MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

AppleWatchの「電源オン/オフ」「強制再起動」する方法を解説

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

Apple Watchの電源オン/オフ・再起動する方法を知りたい方へ。

Apple Watchを使用していて何か不具合があった時、動かなくなった時には、Apple Watch本体の電源をオン/オフ・再起動することで解決することがあります。

本記事では、Apple Watch本体の電源オン/オフ・再起動する方法を解説します。

本記事の内容(まとめ)
  • AppleWatch本体の電源オン/オフ(再起動)する方法を解説
  • AppleWatchが再起動できない場合の「強制再起動」する方法を解説
Contents

Apple Watchの電源オン/オフ(再起動)する方法を解説

Apple Watchを再起動する方法

Apple Watchを再起動するには、Apple Watch本体の「電源をオフ」にした後に、「電源をオン」にすることで、Apple Watch本体を再起動できます。

1.Apple Watchの電源をオフにする

Apple Watchの電源をオフにする

Apple Watchの電源をオフにする方法は、本体側面にある「サイドボタンを長押し」→画面右上の”電源ボタン”を「タップ」、電源オフを「右へスワイプ」することで、Apple Watchの電源をオフにできます。

2.Apple Watchの電源をオンにする

Apple Watchの電源をオンにする

Apple Watchの電源をオンにするには、本体側面にある「サイドボタンを長押し」し、Appleロゴマークが表示されるまで長押しすることで、Apple Watchの電源をオンにできます。

Apple Watchを強制的に再起動する方法

Apple Watchの操作ができなくなった時反応しなくなった時は、Apple Watch本体を強制的に「再起動」することを推奨します。

強制的に再起動する方法は、Apple Watch本体側面にある「サイドボタン」と「Digital Crown」を同時に長押しし(10秒以上)、Appleロゴマークが画面に表示された後に手を離すことで、Apple Watch本体を強制的に再起動できます。

Apple Watchを強制的に再起動する方法
強制的に再起動する方法

まとめ:Apple Watchの電源オン/オフ・再起動する方法を解説

以上、Apple Watchの電源オン/オフ・再起動する方法についての解説記事でした。

  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

1 × one =

Contents