Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
ゆうま
ブロガー
IT業界で働きながら、Apple製品を中心としたIT・ガジェットレビューブログ「yuLog」を運営しているゆうまです。
田舎生活満喫中の1児のパパ。趣味は、Apple製品を集めること。

【Anker】iPhone12に装着できるMagSafe対応モバイルバッテリーをレビュー

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

「AnkerのMagSafe対応モバイルバッテリー」のレビューを知りたい方へ。

MagSafe対応のモバイルバッテリーを探している方は必見です!

iPhone 12シリーズから搭載された、iPhoneとアクセサリがピタッとくっつく「MagSafe」。

ついに、モバイルバッテリー・充電器メーカーとして知名度が高い『Anker』から、iPhone 12背面に装着できるMagSafeに対応したモバイルバッテリーが発売されました!

AnkerのMagSafe型モバイルバッテリー使えば、iPhoneを充電しながらいつも通りiPhoneを使うことが可能です。

本記事では、 AnkerのMagSafe対応モバイルバッテリーについて、使用感を含め、実機レビューしていきます!

本記事の内容(まとめ)
  • AnkerのMagSafe対応モバイルバッテリーを「開封・レビュー」
  • Anker PowerCore Magnetic 5000の「メリット、デメリット」を紹介
Contents

【Anker】iPhone 12に装着できるMagSafe対応モバイルバッテリーをレビュー

【Anker PowerCore Magnetic 5000】概要・特徴

今回購入した商品は、「Anker PowerCore Magnetic 5000」

「Anker PowerCore Magnetic 5000」は、iPhone 12シリーズから搭載されたMagSafeに対応したモバイルバッテリーです。

iPhone 12シリーズの背面にピタッと装着することが可能で、充電しながらiPhoneを普段通りに使うことができます。

iPhone 12 Pro背面に、ピタッとくっつきなが充電できます

iPhone 12シリーズから搭載された強力なマグネット『MagSafe』で、iPhoneとピタッと引っ付きますので、このように手でバッテリーを持ってもiPhoneが落ちることはありません。

iPhoneとピタッと引っ付く”MagSafe”を搭載

iPhone 12 Proにもピッタリと収まるサイズ感で、MagSafe対応ですので、iPhoneにしっかりとフィットしながら充電することが可能です。

iPhone 12シリーズで取付できるMagSafe対応「Anker PowerCore Magnetic 5000」の特徴は、以下の通りです。

Anker PowerCore Magnetic 5000の「特徴」
  • 「Anker PowerCore Magnetic 5000」は、MagSafeに対応したiPhoneに取り付けできるモバイルバッテリーのこと
  • 充電容量は、5,000mAhと大容量ではない
  • サイズは、”約93×63×16mm”とコンパクト設計
  • 重量は”133g”で、iPhoneと一緒に使っても気にならない軽量
  • USB-C入出力ポートを搭載

MagSafe対応モバイルバッテリーを開封・レビュー

それでは、早速「Anker PowerCore Magnetic 5000」を開封・レビューしていきます!

同梱物は、モバイルバッテリー本体・USB-C to USB-Cケーブル・取説が同梱されています

「Anker PowerCore Magnetic 5000」のサイズは、横9.3cm×縦6.2cm×高さ1.6cmとコンパクトなサイズ感で、重さは約133gと軽量です。

MagSafeを搭載したiPhone 12 miniも装着可能です

バッテリー本体裏面には、MagSafeの対応マークが印字されています。

○が書いてあるマークをiPhoneの上部にくるようにピタッと引っ付けると、MagSafe対応iPhoneであれば、しっかりと充電してくれます。

iPhone 12 Pro装着時

本体底面には、(左から)バッテリー残量を表すLEDインジゲーター、USB-タイプC端子、電源ボタンがあります。

電源ボタンを押すと、バッテリー残量を表すLEDインジゲーターが点灯します(青:充電OK、赤:異物検知)。白色のLEDインジゲーターでは、バッテリー残量を4段階で表示してくれます。

・1メモリ:0〜25%
・2メモリが25〜50%
・3メモリが50〜75%
・4メモリが75〜100%

モバイルバッテリー本体の質感は高く、指紋が付きにくいサラサラした表面となっています。滑り止め加工の為、手にフィットしてiPhoneを操作することができます。

バッテリー本体には、最大10Wの入出力USB-Cポートが搭載されています。

USB-Cポートからは最大10W、ワイヤレス時は最大5Wの充電が可能です
※急速充電には非対応

また、異物検知や温度管理・過充電防止機能も搭載されていますので、安心してiPhoneを充電することができます。

充電性能について

気になる「Anker PowerCore Magnetic 5000」の充電性能は、以下の通りです。

「Anker PowerCore Magnetic 5000」の充電性能
  • バッテリー容量:5,000mAh
  • USB-C入力:5V=2.2A(最大11W)
  • USB-C出力:5V=2.0A(最大10W)
  • ワイヤレス出力:5W(ワイヤレス入力は非対応)

バッテリー容量は『5,000mAh』と大きな充電性能はありませんので、iPhone 12 miniであればフル充電1回分、iPhone 12/iPhone 12 Pro/iPhone 12 Proであればフル充電が1回未満となります。

また、MagSafeのワイヤレス充電時も5W出力ですので、充電速度も速くはありません(急速充電には非対応)。

実際に、iPhone 12 Proのバッテリー残量が0%から、「Anker PowerCore Magnetic 5000」を使って充電した結果がこちら。

時間iPhoneバッテリー残量
30分後20%
1時間後30%
1時間30分後45%
2時間後60%
3時間後85%
3時間30分後95%
iPhone 12 Proで、MagSafe充電時の場合

上記の通り、iPhone 12 Proでは、約3時間30分後にバッテリー残量が”95%”と、フル充電することができませんでした。また、充電時間も非常に緩やかな速度で充電するという結果となりました。

よって、Anker PowerCore Magnetic 5000のモバイルバッテリーを使う上で、高い充電性能を求めるには不向きかなと感じました。

そもそも、このモバイルバッテリーは『ワイヤレスでMagSafe充電したままiPhoneを使えること』が最大の利点です。

個人的には、ワイヤレスでiPhoneを充電しながら使えますので、充電性能は求めなくてもいいのでは?と思いました。

ちょっとした外出で、荷物を持たずとも、充電しながらiPhoneを使いたい人には最適なモバイルバッテリーです

iPhoneのMagSafe対応ケースを装着しながら、充電できるのか?

iPhoneで装着できるMagSafe対応ケースが続々と販売されていますが、iPhoneのMagSafe対応ケースを装着しながら充電することができるのか試してみました。

Apple純正の「MagSafe対応クリアケース」を試した結果、問題なく充電することができました。

Apple純正の「MagSafe対応シリコンケース」を試した結果、こちらも問題なく充電することができました。

結果、MagSafeに対応したiPhoneケースを装着しながら、「Anker PowerCore Magnetic 5000」モバイルバッテリーをMagSafe充電することは可能です。

Anker PowerCore Magnetic 5000のメリット・デメリット

Anker PowerCore Magnetic 5000の「メリット」

Anker PowerCore Magnetic 5000の「メリット」
  • ケーブル不要で、手軽にiPhoneをワイヤレス充電できる
  • iPhoneを充電しながら操作可能(手にフィットするコンパクト設計)
  • MagSafe以外のワイヤレス充電対応機器も充電可能

モバイルバッテリーがMagSafeで使える最大のメリットは、iPhoneの充電ケーブル(Lightning)を持ち歩く必要がなく、ワイヤレスで充電できることです。

外出する時に、「バッテリーを持ってきたけど、ケーブルは忘れた…」などそのような経験をした方も多いはず。従来のモバイルバッテリーは、”バッテリー”と”ケーブル”はセットで持ち歩く必要がありました。

そのような心配を全く気にする必要がなくなったモバイルバッテリーが、このAnkerの「PowerCore Magnetic 5000」です。

また、MagSafe搭載のiPhone以外でも、ワイヤレス充電対応機器(AirPods ProやAndroidスマホ)であれば、充電することが可能です。

ワイヤレス充電対応機器であれば、ケーブル不要で充電できますので、万が一のケーブル忘れにも安心です

Anker PowerCore Magnetic 5000の「デメリット」

Anker PowerCore Magnetic 5000の「デメリット」
  • バッテリー容量が少ない為、iPhoneをフル充電させるには不向き

Anker PowerCore Magnetic 5000のバッテリー容量は、「5,000mAh」と少ない為、iPhoneをフル充電させる目的には不向きです。

iPhone 12 miniは1回、iPhone 12/12 Pro/12 Pro Maxなら約1回未満の充電容量

仕方ないが、バッテリー容量が少ない点は唯一のデメリット

iPhoneをフル充電させるには不向きですので、iPhoneを使う頻度多く一日ですぐにバッテリーが底をつく人や、バッテリー切れが心配な方には、ゆっくりですが少しずつ充電できるMagSafe対応モバイルバッテリーが向いています。

まとめ:【Anker】iPhone12に装着できるMagSafe対応モバイルバッテリーをレビュー

以上、Ankerより発売されたMagSafe対応モバイルバッテリーについての紹介記事でした。

本記事の結論として…「購入して大満足!」と自信を持って言えるモバイルバッテリーとなりました。

MagSafe専用のバッテリーですので、今のところiPhone 12シリーズでしか使えないのは限定的ではありますが…iPhone12ユーザーでモバイルバッテリーを購入したい方には、一つは持っておいても損はないモバイルバッテリーだと思いました。

繰り返しとなりますが…「Anker PowerCore Magnetic 5000」は、充電ケーブル不要でワイヤレス充電が可能で、バッテリー容量を気にすることなく、いつも通りiPhoneを使えますので安心感があります。

バッテリーのつけ心地も自然で外れる心配もありませんので、MagSafe対応のモバイルバッテリーが欲しい方は、失敗がない「Anker PowerCore Magnetic 5000」を選ぶことをおすすめします。

  • 今回紹介した商品はこちら
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる