MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

TORRAS ネッククーラー「COOLiTE」レビュー | 折りたたみ式デザインが持ち運びに最適!コスパ良好な首掛け扇風機が最高でした

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

暑い夏を涼しく乗り越えたい時にあると便利なモノが「ネッククーラー」。首に掛けるだけで、首元や顔に涼しい風が吹き出てくる熱中症対策にもってこいのアイテムです。

Amazonでも大人気のネッククーラー”COOLIFY 2“は、冷却・加熱モードを搭載し、オールシーズン使えるのが便利ですが、いかんせん価格が2万円弱とそれなりに高いのが気になるところ・・。

Yuma

もっと安くてお手頃なネッククーラーがあれば・・

‥と思っていた最中、TORRASよりお手頃な値段で買えちゃうネッククーラー「COOLiTE」が登場しました。

TORRAS:ネッククーラー COOLiTE
TORRAS:ネッククーラー COOLiTE

1万円弱というお手頃価格だけでなく、4つのファンが搭載していて風量がめちゃくちゃ強力。さらに、特許を取得した折りたたみ式のデザインが特徴的なネッククーラーです。

折りたたみ式のデザインは特許を取得
折りたたみ式のデザインは特許を取得

ということで本記事では、「ネッククーラーってデカすぎて持ち運びしにくいよね・・」そんな印象を覆してくれたTORRASのネッククーラー”COOLiTE”をレビューしていきます。

デザイン・機能・装着感もそれなりに良くて、中々購入しやすい価格帯となってます。エアコン代を節約したい!真夏を涼しく過ごしたい!そんな方にぴったりのアイテムですので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

本記事の内容(まとめ)
  • TORRAS:ネッククーラー「COOLiTE」レビュー
    • 特徴、メリット、デメリットを紹介
  • COOLiTEとCOOLIFY 2の違いを比較
Contents

TORRAS:ネッククーラー COOLiTEの「特徴」

TORRAS:ネッククーラー COOLiTEの「特徴」

今回紹介する商品は、ネッククーラーブランドとしてトップを駆け抜けるTORRASの『COOLiTE』。ネッククーラーだけでなく、実はスマホアクセサリーでも多彩な実績を出している会社です。

おおまかな特徴をまとめると、次の通りです。

ネッククーラー:COOLiTEの特徴
  • 超軽量かつパワフルな折りたたみ式ネッククーラー
    • 6つの風路+4つのファンを搭載
    • 最長14時間の連続運転に対応(4,000mAh)
    • 風量調整は、3段階切替できる
  • 未来感のあるオシャレなデザイン(GOOD DESIGN賞を受賞)
  • カラバリ:2色
    • グレー、ゴールデン
  • 価格:12,980円

TORRASのネッククーラー「COOLiTE」は、折りたたみ式で持ち運び性に長けたネッククーラー。折りたたみ式は数少ない上に、なんとこの設計は特許を取得してます。

持ち運びしやすいコンパクトサイズ
持ち運びしやすいコンパクトサイズ

業界初となる4つのターボファンを搭載した設計で、このサイズからは想像がつかないほどの風量を持ってます。

6,500rpmの超高速モーターを搭載
6,500rpmの超高速モーターを搭載

しかも6つの風口が設けられているので、顔だけでなく首下まで涼しい風を届けてくれます。一般的なネッククーラーは首上だけ風が出るタイプが多いですからね・・このタイプはかなり希少です。

上下左右に計6つから風が吹き出ます
上下左右に計6つから風が吹き出ます

ネッククーラーを使うとなぜ全身が涼しくなるか?ざっくり説明すると、首には頸動脈があるので首元を冷やす=全身へ循環する血液を冷やせる。よって、体全体の温度が下がるので涼しく感じる・・という理由なわけですが。

Yuma

使ってみて気付きましたが、首下から風が出ることで清涼感がまるで違うんですよ・・

極端にいうと背中まで風が届いてくれるので、(首上から風が出るタイプと比べて)同じ風量なのに涼しさの感じ方が違います。

爽快感が違う!
爽快感が違う!

たった数秒で体感温度はー16度まで下げられます※人によって効果は異なります

風量はボタンで3段階(弱・中・強)に切替できますし、バッテリー容量も4,000mAhと高く、なんと最長14時間も連続使用できちゃいます。

COOLiTEの連続使用時間
  • 2つのファンを駆動した場合
    • 風量(弱):14時間
    • 風量(中):6時間
    • 風量(強):4時間
  • 4つのファンを駆動した場合
    • 風量(弱):9時間
    • 風量(中):4時間
    • 風量(強):3時間

風量(弱)はほんのり涼しい程度の風で、春秋など「昼間はちょっと暑い‥」そんな季節でも気兼ねなく使えちゃいます。

そして、韓国のGOOD DESIGN賞を受賞したという少し未来感のあるデザインも特徴的

工業的な見た目が多いネッククーラーにしてはスタイリッシュ!
工業的な見た目が多いネッククーラーにしてはスタイリッシュ!

カラバリは、王道の黒に近い「グレー」に加えて、女性でも装着しやすい「ゴールデン」の2色が販売されてます。

グレーゴールデン
グレーゴールデン
カラバリは、2色

本記事で紹介するカラーは、ゴールデンです

Yuma

ということで、夏本番に近づく今の季節にぴったりな「COOLiTE」のデザインや使い勝手はどうか?など、細かく紹介していきます!

TORRAS ネッククーラー「COOLiTE」レビュー

開封・付属品など

まずはパッケージから。少し高級感のある箱で届いて中を開くと、ネッククーラー本体とケーブル類が綺麗に梱包されてます。

スクロールできます
パッケージ1パッケージ2開封後
梱包パッケージ

中央には、USB-C to Aケーブルと取説が入ってます。

同梱品
同梱品(ネッククーラー、ケーブル、取説類)
Yuma

1万弱で買えるといってもそれなりに高いので、プレゼントとして貰っても嬉しい高級感漂うパッケージでした

未来感のあるスタイリッシュなデザイン

外観は、レトロと未来感を合わせた雰囲気のある美しさのあるデザイン。角ばっているので少しメカニカル感がありますが、全体的に柔らかな印象のある見た目。

未来感のあるスタイリッシュなデザイン

外内側は樹脂のような仕上がりですが、首の後ろや折りたたみ箇所はゴムのようなぷにぷにした触り心地。接触冷感素材を採用していて肌触りは少しひんやりしてます。

シリコンパッドや・・
シリコンパッドや・・
折りたたみ箇所はプニプニしてます
折りたたみ箇所はプニプニしてます

右側面には、”電源ボタン”と”一時停止ボタン”、使用/充電状態を示す”LEDランプ”が搭載されてます。

右側面
右側面
左側面
左側面

電源ボタンの底面には、ネッククーラー本体を充電するための”USB-C端子”が搭載。ランプの色や点灯/点滅によって、充電状態やバッテリー残量を判別できるようになってます。

USB-Cで本体を充電します
USB-Cで本体を充電します

COOLiTEには、前と後ろに2つずつ(計4つ)のファンを搭載。ここで風を起こして6つある吹出口に風を送ってます。

この中にファンが内蔵
この中にファンが内蔵
この吹出口から風が出てきます
この吹出口から風が出てきます

風が出てくる吹出口は、首上に4箇所・首下に2箇所。計6つの風路を通って風が出てきます

折りたたみ式ということで、角度調整も自由自在。どんな体型の人でも装着できるように、こんな感じでぐにょりと曲がる弾性アームも付いてます。

ここまで曲がります
ここまで曲がります
Yuma

今回紹介しているゴールデンは、白に近い控えめのゴールドカラー。温かみのある色調で上品さも感じられる色合いでした!

サイズや重さ|装着感はどうか?

COOLiTEのサイズや重さは、次の通りです。

COOLiTEのサイズ・重さ
  • サイズ
    • アームを曲げてない状態:横18.0×縦19.5×厚み5.0cm
    • 折りたたんだ状態:横18.0×縦12.5×厚み5.0cm
  • 重量:約339g

重さは300gオーバーと数値で見ると大きいですが・・首に装着した感じでは、肩こりの心配がいらないほどの重さかな?という感覚でした。

※実測値
※実測値

もっというと、角度を自由に微調整できる折りたたみ式だからこそ、程よい強さで締め付けを感じられるのでフィット感が高い=重さを軽減してくれてる・・という表現が合ってる気がします。

どんなサイズの首にもガッチリフィットしてくれる
どんなサイズの首にもガッチリフィットしてくれる
Yuma

ヒンジの強さも弱すぎず硬めなので、ランニングをしながら装着してもずり落ちることはなかったです!

ただしガッツリ汗を掻く中で使うと、内側が蒸れてきて不快感があるのでスポーツ目的には不向きかな?と感じました。運動中よりは、休憩時間や運動後などのクールダウンしたい時に使うことがおすすめです。

ネッククーラー最大の魅力である「両手が使える」というメリットも大きかった‥!

3段階の風量調整×2つのモードを搭載!

風の強さは、電源ボタンを押すごとに3段階(弱・中・強)に切替可能。また、一時停止ボタンを押すごとに、2つのモード(2つ/4つのファンを稼働させるか)に切替できます。

3段階の風量調整×2つのモードを搭載
  • 3段階の風量:弱・中・強
  • 2つのモード
    • ファン×2個を稼働(後ろ2つのファンがOFF)
    • ファン×4個を稼働(後ろ2つのファンがON)
ファン×2個の場合、後ろ2つがOFFになる
ファン×2個の場合、後ろ2つがOFFになる
ファン×4個の場合、後ろ2つがONになる
ファン×4個の場合、後ろ2つがONになる

特筆すべきは、たった数秒で体感温度が約ー16度まで下げられるということ。この背景には、6,500rpmを超える4つのファンの搭載+上下から風が出る構造が関係してます。

引用元:AmazonカスタマーQ&A

この動画を見るとお分かりいただけると思いますが、ものすごい勢いで風が吹き出てます。計4つのファン内部のタービンが空気を吸い込み風量を増幅することで、この超強力な風を送り出しているそうです。

最大風速は、次の通りです

COOLiTEの風量
  • 上向きの風速:最大4.0m/s
  • 下向きの風速:最大2.5m/s

実はこの数値・・ハイエンドモデル(COOLIFY 2)の最大風速”2.0m/s”の2倍も高い風量を持ってます

上向きだけでなく下向きの風も”2.5m/s”とものすごい勢いのある風が出ることで、COOLIFY 2と変わらずの「ー16度」という体感温度を実現しているとのこと。※人によって効果は異なります

強すぎるほど風が吹き出てきます!
強すぎるほど風が吹き出てきます!

ちなみに風量やモードを切替する方法は、次のボタンで操作できます

風量・モードの切替方法
  • 電源ボタンを押す:ON:風量(弱)→風量(中)→風量(強)→OFF→ON:風量(弱)→…
  • 一時停止ボタンを押す:後ろのファン×2つがOFFになる
  • 一時停止ボタンを押す:後ろのファン×2つがONになる※前のファンのみ運行状態で
  • 電源ボタン1.5秒押す:電源OFF

風音はそれなりに大きいので、使用シーンに注意

ネッククーラー全般に言えることですが・・風量を最大にするとファンが回る音はかなり大きいので、周りの音は普通に遮断されます

風音はそれなりに大きいので、使用シーンに注意
めちゃくちゃ涼しいんですが、ここはトレードオフでしょう

耳が近いので当然なんですが・・風量をMAXにすると、小声で話しかけられたりインターホンが鳴っても全然気付けないレベルで聞こえません。

上向きの風量は最大”4.0m/s”ですからね・・そりゃあ聞こえなくて当然です。何か作業に没頭している時には全然良いんですが、使うシーンを選ぶ必要があるかな?と感じました。

最長14時間使える大容量バッテリーを搭載

COOLiTEは、「4,000mAh」とネッククーラーの中でもトップレベルのバッテリー容量を持ってます。

COOLiTEの連続使用時間

  • 2つのファンを駆動した場合
    • 風量(弱):14時間
    • 風量(中):6時間
    • 風量(強):4時間
  • 4つのファンを駆動した場合
    • 風量(弱):9時間
    • 風量(中):4時間
    • 風量(強):3時間
最長14時間使える大容量バッテリーを搭載

風量をMAX+4つのファンを稼働するとわずか3時間ほどしか持ちません。ただし、風量MAXは周りの音が聞こえにくいので風量は弱(または中)が実用的。弱で最長14時間もあれば全然問題ないですよね。

ただフル充電するには3時間ほどかかるので、もう少し充電速度が速ければいいかな?とも感じました。

ちなみに、LEDランプの表示でバッテリー残量をざっくりと把握できます

LEDランプの表示について
  • 白色に点灯:電源ON
  • 消灯:電源OFF
  • 赤色に点灯(電源ON時):バッテリーが30%以下
  • 赤色に点滅(電源ON時):バッテリーが10%未満
  • 赤色に点滅(充電中):バッテリーが30%以下
  • 白色に点滅(充電中):バッテリーが30%以上
  • 白色に点灯(充電中):バッテリーが100%

折りたたみ式はコンパクト!持ち運びにも最適です

特許を取得したこの折りたたみ式デザインは、持ち運びにも最適。収納スペースを抑えられるので、鞄やリュックでそのまま入れても邪魔にならないサイズ感が魅力的でした。

この機能でミニサイズは嬉しい
この機能でミニサイズは嬉しい
Yuma

折りたたんだ先端に吹出口があるので、風向きを自由に変えられます!

どんな首のサイズでもいい感じに風があたるので、折畳式だからこそ得られるメリットはありますよね。ただもっと欲をいうと値段も1万円弱とそれなりに高いので・・収納ポーチやケースがあれば嬉しかったかなと。

上位モデルのCOOLIFY 2は、頑丈な専用ケースが付いてきます
上位モデルのCOOLIFY 2は、頑丈な専用ケースが付いてきます

ケースに収納して持ち歩きたい人は、縦18.0×縦12.5×厚み5.0cm(折畳時)より少し余裕があるサイズのポーチを別で用意しておきましょう。

TORRAS:ネッククーラー COOLiTEとCOOLIFY 2の違いを比較!

TORRAS:ネッククーラー COOLiTEとCOOLIFY 2の違いを比較!

ここでは、COOLiTEと上位モデルのCOOLIFY 2の違いをざっくり比較します。もっと性能が良いネッククーラーが欲しい人の参考になれば・・!

モデルCOOLiTECOOLIFY 2
外観COOLIiTECOOLIFY 2
カラーグレー
ゴールデン
ブラック
ホワイト
ブルー
カーボンブラック
折畳式ー(専用ケース付き)
バッテリー容量4,000mAh5,000mAh
4,000mAh
ファンの数/回転数4個/6,500rpm2個/5,000rpm
風速(最大)4.0m/s2.0m/s
連続運転(最長)14時間20時間
下向きの風口
出風モード
冷却/加熱モード
体感温度(最大)−16度−16度
AI温度管理
重量約339g約404g
価格12,980円26,800円
COOLiTEとCOOLIFY 2の違い

COOLiTEとCOOLIFY 2の大きな違いは、「折りたたみの有無」「オールシーズン使えるかどうか」「価格」の3点が大きく異なります。

COOLIFY 2は、倍以上の価格なだけあって、夏だけでなくオールシーズン使えることが特徴的。内側にパッドが付いているので真夏はもちろん、ちょっと肌寒い時でも活躍してくれます。

冷却/加熱モードに切替できるパッド付き
冷却/加熱モードに切替できるパッド付き

また、5,000mAhと非常に高いバッテリー容量があるので、「充電する頻度を少しでも減らしたい」人にもCOOLIFY 2はおすすめです。

Yuma

あとは肝心の「涼しさ」ですが・・僕の肌感でいうと、清涼感はどちらも一緒でした

ただし、COOLiTEは、1万円弱で買える手軽さと折りたたみ式という点が魅力の一つ。

パワフルな風量があるのにこのミニサイズ!
パワフルな風量があるのにこのミニサイズ!

バックの中にそのまま入れても邪魔になりませんし、コンパクトに収まるという点でも扱いやすさは満載。これなら外出先でも気軽に持ち運びできますよね。

COOLiTEがおすすめな人
COOLIFY 2がおすすめな人
  • 外出先で使う頻度が多い人
  • 夏限定で使いたい人
  • リーズナブルでコスパが高いネッククーラーが欲しい人
  • 自宅/オフィス内で使う頻度が多い人
  • オールシーズン使いたい人
  • 機能性が高く、長時間使えるネッククーラーが欲しい人

COOLIFY 2の詳細はこちらでレビューしているので、よろしければ合わせてご覧ください

まとめ:TORRAS ネッククーラー「COOLiTE」レビュー

ということで、TORRASのネッククーラー:COOLiTEをレビューしました。メリット・デメリットは次の通りです。

TORRAS:ネッククーラー COOLiTE
総合評価
( 5 )
メリット
  • 軽くてパワフルな風量を備えた「折りたたみ式」
  • 最長14時間使える4,000mAhのバッテリー容量
  • 首上だけでなく”首下”まで風が出る6つの風口を搭載
  • ほど良い強さで締め付けてくれるのでフィット感が高い
  • リーズナブルな価格
デメリット
  • 風量MAXは、周りの音に気付けないレベルの風音
  • 専用ケースは付属しない(別で用意する必要あり)
  • フル充電には約3時間と結構かかる

COOLiTEは、デザイン・機能面ともに優れたコスパが非常に高いネッククーラー。小さく折り畳めて持ち運びやすいところが僕的には大きな魅力を感じました。

持ち運びしやすいサイズ

ただし風量をMAXにすると、それなりに風音が大きいので使用シーンは限定的になるかと思います(ネッククーラー全般に言えることなんですが‥)。

最後に、COOLiTEが活躍するシーンをまとめました。

COOLiTEは、こんなシーンで活躍!
  • 真夏の熱中症対策として
  • 爽快感を味わいたい時やリフレッシュしたい時
  • 通勤・通学などの移動シーン
  • 自宅やオフィスで、エアコンまで付ける必要ないかな?という時
  • 暑さでマスク蒸れや化粧崩れが気になる時
  • キャンプ中に涼みたい時
  • スポーツ/トレーニング後にクールダウンしたい時
Yuma

COOLiTEは加熱モードが非搭載のモデルで、夏限定の使い方となりますが・・「ちょっと涼みたいな」というシーンでも活躍してくれます!

ということで、「ネッククーラーが気になってる!」という方はぜひ検討してみてはいかでしょうか。それでは、また!

TORRAS:ネッククーラー COOLiTEの評価
外観デザイン/質感
95点
機能性/使いやすさ
90点
価格
90点
総合評価
92点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら

上位モデルのCOOLIFY 2は、こちら

  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

10 − 5 =

Contents