こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

AppleWatchを充電できない時の対処方法を知りたい方へ。

AppleWatchが急に充電できなくなった...

バッテリーが空になったけど、充電されない..!

本記事では、AppleWatchのバッテリーが充電できなくなったときの5つの対策・対処方法について解説をしていきます。

 

本記事の内容まとめ
  • AppleWatchが充電できない時の5つの対処方法について解説
  • それでも充電できない時は、Appleサポートセンターへ連絡

 

AppleWatchが充電できないときの5つの対処方法を解説

Apple Watchが充電できない時に試してみる5つの方法について、解説をしていきます。

 

AppleWatchが充電できない時の対処法
  • 充電ケーブルがしっかりと接続されているか確認
  • Apple純正品の充電ケーブルを利用
  • 充電ケーブルの保護テープを剥がす
  • バッテリーが空になっている場合は、数分放置してみる
  • 強制的に再起動する

 

充電ケーブルがしっかり接続されているか確認

マグネット式Apple Watch用の充電ケーブルが、電源にしっかりと接続されているか確認しましょう。また、USB電源アダプターに充電ケーブルがしっかりと接続されているかも確認しましょう。

基本的なことですが、機器の電源が入らない・充電ができない等のトラブルで多いことが接続不良です。

まずは、AppleWatch用の充電ケーブルと充電コンセントを抜き差しし、しっかりと接続されていることを確認しましょう。

 

Apple純正品の充電ケーブルを利用

Apple Watchの充電がされない時は、Apple Watch純正の充電ケーブル・充電コンセントを利用するようにして下さい(Apple Watchに同梱されていた充電ケーブル・充電コンセントを利用)。

iPhoneも同様ですが、汎用品の充電ケーブル・充電コンセントを利用した場合、うまく充電されないケースがあります。Apple純正品または「Made for Apple Watch」のようなApple認証済みの磁気充電ケーブルで充電していることを確認し、充電を試してみましょう。

 

充電ケーブルの保護テープが剥がす

(引用元:Apple公式サイト)

Apple Watchを購入した際に付属するマグネット式の充電ケーブルの「保護テープ」が貼ったままの状態で利用している場合、保護テープを外した状態で充電を試してみて下さい。

Apple Watchの充電はマグネット式の磁石で充電を行う為、保護テープを付いていたり、汚れが付いているとうまく充電されない場合があります。

また、Apple Watch本体の充電部(裏面)に汚れが付いていないか確認し、充電部に保護シートや汚れが付いていない綺麗な状態で、充電できるか試してみましょう。

 

バッテリーが空になっている場合は、数分放置してみる

AppleWatchのバッテリーが空になっている場合は、充電を開始してから数分経過しないと、充電画面が表示されません。

充電画面が表示されるには、数分待たないと「充電マーク」が表示されない為、AppleWatchと磁気充電ケーブルがマグネットでしっかりと固定されていることを確認し、数分待ってから充電されているかを確認しましょう。

 

強制的に再起動する

 

上記を試してもAppleWatchが充電されない場合は、強制的に再起動を試して下さい。

強制的に再起動する方法は、「サイドボタン」と「Digital Crown」の両方を10秒以上同時にに長押しし、Appleロゴが表示されたら両方のボタンを離して下さい。

また、強制的ではなく通常の再起動する方法も解説します。

通常の再起動方法は、「サイドボタン」を長押しし、Watch画面の「電源オフ」を横にスライドすることでWatchの電源を切ることができます。その後、サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押すことでAppleWatchを起動することが可能です。

 

それでも充電できない時は、Appleサポートセンターへ連絡

上記方法を試してみても充電できない場合は、AppleWatch本体の故障・不具合が考えられますので、Appleサポートセンターへ連絡しましょう。

お問い合わせ先は、こちら(Apple公式サイト)から。電話サポート・チャット・持ち込み修理から選択が可能です。

 

まとめ:AppleWatchが充電できないときの5つの対処方法

以上、AppleWatchが充電できない時に試してみる5つの対策・対処方法についての解説記事でした。

AppleWatchに限らず、充電できない時の大きな原因は、「ケーブルと電源がしっかりと接続されていない」「ケーブルが汎用品である」などと簡単に対処できることが多いです。

それでも充電できない時は、再起動(AppleWatch・iPhoneの両方を再起動)を試してみて、AppleWatch本体に問題があるのか、ケーブル・電源に問題があるのかなど、原因をしっかりと切り分けすることが大切です。

Appleサポートセンターへの連絡も、時間帯によってはスムーズに対応して頂けますので、どうしても充電できない場合は連絡してみましょう。

 

以下、AppleWatchの関連記事も書いておりますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

今回紹介した商品はこちら
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事