【MOFT】iPad用「Snap Float」スタンドをレビュー|前モデルより薄くコンパクトになったタブレットスタンド

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

iPadユーザーにあると便利なアイテムが「iPadスタンド」。

様々なスタンドがありますが、角度調整・折りたたみ性能などに制限があるケースが多く、ピンとくるスタンドが見つからない人も多いはず。

なによりも、見た目が「The.アルミ合金で作られたスタンドです」と言わんばかりのゴツいスタンドが多いです。

そんな中、タブレットスタンドの大人気商品”MOFT Float“の後継版「Snap Floatスタンド」が登場しました。

MOFT:Snap Floatスタンド

Snap Floatスタンドは、今までの”iPadケース+スタンド一体型”ではなく、スタンド単体(別売のSnapケースと相性抜群)。

折り畳みできるコンパクトさ+角度調整が自由+マグネット内蔵式と、iPadの使い勝手が向上するスタンドです。

  • 小さくて折りたたみもできて、持ち運びできるiPadスタンドが欲しい!
  • マグネットと引っ付くスタンドが欲しい!
  • 外出先で、iPad活用の幅を拡げたい!

本記事では、上記の悩みを全て解決してくれる「MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”」をレビューしていきます。

本記事は、MOFT様から商品を提供いただき作成しています

本記事の内容(まとめ)
  • MOFT:iPad専用スタンド「Snap Float」をレビュー
  • MOFT:Snap Floatの「メリット、デメリット」を紹介
  • 「他社おすすめiPadスタンド」を比較紹介
Contents

【MOFT】iPad用「Snap Float」スタンドをレビュー|前モデルより薄くコンパクトになったタブレットスタンド

MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”の「特徴」

今回紹介する商品は、安心・信頼性のあるブランド”MOFT”から新発売された『iPad専用スタンド”Snap Float”』

MOFT:iPad専用スタンド「Snap Float」の特徴は、次の通りです。

MOFT:Snap Floatの特徴
  • マグネット内蔵のタブレット用スタンド
    • 360°回転設計で、フローティングモード/縦/横置きが可能
    • マグネットシール付きで、どのタブレットにも貼り付けできる
    • 7.9〜12.9インチのiPadに対応
  • ダブルヒンジ構造で、自由に角度調整できる
    • タブレットは、最大8cm浮かせられる
  • 軽量+コンパクト設計で、持ち運びしやすい
  • カラバリは、1色(ブラック)
  • 価格は、6,380円
    • Snapケース付き:13,860円(11インチ)
    • Snapケース付き:14,360円(12.9インチ)

MOFTの「Snap Float」は、マグネット内蔵タイプのタブレット専用スタンドです。

MOFT:Snap Floatスタンド
同梱品(Snap Floatスタンド、マグネットシール)

最大の特徴は、スタンド内部に“マグネット”が内蔵されているので、(マグネットが内蔵した)Snapケースと合わせて使えば、iPadとカチッと磁力で引っ付きます。

ダブルヒンジ構造
ダブルヒンジ構造で、自分が見やすい視線に自由に角度を変えられます

また、従来のスタンドケース(MOFT Float)とは異なり、スタンドのみのタイプ

軽量+コンパクトな設計で、持ち運び性能が格段に上がりました。

手のひらサイズ
リュック・カバンにもサッと収納できる”手のひらサイズ”

サイズは、「1種類」ですが、7.9インチ〜12.9インチのiPad(タブレット)に対応しています。

MOFT公式サイトでは、iPad専用「Snapケース」とセット品でも販売されています。

  • Snap Floatスタンド単体:6,380円
  • Snap Floatスタンド+Snapケース付き
    • 11inchケース:13,860円
    • 12.9inchケース:14,360円

本記事で紹介するSnapケースは、11インチ
使っているiPadは、iPad Pro(11インチ/第2世代)です

マットブラック仕上げで高級感漂う「デザイン」

MOFT:Snap Floatスタンドの外観は、TPU(熱可塑性ポリウレタン)・グラスファイバー・PC(ポリカーボネート)素材を組み合わせたマットで落ち着いたデザイン。

マットブラック仕上げで高級感漂う「デザイン」
スタンド底部(デスク側)中央には、MOFTロゴと滑り止め×4が搭載

下部に薄っすらと刻印されている”OPEN”を開くことで、iPad(タブレット)のスタンドとして使えます。

MOFT:Snap Floatスタンド

スタンドの表面(iPad背面に装着側)は、強力な”マグネット”を搭載。

マグネット内蔵の「iPad用Snapケース」や付属の「マグネット内蔵シール」を使えば、iPad/タブレットを固定してスタンドとして立て掛けできます。

マグネットシール・Snapケース・Snap Floatのスタンド
マグネットシール・Snapケース・Snap Floatスタンド

スタンド表面は、マイクロファイバー調でふかふかした触り心地。iPadを裸で装着しても傷が付きません

“スタンド底部の裏側”や”スタンド表面の裏側”も同じくマイクロファイバー調。スタンド全体がマットブラック仕上げで、高級感漂う見た目です。

スタンド底部の裏面
スタンド底部の裏側
スタンド表面の裏側
スタンド表面の裏側

「ダブルヒンジ構造」で、角度調整が自由自在

Snap Floatスタンドは、角度調整が自由な”ダブルヒンジ構造”で、自分の目線に合う高さで、iPadを固定できます

ダブルヒンジ構造
2つのヒンジを搭載

2段階で開くヒンジを折り曲げると、iPad/タブレットを「最大8cm」浮かせられます。

最大8cm浮かせられる
自分の目線に合う高さを調節できるので、デスクワークに最適

ヒンジ部は、iPadをしっかりと支えてくれる“アルミニウム合金”を採用し、曲げる強度も固め。とは言え、小サイズなので、片手でも簡単に折畳んで収納できます。

片手で折りたたみも楽ちん
片手で折りたたみも楽ちん

なお、ヒンジの角度は、0〜130°まで開きます

ヒンジ130°時
ヒンジ130°時

「3種類」の設置モード

スタンド表面の内部には、マグネットが搭載しているので、iPad/タブレットを360°回転・固定できます。

次の3種類の設置モードで使えます

フローティングモード

iPad+キーボード操作に最適。

サブモニター・Web会議・映画鑑賞でも、自分の目線に合わせて角度調整できます。

フローティングモード
フローティングモード

横置きモード

液タブ・デザインに最適。サブモニター・デスクワークにも使えます。

安定性も高いです◎。

横置きモード
横置きモード

縦置きモード

読書・ネットサーフィンに最適。サブモニターとしても◎。

安定性が高いので、縦置きしたままタップ・スワイプ操作もしやすいです。

縦置きモード
縦置きモード

基本的には、どのモードでも高さ・角度調整ができますが、(ケース全面にマグネットが搭載した)Snapケースを使えば、更に微調整できます。

Snap FloatスタンドとSnapケース
ケース内部に、マグネットが搭載したSnapケース

自分の目線・視線に合う角度調整がしやすくなります

前モデルよりもコンパクトになった「サイズ」

今までのスタンドケース(MOFT Float)は、ケース+スタンドが一体型。スタンドが取り外せれば…と思った方も多いはず。

対して、今回の新型「Snap Floatスタンド」は、ケースが別売のスタンド単体

サイズは、横160mm×縦115mm×厚み9mmと超コンパクトサイズ。重量も”236g”と気にならない重さです。

11インチiPad ProとSnap Floatスタンド
11インチiPad Proとしても比べても、この小ささ

マグネット式なので、使わない時は簡単に取り外せます

Yuma

軽量+コンパクト設計で、持ち運び性能がかなり高くなりました

どのタブレットでも使える「マグネットステッカー」が付属

Snap Floatスタンドには、iPad以外のタブレットにも貼り付けできる“マグネットステッカー”が付属します。

マグネット面
マグネット面

マグネットが内蔵したiPadケース(Snapケース)を一緒に使えば、ステッカーは不要です

iPad/タブレットを裸で使いたい方お気に入りのケースにマグネット非搭載の方は、ステッカー貼り付けで、マグネット対応ケースに変えられます。

シール面
シール面

ただし、付属の”マグネットステッカー”は、何度でも貼って剥がせるタイプではありません

「Snapエコシステム」と連携すると、iPadがより快適になる!

今回紹介している新型Snap Floatは、マグネットを介してアクセサリー同士を繋ぐ、MOFT独自の仕組み「Snapエコシステム」に対応しています。

引用元:Snapシステム|MOFT

iPadケースに”マグネット”が内蔵された、新型「Snapケース」を使うことで…超薄型+軽量で持ち運びしやすい「Snap-Onスタンド」や、本記事の「Snap Floatスタンド」と楽々に着脱できるので、iPadの使い勝手が格段に上がります。

「iPad専用Snapケース」が気になる方は、レビュー記事も合わせてご覧ください

MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”の「メリット、デメリット」

MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 折り畳みできる超コンパクトサイズ
  • マグネット内蔵で、瞬時に着脱できる
  • 多様な使い方ができる「フローティング/縦/横置き」3つの設置モード
デメリット
  • フローティングモードで、タッチ・スワイプ操作するとグラつく
  • 価格が高め

MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”の「メリット」

個人的に、Snap Floatスタンド一番のメリットは、超コンパクトなサイズ。小さく折り畳めるので、持ち運びにはピッタリのスタンドです。

Snap FloatスタンドとiPhone 12 Pro
iPhone 12 Proより一回り大きいサイズ

高機能で、ノートPCよりも小さくて軽い「iPad」。iPadが活躍するシーンは様々ですが、特に、外出時の作業で本領を発揮しますよね。

キーボードを使った打ち合わせ中の議事録、Apple Pencilを使ったデザイン制作、外出先でのWeb会議など…

Yuma

しかし外出時では、極力荷物を少なくしたいですよね…

折りたたみ式スタンドは多々販売されてますが、マグネット式は少ないです。なによりも「The.アルミ合金」で作りましたという厳ついケースが多い…。

対して、Snap Floatスタンドは、ポーチにも収まるコンパクトサイズで、見た目の質感も高くて上品です。

MOFT:Snap Floatスタンド

スタンドは小ささが正義ですよ。リュック・カバンは勿論、ガジェットポーチにも収まります。必要な時にサッと取り出せるので、使い勝手がかなり良いです。

ガジェットポーチにも入るコンパクトさ
ガジェットポーチにも入るコンパクトさ
Yuma

マグネット内蔵より、瞬時にサッと取付けできる手軽さも良いです!

デスクワーク時のサブモニターとして使うも良し、外出先でのタブレット作業に使うも良しと、iPadの使い道をさらに拡げてくれるスタンドだと感じました。

MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”の「デメリット」

対して、Snap Floatスタンドの気になる点は、フローティングモード中に、画面のタッチ・スワイプ操作をするとグラついてしまうこと。

こんな感じで、少し触っただけもグラつきます…

とは言え、フローティングモードは、サブモニター・Web会議・映画鑑賞などで使う人が大半ですよね。

iPadで画面操作するには、わざわざフローティングモードにしなくても、縦/横置きの方が安定感があります。

縦置き
縦置き
横置き
横置き

フローティングモードでも、(Pencilを使ったプレゼンなど)画面操作するシーンもあると思うので、そのようなシーンには不向きかなと感じました。

Yuma

フローティングモードは、モニター・ビデオ会議などで使うことがおすすめです

他社おすすめiPadスタンドを比較紹介

本記事では、MOFT:iPadスタンドを紹介しましたが、iPadスタンドは種類が多く迷いますよね…。そこで、おすすめのiPadスタンド紹介します!

スクロールできます
商品名MOFT XMOFT Snap-OnMOFT Snap FloatSatechi デスクトップスタンドSatechi R1Satechi 6-in-1スタンド&HUBLomicall スタンドサンワサプライ 多機能スタンド&ハブApple Magic Keyboard山崎実業 スタンドLomicall アームスタンドJacess アームスタンドKlearlook 床置きスタンドLomicall 床置き三脚スタンド
外観MOFT XMOFT Snap-onMOFTSatechi デスクトップスタンドSatechi R1SatechiLomicallサンワサプライApple:Magic Keyboard山崎実業LomicallJacessKlearlookLomicall
特徴低価格で購入できるマルチスタンド極薄でマグネット貼り付けタイプのスタンドマグネット内蔵の360°回転設計スタンドダブルヒンジ構造で高級感漂うスタンドスマホスタンドとしても使える多機能スタンド6つの拡張スロット搭載のオールインワンモデル低価格で購入できるスマホ/タブレットスタンド拡張スロット搭載多機能ハブ&スタンドキーボード+トラックパッド一体型温もりを感じる天然木スタンド角度調整が自由なアーム型頑丈なアルミで安定性が高い安定性抜群の自立タイプ持ち運びに最適な三脚タイプ
種類卓上型卓上型卓上型卓上型卓上型卓上型卓上型卓上型卓上型卓上型アーム型アーム型自立型自立型
HUB機能
iPadの充電電源アダプタ必要電源アダプタ必要
持ち運び性
素材PUレザー
グラスファイバー
ヴィーガンレザーグラスファイバーアルミニウム
PC
アルミニウムアルミニウムアルミニウムアルミニウムアルミニウムポリウレタン記載なしアルミニウムゴム
高強度金属
ABS
樹脂
ゴム
滑り止め
折りたたみ
iPadの固定粘着シートマグネットマグネットケーブルマグネット挟み込み挟み込み挟み込み挟み込み
角度調整3段階3段階自由自由自由自由自由自由自由自由自由自由
カラバリ5色5色1色1色4色1色4色2色2色2色1色1色2色1色
重量86g/87g/137g184g236g596g340g390g323g176g約600g/11
約700g/12.9
140g650g970g2,820g750g
対応サイズ
(インチ)
9.7〜12.99.7〜12.97〜12.94〜134〜13USB-C搭載iPad4〜13USB-C搭載iPad11/12.9記載なし4.7〜114.5〜12.94.5〜12.94.7〜12.9
価格3,480円4,480円6,380円5,199円4,799円11,299円約2,200円約9,000円43,680円/11
51,980円/12.9
1,980円約2,300円約2,800円約5,000円約4,000円
比較表:iPadスタンドおすすめ

まとめ記事も書いてます!よろしければ合わせてご覧ください

まとめ:【MOFT】iPad用「Snap Float」スタンドをレビュー|前モデルより薄くコンパクトになったタブレットスタンド

以上、MOFT:iPad用Snap Floatスタンドのレビュー記事でした。

最後に、MOFT:Snap Floatがおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • コンパクトに折り畳めるiPadスタンドが欲しい人
  • マグネット内蔵ケース(Snapケースなど)を使っている人
  • 外出先で、iPad/タブレット作業が多い人
  • フローティングモードで画面操作するシーンが多い人
  • 安いiPadスタンドが欲しい人

価格は高めであることが気になりますが、外出先でiPad作業が多い人はもちろん、全iPadユーザーにおすすめできるスタンドです。

Yuma

大人気アイテムを生み出し続ける”MOFT”ブランドだからこそ、安心・信頼して使えますね!

気になった方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか!それでは、本記事は以上です。

MOFT:iPad専用スタンド”Snap Float”の評価
外観デザイン/質感
88点
使いやすさ/装着感
93点
価格
82点
総合評価
88点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
MOFT:Snap Floatスタンド
  • マグネット内臓のiPad/タブレット専用スタンド
  • フローティング/縦/横置きができる
  • ダブルヒンジ構造で、自由な角度調整ができる
  • コンパクト設計で、持ち運びに最適◎
  • 価格は、6,380円で購入できる
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two + 13 =

Contents