「AppleCare+」とは?料金・保証内容・加入方法を解説【2022年】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

Appleデバイス購入時に加入できる保険サービス『AppleCare+』

通常、Appleデバイス(iPhone・iPad・Apple Watch・Mac・Apple TV・AirPodsなど)を購入すると、1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償テクニカルサポートが付いてきますが…。

「AppleCare+」に加入すると、ハード保証とサポートを”+1年間”延長することが可能です。

いざという時に備えることで、安心の保証サービスを受けることができますよ

しかし、高額な印象が強いAppleCare+ですので、加入しようか迷っている人は多いはず…。

そこで、本記事では、AppleCare+の保証内容や料金・加入方法を徹底解説していきます。

  • AppleCare+の保証内容・料金を知りたい!
  • AppleCare+って、加入する必要あるの?
  • AppleCare+に加入しようか迷っている…

このような悩みがある方へ向けた記事ですので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

高価で長く使いたいApple製品だからこそ、保証・修理金額が大きく違う“AppleCare+”の加入を検討することは必須です!

本記事の内容(まとめ)
  • AppleCare+を徹底解説
    • 保証内容、加入料金、修理料金、加入方法、よくある質問
  • AppleCare+以外のおすすめの保険サービスを紹介
Contents

「AppleCare+」とは?

『AppleCare+』とは、購入したAppleデバイスの「ハードウェア製品限定保証」と「テクニカルサポート」を1年間延長し、計2年間受けられるサービスのことです。

  • ハードウェア製品限定保証
    • 故障・損傷した場合の特別修理、バッテリー無償交換など
  • テクニカルサポート
    • 操作方法・質問などのトラブル解決サービス(Apple認定技術者によるサポートを優先的に受けられる)

通常、Appleデバイス(iPhone・iPad・Apple Watch・Mac・Apple TVAirPodsなど)を購入すると、1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償テクニカルサポートが付いてきます。

そこで、追加サービスの「AppleCare+」に加入することで、上記の保証を「+1年間」延長することができます。

なお、ハード保証+サポートを最初から”2年間”受けられるデバイスもあります(Apple Watch Edition/Hermès)

iPhoneは、AppleCare+に”2種類のプラン”がある

iPhoneは、AppleCare+に2種類のプランがある
引用元:iPhoneの盗難・紛失の補償請求

iPhone限定となりますが、AppleCare+には、通常の「AppleCare+」と、盗難・紛失の保証が付いた「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」の2種類があります。

「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」では、名前の通り、盗難・紛失に対する保証を1年間に2回まで、以下のサービス料で受けられるプランです。

保証内容AppleCare+AppleCare+
盗難・紛失プラン
画面/背面ガラスの損傷3,700円3,700円
過失や事故によるその他の損傷12,900円12,900円
盗難・紛失対象外12,900円
保証内容の違い(一括支払いの金額)

また、”AppleCare+”よりも“AppleCare+ 盗難・紛失プラン”の方が、2,000円高いです。

盗難・紛失の保証を受けるには、盗難・紛失が発生した時点で、「iPhoneを探す」を有効にしている必要があります

価格は”2,000円高い(月額だと100円高い)”ですが、毎日持ち歩くiPhoneですので、入っておくと安心ですよ(私は加入しています)!

AppleCare+の「保証内容」

AppleCare+の「保証内容」

次に、AppleCare+の保証内容を詳しく解説していきます。

AppleCare+に加入すると、主に次の5つのサービスを利用することができます。

AppleCare+の保証内容
  1. 過失や事故による損傷に対する修理(年2回まで)
  2. バッテリーの無償交換 ※対象デバイスのみ
  3. 保証期間の延長(+1年間)
  4. エクスプレス交換サービスの利用 ※対象デバイスのみ
  5. Apple認定技術者によるサービスとサポート

▲タップで、各目次までジャンプします

1.過失や事故による損傷に対する修理

AppleCare+:過失や事故による損傷に対する修理

AppleCare+に加入すると、購入したAppleデバイスが万が一故障した場合、(AppleCare+に加入せずに修理した場合と比べて)安い料金で修理することが可能です。

例えば、Apple Watch Series7(GPS+Cellular、アルミニウム)の場合

  • AppleCare+未加入:43,280円/回
  • AppleCare+加入:9,200円/回

AppleCare+加入時は、1年間で”2回”まで利用できます

上記のように、AppleCare+に加入していれば、自分の過失・事故が原因で損傷した場合でも、(AppleCare+未加入と比べて)低価格で修理を受付してもらうことが可能です。

iPhoneの画面割れであれば、3,700円で修理してもらえます

修理金額の詳細は、次項「AppleCare+の修理料金」で解説しています

もちろん、各Appleデバイスによって修理内容は異なりますので、詳細を知りたい方は、以下のApple公式サイトをご確認ください。

参考:Apple公式【各製品の修理サービス情報】

ハードウェア製品の保証対象

ポイントとしては、AppleCare+に含まれる修理サービスは、(次項で解説します)無償バッテリー交換だけではなく、付属アクセサリ(電源アダプタ、充電ケーブルなど)も保証対象になります。

各Appleデバイスの保証対象となるアクセサリは、次の通りです

条件はありますが、充電ケーブルなども無償で交換できます!

もちろん、各Appleデバイスによって、対象アクセサリの修理(交換)条件が異なりますので、詳細は、Apple公式サイトでご確認ください。

参考:Apple公式【AppleCare製品】

2.バッテリーの無償交換

AppleCare+:バッテリーの無償交換

AppleCare+に加入すると、対象デバイスのバッテリー最大容量が”80%未満”に低下した場合は、無償でバッテリーを交換することが可能です。

対象デバイス:iPhone、iPad、Apple Watch、Mac、iPod touchなど…

参考に、iPhone 13のバッテリー交換費用がこちら

  • AppleCare+未加入:8,140円
  • AppleCare+加入:0円

上記のように、AppleCare+に加入していれば、バッテリー最大容量が80%未満”という条件がありますが、無償でバッテリーを交換することが可能です。

AppleCare+に加入していなければ、約1万前後(iPadだと、11,800円)費用がかかります。

バッテリーは消耗品ですので、長く大切に使いたいApple製品だからこそ、バッテリーを無償で交換できるのは嬉しいですよね。

3.保証期間の延長

AppleCare+:保証期間の延長

AppleCare+に加入すると、ハードウェア製品保証テクニカルサポート「+1年間」延長することが可能です。

上記でも解説しましたが)ほとんどのAppleデバイスは、AppleCare+に加入しなくても、以下のサービスが付いていきます。

  • “1年間”のハードウェア製品限定保証
  • “90日間”の無償テクニカルサポート(ハード+ソフトウェア)

つまり、1年間のハード保証(購入時の特典)+1年間のハード保証(AppleCare+加入時の特典)=計2年のハードウェア製品保証を受けることができます。

2年経過後も保証期間を継続させることが可能

また、AppleCare+の保証期間は、「計2年間(または,3年間)」ですが、保証をさらに延長することも可能です。

2年経過した場合でも、AppleCare+を解約するまで月/年単位で保証を継続することができます。

従来の保証期間は、2年(3年)と縛りがありましたが、現在は無期限に変更されています

4.エクスプレス交換サービスの利用

AppleCare+:エクスプレス交換サービスの利用
引用元:iPhoneエクスプレス交換サービス
エクスプレス交換サービスとは?

万が一、対象デバイスが故障して使えなくなった場合に、対象デバイスの交換機を即座に郵送してもらえるサービスのこと。

対象デバイス:iPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、HomePodなど…

Apple製品が故障すると、その間は使えなくなるので非常に困る…

そんな時に”エクスプレス交換サービス”を使えば、“修理依頼”と”交換機の受取”を同時に行うことで、Appleデバイスが使えない時間を短縮することが可能です。

参考に、Apple Watchのエクスプレス交換サービスでかかる日数は…

  • エクスプレス交換サービス無し
    • 最大5〜7日(営業日)
  • エクスプレス交換サービス有り
    • 2〜5日(営業日)

デバイスによって日数は異なります(Apple公式:各製品の修理サービス情報)

エクスプレス交換サービスを使うことで、壊れたAppleデバイスが使えない時間を最低限に抑えることが可能です。

エクスプレス交換サービスの費用は「無料」だが…

基本的に、エクスプレス交換サービスの費用は「無料」ですが、自分の過失・事故による損傷があるとAppleが判断した場合は、修理サービス料金と同様の費用が発生します。

参考:Apple公式【各製品の修理サービス情報】

5.Apple認定技術者によるサービスとサポート

AppleCare+:Apple認定技術者によるサービスとサポート
引用元:AppleCare+|iPhone

AppleCare+に加入すると、Apple認定技術者によるサービスとサポートを受けることが可能です。

主なサポート内容は、次の通りです。

  • 各OSとiCloudの基本操作
  • アプリの基本的な操作方法
  • プリンタとワイヤレスネットワークへの接続
  • Apple純正アプリに関する質問など…

各デバイスによって、サポート内容が異なります

主にソフトウェアに関する質問を優先的にアクセスし、解決してくれるサービスです!

初めてApple製品を使う方は、機能が豊富過ぎて使い方が分からない方も多いですよね…。

そんな時に、AppleCare+に加入すれば、Apple認定技術者が「電話」や「チャット」を使って、丁寧に解説・サポートを受けられますので、Apple製品を初めて使う方には非常に便利なサービスです。

ということで、AppleCare+の保証内容を5つ紹介しました。

AppleCare+の保証内容【もう一度チェックする】

AppleCare+の保証内容
  1. 過失や事故による損傷に対する修理(年2回まで)
  2. バッテリーの無償交換 ※対象デバイスのみ
  3. 保証期間の延長(+1年間)
  4. エクスプレス交換サービスの利用 ※対象デバイスのみ
  5. Apple認定技術者によるサービスとサポート

▲タップで、各目次までジャンプします

それでは次項より、AppleCare+の”料金”について詳しく紹介していきます。

AppleCare+の「加入料金」

AppleCare+の「加入料金」

AppleCare+の加入料金は、各Appleデバイス・モデルによって異なります。

AppleCare+対象デバイスと価格の一覧表が、こちら

上記のように、AppleCare+の加入料金は、デバイス・モデルによって異なります。

ちなみに、AppleCare+の加入料金を詳しく知りたい方は、次の方法で詳細を確認できますよ

以上が、AppleCare+加入料金の紹介でした。

また、AppleCare+に加入すると、故障時の修理金額も(加入していない場合と比べて)安い金額で修理可能です。

次項では、「故障時の修理料金」も合わせて紹介します

AppleCare+の「修理料金」

AppleCare+の「修理料金」

AppleCare+に加入すると、故障時は、(AppleCare+未加入と比べて)安い料金で修理することが可能です。

Appleデバイスによって、修理内容・料金が異なりますので、各デバイスごとの修理料金を紹介していきます。

以上、各デバイスごとの修理内容・料金の紹介でした。

AppleCare+に「加入する方法」

AppleCare+に「加入する方法」

Appleデバイスが「AppleCare+」に加入しているか確認する方法は、次の4つの方法で確認できます。

「AppleCare+」加入状況の確認方法
  1. Apple公式サイト(保証状況とサービス期間を確認する)を利用する
  2. Apple公式サイト(マイサポート)を利用する
  3. Apple Storeアプリを利用する
  4. Appleサポートアプリを利用する

シリアル番号の確認は、iPhoneの「設定」→「名前(Apple ID)」→「デバイス名」タップで確認できます

上記のサイト・アプリを使えば、手持ちのAppleデバイスが”AppleCare+”に加入しているか確認できますよ

詳細の確認方法は、以下関連記事で紹介しています

AppleCare+の「よくある質問」

AppleCare+の「よくある質問」

AppleCare+は、デバイスごとに保証/修理内容などのサービスが違うので複雑で分かりにくいですよね…。

AppleCare+のよくある質問について、以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

保証状況に、AppleCare+以外(限定保証、保証期限切れ、AppleCare+盗難・紛失プランなど)が表示されている…

AppleCare+は、Apple公式の保険サービスですが、キャリアによっては、”別の表記”になっていることがあります。

表記ごとの保証状況は、次の通りです。

  • 限定保証:AppleCare+:×(未加入)、ハードウェア保証:○(保証対象)
    • 購入後”1年未満”で、加入期限(30日以内)を経過した場合
  • 保証期限切れ:AppleCare+:×(未加入)、ハードウェア保証:×(保証対象外)
    • 購入後”1年”経過した場合
  • AppleCare+ 盗難・紛失プラン:AppleCare+:○(加入済)、ハードウェア保証:○(保証対象)、盗難・紛失保証:○(1年に2回まで)
    • AppleCare+の上位サービス
  • AppleCare Services:AppleCare+:○(加入済)、ハードウェア保証:○(保証対象)
    • キャリアが提供しているAppleCare+同等のサービス(保証内容は、キャリアによって異なる)
  • AppleCare+保証が利用可能です:AppleCare+:×(未加入)、ハードウェア保証:○(保証対象)
    • 購入後”30日以内”で、AppleCare+に加入できる状態(30日経過すると、”限定保証”に変わります)
ハードウェア保証とは?

初期不良などの自然によるハードウェア故障が発生した場合Appleが”1年間”は、機器を保証してくれるサービスです。

ほとんどのAppleデバイスは、「1年間のハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償テクニカルサポート」が付いています

ただし、過失や事故による損傷/画面が損傷した場合は、ハードウェア製品限定保証の対象外となるので、別途”修理サービス料”が発生します。

「中古」で購入したAppleデバイスは、AppleCare+に加入できる?

購入時期によって加入できる場合があります。

AppleCare+の加入方法は、次の2通りがあります。

  • 対象デバイスと”一緒に”加入する方法
  • 30日以内に”後から”加入する方法

以前の所有者が、Appleデバイス購入後すぐに売却して現所有者に渡った場合、(以前の所有者が購入後)30日以内であれば、加入することが可能です。

また、以前の所有者が、AppleCare+に加入したまま売却した場合、(期限が切れていなければ)AppleCare+は有効になります。

以前の所有者のApple IDではなく、Appleデバイスの”シリアル番号”に紐づいている為

AppleCare+以外の「おすすめの保険サービス」を紹介

AppleCare+は、Apple公式の保険サービスということもあり、保証内容+サポートともに充実していますが、気になるのは「価格」ですよね。

Appleデバイスが故障した時を考えると、”修理”or”新モデルへ乗り換え”するかどちらか選択することになりますが…。修理でも新品近くの費用が掛かるので負担が大きいです。

AppleCare+は高いので、他の保険サービスを検討しようかな…

そのような方へ。AppleCare+以外のおすすめの保険サービスを以下に2つ紹介しますので、気になる方は合わせてご確認いただければと思います。

Appleデバイスのおすすめ保険サービス
  1. モバイル保険
  2. スマホの保険証

▲タップで、各目次までジャンプします

Appleデバイスのおすすめ保険1:モバイル保険

Appleデバイスのおすすめ保険1:モバイル保険
引用元:モバイル保険

Appleデバイスのおすすめ保険サービス1つ目は、さくら少額短期保険株式会社が提供している「モバイル保険」。

モバイル保険の特徴
  • 月額700円で、「最大3台」までのデバイスを保証してくれる
  • 安心の修理保証(破損、水没、盗難、故障もOK)
  • 年間で最大10万円まで保証してくれる
  • 機種/キャリア変更時でも保証を継続可能(登録を切り替えるだけ)
  • 購入後、1年未満であれば加入できる
  • 保証回数の上限無し(無制限)
  • 中古デバイスも(基準を満たせば)対象

月700円で最大3台までのデバイスを保証してくれるので、手持ちのiPhoneだけでなく、iPad・Apple Watchユーザーにもおすすめです!

モバイル保険の最大の特徴は、(AppleCare+のように)バッテリー/エクスプレス交換サービスは使えませんが、修理金額が0円で、最大10万円まで保証してくれること。

モバイル保険

どれか一つのデバイスを主端末にすると”最大10万円”まで、副端末は”最大3万円”まで保証してくれますので、Apple Watchを主端末にすれば、実質0円で修理してもらうことが可能です。

また、AppleCare+の保証端末数が「1台」に対して、モバイル保険は「3台」まで保証してくれる点も異なります。

モバイル保険

ペアリングできるiPhone・AirPods、PC・ゲーム機なども保証対象です

サービス内容も手厚く、AppleCare+よりもかなり安くコスパが高い保険ですので、「AppleCare+は高すぎる…」という方は検討してみてはいかがでしょうか。

Appleデバイスのおすすめ保険2:スマホの保険証

Appleデバイスのおすすめ保険2:スマホの保険証
引用元:スマホの保険証

Appleデバイスのおすすめ保険サービス2つ目は、「スマホの保険証」。

モバイル保険の特徴
  • 月額900円で、「最大5台」までのデバイスを保証してくれる
  • 安心の修理保証(破損、水没、盗難、故障もOK)
  • 年間で最大10万円まで保証してくれる
  • 機種/キャリア変更時でも保証を継続可能(登録を切り替えるだけ)
  • 購入後、いつでも加入できる
  • 保証回数の上限無し(無制限)
  • 中古デバイスも(基準を満たせば)対象

スマホの保険証の最大の特徴は、(端末5台で月900円まで保証してくれるのもありますが)加入(申込)期間が、”いつでも”申込することができること。

後からやっぱり加入したい・・・!と思っても安心です

ただしモバイル保険とは違い、故障時の負担額は”3割”(上限10,000円まで)という条件があります

Appleデバイスのおすすめ保険2:スマホの保険証

なお、上記では、月額900円の”スタンダードプラン”を紹介しましたが、月額550円で加入できる”ライトプラン”もあります。

Appleデバイスのおすすめ保険2:スマホの保険証

ライトプランは、保証台数が”1台”のみです

スマホの保険証は、AppleCare+の申込期間が過ぎてしまった場合でも、後からいつでも加入できます。

5台まで保証してくれますので、家族のスマホと合わせて保険を検討している方は、検討してみてはいかがでしょうか。

「保護ケース・フィルム」でAppleデバイス本体を傷から守る

「保護ケース・フィルム」でAppleデバイス本体を傷から守る

AppleCare+のような保険サービスに加入しなくても、保護ケースやフィルムを着用することで、Appleデバイス本体・画面の傷を事前に防ぐことも可能です。

以下に、おすすめアクセサリーまとめ記事を書いているので、興味がある方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

まとめ:「AppleCare+」とは?料金・保証内容・加入方法を解説【2022年】

以上、AppleCare+の紹介記事でした。

高価で長く大切に使いたいAppleデバイスだからこそ「AppleCare+」の加入検討は必須です。

自分がAppleデバイスを使う頻度・買い替え頻度などによって、加入すべきかはそれぞれ異なりますよね。

「AppleCare+は高すぎる…」という方は、AppleCare+と比べて安く加入できるモバイル保険スマホの保険証も検討してみてはいかがでしょうか。

それでは、本記事は以上となります。

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今回紹介したサービスは、こちら
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

two + fourteen =

Contents
閉じる