こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

Apple Watchの電源オン/オフ・再起動する方法を知りたい方へ。

Apple Watchを使用していて何か不具合があった時、動かなくなった時には、Apple Watch本体の電源をオン/オフ・再起動することで解決することがあります。

本記事では、Apple Watch本体の電源オン/オフ・再起動する方法を解説します。

 

本記事の内容まとめ
  • AppleWatch本体の電源オン/オフ(再起動)する方法を解説
  • AppleWatchが再起動できない場合の「強制再起動」する方法を解説

 

Apple Watchの電源オン/オフ(再起動)する方法を解説

Apple Watchを再起動する方法

Apple Watchを再起動するには、Apple Watch本体の「電源をオフ」にした後に、「電源をオン」にすることで、Apple Watch本体を再起動することができます。

 

1.Apple Watchの電源をオフにする

Apple Watchの電源をオフにする方法は、本体側面にある「サイドボタンを長押し」後、電源オフを「右へスワイプ」することで、Apple Watchの電源をオフにすることができます。

 

2.Apple Watchの電源をオンにする

Apple Watchの電源をオンにするには、本体側面にある「サイドボタンを長押し」し、Appleロゴマークが表示されるまで長押しすることで、Apple Watchの電源をオンにすることができます。

 

Apple Watchを強制的に再起動する方法

Apple Watch操作ができなくなった時反応しなくなった時は、Apple Watch本体を強制的に「再起動」することを推奨します。

強制的に再起動する方法は、Apple Watch本体側面にある「サイドボタン」と「Digital Crown」を同時に長押しし(10秒以上)、Appleロゴマークが画面に表示された後に手を放すことで、Apple Watch本体を強制的に再起動をすることができます。

 

まとめ:Apple Watchの電源オン/オフ・再起動する方法を解説

以上、Apple Watchの電源オン/オフ・再起動する方法についての解説記事でした。

AppleWatch購入時の基本操作方法・初期設定など、AppleWatchに関する記事を以下にも記載していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

AppleWatchのおすすめアクセサリー
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事