MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

mokibo iPad Proケース「Fusion Keyboard」レビュー | キーボードをなぞるとタッチパッドになるiPadケースが斬新すぎました‥

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
Yuma

斬新すぎるiPadキーボード&ケースが登場しちゃいました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

今回紹介するガジェットは、mokiboの「Fusion Keyboard」。mokiboブランドの正規代理店である㈱ヤベツジャパンが販売しているiPadキーボード&ケースです。

mokibo:Fusion Keyboard
mokibo:Fusion Keyboard

「あぁ・・よくあるiPadキーボードでしょ?」と見えがちですが、実はコレ・・キーボードの下にタッチパッドが内蔵された斬新すぎるiPadキーボード。

こんな感じで、キーボード上でタッチ操作ができちゃいます

タイピングだけでなく、クリックやスワイプ・スクロールなど・・まるでAppleのMagic TrackPadが一体型になってしまったとんでもないアイテム・・!

今回メーカーよりサンプルを提供いただいたので、本記事では、mokiboのiPadキーボード&ケース「Fusion Keyboard」をレビューしていきます。

\応援購入は、こちらから/

本記事の内容(まとめ)
  • mokibo:Fusion Keyboard レビュー
    • 特徴、メリット、デメリットを紹介
Contents

mokibo : iPad Proキーボード&ケース”Fusion Keyboard”の「特徴」

mokibo : iPad Proキーボード&ケース"Fusion Keyboard"の「特徴」

今回紹介する商品は、クラウドファンディングサービス”Makuake“で応援購入できるmokiboのiPadカバー『Fusion Keyboard(フージョンキーボード)』

グローバルファンディングで累計9,380万円を達成し、再び日本に戻ってきた大人気アイテムです。

特徴をざっくりまとめると、次の通りです。

mokibo:Fusion Keyboardの特徴
  • iPad Proで使える4-in-1キーボードケース
    • キーボード+タッチパッド+ケース+スタンドの一体型モデル
    • キーボード下にタッチパッドが内蔵
    • 驚きの超薄型設計(6.8mm)
    • 最大90日使える長時間バッテリー内蔵(2時間の充電/節電状態で)
    • マルチペアリング対応(最大3台までのデバイスを接続可能)
    • 生活防水機能を搭載
  • 互換性
    • iPad Pro 11インチ
    • iPad Pro 12.9インチ
  • 価格
    • 14,080円(iPad Pro 11インチ)
    • 14,960円(iPad Pro 12.9インチ)

mokiboの「Fusion Keyboard」は、iPad Proで使える4-in-1モデルのキーボードケース。最大の魅力は、キーボードにタッチパッドが内蔵されていることにあります。

キーキャップ下に高感度センサーが搭載されてます
キーキャップ下に高感度センサーが搭載されてます

キーボード下にタッチパッドが内蔵されてることで、拡大や縮小・マルチタスク画面やホーム画面の表示など・・ジェスチャーコントロールに対応していることが特徴的。

ジェスチャーコントロールに対応
ジェスチャーコントロールに対応

これ凄くないですか?Apple純正のMagic Keyboardのトラックパッドは小さすぎるで有名ですからね・・。

キーボード全体にタッチセンサーが埋め込まれているので、純正とは比べ物にならないほどタッチ面積があります。

Magic KeyboardとFusion Keyboardの比較
上:Magic Keyboard、下:Fusion Keyboard

おまけにジェスチャーの種類も以下のとおり、結構豊富です!

マルチジェスチャー一覧
マルチジェスチャー一覧mokibo
Yuma

もはやMagic TrackPadが埋め込まれた・・と言っても過言でないほど、豊富なジェスチャに対応してます!

そして、キーボード⇔タッチパッド切替の自動変換にも対応

キーボードを打ちながら、タッチ操作する‥と馴染みある操作を当たり前にできちゃいます。言わずもがな、タッチパッド内蔵型ですからね・・こりゃ凄い。

特別な操作をすることなく、キーボード&タッチ操作を同時にできる
特別な操作をすることなく、キーボード&タッチ操作を同時にできる

さらに”iPad Pro用”といいつつ、WindowsやAndroidでも使えてしまうのが凄いところ。OSによってキー入力やジェスチャ動作が異なるので、FnF12キー同時押しでOSを切替えできちゃいます。

LEDランプの色で、OS毎に切替えできます
LEDランプの色で、OS毎に切替えできます

対応OSは、次の通りです

対応OS
  • iPad OS 13以降(LED:白色)
  • iOS 13以降(LED:白色)
  • macOS 9以降(LED:水色)
  • Windows 8以降/Linux(LED:青色)
  • Android 4.3以降(LED:緑色)
  • Samsung DeX(LED:オレンジ色)

またこのケースは、11インチと12.9インチiPad Proに対応してますが、全てのモデルに対応してるわけじゃないので、互換性には注意してください。

Fusion Keyboardが使えるiPadモデル
  • iPad Pro(11インチ)
    • 第1世代〜第4世代
  • iPad Air(10.9インチ)
    • 第4世代、第5世代
  • iPad Pro(12.9インチ)
    • 第4世代〜第6世代

本記事では、iPad Pro 11インチ(第2世代)を使ってレビューします

Yuma

ということで、まずは外観デザインから見ていきます!

mokibo:iPad Proキーボード&ケース「Fusion Keyboard」レビュー

開封〜同梱品など

今回先行レビューさせていただいたので実際のパッケージは異なるかもしれませんが・・商品を注文すると、硬めのダンボールで梱包されたシンプルなパッケージで送られてきました。

スクロールできます
梱包パッケージ1梱包パッケージ2(表面)梱包パッケージ2(裏面)
梱包パッケージ

韓国製品ということで日本語の取説は付属してきませんが、オンラインでマニュアルが用意されてるので、使い方で困ることはないかな?といった感じ。

取説:MKB402-UNIVERSIAL オンラインマニュアル

Magic Keyboardを感じさせるスタイリッシュなデザイン

Fusion Keyboardの外観は、まるでMagic Keyboard・・を感じさせるスタイリッシュな仕上がり。iPadを挟み込むタイプで、この間にiPadを収納します。

見開きタイプ
見開きタイプ

キーボード部分は、iPadを立て掛ける為のスリットが入ってます。もう一方は、iPadを引っ付ける為のマグネット+複数のスリットが入ってます。

キーボード部分
キーボード部分
iPadを保護してくれるマイクロファイバーのような触り心地
iPadを保護してくれるマイクロファイバーのような触り心地

こちらは、反対側。シリコンに近い感触でツルツルしていて、埃も付きにくい素材となってます。このまま持ってもガッチリホールドできるほど指に良く馴染む感じ・・!

表側
表側

色合いは、Magic Keyboardのブラックよりも深めのブラックといった感じ。シックな印象をより強く感じられますし、個人的にはこのカラーは好み。

Appleとmokiboの色合いを比較
左:Apple、右:mokibo

実際にiPadを装着すると・・このようにiPadの側面までは保護できませんが、画面やカメラ枠をしっかりと覆ってくれてます。

カメラユニットを傷つけないように縁高の設計となってます
カメラユニットを傷つけないように縁高の設計となってます

厚みは、たったの6.8mm。薄すぎでした・・

キーボードやタッチパッド・スタンドが内蔵しているにも関わらず、なんと厚みは「6.8mm」と驚きのサイズ感を持ってます。

タッチパッド内蔵でこの薄さよ・・
タッチパッド内蔵でこの薄さよ・・

Magic Keyboardは勿論、iPadキーボードの中でもトップレベルの薄さです。ケース一体型のデザインなので、専用ポーチもいりませんし、バックに入れてもかさばらないのは好印象!

ちなみに重さは、11インチで約420g。12.9インチで、650gとそれなりに重さはあります。

※実測値
※実測値
Yuma

iPad Pro(11インチ)と合わせると、余裕で1kg近くなりますが、この辺はトレードオフということで・・

3段階に角度調整できるスタンド付き

Fusion Keyboardは、スタンドモード(縦・横置き)とPencilモードで最大3つの角度に調整できるスタンドが付いています。

スタンドモード(横向き):55度
スタンドモード(横向き):55度

iPadって必ず”タッチ”するシーンが出てくるので、Magic Keyboardだとキーボード⇔画面タッチの切替えが地味に煩わしいんですが・・。

対してFusion Keyboardは、キーボードと画面の距離が近いので切替えが楽ちん。

画面とキーボード間の移動がしやすい!
画面とキーボード間の移動がしやすい!

2つ目のPencilモードは、その名の通りデザインするのに最適なモードです。

Pencilモード:26.5度
Pencilモード:26.5度

これは良し悪しがあって、Pencilを宙に浮かして使うには全然良いんですが・・iPad画面に小指の付け根を当てる人は、手がキーボードと干渉することがあります。

キーに手が当たっちゃう・・
キーに手が当たっちゃう・・

Pencilでブラウジングする分には全然問題ありませんが、ガッツリデザインする人にはこのモードは少し微妙かもしれません・・。

続いて3つ目のモードは、ちょっと変わった縦置きもできちゃいます。

スタンドモード(縦置き)
スタンドモード(縦置き)

スリットを折りたたんでiPadを立て掛けてるだけなんですが、見た目以上にフィットしていてガッチリ固定されてます。文章作成やネットサーフィンなど・・縦画面でiPadを楽しみたい人におすすめ!

マルチメディアキーを搭載したUS配列!

このキーボードは”US配列”なんですが、なんと嬉しいマルチメディアキー(Fn)が搭載されてます。

US配列+Fnキーを搭載!
US配列+Fnキーを搭載!

Fnキーの機能割り振りは、次のとおりです

Fnキーの機能割り振り
  • Esc:ホーム画面に移動
  • F1:マイクOFF
  • F2:カメラOFF
  • F3〜F5:音量調整(ミュート、UP、DOWN)
  • F6:仮想キーボードのON/OFF
  • F7:スクリーンショット
  • F8:バッテリー残量の表示(LEDカラー緑:100~80%、黄色:79~30%、赤色:29~0%)
  • F9〜F11:ペアリングの切替
  • F12:OS切替
  • Del:OSとアプリが対応する場合に機能
  • Caps Lock:タッチパッドのON/OFF、初期化
Yuma

使い方は、FnF1~12を同時押しするだけ。Fnキーの有無で使い勝手がまるで違います・・!

そして、ちょっと独特で見慣れない赤色のスマートボタンも配置されてます。

独特な印象のある赤色のスマートボタン
独特な印象のある赤色のスマートボタン

基本的にこのボタンは「左クリック」に位置するボタンですが、他にもFnキーと同時押しすることで「右クリック」に、タイピング時では「スペースキー」として計3つの機能が搭載されてます。

Yuma

トラックパッドのように、確実にクリック感を味わえるのは地味に嬉しいボタンでした!

打鍵感や使い勝手はどうか?

Fusion Keyboardは、静電容量無接点タッチ方式を採用。キーストロークはほど良い沈み込みと丁度良い反発力があって、打っていて心地よさを感じられました。

(Magic Keyboardよりも)しっかりと押し返してくれる感触があります
(Magic Keyboardより)しっかりと押し返してくれる感触があります
  • 反発力:63g
  • 押し幅:1.5mm

「メカニカルのようなカチカチ音が苦手‥」「静かなタイピング音が好み」な方と相性が良い感じ。静音ですし、ほど良い打鍵感を味わいたい人におすすめできそうです。

※タイピング音が出ます

ちなみに各キーのサイズは、実測値で”15.0mm”(11インチの場合)。Magic Keyboardとほぼ一緒のサイズでした。

キーサイズはほぼ一緒でした
キーサイズはほぼ一緒でした

ジェスチャーコントロール搭載のタッチパッド搭載

本キーボード最大の魅力・・ジェスチャーコントロールに対応した内蔵型のタッチパッドが搭載してます。

スクロール・スワイプ、拡大・縮小、ホーム画面の表示など‥様々なジェスチャ操作をキーボードエリア全面で操作できます。

ジェスチャーコントロール搭載のタッチパッド搭載
この面全てをタッチ操作できるなんて凄すぎ

また誤動作を防ぐために、よく使う側(左右)のタッチパッドを指定可能。右利きの人は右半分だけ、左利きの人は左半分だけタッチ領域を限定させることができます。

とは言いつつ、タッチ領域が制限されるわけではなく、指定されたタッチ範囲を超えてもドラッグとジェスチャーを自動認識してくれるので、キーボード全面を使ってタッチ操作することができるとのこと。

右半分だけ領域を指定しても、キー全面をタッチ操作できる
右半分だけ領域を指定しても、キー全面をタッチ操作できる

よく考えられてますよね・・おまけに、キー入力⇔タッチ動作を自動認識するモード変換も搭載してるので、どんなに早くタイピング&タッチしてもOK。何ら問題なくスムーズに操作できます!

最大90日間使える長時間バッテリーを搭載

Fusion Keyboardは、USB-Cで充電するバッテリー内蔵タイプ。キーボード右側面のUSB-C端子にケーブルを差し込み充電して使います。※ケーブルは付属しません

最大90日間使える長時間バッテリーを搭載
本体の充電はここから

本体に電源スイッチがなく、カバーの開け閉めで自動的に電源ON/OFFを識別してます

バッテリー持続時間は、2時間の充電で「最大60時間」、節電状態だと「最大90日間」とものすごい容量を持ってます。※節電状態=20分間入力がないと自動的に節電状態になる

ただし、Magic Keyboardのように”Smart Connector”は非搭載。絶対充電しなければいけない手間はありますが・・たった2時間の充電で60時間も使えるならそれほど気にしなくてもいいかな?と思いました。

少しくらい水をこぼしてしまっても大丈夫

そして、驚きの生活防水機能も搭載してます。

生活防水機能を搭載

水はまだしもコーヒーをこぼしたら絶望しちゃいますが、48時間乾燥させれば何ら問題なく使えるとのこと。これは個人的に地味に嬉しい機能!

まとめ : mokibo iPad Proキーボード&ケース「Fusion Keyboard」レビュー

ということで、mokiboのiPad Proケース「Fusion Keyboard」をレビューしました。メリット・デメリットは次の通りです。

mokibo:iPad Proキーボード&ケース「Fusion Keyboard」
総合評価
( 4 )
メリット
  • タッチパッドが搭載した斬新すぎるiPad Proキーボードケース!
  • 6.8mmと驚異の超薄型設計
  • 最大90日使える長時間バッテリーが搭載
  • Magic Keyboardの1/3以下で購入できるほど安い!
  • 豊富なジェスチャーコントロールに対応
デメリット
  • タッチ感度はめちゃくちゃ高いわけではない
  • バッテリー内蔵型なので、充電する手間はあり
  • キー配置が独特なので、慣れるまでは時間がかかるかも

タッチパッドが内蔵していることも斬新過ぎますが、なによりもスタンド+ケース+キーボード+トラックパッド(マウス)がコレ一台で全部カバーできちゃうところが最大の魅力。

mokibo:Fusion Keyboard
Yuma

全部揃えるとなるとそれなりにお金がかかっちゃいますし、コレ一台で済むのは万々歳!

最後に、ちょっとだけ気になった点を挙げると、タッチ感度はそこまで高いわけではありません。指1本でスクロールする分にはしっかり認識してくれますが、複数の指の動作(ホームへ戻ったり、1つ前のアプリに戻るなど)は、認識しないケースが少しだけありました。

また、3本指で左右にスワイプするとドック画面を表示できますが、この表示に(体感)0.5~1秒ほど時間がかかるので、急いでいる時のこのラグはちょっとストレスでした‥。

Magic TrackPadのようにスイスイッと切替できるのに慣れてる人は、ちょっと扱いづらさいがあるかも?ただし、これだけ機能が多いキーボードは希少ですし、なによりもお値段がお手頃なのが嬉しい‥!

  • Magic Keyboard高すぎだろ・・
  • iPadをPCライクのようにガンガン使う人
  • タッチパッド搭載のiPadキーボードケースが欲しい!

そんな方にはぴったりなiPadケースとなってますので、気になっている方の参考になれば幸いです!

mokibo:Fusion Keyboardの評価
外観デザイン/質感
88点
機能性/使いやすさ
95点
価格
98点
総合評価
94点

このWebサイトでは、Appleデバイスガジェットなどのレビューを発信しています。

SNS(XInstagram)も更新してますので、フォローしていただけると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 応援購入は、こちから!
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

16 + six =

Contents