Apple Watchに「AppleCare+」は必要?保証内容や料金を紹介

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

Apple Watch購入時に悩みの種となる一つが、Appleの保証サービス「AppleCare+」に加入するかどうか

通常Apple Watchを購入すると、1年間のハードウェア保証と90日間の無償テクニカルサポートが付いてきますが…。

「AppleCare+」に加入すると、さらに保証とサポートを”+1年間”延長することが可能です。

Yuma

長く大切に使いたいApple Watchだからこそ、AppleCare+に加入すべきか迷いますよね

そこで、本記事では、Apple Watchに「AppleCare+」は必要なのか?保証内容や料金など紹介していきます。

先に結論を言うと、個人的には”不要”ですが、Apple Watchを最低2年以上使う場合は、検討価値ありです。

  • AppleCare+は必要?保証内容・料金を知りたい!
  • AppleCare+に加入する方法を知りたい!
  • AppleCare+以外の保険サービスは?

このような悩みがある方へ向けた記事ですので、ぜひ最後までご覧いただけると幸いです。

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchの「AppleCare+」を解説
    • 保証内容、加入料金、加入方法
  • AppleCare+以外の「保険サービス」を紹介
  • AppleCare+が「必要な人」を紹介
Contents

Apple Watch:AppleCare+の保証内容【できること】

Apple Watchの保険サービス「AppleCare+」の保証内容・できることを解説していきます。

主な保証内容は、次の5つです。

AppleCare+の保証内容【できること】

1.過失や事故による損傷に対する修理

引用元:Apple Watchの修理サービス料金

AppleCare+に加入すると、Apple Watchが万が一故障しても、修理料金が安くなります。

Apple Watchの修理サービス料金【AppleCare+加入時】
  • Apple Watch/Nike:9,200円/回
  • Apple Watch Hermès/Edition/Ultra:10,700円/回

ただし、1年間に”2回まで”利用可能

【参考】AppleCare+未加入時の修理サービス料金について

なお、AppleCare+に加入せずに修理する場合(保証対象外修理サービス)は、次のように、新品に近い金額を出す必要があります。

Apple Watchの修理サービス料金(例)
  • Series 8(GPS/アルミ):45,800円
  • Series 8(GPS+Cellular/ステンレス):61,800円
  • SE(GPS/アルミ):31,400円
  • SE(GPS+Cellular/アルミ):35,800円

モデル・GPS/GPS+Cellularによって、金額が異なります。
詳細は、Apple Watchの修理サービス料金をご確認ください。

上記のように、AppleCare+に加入していれば、自分の過失・事故が原因で損傷しても約1万前後で、1年に2回まで修理を受付してもらえます。

2.バッテリーの無償交換

引用元:Apple Watchの修理サービス料金

AppleCare+に加入すると、Apple Watchのバッテリー最大容量が”80%”未満に低下した場合は、無償でバッテリーを交換することが可能です。

Apple Watchのバッテリー交換費用
  • Apple製品限定保証または、AppleCare+の保証対象:0円
  • 保証対象外:12,200円

全モデル共通価格(参考:Apple Watchの修理サービス料金
※Apple Watch Ultraは、14,900円

ここで言う「最大容量が”80%”未満」とは、充電回数で置き換えると「1,000回」と言われています。

Apple Watchのバッテリーは、フル充電サイクルを1,000回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持できるように設計されています。

Batteries|Apple Watch

正確には、「バッテリー容量の100%を使い切ると、1回の充電サイクルが完了する」という意味です。つまり、(普通に使えば)毎日100%完全に使い切ることはないので、計算上は「3年以上」使えることになります。

バッテリーの寿命の詳細は、以下記事で解説していますので、詳細が気になる人はぜひご覧ください

脱線しましたが、話をまとめると…次の通りです。

AppleCare+の保証期間中に、(計算上は3年以上使えるが)万が一、バッテリー最大容量が80%を下回った時は、無償でバッテリーを交換してくれるということです。

ちなみに、修理サービスの対象は、Apple Watch本体・バッテリーだけではなく、付属アクセサリ(ケーブル類)も交換対象です

3.保証期間の延長

引用元:AppleCare:Apple Watch

通常Apple Watchを購入すると、(AppleCare+に加入しなくても)以下のサービスが付いてきます。

  • 1年間のハードウェア製品限定保証
  • 90日間の無償テクニカルサポート(ハードウェアとソフトウェア)

Apple Watch/Nikeの場合(Edition/Hermèsは、2年間のハードウェア保証+無償テクニカルサポート)

AppleCare+に加入することで、上記の保証・サポートを「+1年間」延長することができます。

スクロールできます
保証内容Apple Watch/Nike/UltraEdition/Hermès
ハードウェア製品保証/
無償テクニカルサポート
計2年間(1年間+1年間計3年間(2年間+1年間
AppleCare+加入時の保証期間

また、AppleCare+の保証期間は「計2年間(3年間)」ですが、AppleCare+の保証をさらに延長することも可能です。

2年(または、3年)経過しても、AppleCare+を解約するまで月/年単位で保証を継続することができます。

従来の保証期間は、”2年間”でしたが、無期限に変更されています

金額の詳細は、次項「AppleCare+の加入料金」で解説しています

4.エクスプレス交換サービスの利用

引用元:Apple Watchエクスプレス交換サービス
エクスプレス交換サービスとは…?

万が一、Apple Watchが故障して使えなくなった場合にApple Watchの交換機を即座に郵送してもらえるサービスのこと。

通常は、郵送or店舗持ち込みで修理依頼をしますので、Apple Watchが使えない時間が”最大5〜7営業日”かかり、その間は、正常にApple Watchを使うことができません。

しかし、エクスプレス交換サービスを使えば、“修理依頼”と”交換機の受取”を同時に行うことで、Apple Watchが使えない時間を短縮することが可能(2〜5営業日)です。

エクスプレス交換サービスの利用は”無料”だが…

なお、サービス料金は、基本的には「無料」ですが、過失や事故による損傷がある場合は、修理サービス料金と同様の費用が発生します。

Apple Watchの修理サービス料金【AppleCare+加入時】
  • Apple Watch/Nike:9,200円
  • Apple Watch Hermès/Edition/Ultra:10,700円

参考サイト:Apple Watchエクスプレス交換サービス

5.Apple認定技術者によるサービスとサポート

引用元:AppleCare製品(Apple Watch)

AppleCare+に加入すると、Apple認定技術者によるサービスとサポートを受けることが可能です。

主なサポート内容は、以下の3つです。

  • watchOSの基本操作
  • iPhoneへの接続サポート
  • Apple Watchアプリに関する問合せ

Apple Watchの操作方法(主にソフトウェア)に関する質問を優先的にアクセスし、解決してくれるサービスです。

ネットで調べても解決しなかった場合や、初めてApple Watchを使う人におすすめのサービスです

Apple Watch:AppleCare+の「加入料金」

Apple Watch:AppleCare+の「加入料金」

Apple Watchの”AppleCare+”の加入料金は、次の通りです。

Apple Watch:AppleCare+の加入料金(例)
  • Apple Watch Ultra:12,800円(650円/月)
  • Series 8:10,800円(550円/月)
  • SE:6,600円(300円/月)
  • Series 8(Hermès):19,400円(650円/月)

保証期間:2年間(Hermèsは、3年間)【詳細】

上記でも解説した通り)従来の保証期間は、2年(または、3年)でしたが、無期限に変更されていますので、AppleCare+を解約するまで年/月単位で保証を継続できます。

Yuma

新しいApple Watchに乗り換えするまで保証が続きます!

ただし、“月払いプラン”の場合は、解約しない限り毎月自動更新されるので、解約し忘れがないよう注意が必要です

料金の詳細は、以下で解説していますので、気になる方はぜひご覧ください

Apple Watch:AppleCare+の「加入方法」

引用元:AppleCare製品(Apple Watch)

Apple Watchの”AppleCare+”へ「加入する方法」を紹介します。加入方法は、次の2通りあります。

1.Apple Watch購入時と「一緒に」加入する

AppleCare+の加入方法1つ目は、Apple Watch購入時と「一緒に」加入することが可能です。

Apple Watch:AppleCare+の加入方法1

ここでは、「Apple Storeで購入する」場合で、AppleCare+の加入方法を紹介します

2.Apple Watch購入後に「後から」加入する

AppleCare+加入方法2つ目は、「後から(30日以内)」加入することも可能です。

加入方法は、次の4つです。

Apple Watch:AppleCare+の加入方法2
  1. ペアリングしたiPhone上で購入する
  2. オンラインで購入する(シリアル番号の確認とリモート診断が必要)
  3. Apple Storeで購入する(点検と購入証明書の提示が必要)
  4. 電話(0120-277-535)で購入する(リモート診断と購入証明書の提出が必要)

(Apple Watch購入後で)使用感を確認した後でも加入できますよ

【参考】AppleCare+に加入しているか「確認」する方法

AppleCare+の加入状況を確認する方法は、「Apple公式サイト:保証状況とサービス期間を確認する」や「Apple Storeアプリ」から確認することが可能です。

Yuma

上記で、手持ちのAppleデバイスの保証状況を確認できますので、気になる方はチェックしてみてくださいね

AppleCare+以外の「保険サービス」を紹介

AppleCare+以外の「保険サービス」を紹介

AppleCare+は、Apple公式の保険サービスで安心感がありますが、気になるのは“価格”ですよね。

Yuma

Apple Watchだけで、上記の保険料を出すのはちょっと…

…と躊躇する方も多いですよね。Apple Watchが故障した時を考えると、”修理”か”新モデルの購入”の2択になりますが、Apple Watchの修理費用(2〜6万)は非常に高いですよね…。

一応、AppleCare+以外でも、Apple Watchの保険サービスがあります。

おすすめを以下に2つ紹介しますので、気になる方は合わせてご覧ください。

Apple Watch:保険サービス

▲タップで、各目次までジャンプします

Apple Watchのおすすめ保険1:モバイル保険

Apple Watchのおすすめ保険1:モバイル保険
引用元:モバイル保険

Apple Watchのおすすめ保険サービス1つ目は、さくら少額短期保険株式会社が提供している「モバイル保険」。

モバイル保険の特徴
  • 月額700円で、「最大3台」までのデバイスを保証してくれる
  • 安心の修理保証(破損、水没、盗難、故障もOK)
  • 年間で最大10万円まで保証してくれる
  • 機種/キャリア変更時でも保証を継続可能(登録を切り替えるだけ)
  • 購入後、1年未満であれば加入できる
  • 保証回数の上限無し(無制限)
  • 中古デバイスも(基準を満たせば)対象

月700円で最大3台までのデバイスを保証してくれるので、Apple Watchだけではなく、手持ちのiPhone・iPadの保険を検討している方におすすめです。

AppleCare+の比較は、次の通りです

スクロールできます
内訳AppleCare+モバイル保険
加入料金6,600円/2年(300円/月)
10,800円/2年(550円/月)
12,800円/2年(550円/月)
19,400円/3年(650円/月)
700円/月
修理金額9,200〜10,700円0円(最大10万円)
保証期間2/3年〜永続保証永続保証
保証回数制限あり
(1年に2回まで)
無制限
端末数1台3台
加入期間購入後、30日以内購入後、1年未満
バッテリー交換条件あり
エクスプレス交換サービス条件あり
Appleの優先サポート
AppleCare+とモバイル保険の違い

モバイル保険の最大の特徴は、(バッテリー交換は非対応ですが)修理金額は0円で、最大10万円まで保証してくれること。

Apple Watchのおすすめ保険1:モバイル保険

どれか一つのデバイスを主端末にすると”最大10万円”まで、副端末は”最大3万円”まで保証してくれますので、Apple Watchを主端末にすれば、実質0円で修理してもらうことが可能です。

また、AppleCare+の保証端末数が”1台”に対して、モバイル保険は”3台”まで保証してくれます。

Apple Watchのおすすめ保険1:モバイル保険

ペアリング必須のiPhoneやAirPods・PC、ゲーム機なども保証対象です

Yuma

サービス内容も手厚く、加入しやすい価格でコスパが高い保険です

バッテリー無償交換やAppleの優先サポート、エクスプレス交換サービスに魅力を感じない人は、AppleCare+よりもモバイル保険がおすすめです。

Apple Watchのおすすめ保険2:スマホの保険証

Apple Watchのおすすめ保険2:スマホの保険証
引用元:スマホの保険証

Apple Watchのおすすめ保険サービス2つ目は、「スマホの保険証」。

スマホの保険証の特徴
  • 月額900円で、「最大5台」までのデバイスを保証してくれる
  • 安心の修理保証(破損、水没、盗難、故障もOK)
  • 年間で最大10万円まで保証してくれる
  • 機種/キャリア変更時でも保証を継続可能(登録を切り替えるだけ)
  • 購入後、いつでも加入できる
  • 保証回数の上限無し(無制限)
  • 中古デバイスも(基準を満たせば)対象

月900円で、最大5台までのデバイスを保証してくれるので、自分のApple Watchだけではなく、家族のiPhoneなどもまとめて保険に加入したい方におすすめです。

AppleCare+の比較は、次の通りです

スクロールできます
内訳AppleCare+スマホの保険証
加入料金6,600円/2年(300円/月)
10,800円/2年(550円/月)
12,800円/2年(550円/月)
19,400円/3年(650円/月)
900円/月
修理金額9,200〜10,700円0円(年間最大10万円)
保証期間2/3年〜永続保証永続保証
保証回数制限あり
(1年に2回まで)
無制限
端末数1台5台
加入期間購入後、30日未満いつでもOK
バッテリー交換条件あり
エクスプレス交換サービス条件あり
Appleの優先サポート
AppleCare+とスマホの保険証(スタンダードプラン)の違い

スマホの保険証の最大の特徴は、(端末5台で月900円まで保証してくれる点もありますが)加入(申込)期間が、”いつでも”申込することができること。

Yuma

後からやっぱり加入したい・・・!と思っても安心です

ただしモバイル保険とは違い、故障時の負担額は”3割”(上限10,000円まで)という条件があります

Apple Watchのおすすめ保険2:スマホの保険証

なお、上記では、月額900円の”スタンダードプラン”を紹介しましたが、月額550円で加入できる”ライトプラン”もあります。

Apple Watchのおすすめ保険2:スマホの保険証

ライトプランは、保証台数が”1台”のみです

スマホの保険証は、AppleCare+の申込期間が過ぎてしまった場合でも、後からいつでも加入できます。

5台まで保証してくれますので、家族のスマホと合わせて保険を検討している方は、検討してみてはいかがでしょうか。

Apple Watchに保険が必要な人は?

Apple Watchに保険が必要な人は?

個人的に、Apple Watchに保険が必要である人をまとめましたので、合わせて紹介しておきます。

Apple Watchに保険が必要な人
  • ジムなどのワークアウト・アクティビティを頻繁にする人
  • 体をよく動かす仕事をしている人(傷がつきやすい環境にいる人)
  • Apple Watch購入後、最低2年は買い換えを予定していない人

上記のように、普段の生活で、Apple Watchに傷が付きやすい場面が頻繁にある人は、保険加入を検討すべき価値があると思っています。

そもそも、Apple Watchで保険を適用する場合は、傷が付いたり画面が割れたり、落下して動かなくなった時など、普段からApple Watchをぶつけやすい場面が多い人ですよね…。

Apple Watchをぶつけやすい場面(例)
  • レザージャケット着用時(袖口のジッパーにぶつける)
  • 子供をチャイルドシートに乗せる時(車・ドアにぶつける)・子供と遊ぶ時
  • 家具などを組み立てる時(付属している金具にぶつける)
  • ジムなどのワークアウト・アクティビティ時(マシンやダンベルにぶつける)
  • デスク下のモノを拾う時(机にぶつける)
  • 壁・ドアなどのふとした時(開閉時にぶつける)
  • Apple Watchバンドの着脱時(落としてぶつける)…

とは言っても、上記のように、Apple Watchをぶつける場面って、日常生活に以外と潜んでいるものです…。

そこで、(個人的に)AppleCare+に加入すべき条件は、上記の保険が必要な人+Apple Watchを最低2年以上使う場合を基準に検討することをおすすめします。

歴代Apple Watchは毎年新モデルが発売されていますが、最近のApple Watchは、+αの機能が追加されたマイナーチェンジと言った傾向があります。

ただし、(フルモデルチェンジまではいきませんが…個人的には)約2年おきに買い換え価値のあるモデルが出ているので、最低2年以上使う場合は、AppleCare+のような保険加入を検討してみるのも十分にありかと思います。

過去モデルの比較・おすすめ記事も書いていますので、よろしければ合わせてご覧ください

最新モデルはこちらで紹介しています

「保護ケース・フィルム」でApple Watch本体を傷から守る

「保護ケース・フィルム」でApple Watch本体を傷から守る

AppleCare+のような保険サービスに加入しなくても、「保護ケースフィルム」を装着することで、Apple Watch本体・画面の傷を事前に防ぐことも可能です。

Yuma

Apple Watchバンド同様に、ケースも着せ替えを楽しめます!

「おすすめケース・フィルム」も紹介していますので、気になる方は参考にしてみてくださいね

「Apple Watchアクセサリーまとめ」記事も書いています。よろしければ、合わせてご覧ください!

まとめ:Apple Watchに「AppleCare+」は必要?保証内容や料金を紹介

以上、Apple WatchのAppleCare+の紹介記事でした。

最後に、記事のポイントをまとめます。

本記事の内容(まとめ)
  • AppleCare+の保証内容(損傷に対する修理、バッテリー無償交換、保証期間の延長、エクスプレス交換サービスの利用、Apple認定技術者によるサポート)
  • AppleCare+の加入料金は、6,600〜19,400円(モデルごとに異なる)
  • AppleCare+の加入方法は、Apple Watch購入時、または30日以内に決める必要がある
  • AppleCare+以外の保険サービスも検討価値あり
  • Apple Watchに保険が必要な人は、「傷がつきやすい場面が多い人+最低2年以上使う場合」は検討価値あり

それでは、本記事は以上です。

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回紹介したサービスは、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

20 + thirteen =

Contents