Apple Watchが充電できない時の「7つの対処法」を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

  • Apple Watchが急に充電できなくなった…
  • バッテリーが空になって充電しているけど、充電されない…

Apple Watchが充電できない原因は様々で、Apple Watch本体・充電ケーブル・OSが問題なのか、どこが原因なのか分かりにくいですよね…。

Appleサポートセンターへ連絡すれば解決しやすいですが、些細なことが原因で、自分でもすぐに解決できることかもしれません。

ということで、本記事では、「Apple Watchのバッテリーが充電できない時の7つの対処法」を解説します。

“充電画面の解説”や”よくある質問”もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください!

本記事の内容(まとめ)
  • 「Apple Watch充電画面の状態」を解説
  • 「Apple Watchが充電できない時の7つの対処法」を紹介
  • 充電できない時の「よくある質問」を回答
Contents

はじめに:Apple Watch充電画面の状態を知る

まずはじめに、Apple Watchの充電画面の状態を知っておきましょう。

「早く充電できない対処法を知りたい!」方は、次項の”充電できない時の対処法”まで読み飛ばしてくださいね

Apple Watch充電画面の状態の「違い」

スクロールできます
画面正常に充電中充電が必要な状態充電が必要な状態充電が必要な状態
充電の状態正常に充電中充電が必要な状態充電が必要な状態充電が必要な状態
Apple Watchの状態利用可能省電力モード中バッテリー残量が空充電開始中
引用元:Apple Watchが充電されない場合や電源が入らない場合

Apple Watchのバッテリーが低下し、充電が必要な状態になると、稲妻アイコンが“赤色”に。

充電器に接続して、充電できると、稲妻アイコンが“緑色”に変わります。

画面に何も表示されない(または、”赤色”の稲妻アイコン+ケーブルが表示)場合は、バッテリー残量が「空」の状態なので、約30分ほどApple Watchを充電し続ける必要があります。

Apple Watchを充電し続けると、稲妻アイコンが赤→緑に変わります

Apple Watchが充電できない時の「7つの対処法」を解説

それでは、Apple Watchが充電できない時の「7つの対処法」を解説していきます。

1.充電ケーブルがしっかり「接続」されているか確認する

充電ケーブルがしっかりと「接続」されているか確認する

Apple Watchの磁気充電ケーブルが、電源アダプタに奥までしっかりと接続されているか確認しましょう。

基本的なことですが、機器の電源が入らない・充電できないなどのトラブルで多い原因が『ケーブルの接触不良』です。

まずは、Apple Watchの磁気充電ケーブル・電源アダプタ・コンセントを抜き差しして、しっかりと接続していることを確認してみてください。

2.「Apple純正品」の充電ケーブルを利用する

「Apple純正品」の充電ケーブルを利用する

Apple Watchの充電ができない時は、“Apple純正”の磁気充電ケーブル・USB電源アダプタを利用してください。

Apple Watch購入時に同梱されている「充電ケーブル」「USB電源アダプタ」を使いましょう

iPhoneも一緒ですが、汎用品(サードパーティ製)の充電ケーブル・電源アダプタを使った場合、うまく充電されないケースが多いです。

「純正品は価格が高い…」という方は、MFi認証(Made for Apple Watch)取得済みの充電ケーブルがおすすめ。サードパーティでも多々販売されています。

MFi認証=Appleの基準をクリアして、正式に認定を受けている証のこと

MFi認証(Made for Apple Watch)のロゴマーク
MFi認証(Made for Apple Watch)のロゴマーク

Apple公認なので安心・信頼性があります!純正より安く購入できますよ

3.充電ケーブルの「保護テープ」が剥がす

充電ケーブルの「保護テープ」が剥がす

Apple Watch購入時に付属している”充電ケーブル”の「保護テープ」を貼ったまま充電している場合は、保護テープを外して充電を試してみましょう。

Apple Watchの充電は、磁力で引っ付く”マグネット”で充電するため、保護テープを貼っていたり、汚れが付いていると、うまく充電されない場合があります。

4.Apple Watch裏面とケーブルの磁気部を「綺麗」にする

Apple Watch裏面とケーブルの磁気部を「綺麗」にする

長年Apple Watchを使うと、”Apple Watch裏面”と”ケーブルの磁気部”に汚れが溜まることがあります。

クリーニングクロス・ティッシュなどを使って汚れを取り除き、綺麗な状態で充電できるか試してください。

5.バッテリーが空になった場合は、「約30分放置」する

バッテリーが空になっている場合は、「数分放置」する

Apple Watchのバッテリーが空になっている場合は、充電を開始してから「約30分」経過しないと、充電画面(稲妻アイコン)が表示されません。

AppleWatchと磁気充電ケーブルが、”マグネット”でしっかりと固定されていることを確認し、数分待ってから充電できているか確認しましょう。

画面に、稲妻アイコン(赤色または緑色)が表示されると、充電されている印です!

引用元:Apple Watchが充電されない場合や電源が入らない場合

6.最新のwatch OSへ「アップデート」する

Apple Watchのハードウェアが問題ない場合、ソフトウェアの問題である可能性が高まります。

最新の「watch OS」であるか確認し、アップデートが必要な場合は、最新の「watch OS」へアップデートしてください

確認方法は、iPhoneの「Watch」「一般」「ソフトウェア・アップデート」から確認できます

最新の「watch OS」へアップデートする
自動アップデートは「オン」がおすすめ(夜間+充電中に自動的に実行されます)

iPhoneも最新の「iOS」にアップデート可能であれば、合わせて実施しましょう

7.強制的に「再起動」する

強制的に「再起動」する

上記を試してもAppleWatchが充電されない場合は、「強制再起動」を試してください。

強制再起動の方法は、「サイドボタン」と「Digital Crown」の両方を10秒以上同時に長押しして、Appleロゴが表示された後に手を離します

強制再起動の方法
強制的に再起動する方法

(通常の)再起動方法は、サイドボタンを「長押し」“電源オフ”を「右へスワイプ」して電源をオフに。その後、Appleロゴが表示されるまで「長押し」して、電源をオンにします

再起動方法

それでも充電できない時は、Appleサポートセンターへ連絡する

引用元:Appleサポート

上記方法を試しても充電できない場合は、Apple Watch本体の故障・不具合が考えられますので、Appleサポートセンターへ連絡しましょう。

お問い合わせ先は、こちら(Apple公式サイト)から。電話サポート・チャット・持ち込み修理から選択が可能です。

【よくある質問】Apple Watchが充電できない時

Apple Watchが充電できない時に、よくある質問を以下にまとめました。

Apple Watchが熱くなった場合は、どうすればいい?

Apple Watchの動作温度が異常値であることが考えられますので、以下手順で、Apple Watch本体を冷やして下さい。

STEP
Apple Watch本体を充電器から外す(または、手首から外す)

画面に”温度計”が表示された場合、数秒たつと電源が切れますので、そのままの状態にしてください。

引用元:Apple Watchの状態を動作可能温度の範囲内に保つ
STEP
Apple Watch本体を直接日光に当たらないように、涼しい場所に移動する

Apple Watch本体の温度が下がると、自動的に電源が入ります。

画面に”温度計”マークが表示された場合は、無理に充電せずに、Apple Watch本体を冷ましましょう

Apple Watch画面に、赤い稲妻アイコンが表示されるのはなんで?

Apple Watchの充電が必要になると、画面に”赤い稲妻アイコン”が表示されます。

赤い稲妻アイコン=Apple Watchを起動できるほど、バッテリー残量が無い状態(バッテリーが空の状態)

引用元:Apple Watchが充電されない場合や電源が入らない場合

約30分ほど充電し続けると、赤色の稲妻アイコンが“緑色の稲妻アイコン”に変わりますので、そのままApple Watchを充電し続けて下さい。

Apple Watchの充電が底をつきそうだけど、充電ができない環境にいる場合は?

Apple Watchでは、バッテリー消費を抑える「省電力モード」という機能があります。

省電力モード中は、サイドボタンを押さない限りは、時間の確認ができず、通知や電話などの機能が利用できません。

時計以外の機能が全てオフになるので、どうしてもバッテリーを死守したい時のみ利用しましょう

省電力モードの切替方法

STEP
コントロールセンターを開く→”バッテリー”アイコンを「タップ」→省電力モードを「右へスワイプ」
省電力モードへの切替方法
STEP
警告文が表示後、「続ける」をタップする
省電力モードへの切替方法

まとめ:Apple Watchが充電できない時の「7つの対処法」を解説

以上、Apple Watchが充電できない時の対処法の解説記事でした。

Apple Watchに限らず、充電できない時の主な原因は、「ケーブルと電源がしっかりと接続されていない」「ケーブルが汎用品である」のように、些細な原因であることが多いです。

それでも充電できない時は、再起動(AppleWatch・iPhoneの両方)を試してみて、AppleWatch本体に問題があるのか、ケーブル・電源に問題があるのかなど、原因をしっかりと切り分けすることが大切です。

Appleサポートセンターへの連絡も時間帯によっては、スムーズで丁寧に対応してもらえますよ

最後に、本記事のポイントをまとめます。

それでは、本記事は以上です。良きApple Watch Lifeをお過ごしください!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

19 − seventeen =

Contents
閉じる