【Satechi】スリムX1 Bluetoothキーボードをレビュー|Macと相性抜群!スペースグレーのUS配列テンキー無しモデル

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

AppleのMagic Keyboardは、シンプルで美しさがあるデザインで愛用している人も多いですよね。

しかし、Magic Keyboard(ブラックキー)には、テンキー無しモデルは未発売で、テンキー付きモデルしか販売されていません

そんな時におすすめのキーボードが、Satechiの「スリムX1」シリーズ

Satechi:スリムX1キーボード
Satechi:スリムX1 キーボード

使っている人も多いと思いますが、今回メーカー様よりサンプル品を提供いただく機会を得たので、Magic Keyboardと比較しながらレビューしていきます。

  • Magic Keyboard(ブラックキー/テンキー無し)が欲しい人
  • デスク周りをブラック系のガジェットで統一させたい人
  • 複数のPCをワンタッチで切替できるキーボードが欲しい人

上記の悩みを全て解決してくれるキーボードですので、気になる方はぜひ参考にしていただければと思います。

本記事の内容(まとめ)
  • Satechi:スリムX1キーボードをレビュー
  • スリムX1キーボードの「メリット、デメリット」を紹介
  • Apple:Magic Keyboardの「違い」を比較
Contents

【Satechi】スリムX1 Bluetoothキーボードをレビュー|Macと相性抜群!スペースグレーのUS配列テンキー無しモデル

Satechi:スリムX1 キーボードの「特徴」

今回紹介する商品は、ワンランク上の高品質なガジェットを取り扱う”Satechi”の『スリムX1キーボード』

Satechi:スリムX1キーボードの特徴は、次の通りです。

Satechi:スリムX1キーボードの特徴
  • Bluetooth対応ワイヤレスキーボード
    • US配列/テンキー無し
    • バックライト照明付き(光量調整可)
    • Macのファンクションキーを搭載
  • 充電端子は、USB-C(ケーブル付属)
  • 3台のデバイス間をワンタッチで切替できる
  • カラバリは、1色(スペースグレイ
  • 価格は、約8,200円で購入可能

Satechiの「スリムX1キーボード」は、Macユーザーに最適化されたBluetooth対応ワイヤレスキーボード。テンキー無し(US配列)のアルミデザインが特徴的なキーボードです。

同梱品
同梱品(キーボード、USB-C充電ケーブル、ゴム脚×2、取説)

Apple純正Magic Keyboardのブラック(スペースグレーに近い色)は、テンキー付きモデルしか販売されていません。
この代わりとも言えるキーボードが、Satechiから登場…!

さらに、Magic Keyboardには無い「バックライト」付き。ファンクションキーで光量の調整もできます。

LEDバックライトを搭載
LEDバックライトを搭載

また、充電ポートは、主流になりつつある「USB-Cタイプ」

充電ケーブルも付属します
充電ケーブル(USB-C to USB-C)も付属します

カラバリは、1色(スペースグレー)のみ

重厚感のあるスリムな小型「デザイン」

Satechi:スリムX1キーボードの外観は、アルミニウムボディのスリムな小型デザイン。Apple純正Magic Keyboard(ブラック)と色合いがかなり近い見た目。

重厚感のあるスリムな小型「デザイン」
流麗なアルミボディが美しい…

QWERTYキーボードで、US配列。日本語の”JIS配列”モデルは販売されていません

キーボード上部には、充電式の「USB-C端子」と、スライド式の「電源ボタン」を搭載。

USB-C端子
USB-C端子
スライド式の電源ボタン
スライド式の電源ボタン

キーボード裏面は、滑り止め付きのゴム脚×4つを搭載(安心の技適マーク付き)。

滑り止め防止付き

(付属品の)高さを上げられるゴム脚×2を付ければ、角度をつけたタイピングができます

ゴム脚は、両面シールで貼り付けするタイプ
ゴム脚は、両面シールで貼り付けするタイプ

Magic Keyboardとほぼ一緒の「サイズ感」

Satechi:スリムX1キーボードのサイズは、(約)奥行き:11.5cm × 幅:28.3cm × 高さ:0.4〜1.1cmと、Apple純正Magic Keyboardとほぼ一緒のサイズ

Magic Keyboardとほぼ一緒の「サイズ感」

Magic Keyboard=奥行き:11.49cm × 幅:27.89cm × 高さ:0.41〜1.09cm

Satechiの方が、ファンクションキーが小さい・高さがあるなど微妙な違いはありますが、ほぼMagic Keyboardと一緒です。

SatechiとMagic Keyboard
Satechiの方が、横幅が少しだけ広いです

また、重量が「約290g」と純正よりは少し重いものの、テンキー無しモデルで持ち運び性にも優れています

ちなみに、キーに印字されているフォントも若干違います。

Satechi:スリムX1キーボード
Satechi:スリムX1キーボード
Apple:Magic Keyboard
Apple:Magic Keyboard

好みが分かれる所ですが、Satechiは、柔らかくて優しさを感じるフォント。Appleは、スタイリッシュでスマートなフォントと言ったところです。

明るさを調整できる「バックライト」付き

Satechi:スリムX1 キーボードは、Apple純正には無い“バックライト”を搭載

「バックライト」付きで、光量調整ができる
暗闇でもキーをはっきりと判別できます

ファンクション(Fn)キーの「F5」「F6」を押すと、光量の調整ができます(または、Fn+F5/F6)。

キーの明るさは、オフ〜10段階まで調整できます
キーの明るさは、オフ〜10段階まで調整できます

Fnキーの割り当て変更はできません

ちなみに、Fn+Escキーを一緒に押すと、ファンクションキーをロックできます。

ロックされると、キーボード右上のロックマークが青色に点灯
ロックされると、キーボード右上のロックマークが青色に点灯

ロック中にFnキーを操作したい時は、Fnキー+F1〜F12の同時押しで、ロックしたままの操作も可能です。

最大3台まで、ワンタッチでデバイスの「切替」ができる

Satechi:スリムX1キーボードは、最大3台までのデバイスにシームレスに切替できる“Bluetoothマルチペアリング”に対応しています。

切替手順は、Fn1/2/3いずれのキーを同時押しするだけ。※あらかじめペアリングが必要

一瞬で他デバイスへ切替可能
Fn1/2/3キーを同時押しするだけで、一瞬で他デバイスへ切替可能

接続できるデバイスは、Mac・iPad・iPhoneに対応しています

「連続使用時間」は、2〜3週間

スリムX1キーボードは、バックライトが搭載しているせいか、連続使用時間は「約2〜3週間」 と少し短め。※バックライトの設定によりけり

連続使用時間は、「2〜3週間」
主流な”USB-C”ケーブルで充電できる

充電は、付属のUSB-Cケーブルで充電します。キーボード右上の”充電マーク”が赤色→緑色になるまで、2〜3時間でフル充電が完了します。

緑色になるまで充電
緑色になるまで充電

バッテリーが少なくなると、緑色のランプが点滅します

Magic Keyboardの”1ヶ月”と比較すると、充電持ちは悪いですが、30分間使用がないと、自動的にスリープモードになる省エネ対策済み。

充電ケーブルを接続しながら、キーボードを使うことも可能です。

ケーブルを接続したたま使用可能
ケーブルを接続したたま使用可能

Magic Keyboardと比較すると充電性能は劣るものの、バッテリーが無くなっても充電しながら使えます。

「打鍵感」は少し深め

気になる打鍵感ですが、Magic Keyboardと比べると少し深めに感じました。

Satechi:スリムX1キーボードとApple:Magic Keyboardの打鍵感の動画は、こちら

※音が出ます

Magic Keyboardは、軽いタッチのキーストロークですが、Satechiキーボードは、キーストロークが深めで沈み込みがある感じ

Yuma

Magic Keyboardよりは、しっかりとした打鍵感があります…!

Satechiキーボードで長時間タイピングしてみると、深みがあるせいか、(個人的には)少しだけ指の疲れを感じました。

少し跳ね返りがある感じ
少し跳ね返りがある感じ

とはいえ、これは完全に好みの問題…。Magic Keyboardのようなストロークが浅いキーボードを使っている人は、少しだけ疲れを感じるかもしれません。

「有線タイプ」も販売中

Satechiのスリムシリーズは、ワイヤレスの他に”有線タイプ(W1)”も販売中です。

有線なのでマルチペアリングに非対応ですが、少し安めの「約7,000円」で購入できます

なお、本記事で紹介している”スリムX1″は、「テンキー無し」モデル。テンキー有りモデルの”スリムX3″も販売中です。

スリムX3(テンキー有り)はこちら

Satechi:スリムX1キーボードの「メリット、デメリット」

Satechi:スリムX1キーボード
総合評価
( 5 )
メリット
  • Apple純正を感じさせるシンプルで美しいデザイン
  • 3台のデバイスをワンタッチで切替できる
  • バックライト搭載で、薄暗い場所でも使える
  • 充電端子が、USB-C
デメリット
  • Magic Keyboardと比べると、連続使用時間が短い
  • キーストロークが深くて、長時間の作業は指が疲れやすい

Satechi:スリムX1キーボードの「メリット」

SatechiのスリムX1キーボードは、Apple純正には無い“テンキー無し”モデルのスペースグレー

アルミニウム素材でできた重厚感がある見た目は、Apple好きにはたまらないデザインです。

デスク周りをブラック系で統一したい人に最適なカラー
デスク周りをブラック系で統一したい人に最適なカラー

Magic Keyboardと細かな違いはあるものの、ぱっと見で「Apple純正…?」と感じさせるほど美しくシンプルな見た目が特徴的。

Yuma

所有欲を満たしてくれる満足度が高いキーボードです!

また、Apple純正にはない、次の機能も備わっているので、機能・デザインともに十二分。

  • バックライト
  • USB-C端子
  • マルチペアリング対応
  • スペースグレー

特に、3台までのデバイスを簡単に切替できる「マルチペアリング」が扱いやすいです。

ワンタッチでシームレスにデバイスを移動できます
ワンタッチでシームレスにデバイスを移動できます

PCを使い分けしている方、iPadをサブモニターとして使っている方でも、Fn+1〜3キーを同時押しするだけで切替できます

複数のMac・iPadを持っている人で、Appleに近いデザインのキーボードを探している人には、ぴったりのキーボードだと感じました…!

Satechi:スリムX1キーボードの「デメリット」

対して気になる点は、Magic Keyboardの連続使用時間が”1ヶ月”に対して、Satechiキーボードは、”2〜3週間”と短いこと。※バックライトの設定によりけり

バックライト搭載のせいか、連続使用時間は少し短め…
バックライト搭載のせいか、連続使用時間は少し短め…

バックライト搭載より、この問題は仕方ないことですが、長時間使えることに越したことはないですよね…。

Yuma

充電時間が気になる人は、バックライトをオフにしたり、有線で常時挿しっぱなしにすることをおすすめします…!

また、(個人的には)キーストロークが深くて、長時間のタイピング作業に少し指の疲れを感じました。

長時間のタイピング作業は、少し指の疲れを感じる…

というのも普段私は、ストロークが浅いMagic Keyboardを長年愛用中。Magic Keyboard→スリムX1を使うと、”キーを押し込んでいる“感がより強く感じたのかもしれません…。

バタフライ構造よりも、シザー構造に近い打鍵感です

Apple:Magic KeyboardとSatechi:スリムX1キーボードの「違い」

Apple純正とほぼ一緒のデザインのSatechi:スリムX1キーボード”ですが、両者の「違い」を比較表にまとめました。

スクロールできます
商品名Apple:Magic KeyboardSatechi:スリムシリーズ
外観AppleSatechi
バックライト非搭載搭載
打鍵感浅めでペチペチと押す感じ深めでしっかりと押し込む感じ
マルチペアリング1台3台
充電ポートLightningUSB-C
連続使用時間約1ヶ月約2〜3週間
※バックライトの設定によりけり
カラバリホワイト(テンキー有/無)
ブラック(テンキー有)
スペースグレー(テンキー有/
価格19,800円(Touch ID有り)
13,800円(Touch ID無し)
約8,200円
【比較表】AppleとSatechiキーボードの違い

Satechiは、バックライト搭載で、連続使用時間がApple純正より短いものの、マルチペアリング対応・USB-C端子付きとスペックも高性能

Apple:Magic Keyboard
Apple:Magic Keyboard
Satechi:スリムX1キーボード
Satechi:スリムX1キーボード

円安の影響で、Apple製品が大きく値上げされましたが、Touch ID搭載Magic Keyboardの約半値で購入できる手軽さも良いです。

「Magic Keyboardは高い…でもApple純正のような質感が欲しい…!」という方に、特におすすめできるキーボードです

まとめ:【Satechi】スリムX1 Bluetoothキーボードをレビュー|Macと相性抜群!スペースグレーのUS配列テンキー無しモデル

以上、Satechi:スリムX1キーボードのレビュー記事でした。

最後に、Satechi:スリムX1がおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • Magic Keyboardのブラック(テンキー無し)が欲しい人
  • 複数のデバイスをワンタッチで切替できるキーボードが欲しい人
  • デスク周りをブラック系のガジェットで統一させたい人
  • 連続使用時間が長いワイヤレスキーボードが欲しい人
  • Magic Keyboardの打鍵感(浅めのストローク)に慣れている人

Magic Keyboard愛用ユーザーは、長時間のタイピングで少し指の疲れを感じるかと思いますが…。

テンキー無しのスペースグレー・バックライト搭載・マルチペアリング対応・低価格と、Apple純正にはどれも無いモデルのキーボード

浅めのキーストロークが好みの人にはおすすめできませんが、Magic Keyboardよりも、しっかりと押している感じで、指に跳ね返りがある打鍵感が好みな人には、ぴったりなキーボードです。

Magic Keyboardのブラックキー(テンキー無し)モデルが欲しい人は、検討してみてはいかがでしょうか…!

Satechi:スリムX1キーボードの評価
外観デザイン/質感
95点
使いやすさ/機能性
90点
充電性能
85点
価格
90点
総合評価
90点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
Satechi:スリムX1 キーボード
  • Magic Keyboardに近い”テンキー無し”+”スペースグレー”キーボード(US配列)
  • 明るさを調整できる”バックライト”付き
  • 3台のマルチペアリングに対応
  • 約8,200円で購入可能
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

3 × 2 =

Contents