MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

WORLD GADGETS Apple Watch リンクブレスレット レビュー | 純正と同じ品質で1万円以下で買えてしまう高級バンド!

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

Apple Watchバンドの中で飛び抜けて高級感のあるバンドといえば「リンクブレスレット」。Apple純正だと、52,800円〜とエルメスと並ぶ高級バンドの一つです。

リンクブレスレットの形状はかなり特殊で、工具を使わなくてもサイズ調整できることも魅力の一つですが・・。実は、Appleが国内で商品の形について権利を取っているので、Amazonなどの大手サイトで販売できないということをご存知でしょうか。

Yuma

純正と似たバンドは数多く販売されてますが、リンクブレスレットは特に種類も少なく販売されてないんですよね・・

そんな中、“WORLD GADGETS”より純正とほぼ一緒の品質とデザインのリンクブレスレットが登場しちゃいました。

WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレット
WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレット

純正とほぼ同じ素材の”ステンレススチール316L”+折りたたみ式の”バタフライバックル”を採用した高級バンド。実はコレ・・純正の1/6以下で買えてしまう超お手頃バンド。

この質感で7,800円ですよ・・
この質感で7,800円ですよ・・

メーカーよりサンプルを提供いただいたので、本記事では、WORLD GADGETSの「Apple Watch リンクブレスレット」をレビューしていきます。

  • 純正のリンクブレスレットは高すぎるだろ・・
  • 同じ品質でもっと安いリンクブレスレットが欲しい!
  • ビジネス/フォーマルなシーンで使える高級バンドを探している!

このような方にぴったりのバンドですので、最高峰のリンクブレスレットが気になっている方へぜひ参考になれば幸いです。

本記事の内容(まとめ)
  • WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレットをレビュー
    • 特徴、メリット、デメリットを紹介
  • 純正リンクブレスレットとの違い
  • リンクブレスレットと相性が良いケース素材は?
Contents

WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレットの「特徴」

今回紹介する商品は、スマホアクセサリーを中心に取り扱うブランド”WORLD GADGETS”の『Apple Watch リンクブレスレット』

ざっくりと特徴をまとめると、次のとおりです。

Apple Watch専用リンクブレスレットの特徴
  • 純正とほぼ一緒の品質・デザインのApple Watchバンド
    • 折りたたみ式のバタフライバックルを採用(ワンタッチで取り外せる)
    • 316Lステンレススチールを採用(純正とほぼ一緒)
    • サイズ調整が楽ちん(工具不要でワンプッシュで取り外せる)
  • ヘアライン加工でずば抜けた高級感のあるデザイン
  • 全モデルのApple Watchに対応
    • 38/40/41mm、42/44/45/49mm
  • カラバリ:3色
    • ブラック、シルバー、チタン
  • 価格:7,800円

WORLD GADGETSの「Apple Watch専用リンクブレスレット」は、Apple純正のリンクブレスレットとほぼ一緒の品質とデザインを備えたApple Watchバンドです。

WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレット
WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレット

リンクブレスレットの魅力の一つ・・折りたたみ式の”バタフライバックル”を採用し、バンドの継ぎ目を感じられない高級感のある仕上がりとなってます。

ブレスレットの中に綺麗に折りたたみできます
ブレスレットの中に綺麗に折りたたみできます

バンド素材は、(Apple純正とほぼ一緒の)316Lステンレススチールを採用。腐食しにくく傷にも強く、金属アレルギーを起こしにくい・・肌に優しくつけ心地も良い素材です。

316Lステンレススチール素材を採用
316Lステンレススチール素材を採用

特筆すべきは、7,800円という激安価格。Apple純正は、シルバーで52,800円・ブラックで67,800円ですからね・・。

Yuma

純正はApple Watchをまるまる一つ買えてしまうほど高価ですが・・このリンクブレスレットはなんと6分の1以下のお値段で買えちゃいます

あのエルメスに並ぶ価格で”高級バンド”に位置するリンクブレスレットですが、WORLD GADGETSのリンクブレスレットも質感は純正に負けてません。

カラバリは、純正同様に「シルバー」「ブラック」に加えて、「チタン」の3色が販売されてます

スクロールできます
シルバーブラックチタン
シルバーブラックチタン
カラバリは、3色

本記事では、シルバーブラックチタンを紹介します

対応サイズは、全てのApple Watchに対応。各カラーでそれぞれ「38/40/41mm用」「42/44/45/49mm用」が用意されてます。

リンクブレスレットの互換性
  • 全モデルのApple Watchに対応
    • 38/40/41mmサイズ
    • 42/44/45/49mmサイズ

ちなみに49mmサイズのUltraでも、42/44/45mmバンドと互換性があるので装着できます

Yuma

ということで、デザインやつけ心地など詳しくレビューしていきます!

WORLD GADGETS Apple Watch リンクブレスレット レビュー

WORLD GADGET Apple Watch リンクブレスレット レビュー

ぶっちぎりの高級感+美しすぎるデザイン

まずは商品を注文すると、透明なクリアBOXに包まれてリンクブレスレットが出迎えてくれます。取説や特殊な工具も付属せず、至ってシンプルな梱包でした。

スクロールできます
透明BOXリンクブレスレット梱包パッケージ
梱包パッケージ

バンド全体像はこんな感じ。どうでしょう?ただならぬ雰囲気を感じないでしょうか。

言わずもがな高級感ハンパない・・
言わずもがな高級感ハンパない・・

拡大してよーく見ると、実はきめ細かなヘアライン加工が施されてます

横方向に細い線が薄く並んで見えるのが、ヘアライン加工です
横方向に細い線が薄く並んで見えるのが、ヘアライン加工です
Yuma

ヘアライン加工は、アルミなどで使われる研磨方法の一つですが、特にステンレスと相性が抜群に良い!

ステンならではの光沢を抑えることで、高級感を出しつつ上品さを最大限に引き出してくれる。これがヘアライン加工最大のメリットです。

高級腕時計でもよく使われている加工方法の一つです
高級腕時計でもよく使われている加工方法の一つです

さて、バンド全体をもうちょっと詳しく見ていきます。まずはバックルから。

バックル(表側)
バックル(表側)

バックルは純正と同じ仕様で、指でつまんで押すだけで折りたたみ式のバックル(観音開き)が登場。露出する箇所は全てヘアライン加工されてます。

指でつまんでボタンをワンプッシュすると・・
指でつまんでボタンをワンプッシュすると・・
バックルがお出迎え
バックルがお出迎え

続いて、バンド裏側がこちら。左右に6つずつパーツ(コマ)が綺麗に並んでいて、内側もヘアライン加工されてます。

バンド裏側
バンド裏側

こちらは裏側のバックル。表同様にヘアライン加工されて内側まで美しさを感じる仕上がりとなってます。

バンド裏側(バックル)
バンド裏側(バックル)

Apple Watchとの留め具も同じくヘアライン加工されたステンレス製。バンドの取り外しも何ら問題なくスムーズに脱着できました。

Apple Watchとの留め具
Apple Watchとの留め具

カラバリは、シルバー・ブラック・チタンの3色ですが、全てステンレスならではの光沢を抑えた仕上がり。これなら「ステンレスのような”ぎらついた”光沢が苦手・・」という人でも全然使えそうです。

ステンレスならではの光沢を抑えた仕上がり

ブラックはステンレス素材や深めのカラーと似合いますし、シルバーはUltraのナチュラル色とも相性が良くビジネスシーンでも気兼ねなく使えるカラーです。

ブラック×Apple Watch 7(グリーン)
ブラック×Apple Watch 7(グリーン)
シルバー×Apple Watch Ultra(ナチュラル)
シルバー×Apple Watch Ultra(ナチュラル)
Yuma

ステンレス特有の光沢を抑えながら上品な仕上がり。ヘアライン加工が美しすぎました!

316Lステンレススチール素材を採用

WORLD GADGETSのリンクブレスレットは、Apple純正と同じ素材=ステンレススチール316Lを採用

細かくいうと、純正は”316Lステンレススチール+アロイ”=耐食性のあるステンレス+合金ですが、両者ともに金属アレルギーを起こしにくい‥という特徴を持ってます

肌にも優しく、かぶれにくい素材が使われてます
肌にも優しく、かぶれにくい素材が使われてます

ざっくりと316Lステンレススチールの特徴をまとめると、次のとおりです。

316Lステンレススチールの特徴
  • 錆びにくく、変色しにくい(高耐食)
  • ナイフでも傷がつかないほど頑丈
  • 金属アレルギーを起こしにくい
  • 比較的安価(貴金属ではなく、人工的に作られた合金)

参考:316Lとは?|LION HEART

Yuma

つまり、高耐食・高耐久で金属アレルギーを起こしにくく、かぶれ・かゆみの心配も少なく肌に優しい素材・・ということですね

ヘアライン加工×316Lステンレスは、光沢感が苦手な人におすすめ

上記でも紹介しました“ヘアライン加工”と”316Lステンレススチール”は、ステンレス特有の光沢感(ギラギラ感・ピカピカ感)がちょっと苦手な人にもおすすめです。

一般的なステンレスとリンクブレスレット(316L)を比較した写真がこちら

一般的なステンレスとリンクブレスレット(316L)を比較した写真
左:一般的なステンレススチール、右:316Lステンレススチール

サードパーティで安価に買えるステンレスバンド(ヘアライン加工なし)の大半は、良くも悪くもギラギラに光沢してるものが多い。いわゆるメッキ処理を施すことでこのギラギラ感が出るわけですが・・。

メッキ処理=強度を高めるために金属の薄い膜をコーティングすること

ヘアライン加工されたステンレスは、きめ細かなキズが予め入っているようなものなので光沢が抑えられる・・つまり、ギラつきが少なく上品さのある仕上がりになります。

Watch本体がアルミ素材でも馴染んでいませんか?
Watch本体がアルミ素材でも馴染んでいませんか?

もちろん好みは人それぞれですが、「光沢が強いのは苦手・・でもステンレスかっこいいよね」なんて人にはぴったり。ステンならではの質感を保ちながら、品の良さを十分に感じられる素材です。

重さについて

WORLD GADGETSのリンクブレスレットの重さは、約70g(全コマ)。僕の手首周り(15.5cm)でコマ調整すると、約55gほどでした。

実測値(全コマ)
※実測値(全コマ)

参考に、リンクブレスレット×Serie 7(アルミ/45mm)の重さは、111g(全コマ含む)。ステンレスなのでそれなりに重さはあるかな?と感じる数値でした。

リンクブレスレット(全コマ)×S7(アルミ/45mm)の重さ
リンクブレスレット(全コマ)×S7(アルミ/45mm)の重さ
参考に、違う種類のバンド重さはこちら

Apple Watch S7(アルミ/45mm)装着時

バンドサイズの調整方法について

リンクブレスレットは、特殊な工具不要で手だけでサイズ調整できます。ボタンを押してコマを外す→コマをスライドして付けるだけ・・と2ステップで完了します!

STEP
裏側のボタンを爪で押して、コマを外す
裏側のボタンを爪で押すと・・
裏側のボタンを爪で押すと・・
コマが簡単に外れます
コマが簡単に外れます

同様に、自分の手首サイズに合うようにコマを外していきます。

STEP
コマをスライドして、取り付ける
コマをスライドさせると・・
コマをスライドさせると・・
カチッとコマが引っ付きます
カチッとコマが引っ付きます

コマは全部で12個(1コマ7mmほど)付いてます

ちなみに42/44/45mmバンドの場合は、一番短く調整すると「約13cm」、一番長く調整すると「約19cm」まで、1コマ(7mm)ずつ取り外せるのでサイズの微調整もしやすいです。

リンクブレスレットの長さ
Yuma

1コマずつ精確にカチッと引っ付きますし、なによりも楽々取り外しできるのは簡単すぎました!

つけ心地はどうか?

リンクブレスレットの付け心地は、かゆみ・かぶれにくい(316ステンレススチール採用より)違和感もなく快適でした。

つけ心地

純正リンクブレスレットは耐水性がないので、このバンドも耐水性はないと思いますが・・手洗いなどで水滴が付いても染み込むことはないので、その時はサッと布で拭き取ってあげましょう。

Yuma

手首を動かした時のステン特有の”カチャカチャ音”も全然ありません

サラサラした触り心地で肌には優しめですが、ランニング中や真夏など汗が出やすい環境では少しの蒸れを感じたので通気性はそこまで高くないかな?と感じました。

バンドのつけ外しもめちゃくちゃ簡単です

指でつまんでボタンを押すだけ

ベルトが分かれたタイプでなく一体型なので、取り外しはめちゃくちゃ楽ちんでした

新色「チタン」カラーが登場!

2023年9月追記:今までのブラック・シルバーに加えて、新色「チタン」が登場しました

Apple Watch Ultraと同じ質感を再現した新カラー「チタン」が新登場しました。

Ultraのチタンボディとマッチするこの質感・・美しすぎませんか
Ultraのチタンボディとマッチするこの質感・・美しすぎませんか

Ultra×シルバーの組み合わせも良いんですが、新カラーの「チタン」は、Ultraの”ナチュラル”カラーに寄せた色合いが特徴的。シルバーと見比べるとその差は一目瞭然ですよね。

シルバーとチタンの色合いの違い
左:シルバー、右:チタン
Ultraと同じ質感を再現
Ultraと同じ質感を再現

Ultra本体の質感と近い・・と言うよりは、ほぼ一緒と言わんばかりの質感で高級感がハンパない・・。光沢を抑えた艶消し加工がされてるので落ち着きのある雰囲気が漂ってます。

オフィスでも気兼ねなく使える上品さを感じる見た目
オフィスでも気兼ねなく使える上品さを感じる見た目
Yuma

Ultra×チタンカラーの組み合わせが最高すぎました・・。Ultraをお使いの方は間違いなく”チタン”カラーがおすすめです

Apple純正リンクブレスレットとの違いは?

WORLD GADGETSのリンクブレスレットとApple純正リンクブレスレットの違いをざっくりと比較表でまとめてみました。

スクロールできます
メーカーWORLD GADGETSApple
外観WORLD GADGETSApple
素材316Lステンレススチール316Lステンレススチールアロイ
留め金具バタフライバックルバタフライバックル
コマ数12個10個
カラーシルバー
ブラック
チタン
シルバー
スペースブラック
サイズ38/40/41mm
42/44/45/49mm
38/40/41mm
42/44/45/49mm
価格7,800円(シルバー/スペースブラック/チタン)52,800円(シルバー)
67,800円(スペースブラック)
備考※Amazon・楽天などの大手サイトでは購入不可※スペースブラックは、DLCコーティング有り
※別売で、サイズを拡張できるキットが販売中
リンクブレスレット:純正との違い

価格差が段違いなことがひと目で分かりますが、その他違う点として「カラー」が若干異なります。

WORLD GADGETSは純正にはない「チタン」が存在
WORLD GADGETSは、純正にはない「チタン」が存在

また、Apple純正のスペースブラックは”ダイヤモンドライクカーボン(DLC)”コーティングが施されているので、純正でもカラーによって金額が15,000円ほど違いがあります。

Yuma

純正と比較しても謙遜ないデザインですし、なによりも価格差が大きすぎますよね・・

リンクブレスレットと相性が良いApple Watchはどれ?

せっかくなので今回紹介したバンドを使って、どのApple Watchケース素材と似合うか?いくつか組み合わせてみました。

1.Ultra(ナチュラル)×シルバーバンド

まずは、ナチュラル色のApple Watch Ultraとシルバーバンドを装着してみました。

Ultra×シルバーの組合せ
Ultra×シルバーの組合せ

ヘアライン加工された316Lステンレスと落ち着いたナチュラル色がめちゃくちゃ相性がいい感じ。どちらも光沢が抑えられてるので絶妙にマッチしてる気がします!

Yuma

Ultraのオレンジ色がアクセントになっていて一番しっくりした組合せでした!

2.Ultra(ナチュラル)×ブラックバンド

次に、Ultraとブラックバンドを装着。

Ultra×ブラックの組合せ
Ultra×ブラックの組合せ

チタニウム素材で光沢が抑えられたUltraですが、これもギラギラ感がなく大人しめで上品さがある感じ。スタイリッシュなタイポグラフィ文字盤とも相性が良かった!

3.Series 7(グリーン)×ブラックバンド

続いて、深めのグリーンのApple Watch 7とブラックバンドを装着してみました。

Series 7×ブラックの組合せ
Series 7×ブラックの組合せ

Watch本体のケース素材は”アルミニウム”ですが、ブラックの316Lステンレスと良い感じにバランスが取れてる気がします。目立ちすぎず質感も高いので、ビジネスシーンでも気兼ねなく使えそう!

4.Series 6(グラファイト)×ブラックバンド

最後に、Apple Watch 6とブラックバンド。

Series 6×ブラックの組合せ
Series 6×ブラックの組合せ
Series 6×シルバーの組合せ
Series 6×シルバーの組合せ

グラファイトは黒に近いグレーでちょっと光沢がギラギラしてますが、これも全然悪くないですよね。シルバーも光沢感がマッチしてて中々良かった!

Yuma

結果・・リンクブレスレット×Ultraのチタニウム素材が相性抜群でした!

まとめ:WORLD GADGETS Apple Watch リンクブレスレット レビュー

ということで、WORLD GADGETS:Apple Watch専用リンクブレスレットをレビューしました。メリット・デメリットは次の通りです。

WORLD GADGETS:Apple Watch リンクブレスレット
総合評価
( 5 )
メリット
  • Apple純正とほぼ一緒の品質・デザインがあるバンド
  • 純正の1/6以下で買える激安価格
  • 光沢が抑えられたヘアライン加工×316Lステンレススチールが美しすぎる
  • サイズ調整が超楽ちん(特殊な工具不要)
デメリット
  • 梱包・付属品が少し質素
  • バンドの着脱が少し面倒

リンクブレスレットは、純正の中でもトップクラスで高価で手が出しづらいバンドの一つですが・・今回紹介したバンドは、ほぼ同じ品質なのに7,800円と激安価格が魅力的なバンドでした。

Yuma

対して少し気になった点をいうと、7,800円とはいえそれなりの価格なのでもう少し梱包をプレゼント仕様にしてくれると嬉しかったかなと・・

また、サイズ調整で取り外した「このコマ達をどうしよう?」と置き場所に困るので、専用のポーチが付属すれば嬉しかった・・。

このコマ達、絶対無くすやつや‥(ちなみに純正は専用ポーチが付属します)
これ絶対無くすやつや‥(ちなみに純正は専用ポーチが付属します)

あとは、ステンレスバンド全体に言えることなんですがバンドの着脱がちょっと面倒です。横に曲がらないので(↓のように)スライドして取付できません。

バンドがしならないのでこの方法はNG
バンドがしならないのでこの方法はNG

ということで正しい取付は、次の3ステップで取り付けする必要があります

STEP
どちらかのコマを外す
まず、バンドを2つに分けてあげるまず、バンドを2つに分けてあげます
まず、バンドを2つに分けてあげます
STEP
Apple Watchの留め具に取り付ける
分けたバンドを留め具に取付けます
分けたバンドを留め具に取付けます
STEP
コマ同士を引っ付ける
スライドさせてカチッと引っ付けます
スライドさせてカチッと引っ付けます

いろんなバンドをお使いの方はご理解いただけると思いますが・・これってめちゃくちゃ面倒なんですよね(慣れろって話なんですが・・)。

Yuma

まあ、この辺はステンレスバンド全般に言えることなので、割り切って使いましょう・・

ということで、持ってる人が希少なバンド”リンクブレスレット”の紹介でした。「純正バンド高すぎるだろ・・」なんて人でも買いやすい価格なので、気になっていた方の参考になれば幸いです!

WORLD GADGETS:リンクブレスレットの評価
外観デザイン/質感
95点
装着感/つけ心地
90点
価格
95点
総合評価
93点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら

Apple純正はこちら

  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two × 1 =

Contents