用シーン」からサイズを決める
  3. 「価格」からサイズを決める

▲タップで、各文字までジャンプします

1.「手首の周囲の長さ・体格」からサイズを決める

Apple Watchのサイズを選ぶ基準の1つ目は、手首の周囲の長さ・体格からサイズを決めてみるのはいかがでしょうか。

上記でも説明した通り、Apple公式では、手首の周囲の長さに応じた「推奨ケースサイズ」があります。

  • 手首が130mm〜200mmの人は、「38/40/41mm」がフィット
  • 手首が140mm〜220mmの人は、「42/44/45mm」がフィット

これを言い換えると…。

  • 手首が130〜140mmの人は、「38/40/41mm」がフィット
  • 手首が200〜220mmの人は、「42/44/45mm」がフィット
  • 手首が140〜200mmの人は、「38/40/41mm」「42/44/45mm」どちらでも選べる

つまり、小柄な体格であれば「38/40/41mm」大柄な体格であれば「42/44/45mm」がベター。しかし、140〜200mmの人は、どっちのサイズでもOKということになります…。

そこで、次項の「利用シーン」「価格」からサイズ選びを決めることも検討してみてください。

2.「利用シーン」からサイズを決める

サイズ選びの基準2つ目は、Apple Watchを使う「利用シーン」から決めてみるのはいかがでしょうか。

Apple Watchを使う「利用シーン」からサイズを決める
  • アクティビティなどの運動・健康管理を目的に、Apple Watchを使う人
    1. 軽くて装着時の重さを感じにくい「40/41mm」を選ぶ
  • ビジネス・フォーマルな場がメインで、Apple Watchを使う人
    • スタイリッシュな見た目でスマートな「40/41mm」を選ぶ
  • ファッションの一部、おしゃれアイテムとして、Apple Watchを使う人
    • 存在感が高く目立ちやすい→「44/45mm」を選ぶ
  • 機能性(文字盤・通知の確認など)を重視して、Apple Watchを使う人
    • 画面サイズが大きくて見やすい「44/45mm」を選ぶ

あくまで”例”となりますが、自分がApple Watchを使う「利用シーン(目的)」から選ぶと、納得のいくサイズ選びができるかと思います。

私がおすすめるApple Watchのサイズは…

ちなみに、個人的には「44/45mmサイズ」がおすすめです。理由は、次の通りです。

  • 私がApple Watchで一番使う機能が、文字盤(時計)と通知の確認の為=画面は大きく見やすさを重視しているから
  • Apple Watchにスタイリッシュさ求めていない為=バンドで何とでも雰囲気を変えられるから

上記のように、私がApple Watchに一番求めていることは、(外観デザインも重視していますが…)どちらかと言うと機能性を重視しています。

Apple Watch:通知
手元ですぐに通知の確認・返信できるのが、Apple Watchの魅力の一つ

iPhoneから届く“通知”をApple Watchで確認・返信できることが、Apple Watchの一つの魅力ですので、画面は大きく見やすく、タッチ操作もしやすい方が断然良い。よって、大きいサイズの「44/45mmケース」が自分にはマッチしています。

あくまで”私の場合は…”ですので、人それぞれ利用シーン・目的は違いますよね。

ということで、自分がApple Watchを使う「利用シーン(目的)」から選んでみるのもいかがでしょうか。

3.「価格」からサイズを決める

3.「価格」からサイズを決める

サイズ選びの基準3つ目は、Apple Watch本体の「価格」から決めてみるのはいかがでしょうか。

現行モデルごとの価格の違いは、次の表の通りです。

Apple Watch:モデルごとの価格一覧表

この表を要約すると、40/41mmと44/45mm・49mmサイズの価格差は、次の通りです。

  • ケース素材が“アルミニウム”の場合は、「5,000円」の価格差がある(S8/SE)
  • ケース素材が“ステンレス”の場合は、「8,000円」の価格差がある(S8/Hermes)

誰しもが安く買いたいと思いますので、上記の体格・利用シーンなどに当てはまらない方で、とにかく価格を抑えたい方は、少しでも安く購入できる「40/41mm」サイズがおすすめです。

なお、「ケース素材の違い」記事も書いていますので、よろしければ合わせてご確認ください

また、価格の違いも含めた「Apple Watchの選び方」まとめ記事も書いていますので、気になる方は合わせて参考にしていただければ幸いです

【補足】サイズを決める時の「注意点」

補足説明となりますが、Apple Watchサイズが38/40/41mm→42/44/45/49mmに乗り換えしたい人は、バンドは使えませんので要注意です(逆も一緒)

【補足】サイズを決める時の「注意点」

正確なことを言うと、バンドを装着することはできますが、サイズが合わず見た目が不格好になるので、基本的には使えないものという認識でいたほうがいいです。

Apple Watchバンドのサイズが違うと…
44mmのApple Watchに、40mmバンドを着けると不格好になる…

新モデルへ乗り換えする方で、ケースサイズを変更する人は、今まで使っていたバンドが使えなくなるので注意してくださいね。

Apple Watchを少しでも「安く購入」する方法は?

Apple Watchを少しでも「安く購入」する方法は?

Apple Watchのサイズが決まって、あとは購入するだけ!ですが少しでも安く買いたいですよね。個人的には、Apple Watchは『Amazon』で購入することをおすすめします。

Apple Watchは「Amazon」で買うとお得

Apple WatchをAmazonで購入する理由
  • Apple公式では、ポイント付与や割引が無い=Amazonでは、ポイントが付与される
  • Amazonタイムセールで、お得に安く購入できる可能性がある
  • Amazonギフト券の現金チャージを使うと、最大2.5%ポイント還元される

上記理由の通り、Amazonギフト券の現金チャージを使えば、最大2.5%ポイント還元を受けることができるので、Amazonで購入することをおすすめします。

また、定期的に開催されるAmazonタイムセールでも、セール対象となることがあるので、気になる方は欠かさずチェックしてみてくださいね。

\Amazonで、Apple Watchをチェック/

Appleの認定整備済製品などの「中古品」を購入する

Apple Watchは毎年新モデルが発売されていますが、スペック・機能によっては、型落ちの”中古品”でも十分に使うことができます。

中古品のApple Watchは、次のサイトで購入することが可能です。

Apple認定整備済製品

Apple認定整備済製品の特徴
  • Apple認定の整備プロセスを経て品質が保障されているので、新品に近い製品を購入できる
  • 価格は高め(最大15%引き)
  • 不定期で新製品が販売されるので、定期的にチェックが必要(即完売になりやすい)
  • 1年間の製品保障付き

Apple公式から品質が保障された新品同様の製品を購入できます。安心の”1年間の製品保証”が付いていおり、定期的に新製品が販売されるので、種類も豊富です。

イオシス

イオシスの特徴
  • Apple Watchの数・種類が豊富
  • 品質がランク付け+付属品を記載されているので選びやすい
  • 製品保証が、3ヶ月〜6ヶ月と長い
  • 買取もしています(参考:買取価格表

Apple Watch以外にもスマホ・タブレットなど様々なデバイスを扱う老舗店舗。数・種類が豊富で、品質がランク付けされているので選びやすいことが特徴的。保証期間も長く(3〜6ヶ月)安心です。

リコレ!

リコレ!の特徴
  • Apple Watchの数・種類が豊富
  • 品質がランク付け+付属品を記載されているので選びやすい
  • 安心の製品保証(10日間の返品保証、1ヶ月間の初期不良対応)
  • 掲載写真に統一感があり、比較しやすい

ソフマップ全店の中古デジタル機器を集めた中古専門サイトです。Apple Watch全面(360°)を確認可能で、品質もランク付け+付属品が写真付きなので選びやすいことが特徴的です。

楽天市場

楽天市場の特徴
  • “楽天ポイント”が付与される
  • 中古取扱業者によっては、保障期間を低く設定している会社もあるので、見極めが必要
  • 販売業者によって、掲載写真が異なるので比較しづらい

皆大好きな楽天市場も中古品を販売しています。中古取扱業者によっては、保障期間を長く設定している業者もあり。一番嬉しいポイントは、“楽天ポイント”が付与されること。楽天ユーザーにおすすめです。

気になるApple Watchがあれば、欠かさずチェックしてみてくださいね!

詳細は以下記事で紹介していますので、気になる方はぜひ参考にしてみてください

\Apple Watch「中古品」をチェック/

まとめ:【Apple Watchサイズを比較】40/41mmと44/45mmどっちがおすすめ?|選び方を紹介

以上、Apple Watchサイズ”40/41mmと44/45mm”の比較・選び方の紹介記事でした。

Apple Watchのサイズは、数値だけ見るとかなり小さい”4mm”という差ですが、実際に装着してみると、画面の見やすさ・存在感は全然異なりますね。

最後にもう一度、おすすめサイズをまとめます。

「40/41mm」サイズがおすすめな人
  • 手首の周囲の長さが「130〜140mm」の人
  • アクティビティなどの運動・健康管理を目的に、Apple Watchを使う人
  • ビジネス・フォーマルな場がメインで、Apple Watchを使う人
  • 価格を少しでも抑えたい人
「44/45mm」サイズがおすすめな人
  • 手首の周囲の長さが「200〜220mm」の人
  • ファッションの一部、おしゃれアイテムとして、Apple Watchを使う人
  • 機能性(文字盤・通知の確認など)を重視して、Apple Watchを使う人

それでは、本記事は以上となります。本記事を通して、納得のいくApple Watchサイズが見つかれば幸いです!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

14 + 5 =

Contents