MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

PITAKA MagEZ Grip レビュー | MagSafe対応スマホリングはコレ一択!磁力・グリップ力・安定性ともに最高峰のリングスタンド!

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
PITAKA:MagEZ Grip 
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

12シリーズ以降のiPhoneユーザーで使えるMagSafeは、磁力だけでいろんなアクセサリーを取付けできるのが便利ですよね。

特にスマホリングは、iPhoneの落下を防いだりカメラを固定したり、スタンドとして使うなど・・MagSafeを使う上で所有しておきたい欠かせないアイテム。

そこで今回紹介するアイテムは、あのアラミド繊維で有名なPITAKAの『MagEZ Grip』

PITAKA:MagSafe対応スマホリング「MagEZ Grip」
PITAKA:MagSafe対応スマホリング「MagEZ Grip」

スマホリングって長期間使うと、リングのヒンジが緩くなってスタンドとして機能しないことが多いんですが・・。

大抵のスマホリングはこんな感じでヒンジが緩くなる・・
大抵のスマホリングはこんな感じでヒンジが緩くなる・・

PITAKAのMagEZ Gripは、ヒンジが超硬め。さらに薄くて軽量でデザイン性も良しと、まさにスマホリングの決定版とも言えるアイテムでした。

今回メーカーよりサンプルを提供いただいたので、PITAKAのMagSafe対応スマホリング「MagEZ Grip」をレビューします。

Yuma

よくあるスマホリングじゃないの?磁石の強度は?など他メーカーのリングと比較しながら紹介します

本記事の内容(まとめ)
  • PITAKA:MagEZ Gripをレビュー
    • メリット、デメリットを紹介
  • 「他社おすすめスマホリング」を比較紹介
Contents

PITAKA:MagEZ Grip レビュー

PITAKA MagEZ Grip レビュー

PITAKA:MagEZ Grip「特徴」

今回紹介する商品は、一味違った高級感のあるアクセサリーを取り扱うPITAKAの『MagEZ Grip』

おおまかな特徴は、次の通りです。

PITAKA:MagEZ Gripの特徴
  • MagSafe対応のスマホリング&スタンド
    • 600Dアラミド繊維を使った高級感のあるデザイン
    • 揺さぶっても外れない超強力なN52磁石を内臓
    • 360度回転式+110度の角度調整タイプ
    • 超軽量で長時間使っても疲れにくい(約27g)
  • カラバリ:2色
    • 黒/グレーツイル柄、オーバーチュア
  • 価格:3,499円

PITAKAの「MagEZ Grip」は、12シリーズ以降のiPhoneで使えるMagSafeに対応したスマホリング&スタンドです。

MagSafe対応のiPhoneスマホリング
MagSafe対応のスマホリング

よくあるスマホリングでしょ?って見えがちですが・・正直いうとよくあるスマホリングです。

ただしMagEZ Gripは、スタンドのヒンジが硬くて安定感があること、そしてこのデザイン性の高さが他メーカーと大きな違いがあるところ

とにかくヒンジがめちゃくちゃ硬い!
とにかくヒンジがめちゃくちゃ硬い!

例えば、MagSafe対応リングとして有名なAnkerZNX\ZENIXのスマホリングって2,000円と手頃な価格で買えますが、長期間使うとどうしてもヒンジが弱くなって、スタンドとして機能しなくなるんですよね・・。

リング回転タイプはヒンジが緩くなりやすい
リング回転タイプはヒンジが緩くなりやすい

対してこのMagEZ Gripは、ヒンジに鉄の棒を入れて両端を支える構造より、ヒンジにかかる負担を抑えている。つまり、長期間使ってもヒンジが緩みにくい作りとなってます

ヒンジが緩みにくい作り
引用元:PITAKA公式

僕が今まで使ってきた(↑の)スマホリング達はだいたい半年も持たずに緩くなってますからね・・長く使うためには構造にも注目したいところ・・。

もちろん”スマホリング”と名の通り、リングに指を通した写真撮影や普段使いも可能。またマグネットは360度回転式なので、好きな角度で動画を楽しめるスタンド使いもできます。

俯瞰撮影でもガッチリ固定できるリングタイプ
俯瞰撮影でもガッチリ固定できるリングタイプ
スタンドはお好みの角度に調整できる
スタンドはお好みの角度に調整できる

同梱品は次の通りです

同梱品
同梱品(スマホリング本体)

カラバリは、PITAKAのiPhoneケースと同じ柄を採用している2色が販売されてます。

黒/グレーツイル柄オーバーチュア(序曲)
黒/グレーツイル柄オーバーチュア
カラバリは、2色

今回紹介するカラーは、黒/グレーツイル柄
iPhone 14 Proを使ってレビューします

Yuma

ということで、まずは外観デザインから見ていきます

お馴染みの”アラミド繊維”を使ったスタイリッシュなデザイン

MagEZ Gripの外観は、PITAKAでお馴染みのアラミド繊維と亜鉛合金を組み合わせたスタイリッシュさのあるデザインとなってます。

表面
アラミド繊維がいい感じのアクセントになってる・・!

リング部は”亜鉛合金”を採用し、その周りは”ABS樹脂”と”ポリカーボネート”を組み合わせた素材が使われてます。

爪で引っ掻いても傷が付きにくい素材ですが、指紋は少し付きやすいかなといった感じ

主張しすぎない"PITAKA"ロゴもカッコいい
主張しすぎない”PITAKA”ロゴもカッコいい

裏面は、N52ネオジム磁石が内蔵されているMagSafe部分。ラバー加工されているので、iPhoneを傷つける心配もありません。

裏面
裏面

アラミド繊維は、色褪せや擦り傷を防止した耐久性に優れた素材です

こう見ると至って普通のMagSafeリングに見えますが・・。(ガジェット界隈では)アラミド繊維=PITAKAを思い浮かべる人も多いほど、この独特なデザインをうまくブランディング化しているのは凄い。

MagEZ Grip×MagEZ Case Pro 3は統一感あり
MagEZ Grip×MagEZ Case Pro 3は統一感あり

PITAKAは、アラミド繊維を使った個性的なデザインで、iPhone/iPadケースなどいくつも商品化してますが・・この独特なデザインで統一したくなる欲があるんですよね。

個性的なピタスタイル・・!
個性的なピタスタイル・・!

なぜか揃えたくなるとか、なんかカッコいいから使いたいのがPITAKA製品。PITAKAにはこのようなブランド力があるのは確かなので、やはりこのデザイン性の高さは一味違うものを感じました。

サイズや重さについて

ちなみに、MagEZ Gripのサイズは、縦:58.5mm×横:58.5mm×厚み:4.3mm。大きさでいうと一般的なMagSafeリングとほぼ同じサイズです。

iPhoneのカメラユニットにも干渉しないサイズ
iPhoneのカメラユニットにも干渉しないサイズ

しかも厚みは、”4.3mm”とめちゃくちゃ薄く(スタンドを折りたたむと)平らになるので、iPhoneを下向きに置いたまま操作してもガタつきません。

リングを付けていないかのような薄さ
リングを付けていないかのような薄さ

重量は、約27g。MagSafeリングの中でも平均クラスの重さです。

※実測値では、29gでした
※実測値では、29gでした

磁石は超強力!MagEZ Case Pro 3と相性よし

肝心なMagEZ Gripの磁石の強さですが、何ら問題なく超強力でした。PITAKAのiPhoneケース「MagEZ Case Pro 3」に装着してぶんぶん振り回しても全然落ちる気配がありません。

振り回しても余裕で引っ付いている!
振り回しても余裕で引っ付いている!

メーカー曰く、”強力なN52磁石内臓で約1,000gまでの荷重に耐えられる“とのこと

どのMagSafeリング共通に言えることですが、基本的にMagSafe対応ケースと組み合わせて使うことが推奨されてます。

ケース無しで付けると磁力が弱まるので要注意
ケース無しで付けると磁力が弱まるので要注意

参考に違うメーカーのMagSafeケースを装着してみましたが、磁石がガチッと引っ付き落ちる心配がありませんでした。

MOFTのSnapレザースリングケースにも問題なく引っ付きました
MOFTのSnapレザースリングケースにも問題なく引っ付きました

ただし長時間付けていると、ケースに”リング跡”が付くことがあるので、その場合は、不織布とアルコールで拭き取ればリング跡を消せるとのこと。

リング跡は残りやすい・・
リング跡は残りやすい・・

MagEZ Gripは磁石が磁性粉を吸着させることがあるため、一定時間が経つとスマホケースにマークリングが残る場合があります。その場合は、不織布と75%アルコールで拭き取ってください。

MagEZ Grip|PITAKA公式サイト

基本的に、磁力が強めのMagSafeケースであれば何ら問題なく使えますが、磁力の強さが気になる人は、PITAKAの「MagEZ Case 2」や「MagEZ Case 3」と合わせて使うことが推奨されてます。

iPhone 13シリーズ(MagEZ Case 2)iPhone 14シリーズ(MagEZ Case 3)
iPhone 13 miniiPhone 14
iPhone 13iPhone 14 Plus
iPhone 13 ProiPhone 14 Pro
iPhone 13 Pro MaxiPhone 14 Pro Max
▲タップで商品リンクまでジャンプします

グリップ力はトップレベルで良好!!

さて、肝心の持ちやすさですがこちらも何ら問題なくグリップは良好です。360度回せる回転式なので、好きな位置にリングを持ってこれますが、僕的には(↓の)位置に調整すると使いやすかったです。

普段使いもちょうどいい感じに指に引っかかる
普段使いもちょうどいい感じに指に引っかかる
横向きも問題なし
横向きも問題なし

iPhone 14 Proって軽く200gを超える重さなので、片手で使うと普通に疲れを感じてしまいますが・・やはりこの手のスタンドと合わせて使うと安定感や疲れ具合が全然違います。

重たいiPhoneでもしっかりホールドできる!
重たいiPhoneでもしっかりホールドできる!

リング部のヒンジもかなり硬くマグネットも超強力なおかげで、リングがケースから外れることもなく普通に問題なく使えました。

角度調整が自由!スタンドとしても使えます

MagEZ Gripは、スタンドとしても使用可能。360度リングが回転するので、好みの角度へ自由に調整できます。

垂直に近い角度や・・
垂直に近い角度や・・
緩やかな角度にも対応
緩やかな角度にも対応

スタンドへの切替は、リング部を指で起こすだけ。爪じゃなく指(←ここ重要!)で起こせるので、このあたりの仕様はAnkerと扱いやすさが全然違いました。

爪が短くても全然大丈夫!
爪が短くても全然大丈夫!

ちなみにリングを起こした時の最大角度は、110度まで開きます。

リングは最大110度まで開く
リングは最大110度まで開く

360度回転式+110度まで角度調整できるタイプなので、縦置きや横置きなど・・ネットサーフィン、動画視聴など・・日常的な使い方では不自由なく操作できる設計となってます。

他社おすすめスマホリングを比較紹介

さて、PITAKAのMagEZ Gripをレビューしてきたわけですが、MagSafe対応スマホリングって本当に種類が多くて、結果どれが買いなのか迷いますよね・・。

Yuma

僕も使っているスマホリング&スタンドを比較表でまとめました。気になる方は参考にしてみてください!

スクロールできます
商品名MagEZ Grip610 Magnetic GripスマホリングiPhone Mount for Mac Notebooks
メーカーPITAKAAnkerZNX\ZENIXBelkin
外観PITAKAAnkerZNX/ZENIXBelkin
素材アラミド繊維
亜鉛合金
樹脂+PC
ラバーアルミニウムアルミニウム
ラバー
スタンド
角度調整360度回転+水平110度360度回転+水平130度360度回転+水平180度360度回転+水平110度
磁力の強さ超強力強力超強力超強力
サイズ58.5×58.8×4.3mm
※リング含む
59×59×5mm
※リング含む
56×56×8mm
※リング含む
60×60×6.5mm
※リング含む
重量27g27g19g35g
価格3,499円2,000円2,020円4,400円
比較表:MagSafe対応スマホリング

この中でどれが一番買いか?個人的には、PITAKAのMagEZ Gripを推奨します。

一番のおすすめは、PITAKAのMagEZ Grip
一番のおすすめは、PITAKAのMagEZ Grip

価格の安さでいえば、AnkerやZNX\ZENIXのリングもお手頃で良いんですが・・長期間使うには、リングの付け根(ヒンジ)の構造はかなり大切。

ヒンジ構造は地味に大切・・!
ヒンジ構造は地味に大切・・!
Yuma

AnkerやZNX\ZENIXは約半年ほどで、ヒンジがゆるゆるになって使い物になりませんでした・・

またBelkinのリングは、MacBookの連携カメラ用に開発されたものなので除外すると・・。多少お値段はしますが、PITAKAのMagEZ Grip一択という結論になりました。

マグネットは強力で安定性が高い、スタンドとしても角度調整が自由、グリップ力も良好・・何ら問題なく普通に使えるスマホリングってあるようで無いので、(僕的には)自信を持っておすすめしたいスマホリングとなりました。

普通に問題もなく使えることが大切・・!!
普通に問題もなく使えることが大切・・!!

各リングの詳細は以下でレビューしています。気になるリングがあれば、ぜひ合わせてご覧ください

まとめ:PITAKA MagEZ Grip レビュー

ということで、PITAKAのスマホリング「MagEZ Grip」をレビューしました。メリット・デメリットは次の通りです。

PITAKA:MagSafe対応スマホリング「MagEZ Grip」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 600Dアラミド繊維を使った高級感のあるデザイン
  • iPhoneがズレ落ちないN52磁石を内臓
  • スタンドのヒンジが超硬くて長く使える
  • 長時間付けても疲れにくい軽量設計(27g)
  • 何ら不自由なく問題なく使える
デメリット
  • 指紋は少し付きやすい
  • 一般的なMagSafeリングと比較すると、価格は少し高め

PITAKAのMagEZ Gripは、至って普通のスマホリングでしたが、何ら問題なく普通に使えたこと。ここが一番大きなメリットを感じたスマホリングでした。

PITAKA:MagEZ Grip

今まで僕はいろんなタイプのリング&スタンドを使ってきましたが、何の不自由もなく当たり前のように使えた製品って数少ない・・この辺を踏まえると、自信を持っておすすめできるリングとなりそうです。

Yuma

価格はちょっと高めとはいえ、長く使うことを考えるとAnkerやZNX\ZENIXリングよりも断然良い!

外観もマットブラックで黒好き男子にはカッコよさを感じるデザインですし、PITAKA製品で統一したい欲が掻き立てられます・・!

PITAKAならではの個性的なデザインで揃えたくなる・・!
PITAKAならではの個性的なデザインで揃えたくなる・・!
  • MagSafeリング選びで失敗したくない人
  • 長く使えるスマホリングが欲しい人

このような方には、間違いなくおすすめできるリング&スタンドでした。ということで、本記事は以上となります。気になっていた方の参考になれば幸いです!

PITAKA:MagEZ Gripの評価
外観デザイン/質感
98点
機能性/使いやすさ
98点
価格
85点
総合評価
94点
  • 今回紹介した商品は、こちら

PITAKA製品は他にもレビューしておりますので、気になる方は合わせてどうぞ

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 関連記事
PITAKA:MagEZ Grip 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

19 − four =

Contents