Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

Touch ID搭載Magic Keyboardをレビュー|M1macユーザーに最適

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「Touch ID搭載Magic Keyboard」のレビューを知りたい方へ。

『Touch ID(指紋認証)』が搭載されたApple純正「Magic Keyboard」が発売中です。

先日、24インチ新型iMac(2021年モデル,M1チップ)の購入と合わせて、キーボードは『Touch ID』が付いているMagic Keyboardを選択しました。

約1ヶ月使ってみた感想を言うと…「今更ながら、Touch IDってめっちゃ便利じゃん!」と自信を持って言えるほど、使い勝手が良いのです。特にM1 macユーザーは。

  • 『Touch ID』搭載Magic Keyboardを購入しようか迷っている人
  • 『Touch ID』付きのキーボードって、実際便利なの?認証精度はどう?
  • Macユーザーで、便利で手頃なキーボードが欲しい人

このような悩みを持っている方へ。

本記事では、「Touch ID搭載Magic Keyboard」を実機を踏まえてレビューしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • Touch ID搭載Magic Keyboardの特徴・スペックを解説
  • Touch ID搭載Magic Keyboardをレビュー
Contents

Touch ID搭載Magic Keyboardの「特徴・スペック」

Touch IDが搭載された新しいMagic Keyboard

24インチiMac(2021,M1)の発売と合わせて、Touch ID搭載Magic Keyboard(7色のカラー)が販売されています。また、カラーは”シルバー”限定となりますが、単品で購入することが可能です。

Touch ID搭載Magic Keyboardの特徴
  • Touch ID(指紋認証)に対応 ※M1チップ搭載Macのみ
  • 従来通りの”シザー構造”である為、キーストロークが浅くても打刻感が得られる
  • ワイヤレス(Bluetooth)接続が可能
  • 充電端子は「Lightning」で、一度の充電で1ヶ月以上利用可能
  • 無駄のないコンパクトなサイズ感で、持ち運び性が良い
  • サイズ:高さ0.41~1.09cm×幅27.89cm×奥行き11.49cm
  • 重量:0.243kg

機種ラインナップ・価格に関しては、以下の通りです。

Magic Keyboard機種ラインナップ・価格
  • Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き):¥18,800
  • Touch ID搭載Magic Keyboard:¥15,800
  • Magic Keyboard(テンキー付き):¥13,800
  • Magic Keyboard:¥10,800

※Touch ID搭載モデルは、Appleシリコン搭載Macモデル用に限ります

Touch ID(指紋認証)に対応

今作一番の機能は、Touch ID(指紋認証)に対応していること。つまり、超高速でロック解除が可能となります。

今までのiMacのロック解除は「パスコード」で解除する必要がありましたが、今作では全て『Touch ID』で解除できますので時短にも繋がります。

また、iMacで『Touch ID』が使うことができる項目は、以下の通りです。ロック解除以外にも、Apple Payで支払いをしたり、パスワードの自動入力も可能です。

iMacでTouch IDが使える項目一覧
  • Macのロックを解除
  • Apple Pay
  • iTunes Store、Appl Store、Apple Books
  • パスワードの自動入力

注意点としては、Appleシリコン(M1チップ)を搭載したMacでしか使用することができません

外観デザインは、大きな変更点はなし

上:新Magic Keyboard(US)、下:旧Magic Keyboard(JIS)

従来のMagic Keyboardと比較すると、外観デザインに大きな変更点はありません。また、キー構造も従来通りの”シザー構造”ですので、キーストロークが浅くても打刻感はしっかりと味わうことが可能です。

若干の変更点は、四隅のキーが少し丸みを帯びたこと、キー左下には地球儀マークが追加(言語切替が可能)されています。

キーボードのサイズ感も大きな変更はありません

Magic Keyboardの裏面は、プラスチック素材からマット調へ変更となりました。

光沢感が無くなりましたが、落ち着きのある質感で、最近のAppleの流行りのデザインとなっています。

左:旧Magic Keyboard、右:新Magic Keyboard

電源ボタンやLightning端子の位置も、従来モデルと変更はありません。

Touch ID搭載Magic Keyboard

1回の充電で、”約1ヶ月間”ワイヤレスで利用することが可能です

外部ディスプレイを使っていても、Touch IDが使える

クラムシェルモードとして使う場合でも、Touch IDが使えます

MacBook Proを外部ディスプレイ・キーボードに接続して、お気に入りのディスプレイやキーボードを使っている人も多いかと思います(クラムシェルモード)。

クラムシェルモードとしてMacを使っているユーザーは、MacBook Pro搭載の「Touch ID」を使うには、わざわざMacBook ProのTouch IDに手を伸ばしてロック解除して…という動作が面倒だと思った方も多いはず。

しかし、このTouch ID搭載Magic Keyboardがあれば、外部ディスプレイに接続していても、Touch ID(指紋認証)が使えるようになりました。

M1チップ搭載Macユーザーで、クラムシェルモードを使っている方は、Touch IDが使えますので超便利です!

Touch ID搭載Magic Keyboardをレビュー|M1macユーザーに最適

今回私が購入したキーボードは、24インチ新型iMac(2021年モデル,M1チップ)のオプションで追加購入可能できる『Touch ID搭載Magic Keyboard』です。

iMacのカラーは「グリーン」を選択しましたので、Magic Keyboard本体カラーも同様に「グリーン」となります。

全てグリーン色(左から、Magic Keyboard・Magic Trackpad・Magic Mouse)

(上記にも記載しておりますが)外観デザインは、従来モデルと大きな変更点はありません。

上:新Magic Keyboard、下:旧Magic Keyboard

Touch IDがめちゃくちゃ便利!!

新しいMagic Keyboardの最大の特徴は、Touch ID(指紋認証)に対応していること。

1 Passwordのようなアプリ起動時にパスワードを入力してログインする必要があるアプリは、全てTouch IDだけで完了してしまうのは、超便利です!!

指をぽんっと押すだけで、ロック解除できるのは最高に使い勝手が良いです!

画面をスリープにしたい時は、Touch IDを押すだけでスリープ状態にすることも可能です。

画面をスリープしたい時は、Touch IDを押すだけ

注意点としては、Appleシリコン(M1チップ)を搭載したMacでしか使用することができません

「M1チップを搭載したMac」という限定的な使い方となりますので、Intelチップ搭載”Mac”やM1チップを搭載した”iPad Pro”・”MacBook Air”では、Touch IDは動作しませんのでご注意下さい(Touch IDが使えないだけで、キーボードとしては当然ながら使えます)。

ちなみに、Touch IDを登録できる指紋の数は、最大”3つ”となります

「M1ユーザーは、Touch IDを使うためにMagic Keyboardを使っても良い」と自信を持って言えるほど、個人的にはかなり重宝することになった機能の一つです!

Touch IDの認証精度も良い

(個人的な体感になりますが)Touch IDの認証精度は素晴らしく良いと感じています。

約1ヶ月間、Touch IDが搭載されたMagic Keyboardを使っていますが、反応しなかったことは一度もありません(指紋認証ですので個人差はある思いますが…)。

Touch IDが搭載された歴代のiPhone(iPhone SE2、iPhone8以前)と比べると、反応は良くなっている気がします

ボタンの押し心地も少し硬めで、押し間違うこともなく良いです!

付属ケーブルは、USB-CーLightningケーブル

充電ケーブルは、USB-CーLightningケーブル

付属ケーブルとしては、編み込み式のUSB-CーLightningケーブルが付属し、USB-CポートのMacや充電アダプタに接続して充電を行います。

iPadやMacなど、ほとんどのAppleデバイスがUSB-Cポートが搭載されていますが、このMagic KeyboardやiPhoneは未だにLightning端子となっています(これは次世代に期待ですね…)。

M1 Macユーザーは、Touch ID搭載Magic Keyboardがおすすめ

M1 Macユーザーで、こだわりのキーボードを使っていない方、どうしてもTouch IDを使いたい方は、迷わずこの「Touch ID搭載Magic Keyboard」を選択しましょう!

24インチ新型iMac(2021年モデル,M1チップ)の発売と合わせて、単品でも購入できるようになりましたので、従来のM1モデル(MacBook Pro/Air/mini)ユーザーにも、Touch ID搭載キーボードを使うことができます。

(Touch IDの魅力は上記で記載しましたので割愛しますが)従来のIntel Macユーザーでも、Touch ID機能を除けば通常のワイヤレスキーボードとしても勿論使えます。

近い将来で、Appleシリコンを搭載したMacの購入を検討している方でキーボードが欲しい方は、事前に購入しておいても損はないキーボードでしょう。

まとめ:Touch ID搭載Magic Keyboardをレビュー|M1macユーザーに最適

以上、Touch ID搭載Magic Keyboardのレビュー記事でした。

Touch IDが使える点が非常に使い勝手が良く、M1macユーザーには最適なキーボードと言えるでしょう。

Appleシリコン搭載Macでしか”Touch ID”は使えない点はデメリットではあります。しかし、これからAppleシリコンが主流になりつつあることを考えると、Apple純正キーボードを購入しておけば、Touch IDも使えますし、とにかく安心感がありますね。

M1macユーザー、将来的にAppleシリコン搭載Macの購入を検討しているユーザーは、この『Touch ID搭載Magic Keyboard』をおすすめします!

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる