MOFT Snapフロートフォリオ レビュー|iPad Pro/Air/miniで使える斬新なカバー&スタンド!

Yuma

MOFTからとんでもないiPadケース&スタンドが出ちゃいました・・

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

iPadユーザーの必需品といえば「ケース」や「スタンド」。本体を保護したり、iPadをPCライクで使うには何かと便利なアクセサリーですよね。

基本的には、ケースやスタンドは別々で用意する必要がありますが、”MOFT”からケース+スタンド一体型の斬新なアイテムが登場しちゃいました・・!その名は、「Snapフロートフォリオ」

MOFT:Snapフロートフォリオ
MOFT:Snapフロートフォリオ

「一見ただのiPadケース?」に見えがちですが、実はコレ・・折りたたみ式で中を開くと、スタンドに切替できるとんでもないカバー&スタンド。あれ・・もはやiPadケース買わなくていいのでは・・。

今回メーカーよりサンプルを提供いただいたので、本記事では、MOFTの「Snapフロートフォリオ」をレビューしていきます。

Yuma

どんな使い方ができるのか?使い勝手はどうか?そのあたりを中心に紹介します!

本記事の内容(まとめ)
  • MOFT:Snapフロートフォリオをレビュー
    • メリット、デメリットを紹介
  • MOFT:BLACK FRIDAYキャンペーンの紹介
    • MOFT公式ストア、Amazonストア
Contents

MOFT Snapフロートフォリオ レビュー|iPad Pro/Air/miniで使える斬新なカバー&スタンド!

MOFT:Snapフロートフォリオの「特徴」

今回紹介する商品は、スマホ/タブレットのおしゃれなアクセサリーを取扱うMOFTの『Snapフロートフォリオ』

おおまかな特徴は、次の通りです。

MOFT:Snapフロートフォリオの特徴
  • 折りたたみ式のiPadカバー&スタンド
    • マグネットが内蔵しiPadとピタッと引っ付く!
    • 2段階の角度調整(70度/20度)
    • 高さを切替できる2種類のフローティングモードに対応
  • 傷が付きにくいヴィーガンレザーを採用
  • 対応サイズ:iPad Pro(11/12.9インチ)、iPad Air(10.9インチ)、iPad mini
  • カラバリ:3色
  • 価格:9,880円(iPad Pro12.9インチ)
    • 8,480円(iPad Pro/Air11インチ)
    • 5,680円(iPad mini)

MOFTのSnapフロートフォリオは、iPad Pro(11/12.9インチ)・iPad Air(10.9インチ)・iPad miniで使えるiPadカバー&スタンド。マグネットが内蔵しているので、裸のiPadとピタッと引っ付きます。

MOFT:Snapフロートフォリオ
MOFT:Snapフロートフォリオ

Snapフロートフォリオ最大の特徴は、カバー中央にスリットがあり、折り紙のよう折り畳みできること。こんな感じで、iPadを宙に浮かせたフローティングモードに切替できます

フローティングモードに対応
フローティングモードに対応

これ・・めちゃくちゃ斬新なアイデアじゃないですか?これだけじゃなく複数のスリットがあるので、2つの角度(70度/20度)にも切替可能。

ネットサーフィンに最適な「70度」
ネットサーフィンに最適な「70度」
デッサンにぴったりな「20度」
デッサンにぴったりな「20度」

ただのiPadケースかと見せかけてスタンドにも瞬時に切替できちゃいます。なんだコレ・・斬新すぎて言葉になりません・・!

まさかのケース&スタンド一体型なので、iPadをWeb会議用のモニター(または、Macのサブモニター)として使ったり、フローティングモードにしてiPadをデスクトップ化できます

Web会議やMacのモニターとして使ったり
Web会議やMacのモニターとして使ったり
iPadをデスクトップ化できる
iPadをデスクトップ化できる

同梱品は、次の通りです

同梱品
同梱品(カバー&スタンド本体、簡易取説)

カラバリは、次の3色が販売されています。

ブラックブラウンミスティグレー
ブラックブラウンミスティグレー
カラバリは、3色

本ケースが使えるiPadは、次のモデル(世代)で使えます。

iPad Pro
2022/2021/2020/2018
iPad Air
2022/2020
iPad mini
2021
▶11インチ(第4/3/2/1世代)▶10.9インチ(第5/4世代)▶8.3インチ(第6世代)
▶12.9インチ(第6/5世代)
対応モデル一覧

今回紹介するカラーは、ブラック
iPad Pro(11インチ/第2世代)を使って紹介します

ヴィーガンレザーを採用したシンプルな見た目

Snapフロートフォリオの外観は、MOFTお馴染みの“プレミアムヴィーガンレザー”を採用した質感高めのデザイン。カバー全面に落ち着きのあるブラックが彩色されているので、見た目もシンプルでスタイリッシュです・・!

カバー中央には、スタンドに切替できる複数のスリット入り
カバー中央には、スタンドに切替できる複数のスリット入り

ヴィーガンレザーは合成皮革の一種ですが、MOFT製は見劣りすることなく質感も良い仕上がり。合皮とはいえ、このオシャレな感じの質感がたまらない感じ・・!

ケース表面
ケース表面
Yuma

素材は、Snapスタンドと同じ感じ。手にも良く馴染みグリップも良好です!

こちらは、裏返してiPadを装着する部分。実はこの面・・一部にマグネットが内蔵し、裸のiPadがそのまま引っ付きます。※カメラをカバーする側には磁力が非搭載

一部にマグネットが内蔵
一部にマグネットが内蔵し、iPadが落下しない作りとなってます

少しぷにぷにした触り心地なので、iPadの表裏面をしっかりと保護してくれる。マグネットの強度も中々強いので、安全面もばっちり対策されてます。

サイズや重さについて

iPadを装着した時のサイズは、縦24.9cm×横18.0cm×厚み0.9cm。iPadがはみ出ること無くしっかりとカバー&スタンドに収まってます。※11インチの場合

表面(iPad装着時)
表面(iPad装着時)
裏面(iPad装着時)
裏面(iPad装着時)

iPad Pro(12.9インチ):縦28.2cm×横21.6cm×厚み1.0cm
iPad mini(8.3インチ):縦19.7cm×横13.6cm×厚み0.9cm

カメラユニットも飛び出ることなく、しっかりとカバーに収まった設計。

もちろん、カバーを付けたまま写真を撮れます
もちろん、カバーを付けたまま写真を撮れます

また、一方の側面は全面保護してくれますが、(Apple Pencil側)の側面は露出した作りになってます。

右サイド
右サイド
左サイド
左サイド

もちろんカバー&スタンドを付けたまま、Apple Pencilを収納/充電することができます。

ケースを付けたままApple Pencilの収納/充電ができる
ケースを付けたままPencilが引っ付く

重量は、マグネットが内蔵しているせいか“356g”と少し重量感があります※公式では「317g」

※実測値
※実測値

まあ・・iPad自体に重みがあるのと(11インチで約468g)、カバー表面は手に馴染みやすい素材が使われているので、iPad&カバーを一緒に持ってもそこまで重いな・・とは感じないレベルでした。

iPad Pro(12.9インチ):426g
iPad mini(8.3インチ):184g

折りたたみ式で設置モードが豊富!

Snapフロートフォリオ最大の特徴・・スリット入りの”折りたたみ式”で、フローティングモードやランドスケープモードに対応してます。

フローティングモードに切替
スリットを折りたためば、フローティングモードにサッと切替できる

折り畳んだ時の固定力も(マグネットで引っ付くので)かなり高め。iPadを宙に浮かせられるので、iPadでデスク作業する時にちょうど良い高さです・・!

フローティングモード
フローティングモード
デスクからの高さは、約7.8cm
デスクからの高さは、約7.8cm

また、「もう1段階高さを下げたいな・・」という時に、もう1種類のフローティングモードにも切替できます。

フローティングモードに切替
(外側に)曲げて・・曲げて・・iPadを曲げると・・

カバーに内蔵したマグネットがしっかり引っ付いているので、こちらも安定性が高く倒れる心配がありません。

iPadに磁力でピタッと引っ付いてます
iPadに磁力でピタッと引っ付いてます
デスクからの高さは、約4.0cm
デスクからの高さは、約4.0cm
Yuma

様々なシーン・用途で、自分が見やすい目線で高さを調整できます!

さらにさらに、カバーを内側に折りたたむことで、2つの角度のランドスケープモードにも切替できちゃいます

ランドスケープモードに切替
ランドスケープモードにも設置できる

角度は、ネートサーフィンに最適な「70度」と、デッサンに最適な「20度」の2種類。

70度
70度
20度
20度

いずれも縦置きには非対応で横向き前提として使う必要がありますが、計4種類の設置モード・・豊富すぎませんか?こんなスタンド見たことありません・・。

どの設置モードでもマグネットがピッタリ引っ付いてくれるので、iPadがズレ落ちること無く安定性も高い。どのiPadユーザーでもいろんなシーンで使える・・よく考えられていますよね。作り手のこだわりを強く感じます!

iPad mini 6タイプのみ”20度のフローティングモード”は非対応です

Snapフロートフォリオは、どんな使い方ができるか?

Snapフロートフォリオは、どんな使い方ができるか?

Snapフロートフォリオはこんな時にあれば便利だな・・と思うシーンをいくつか紹介しておきます。

Snapフロートフォリオはこんな時に使う!
  • Macのサブモニター/Web会議モニターとして使う(フローティングモード)
  • キーボード・マウスと合わせて、iPadをデスクトップ化して使う(フローティングモード)
  • デスク上で、ネットサーフィン/動画/映画用として使う(フローティング/70度)
  • デザイン/動画編集などクリエイティブな作業で使う(フローティング/20度)
  • iPadの保護ケースとして使う

Snapフロートフォリオは、フローティングモード×2、ランドスケープモード×2と豊富な設置モードがあります。

いずれも自分に合う目線で高さを調整できるので、長時間の使用でも疲れを軽減できることが魅了的です。

自分好みの目線で作業できる
自分好みの目線で作業できる

さらにスタンド機能に加えて、「カバー(ケース)」としてiPadを保護できる。つまり・・コレ一つでオールOK。仕事用・学習用・プライベート用など、様々な目的・シーンで使えます。

iPadの保護ケースとしても兼用できる
iPadの保護ケースとしても兼用できる

外で作業する時もiPadスタンドを別で持っていく必要がないので、荷物を最小限におさえてiPad作業ができちゃいます。

Yuma

コレ一つでケース+スタンド機能をカバーできるので、ケースを買ってスタンドも買って・・と余計なお金を出さなくていいのも助かります!

Snapケースと組み合わせると、iPadを全面保護できる!

このSnapフロートフォリオは、iPadを全面保護するカバー(ケース)ではありません。内蔵マグネットも強力ですが、フロントカバーだけを持ち上げると、iPadが落下する恐れがあるとのこと。

※推奨されていない持ち方です
※推奨されていない持ち方です

「誤って落としちゃうのが心配・・」な人には、同じくMOFT製のSnapケースがあるとiPadを全面保護できます。

MOFT:iPad専用Snapケース
MOFT:iPad専用Snapケース

こちらもマグネットが内蔵されたiPadケースなので、Snapフロートフォリオにもピタッと磁力で引っ付きます!これで万が一の時も安心です。

Snapケース×Snapフロートフォリオ
Snapケース×Snapフロートフォリオ
Yuma

Apple Pencil収納ホルダーが付いているので、Pencilを多用する方におすすめです!

なお、iPad miniで使う場合はケース無しで使うことを推奨されているので要注意です。

iPad miniにてご使用頂く場合は、対応するMOFT Snapケースの厚みによりフォリオとの適合性に若干の支障をきたしますので、ケース無しでのご使用をお勧めいたします。

MOFT:Snapフロートフォリオ

iPad専用「Snapケース」は以下記事でレビューしています。気になる方は合わせてご覧ください

【MOFT公式ストア限定】BLACK FRIDAYキャンペーンを実施中!最大40%OFF!

MOFT公式ストア限定ブラックフライデーキャンペーン

11月後半はブラックフライデー!ということで、MOFT公式ストア限定でBLACK FRIDAYキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間:2022年11月21日〜12月2日※MOFT公式ストア

購入金額によって、最大4,000円(または、最大40%OFF)割引されるとんでもないセール・・!

iPadケース・スタンド・バッテリーなども対象商品
iPadケース・スタンド・バッテリーなども対象商品
Yuma

年に一度だけ!破格の値段で買えちゃうお得なセールなので、この機会をお見逃しなく・・!

\MOFTストア!最大40%OFFキャンペーン/

また、Amazonでも同じくBLACK FRIDAYキャンペーンが実施中です。

MOFT×Amazonブラックフライデーキャンペーン

キャンペーン期間:2022年11月25日〜12月1日※Amazonストア

こちらも最大25%OFFと大幅割引!Amazonポイントも貯まるので、気になるアイテムがあればぜひチェックしてみてください。

\Amazonストア!最大25%OFFキャンペーン/

まとめ:MOFT Snapフロートフォリオ レビュー

ということで、MOFT Snapフロートフォリオをレビューをしました。メリット・デメリットは次の通りです。

MOFT:Snapフロートフォリオ
総合評価
( 5 )
メリット
  • 折りたたみ式でケース&スタンドとして使える!
  • スリット入りでスタンドへの切替が楽ちん!
  • 強力なマグネット内蔵で、裸のiPadにそのまま引っ付く(ケースを買う必要なし)
  • 豊富な設置モード(フローティング×2、ランドスケープ×2)
  • 傷が付きにくいヴィーガンレザーを採用
デメリット
  • 縦置きには非対応
  • 317gと少し重量感がある
  • 価格が少し高め

いやもう・・iPadケースとスタンドを一体型にしてしまった驚きのケース&スタンドでした。斬新すぎますよこのアイデア・・。

iPadを買うと「ケースは必須!おまけにスタンドも欲しい!」なんてことが起こりますが、コレ一つでオールOKですもんね。とんでもないアイテムが登場しちゃいました。

MOFT:Snapフロートフォリオ

使っていて大きく気になった点はなかったのですが、強いて言うなら少し勇気が必要な価格かなと。

iPadスタンドはいろんな製品が出てますが、ケース&スタンド型は数少なく、フローティングモードに対応したケース&スタンドは業界初なのでは?といえるほど希少。※僕は見たことありませんでした!

MOFT:Snapフロートフォリオ

しかもマグネット付きで、そのまま裸のiPadを装着可能。さらにスタンド+ケース機能付きと考えれば、非常に満足度も高く妥当な価格でしょう。

iPadを初めて買った人から〜iPadの活用シーンを拡げたい人まで幅広く使える・・万人受けするiPadカバー&スタンドでした・・!

ということで本記事は以上です!気になっていた方の参考になれば幸いです。

MOFT:Snapフロートフォリオの評価
外観デザイン/質感
90点
機能性/使いやすさ
98点
価格
85点
総合評価
91点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

nine + twelve =

Contents