Amazonで商品を購入する方は必見!

 

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。
月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

 

新しい読書のスタイルは、"耳”で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

Apple Watchの「おやすみモード」について知りたい方へ。

Apple Watchのおやすみモードを有効にすることで、電話・メールなどの着信通知を停止することができます。

就寝時などしっかりと睡眠を取りたい時や、仕事・作業に集中したい時に時間・場所を指定して、モードを切り替えすることができる為、Apple Watchユーザーであればぜひ覚えておいてほしい機能の一つです。

本記事では、Apple Watchの「おやすみモード」とは?をはじめ、アラーム通知は鳴るのか?など解説をしていきます。

 

本記事の内容まとめ
  • Apple Watchの「おやすみモード」を解説
  • おやすみモードでもアラーム通知は鳴るのか?解説
  • おやすみモードの設定方法を解説

 

【Apple Watch】おやすみモードとは?アラーム通知は鳴る?解説

 

「おやすみモード」とは?

Apple Watchのおやすみモードとは、電話・メッセージなどの着信(通知)が届いても、着信音や通知音・バイブレーションをオフにすることができる機能のことです。

名前の通り“睡眠を妨げない“ように、着信などの通知をオフにするモードのことで、睡眠中以外にも映画館や大切な打合せなどで、通知が届くと困るケースにも役立つ機能となります。

おやすみモードを有効に設定すると、AppやApple Watchの文字盤の上部に「三日月マーク」が表示されます。このマークがiPhoneやApple Watchのに表示されている間は、おやすみモードが有効になっています。

また、時間を指定して設定することが可能で、今から大事な会議・作業に集中したい時などにもうまく活用することができます。

 

おやすみモードでも「アラーム通知」は鳴るの?

おやすみモードに設定していても、アラーム通知は鳴ります。

おやすみモードを有効にした時は、電話/メールやLINEなどの着信(受信)音・バイブレーションがオフになりますが、アラームは通常通り有効(音が鳴る)となりますので、寝過ごす心配は不要ですね。

また、おやすみモード中に着信や通知が届いた際は、iPhone上に履歴がしっかりと残りますので、しっかりと睡眠を取りたい時に役立つ機能です。

 

おやすみモードの設定方法

Apple Watchでおやすみモードを有効にする方法は、「コントロールセンター」または「設定」アプリを使って、おやすみモードの切り替えをすることが可能です。

 

「コントロールセンター」からオンにする方法

コントロールセンターからおやすみモードをオンにする方法は、Apple Watchの文字盤を表示して、画面を下から上にスワイプして「コントロールセンター」を起動します。

コントロールセンターから「おやすみモードアイコンをタップして、おやすみモードを「オン」に選択することで、切替完了です。

 

また、この際に「オン」「1時間オン」「今日の夜までオン」「ここを出発するまで」「イベント終了時までオン」の5種類からおやすみモードを有効にする時間を選択することができます。

  • オン:常時おやすみモードが有効(オン・オフに切り替えるまで)
  • 1時間オン:1時間だけおやすみモードが有効
  • 今日の夜まで:午後7時までおやすみモードが有効
  • ここを出発するまで:今いる場所を離れるまでおやすみモードが有効
  • イベント終了時までオン:イベント(予定)の終了時間までおやすみモードが有効

 

「設定」アプリからオンにする方法

設定アプリからおやすみモードをオンにする方法は、「設定」アプリを起動→「おやすみモード」を選択し、おやすみモードを「有効」にすることで、切替完了です。

設定アプリ内では、おやすみモードにする時間帯を自由に選択することが可能です。

また、ワークアウト中におやすみモードを有効(=通知を停止)にするかどうかも設定可能です。

 

iPhoneとApple Watchで同じ設定内容を反映可能

iPhoneとペアリングしているApple Watchで、おやすみモードの設定をお互いに反映することが可能です。

iPhoneでおやすみモードを有効にすると、Apple Watchでもおやすみモードが有効になります。

Apple Watchでおやすみモードを有効にすると、iPhoneでもおやすみモードが有効になります。

 

設定方法としては、iPhoneの「Watch」アプリを起動し、「一般」「おやすみモード」から、"iPhoneを反映"を「有効」にすることで設定完了です。

 

 

また、iPhone版のおやすみモードについて、以下記事にも記載していますので気になる方は参考にしてみて下さい。

 

まとめ:【Apple Watch】おやすみモードとは?アラーム通知は鳴るのか?解説

以上、Apple Watchのおやすみモードについての解説記事でした。

記事のポイントをまとめていきます。

 

本記事のポイントまとめ
  • おやすみモードとは、電話・メッセージなどの通知をオフにしてくれる機能
  • 時間を指定したり、ワークアウト中にもおやすみモードを有効にする設定が可能
  • おやすみモードでも、アラーム通知は有効(朝も安心!)

 

今回紹介した商品はこちら

 

【AppleWatch】はじめに覚えておくべき基本操作

 

【AppleWatch】購入後にすべき8つのおすすめの初期設定

 

AppleWatchの小ネタ・活用テクニック10選

 

AppleWatchのおすすめバンド10選

Amazonギフト券は、現金チャージがお得!

 

Amazonギフト券に現金をチャージして買い物をすると、
Amazonポイントが「最大2.5%」もポイント付与されます!

 

Amazonで商品を購入するときは、ぜひチェックして下さい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事