Daniel Wellington:Apple Watchケース「Switch」をレビュー|贈り物にもぴったり。高級感溢れるバンド一体型ケース!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

スウェーデン発の腕時計ブランド「Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)」は、円形でミニマルなデザインが特徴的な腕時計ブランド。

そのダニエル・ウェリントンから、Apple Watchケース「Switch」が販売中です。

Daniel Wellington:Switch

Daniel Wellington「Switch」は、圧倒的な高級感・美しさがあるスタイリッシュなApple Watchケースです(ケースとバンドの一体型タイプ)。

  • スタイリッシュで特別感のあるApple Watchケースを探している人
  • きれいめ・カジュアル・ビジネスシーンでも合わせやすいApple Watchケースが欲しい人
  • 大切な人への贈り物を探している人

本記事では、上記のような方にぴったりのApple Watchケース「Daniel Wellington:Switch」をレビューしていきます。

本記事は、Daniel Wellington様から商品を提供いただき作成しています

本記事の内容(まとめ)
  • Daniel Wellington:Apple Watchケース「Switch」をレビュー
  • Switchの「メリット、デメリット」を紹介
  • 「他社おすすめApple Watchケース」を比較紹介
Contents

Daniel Wellington:Apple Watchケース「Switch」をレビュー|贈り物にもぴったり。高級感溢れるバンド一体型ケース!

Daniel Wellington:Apple Watchケース”Switch”の「特徴」

今回紹介する商品は、スウェーデン発の腕時計ブランド”Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)”から発売されている『Apple Watchケース”Switch”』

Daniel Wellington:Apple Watchケース「Switch」の特徴は、次の通りです。

Daniel Wellington:Apple Watchケース”Switch”の特徴
  • ケース+バンド一体型のApple Watchケース
    • ケースは、高級感溢れる”ステンレス”を採用
    • バンドは、柔軟性・耐久性に優れた”FKM”を採用
  • ステンレスケース+シリコンケースで覆う2段構造
  • バンドサイズは、自由に調整可能
  • Series 6/SE/5/4に対応
    • 40/44mmサイズに対応
  • カラバリは、3色(ローズゴールド、ブラック、シルバー)
  • 価格は、33,000円

Daniel Wellingtonの「Switch」は、Apple Watch本体を守るケースとバンドが一体型のApple Watchケースです。

外箱
外箱

貰ったら必ずワクワクしそうであろう高級感漂う外箱を開けると、Apple Watchケース「Switch」が綺麗に包まれています。

Switch
Switch

中には、Switch本体の他に、Owner’s Guide専用ドライバーシリコンケース×2予備ネジ×2が付属しています。

同梱品
同梱品

Apple Watchケース「Switch」は、“ステンレス素材”で製作された高級感溢れるデザインが特徴的

ケース+バンド一体型タイプで、統一感のある仕上がり
ケース+バンド一体型タイプで、統一感のある仕上がり

Apple Watchのケースタイプは、本体を覆う”ケース+バンドの一体型タイプ“。バックルは、接合部分が両側に開く“両開きタイプ“。

バックルを折りたたみロックして、バンドを通します
バックルを折りたたみロックして、バンドを通します

カラバリは、ケース部分のカラーが違う3色(ローズゴールド/ブラック/シルバー)。サイズは、それぞれ40/44mm用があります。

カラーローズゴールドブラックシルバー
外観デザインローズゴールドブラックシルバー
カラバリは、3色

本記事で紹介するカラーは、ローズゴールド
サイズは、44mmです。

ステンレス素材を採用した美しさのある「デザイン」

Daniel Wellington:Apple Watchケース「Switch」の外観は、“ステンレス”素材を採用したケースが際立つスタイリッシュで美しさがあるデザイン

高級感溢れるデザイン
高級感溢れるデザイン…カジュアル・ビジネスシーンでも合わせやすい

どうでしょう?めちゃくちゃ美しさがありますよね。一見、Apple Watchとは思えないほどの高級感があります。

Apple Watchの美しさを何段階も格上げしてくれる見た目
Apple Watchの美しさを何段階も格上げしてくれる見た目

カラーは「ローズゴールド」ですが、目立ち過ぎない輝きと上品さ・落ち着いた雰囲気を感じます

右サイドは、「DW」が刻印されたDigital Crown、マイク穴、角張ったサイドボタンを搭載。

Digital Crown側
薄っすらと見えるDWロゴが美しい…

左サイドは、スピーカー穴がズレなくぴったり開口されています。

スピーカー側
両サイドともにエッジが効いた印象のある見た目

ケース裏面は、Apple Watchの各種センサーを計測できるように、丸穴がくり抜かれています。

ケース裏側
裏面も光り輝くステンレス素材を採用

「バンド」は、耐久性に優れた”FKM”素材を採用

バンド部は、合成ゴムの一種である“FKM素材(フッ素ゴム)”を採用。

「バンド」は、耐久性に優れた"FKM"素材を採用
薄っすらと”Daniel Wellington”が印字されています

Apple Watchバンド素材は、シリコン・ナイロン・レザーなど様々ですが、素材によって、汚れや黄ばみ・経年劣化・錆などが気になりますよね…。

対して、FKM(フッ素ゴム)は、ゴムの中でも最高品質の素材。特に、耐熱/耐炎/柔軟性など耐久性に優れていることが特徴的です。

バンド裏側
バンド裏側

触り心地は、Apple純正のスポーツバンドと似ていて、サラサラして肌に優しい感じ。厚みは、約0.25〜0.4mmとしっかりした厚みがあります。

バンドの厚み
ちなみに、バンド幅は「22mm」です(40mmサイズは、20mm)

バンドを留めるには、両開きで開くバックルを折りたたんでロックして…

バックルを折りたたんでロックして…

遊革(可動ループ)にバンドを通して固定します。

遊革(可動ループ)にバンドを通して固定する

バックルにも、美しいDWロゴが薄っすらと刻印されています

バックルにも、DWロゴが

バンドの調整可能サイズは、135〜200mm(44mmの場合)。
40mmは、135〜195mm

「重量」は、それなりに重みがある

Switchケースの重量は、「約89g」。ステンレス素材なので、それなりに重量感があります。

「重量」は、それなりに重みがある

Apple Watch Series 6(ステンレス/44mm)と合わせて測ると「約137g」でした

参考に、Apple純正バンドの重さも計測しました

いずれも、Apple Watch S6(ステンレス/44mm)装着時の重さ

上記の通り、Switchは、”時計を着けている感“をしっかりと感じる重さです。

この重さは、人によって好き嫌いが分かれるところですが、人によっては、少し重みがある方が心地良いと感じる方も多いはず。

特に、ビジネス・フォーマルなシーン。ずっしりと重みがある方が、なんとなく落ち着く人も多いのではないでしょうか。

ビジネスシーンに最適

当然、スポーツ目的では不向きな重さですが、個人的には、日常使いでもそこまで気にならない重さでした

「対応モデル」は、Series 6/SE/5/4のみ

SwitchのApple Watch対応モデルは、Series 6・Series 5・Series 4・SEモデルのみ

Apple Watchのケースサイズは、40mm・44mmの2種類になります。

「対応モデル」は、Series 6/SE/5/4のみ

Series 7は、本体サイズ(ケースサイズ)が異なるので使えません

Apple Watchへの「装着方法」

Apple Watchへの「装着方法」

Apple Watchへの装着方法は、それほど難しいものではありません。

公式動画がありますので、詳細はこちらを参照してください

一点注意点を挙げると、裏蓋を開けるネジ×4本がものすごく小さいので、無くさないように注意してください。

予備ネジ×2本が付属します
予備ネジ×2本が付属します

初めは少し手間取るかもですが、手順通りすればケースの取り外しは簡単です。

「着け心地」は問題なく快適

気になる着け心地ですが、なんの問題もなく快適です。FKM素材のおかげか、汗を掻いてもベタつきません。

表面がサラサラしているのでムレにくいです
表面がサラサラしているのでムレにくいです

Apple純正のスポーツバンドは、”フルオロエラストマー”というゴム素材が使われていますが、着け心地はかなり似ています。

DWとスポーツバンド
左:DW、右:Apple純正スポーツバンド

また、FKM素材は、よく似たシリコンとは違って、汚れも付きにくくほどよい弾力性があります

画面のタッチ・スワイプ「操作」も問題なし

肝心のApple Watch画面への操作性ですが、大きな違和感を感じることなく、操作性も快適です。

参考に、タッチ・スワイプなどの操作時の動画がこちら

上記の通り、Digital Crown・サイドボタンも違和感なく押せますし、タッチ・スワイプ操作も問題なし。

細かな設計は、さすがの高級ブランドです

ケースを着けたまま「充電」も可能

もちろん、Switchケースを着けたまま充電も可能です。

ケースを着けたまま「充電」も可能

Apple Watch裏面の充電部は、円状でくり抜かれた設計ですので、充電も問題ありません

Daniel Wellington:Apple Watchケース”Switch”の「メリット、デメリット」

Daniel Wellington:Apple Watchケース”Switch”
総合評価
( 5 )
メリット
  • どのケースよりも目立つ圧倒的な高級感
  • スタイリッシュで美しいデザイン
  • 耐久性に優れた”FKM素材”を採用
  • 違和感を感じない快適な装着感
デメリット
  • Series 7が使えない
  • ネジを無くしやすい
  • 心電図が使えない

Daniel Wellington:Switchの「メリット」

Daniel Wellington:Apple Watchケース「Switch」の最大の魅力は、圧倒的な高級感のあるデザイン

圧倒的な高級感のあるデザイン
上品でスマート。そしてなによりも、美しい…

Apple Watchのケース・バンドは、純正/サードパーティでも種類が豊富ですが、数段階も飛び抜けた高級感を感じられるのは、さすがのダニエル・ウェリントン。

Apple Watchは、シンプルで美しいデザインが魅力の一つです。

ケースを被せると、Apple Watchの魅力が無くなるのでは…?と思ってましたが、全然そんなことありません。

Daniel Wellington:Switch
一見、Apple Watch?と戸惑いますが、しっかりとApple Watchです

機能性・操作性を損なうことなく、フルモデルチェンジしたかのような美しさを感じられます…!

いつものApple Watchとは一味違う雰囲気が出るので、個人的には、気分を変えたい日常使い・大事なビジネスシーンで使っています

Daniel Wellington:Switchの「デメリット」

対して、Switchの気になる点は、Series 7は使えない(販売されていない)こと

Series 7にシリコンケースを被せて装着しようとしましたが…、こんな感じでケースに入りません。

Series 7には非対応
Series 7には非対応(サイズが違うので入りません)

実際に、メーカーに確認したところ、Series 7は非対応のこと。ただし、検討中とのことでしたので、これからの発売に期待したいところです。

また、ネジが本当に小さく無くしやすいのも気になった点の一つ。

ネジが小さく無くしやすい
めちゃめちゃ小さい…

Daniel Wellington公式でも記載がある通り、”付属のドライバーは磁気を帯びていない“とのこと。ネジ留めしやすいように磁力があれば、より扱いやすくなったかな…と感じました。

最後に気になった点は、Apple Watchのヘルスケア機能の一つ「心電図」が使えないこと

Series 6以降で公開された”心電図”機能は、Digital Crownに指をのせて計測します。しかし、Switchは、Digital Crown用のケースで覆われているので計測できません。

心電図は使えません
心電図は使えません

心電図は、Series 4以降のApple Watch(SEは除く)の電気心拍センサーを使って計測するので、使えるモデルは限定的です。

とは言え、Apple Watchをヘルスケア目的として使う人も多いと思いますので、心電図を定期的に計測する方には不向きなケースと言えます。

ただし、血中酸素濃度・心拍数・転倒検出などのヘルスケア機能は利用できます

他社おすすめApple Watchバンドを比較紹介

本記事では、Daniel Wellingtonのケース”Switch”を紹介しましたが、Apple Watchケース/バンドは種類・数が豊富ですよね。

そこで、私も愛用しているおすすめバンドを厳選して紹介します!Apple Watchバンド選びの参考になれば幸いです。

Yuma

バンドを替えるだけでも、雰囲気がガラッと変わりますよ!

スクロールできます
商品名Daniel Wellington ケースPITAKA カーボンバンドApple ソロループApple ミラネーゼループApple スポーツループSpigen ソロループatelierCODEL 本革レザーMY WAY SMART ステンレス
外観デザインDaniel WellingtonケースPITAKAApple WatchソロループバンドApple Watch ミラネーゼループバンドApple WatchスポーツループバンドApple Watch SpigenバンドatelierCODELバンドMY WAY SMART
特徴ズバ抜けた高級感。ケース+バンド一体型タイプ100%カーボンで、高級感+高耐久+軽さがトップレベルバンドの繋ぎ目が無い一体型バンド織り込まれたステンレスメッシュが美しい湿気を逃して通気性が高い軽量で速乾性もあるバンドワーク・ミリタリー風バンド純正に近い品質の激安ステンレスバンド
素材ステンレス、FKMカーボンファイバー液状シリコーンゴムステンレススチールウーブンナイロンファブリック本革レザー、ナイロンステンレス
カラバリ3種類2種類10種類以上〜3種類7種類〜3種類4種類10色
ケースサイズ40/44mm38/40/41mm
42/44/45mm
41/45mm41/45mm41/45mm38/40/41mm
42/44/45mm
38/40/41mm
42/44/45mm
38/40/41mm
42/44/45mm
バンドサイズ自由に調整可自由に調整可1〜12まで選択可1種類
※自由に調整可
1種類
※自由に調整可
1種類
※自由に調整可
1種類
※自由に調整可
自由に調整可
価格33,000円約9,300円5,280円10,780円5,280円2,240円3,990円1,980円
Apple Watchおすすめ「バンド」

まとめ:【Daniel Wellington】Apple Watchケース「Switch」をレビュー|贈り物にもぴったり。高級感溢れるバンド一体型ケース!

以上、Daniel WellingtonのApple Watchケース「Switch」のレビュー記事でした。

最後に、Daniel Wellington:Switchがおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • 美しく特別感があるApple Watchケースが欲しい人
  • きれいめ・ビジネスシーンでも使えるApple Watchケースが欲しい人
  • 大切な人への贈り物を探している人
  • Series 7を使っているApple Watchユーザー
  • 心電図を使っている人

Apple Watch SEを一台買えてしまう価格ではありますが、一味違った高級感のあるケースを使いたい人にはぴったり。

梱包もしっかりしているので、大切な人への贈り物としても喜んでもらえる一品だと思います。気になった方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、本記事は以上です。

Daniel Wellington:Apple Watchケース”Switch”の評価
外観デザイン/質感
95点
装着感/着け心地
95点
価格
80点
総合評価
90点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
Daniel Wellington:ケース
  • ケース+バンド一体型のApple Watchケース
  • ケースは、高級感溢れる”ステンレス”素材を採用
  • バンドは、柔軟性・耐久性に優れた”FKM”素材を採用
  • Series 6/SE/5/4に対応(Series 7:×)
  • 33,000円で購入できる
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

12 + 12 =

Contents