MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

ESR iPad Proケース「Shift Magnetic Case」レビュー | 9つの角度に調整できるスタンド&ケースが便利すぎでした

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

iPad Proを購入すると真っ先に揃えておきたいアイテムが”ケース”ですよね。また iPadをPCライクのように活用するには、合わせて”スタンド”も用意しておきたいところ。

ただ全部揃えるとそれなりにお金もかかりますし、できれば持ち運びもしやすいスタンドがあると何かと助かります・・。

そこで今回紹介するのは、ESRから新発売されたiPad Pro用『SHIFT Magnetic Case』

ESR:iPad Pro SHIFT Magnetic Case
ESR:iPad Pro SHIFT Magnetic Case

よくあるケースに見えますが・・なんと9つの角度に調整できるスタンド付きで、iPadを宙に浮かせるフローティングモードにも対応したケース&スタンド。

9つの角度調整+フローティングモードに対応
9つの角度調整+フローティングモードに対応
Yuma

今までいろんなiPadスタンドを使ってきましたが、これだけ角度を細かく調整できるスタンドは初めて!

メーカーよりサンプルを提供いただいたので、本記事では、ESRの「iPad Pro用 SHIFT Magnetic Case」をレビューしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • ESR:iPad Pro用Shift Magnetic Case レビュー
    • 特徴、メリット、デメリットを紹介
  • 「他社おすすめケース&スタンド」を比較紹介
Contents

ESR : iPad Proケース”Shift Magnetic Case”の「特徴」

今回紹介する商品は、ESRのiPad Pro用『Shift Magnetic Case』。スマホ/タブレットのアクセサリーをお手頃な価格で買えるメーカーとしてはもう有名ですよね。

【期間限定!!】15%OFF割引コード:VSYCROTE※~2023.7.31まで

おおまかな特徴は、次の通りです。

ESR:Shift Magnetic Caseの特徴
  • iPad Pro用のケース&スタンド
    • 9つの角度に調整できるスタンドを搭載(視聴用×3、デザイン用×3)
    • iPadを浮かしたフローティングモードに対応
    • ネットサーフィンに最適な縦置きモードに対応
    • ケースはマグネット内蔵タイプで、冷蔵庫などに貼り付けできる!
    • カメラや側面を全面保護できるタイプのケース付き
    • Apple Pencil収納ホルダーあり
  • 互換性
    • iPad Pro 2022年(第4世代)
    • iPad Pro 2021年(第3世代)
  • カラバリ:4色
  • 価格:約7,278円

ESR「Shift Magnetic Case」は、ケースとスタンドが別々で使える分離タイプ。両方ともマグネットが内蔵しているので、ケースとしてそのまま使ったり、スタンドと合わせて切替えできます。

ケースとスタンドの分離タイプ
ケースとスタンドの分離タイプ

最大の特徴は、スタンドの角度調整が豊富であること。視聴モードであれば「6段階」、デザインモードであれば「3段階」と各モードによって使いやすい角度に自由に調整できるようになってます。

スタンドの角度調整が豊富

またしっかりと角度を固定できるように、スタンド先端にはマグネットが内蔵。

マグネットのおかげでカチッと固定されて安定性も抜群!
マグネットのおかげでカチッと固定されて安定性も抜群!

さらに、iPadを宙に浮かすフローティングモードにも対応。ケースとスタンドに磁力が内蔵されてるので、キーボードやマウスと合わせてiPadをPCライクのように使えます。

iPadをPCライクのように使える

カラバリは、全部で4種類。王道のブラックに加えて、ちょっと個性的なカラーも販売されてます。

ブラックブルーパープルブラウン
ブラックブルーパープルブラウン
カラバリは、4色

互換性は、2021年と2022年モデルのiPad Pro(11インチ)に対応してます。

ESR:SHIFT Magnetic Caseの互換性
  • iPad Pro 11インチ(2022年モデル)
  • iPad Pro 11インチ(2021年モデル)

本記事で紹介するiPad Proは「2020年モデル」ですので本ケースと互換性はありませんが、(サイズは一緒ですので)着脱は可能でスタンドも問題なく使えます。

ただし、ケースのスピーカー穴の位置が2022年(2021年)モデルと異なりケースの一部が塞がりますので、この点を踏まえて参考にしていただければと思います。

2020年モデルでも使えますが、スピーカー穴が塞がれるので注意
2020年モデルでも使えますが、スピーカー穴が塞がれるので注意
Yuma

ということで、デザインや使い勝手など細かくレビューしていきます!

ESR iPad Proケース「Shift Magnetic Case」レビュー

iPadを全面保護できる!スタイリッシュなデザイン

まずはケースの外観から。ケースは、iPadの画面以外(電源ボタンや音量ボタンなど)を全面保護してくれるタイプとなってます。

表面:ケース内側
表面:ケース内側

ケース背面は、付属のスタンドにカチッと引っ付く磁石が内蔵されているタイプ。詳細は後述しますが、冷蔵庫にも引っ付くほどの強力な磁力を持ってます。

裏面:マグネット側
裏面:マグネット側

今回紹介するのは2020年モデルのiPad Pro。このケースと互換性のあるiPad Pro(2022/2021年モデル)とスピーカーの位置が異なりますが、ケースとしては何ら問題なく着脱できます。

また、スピーカー穴やUSB-C端子などの各穴が全てくり抜かれていて、iPad側面を全面保護してくれるタイプ。ケース側面は、シリコンのようなゴム素材ですので、着脱もしやすくボタンも押しやすい感じ。

各穴がくり抜かれたタイプ
各穴がくり抜かれたタイプ
ボタンも柔らかくて押しやすい感じ
ボタンも柔らかくて押しやすい感じ

続いてスタンドは、Magic Keyboardのように付属のケースを挟み込むタイプ。この面に付属のケースをマグネットで引っ付けて装着します。

スタンド内側:この面にケースを包み込みます
スタンド内側:この面にケースを包み込みます

スタンド外側は、スタンドを立て掛けるためのスリットがあったり、Apple Pencilを収納するためのホルダーが搭載されてます。

ケース外側:Apple Pencil収納ホルダー
ケース外側:Apple Pencil収納ホルダー
ケース外側:角度固定用のスリット
ケース外側:角度固定用のスリット

素材はヴィーガンレザーのように爪で引っ掻いてもキズが付かず、指によく馴染みグリップ力も高めの素材が使われてます。

ヴィーガンレザーのような素材

ちなみにカメラ側は、(↓このように)上と下で折りたたみできるタイプ。どちらかを開いてスリットで固定することで、スタンドとして使える仕様となってます。

磁力で引っ付くタイプ
磁力で引っ付くタイプ

また下側を折り曲げると、iPadの熱がこもらないようにカット加工された放熱口も設けられてます。

iPadをしっかりとクールダウンしてくれます!
iPadをしっかりとクールダウンしてくれます!

サイズや重さ|互換性について

iPad Pro(2020年)を装着してみるとこんな感じ。互換性はありませんが問題なく装着できます。

iPad Pro(2020年モデル)装着時
iPad Pro(2020年モデル)装着時

重さは、ケース単体で約130g、スタンドで約320g(計450g)とそれなりに重量感があります。

ケース+スタンド込みの重さ ※実測値
ケース+スタンド込みの重さ ※実測値

iPad Proを装着すると約940gとそれなりに重いですが、スタンドを別で持ち歩くことを考えると・・全然許容範囲の重さかな?と感じました。

互換性をもう一度おさらいすると、以下表の通りです。

ESR:SHIFT Magnetic Caseの互換性
  • iPad Pro 11インチ(2022年モデル)
  • iPad Pro 11インチ(2021年モデル)

現状12.9インチサイズは販売されておらず、11インチiPad Pro(2022年/2021年モデル)のみで使えます

12.9インチユーザーは残念ながら使えませんが、2020年モデル以前のiPad Proを使っている方は、(スピーカーの一部が塞がることが気にならなければ)ケースとしては着脱できますのでご安心を。

旧モデル(2020年モデル)でも一応使えます!
旧モデル(2020年モデル)でも一応使えます!

6つの角度に調整できる視聴モード

このSHIFケース最大の魅力・・最大6つの角度に細かく調整できる視聴モードに切替えできます。調整方法は、スタンド下部を開いてスリットに差し込むだけ。

最低35度から・・
最低35度から・・
最大75度まで角度調整できます
最大75度まで角度調整できます

スタンド先端やスリットには磁石が内蔵しているので、カチッと引っ付いて安定性もかなり高め。少し揺らしてみましたが、立て掛けたiPadが倒れる様子が全くないほど固定力が高い・・!

ガチっと固定されてiPadがずり落ちてきません
ガチっと固定されてiPadがずり落ちてきません
Yuma

なによりも角度が6つも調整できるのは使い勝手が良すぎでした・・!

ブラウジングやタイピング、Macのサブモニターなど・・自分が使いやすい絶妙にちょうどいいポジションに位置を調整できるので、使用場所を選ばないのは扱いやすかった。

Macのサブモニターとしてピッタリ
Macのサブモニターとしてピッタリ

ただし、奥行きはある程度必要なので、デスク上にキツキツでiPadを置いてる人は置き場所に注意が必要かも。

奥行きにiPadをもう一台置くスペースは必要です
奥行きにiPadをもう一台置くスペースは必要です

とは言いつつ、自分好みの角度に細かく調整できるのは助かる!これならキーボード+マウスと一緒に、iPadをPCライクのように場所を選ばずに作業できます。

角度調整できると正しい姿勢で作業できます
角度調整できると正しい姿勢で作業できます
Yuma

おまけにケース&スタンドをセットで持ち歩けるので、自宅だけなく外出先でも気軽に使えるメリットも大きかった・・!

3つの角度に調整できるデザインモード

もう一点このケース最大の魅力・・3つの角度に調整できるデザインモードにも切替えできます。調整方法は、スタンド上部を開いてスリットに差し込むだけです。

最低15度から・・
最低15度から・・
最大25度まで角度調整できます
最大25度まで角度調整できます

このモードは、Apple Pencilを使ったデザインや学習用として最適。(視聴モードと同じく)スタンド先端が磁石で固定されるので安定性もかなり高めでした。

デザインしていても全然倒れません!
デザインしていても全然倒れません!
Yuma

Pencilだけでなく、タイピングも入力しやすい角度ですし、タッチ・スワイプもしやすいのでゲームをするにも快適なモードでございました

フローティングモードにも対応

視聴モード×6つ、デザインモード×3つと‥もうお腹いっぱいですが、さらにフローティングモードにも対応してるのがこのケースの凄いところ。

磁力で引っ付いて、iPadを宙に浮かせられます!
磁力で引っ付いて、iPadを宙に浮かせられます!

「ちょっと目線が低いな」なんて時にフローティングモードは地味に便利。正しい姿勢と目線で作業しないと身体に負担がかかりますからね・・。

さらに、横向きだけでなく縦向きにも固定できるので、Web会議やネットサーフィンなど多様なシーンにも対応しているとんでもない設計となってます。

縦向きで固定もできちゃいます
縦向きで固定もできちゃいます

ちょっとこの多機能すぎるスタンド凄くないですか?いろんなスタンド&ケースを使ってきましたが、これだけマルチなシーンで使えるスタンドは初めてでかなり驚きでした・・。

Apple Pencil収納ホルダー付き

また、スタンドにはApple Pencilを収納するホルダーも付いてます。ゴムのように伸縮性のある素材ですので、しっかりとPencilを包み込んで固定してくれます。

Apple Pencil収納ホルダー付き

ただし、(縫製もしっかりしてるので全く心配ないと思いますが・・)Pencilを入れると結構キツキツなので、グサッと貫通しないように注意する必要はあるかも。

突き刺さないように注意しましょう
突き刺さないように注意しましょう

ちなみにケースにもApple Pencil 2を収納する箇所が設けられてるので、ホルダー破れが心配な方はここに取付けするのもあり。

Pencil 2をマグネットで固定できます
Pencil 2をマグネットで固定できます

冷蔵庫にも引っ付くほど磁石が強力すぎる

iPhoneで動画見ながら料理を作ったり・・なんて日常あるあるですが、このケースを使えば大画面のiPadで動画を楽しめる。つまり、冷蔵庫など磁石がある箇所にもケースを引っ付けられます。

冷蔵庫に引っ付くほど磁石が超強力!
冷蔵庫に引っ付くほど磁石が超強力!

約500g近くある11インチiPadがガッチリ引っ付いてくれるので、ずり落ちる心配もすることなく、レシピや動画を大画面のiPadで楽しめちゃいます!

他社おすすめ「iPad Proケース&スタンド」を比較紹介

他社おすすめ「iPad Proケース&スタンド」を比較紹介

最後に、個人的におすすめしている『ケース&スタンド』を比較表でまとめました。他のケースと合わせて比較したい方は、ぜひ参考にしてみてください!

スクロールできます
商品名SHIFT Magnetic CaseMagEZ Folio 2SnapフロートフォリオSmart Folioケース&スタンド
メーカーESRPITAKAMOFTAppleESR
外観ESR:SHIFT Magnetic CaseMagEZ Folio 2SnapフロートフォリオSmart FolioESR
互換性iPad Pro 11(2022)
iPad Pro 11(2021)
iPad Pro 11
iPad Pro 12.9
iPad Pro/Air 11
iPad Pro 12.9
iPad mini
iPad Pro/Air 11
iPad Pro 12.9
iPad mini
iPad Pro/Air 11
iPad Pro 12.9
iPad mini
設置モード11段階
視聴×6
デザイン×3
縦置き
フローティング
4段階
横57度
横34度
横53度
縦62度
4段階
フローティング×2
横70度
横20度
2段階
約70度
約20度
2段階
約70度
約20度
iPadの固定マグネットマグネットマグネットマグネットマグネット
ケースとしての利用
スタンドとしての利用
Apple Pencil収納
素材ヴィーガンレザーPUレザー
ポリウレタンレザー
ヴィーガンレザーポリウレタンシルク
カラバリ4色2色3色約8色約7色
価格約7,278円7,499円5,680円〜9,880円9,800円〜15,800円約3,000円前後
比較表:おすすめのiPadケース&スタンド

各レビュー記事はこちらです

まとめ : ESR iPad Proケース「Shift Magnetic Case」レビュー

ということで、ESRの新型iPad Pro「Shift Magnetic Case」をレビューしました。メリット・デメリットは次の通りです。

ESR:iPad Proケース「Shift Magnetic Case」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 9つの角度に調整できるスタンドモードを搭載!
  • フローティングや縦置きモードにも対応
  • 冷蔵庫にもピタッと引っ付く超強力なマグネット搭載
  • Apple Pencilをもう失くさない!収納ホルダー搭載
デメリット
  • 12.9インチモデルのiPad Proに非対応
  • スタンドの奥行きが結構ある(iPad Proをもう一台置くスペースが必要)

個人的には、これ以上角度を調整できるスタンドを見たことがないほど驚愕したiPadケース&スタンドとなりました。なによりも角度を細かく調整できるので、様々なシーンで気兼ねなく使えるので扱いやすさ満載・・!

扱いやすさ満載のiPadケース&スタンドでした

具体的にどんなシーンで便利か?個人的に使っているシーンや思いついたシーンを紹介しておきますので、気になっている方の参考になれば幸いです!

SHIFT Magnetic Caseは、こんなシーンで便利!
  • Macのサブモニター/Web会議モニターとして使う(フローティング)
  • ブラウジング、動画観賞用(横向き、縦向き)
  • キーボード+マウスと一緒にiPadをPCライク化(フローティング)
  • デザイン、動画編集などのクリエイティブ作業(デザインモード)
  • iPadの保護ケースとして使うなど‥
ESR:Shift Magnetic Caseの評価
外観デザイン/質感
90点
機能性/使いやすさ
100点
価格
90点
総合評価
93点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら

【期間限定!!】15%OFF割引コード:VSYCROTE※~2023.7.31まで

  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

20 − 5 =

Contents