【ユウボク東京】デイズポーチをレビュー|ガジェットポーチはこれ一択!機能性・収納力・コンパクトさ共に最高な一品

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

ノマドワーカーには欠かせないアイテムが「ガジェットポーチ」。PC周辺機器やアクセサリーなどのガジェットを収納するには欠かせないアイテムの一つですね。

しかし、ガジェットポーチは種類が豊富で、どれを買えばいいか迷う人は多いはず。また、機能性・収納力・サイズ感など…選ぶ項目も多くさらに迷いやすいもの…。

そこで、今回レビューする商品は、渋谷発のブランド”ユウボク東京”から発売されている大人気の『デイズポーチ』

ユウボク東京:デイズポーチ

私は数あるガジェットポーチを使ってきましたが…、このデイズポーチは、機能性・収納力・コンパクトさが全て揃った”過去No.1ガジェットポーチ”自信を持っておすすめできる優秀なポーチでした。

  • 一番おすすめのガジェットポーチを知りたい!
  • カフェ・コワーキングスペースなどの狭い場所でも使えるポーチが欲しい!
  • 大容量でコンパクトなポーチが欲しい!

ということで、本記事では、上記のような悩みを全て解決してくれるポーチ「ユウボク東京のデイズポーチ」をレビューしていきます。

本記事は、ユウボク東京様から商品を提供いただき作成しています

本記事の内容(まとめ)
  • ユウボク東京:デイズポーチをレビュー
  • ユウボク東京:デイズポーチの「メリット、デメリット」を紹介
  • 「他社おすすめポーチ」を比較紹介
Contents

【ユウボク東京】デイズポーチをレビュー|ガジェットポーチはこれ一択!機能性・収納力・コンパクトさ共に最高な一品

ユウボク東京:デイズポーチの「特徴」

今回紹介する商品は、自由な働き方をふまえたワークスタイルブランド展開する”ユウボク東京“の『デイズポーチ』。

ユウボク東京「デイズポーチ」の特徴は、次の通りです。

ユウボク東京:デイズポーチの特徴
  • 立てられる”自立型”のガジェットポーチ
  • 9つのポケット搭載で、ガジェット・仕事道具を小分け収納できる
  • デスク上に置いても場所を取らない“コンパクト”なサイズ設計
  • カラバリは、“5色”と豊富
  • 価格は、“4,378円”で購入できる

ユウボク東京の「デイズポーチ」は、クラウドファンディングサイト”Makuake“で大注目を浴びて製品化されたガジェットポーチです。

ユウボク東京:デイズポーチ
同梱品(ガジェットポーチ本体)

一般的なポーチは横置きタイプが多いですが、デイズポーチは、縦・横起きどちらにも対応しています。

ユウボク東京:デイズポーチ
縦置きは、デスク上にも置いても場所を取らず省スペースです

縦置きに対応しているおかげか、小さくてコンパクトなサイズであるのに、9つのポケット搭載収納力はかなり高めです。

カラバリは「5色」と豊富ですので、手持ちのリュック・カバンに合うデザインを自由にチョイスできます!

スクロールできます
カラーネイビー・グレーブルー・ターコイズブラック・ブラウングレー・モスグリーンブラック
外観デザインネイビー・グレーブルー・ターコイズブラック・ブラウングレー・モスグリーンブラック
カラバリは、5色

生産終了カラー:アッシュブルー・ワインレッド、モードブラック、パープル・ネイビー、ベージュ・テラコッタ、タフ・シルバー

本記事で紹介するカラーは「グレー・モスグリーン」です

スマートでミニマルな「デザイン」

ユウボク東京:デイズポーチの外観は、ポケットで色合いが分かれたバイカラー構成で、スマートでミニマルなデザインが特徴的。

ユウボク東京:デイズポーチ
主張しすぎないロゴもミニマルな印象を与えてくれます

“ノマドワーカーの為に作られたポーチ”ということで、仕事道具・ガジェットをメインに収納できるポーチですが、ぱっと見からとにかくオシャレ

ユウボク東京:デイズポーチ
シンプルなデザインのAppleデバイスとも相性良し

“自立型”ですので、限られたデスクスペースでも場所を取らずに、必要なモノをさっと取り出すことができます。

ユウボク東京:デイズポーチ
口金のワイヤフレームが入っているので、”がまぐち”のようにカパッと開いて取り出しやすいです

自立できるように、底面はフラットな仕上がりとなっています。

ユウボク東京:デイズポーチ
底面

カフェ・コワーキングスペースで置いても邪魔にならず省スペースです

コンパクトな「サイズ」だが、縦幅は少し長め

デイズポーチのサイズは「縦17cm×横幅19cm×厚み8.5cm」で、iPhone 12 Proとほぼ同じ高さ。一般的なガジェットポーチより、横幅はコンパクトですが、縦幅が少し長めです。

ユウボク東京:デイズポーチ
横長ではなく、”正方形”に近いサイズ感

重量は、「約170g」と少し重めですが、バックinバックとして使えば、持ち運びには気にならない重さです※縫製品の為、個体により若干の相違があります

9つのポケット搭載より、小分け可能で「収納力」が高い

収納力
低い
1
2
3
4
5
高い

ユウボク東京:デイズポーチは、“9つのポケット”搭載で、小分け収納ができる収納力の高さが魅力的。

ユウボク東京:デイズポーチのポケット内訳
  • 前面ポケット×2(内ポケに、ジッパー付き)
  • 裏面ポケット×1
  • 内面ポケット×6
    • 大きなポケット×1
    • 小さなポケット×4
    • ジッパー付きポケット×1

前面ポケットには、ジッパー付きの内ポケを搭載しているので、落としたら困るSDカードやUSBメモリなどの小物を収納するにはぴったり。

ユウボク東京:デイズポーチ
ジッパーは引っ掛かりもなくスムーズです

欲しいモノをサッと取り出せる手軽が良いです

裏面ポケットは、ほど良い深さがあるので折りたたみ財布などの小物収納に最適です。アクセスしやすい点が本当に使いやすいです。

ユウボク東京:デイズポーチ
裏ポケット

内面ポケットは、計6つのポケット(大×1、小×4、ジッパー付き×1)搭載の大容量タイプ。

ユウボク東京:デイズポーチ
6つの内面ポケット

参考に、私が普段持ち歩いているガジェット(+α)を収納してみます

これだけのガジェットを入れても、まだまだ余裕が出るほど、収納スペースはとにかく広いです。しかも、このサイズ感で

数あるガジェットポーチを使ってきましたが、これだけのサイズ感でこのコンパクトさには驚愕です。

ガジェットポーチの決定版とも言えるほど、まさにノマドワーカーに最適なポーチです

また、ガジェット・日用品のみの収容だけではなく、ミラーレス一眼レフカメラ+ズームレンズもピッタリ収納できます。

ミラーレス一眼レフカメラも収納できる
カメラは、SONYのα6400

デイズポーチは、同ブランド”ユウボク東京”の「デイズリュック」内にピッタリ収まるサイズ感で作られているので、カメラ収納ポーチとしても使うことができます。

ユウボク東京:デイズポーチとデイズリュック
デイズリュックにデイズポーチをぴったり収納できます

型崩れがしにくい「ポリエステル素材」を採用

デイズポーチの素材は、ポリエステルが使われているので、縮みや型崩れがしにくく、耐久性が高いことが特徴的。

ポリエステル素材を採用
縫製の作り込みも精確で、ほつれの心配も不要です

カラー”タフ・シルバー”は、ナイロン素材で

「防水性」は無いが、軽い水濡れ程度であれば問題なし

デイズポーチに防水性能はありませんが、ポリエステル素材ですので、軽い水濡れであれば撥水してくれます。

撥水加工有り
霧吹きで吹きかけると撥水されてることが分かります(見えやすいように明るさ調整してます)

一応、メインポケットのファスナーは、止水ジッパーが採用されていますが、防水性能はありません

止水ジッパーを採用
バックinバックとして使えば、防水仕様は気にする必要がありません

ダブルファスナー+引き手付きで「操作性」は快適

デイズポーチのメインポケット開閉部は、左右どちらかも開閉できる“ダブルファスナー”を採用しています。

ダブルファスナーを搭載
左右どちらでもスムーズに開閉可能

さらに、ファスナーの”引き手”が付いているので、指を掛けやすくスムーズに開閉できます。

便利な引き手付き

この”引き手”がとにかく便利。ポーチを使うたびに何度も開閉しますが、ストレスを感じません。こんな細かい配慮もされているなんて、使う人の立場を考えられていて感動ものです。

そりゃあクラファンで目標金額の2,974%も達成しますよね…

「付属アクセサリ」も販売中

ちなみに、デイズポーチの付属アクセサリとして、ポーチを開けっ放しにできる「マグネットクリップ(別売)」も販売されています。

このように、ポーチの両端に挟み込んで使います

デスク上にポーチを広げたまま出し入れする瞬間って結構あるものです。値段も”770円/2個セット”と安いので、一緒に持っておくとなにかと便利ですよ。

ユウボク東京:デイズポーチの「メリット、デメリット」を紹介

ユウボク東京:デイズポーチの「メリット、デメリット」
メリット
デメリット
  • 立てられる”自立型”ポーチ
  • “がまぐち”で視認性が高い
  • 大容量+コンパクトなサイズ
  • ミニマルでスマートなデザイン
  • 価格が少し高い
  • ポーチの持ち手がない

ユウボク東京:デイズポーチの「メリット」

ユウボク東京:デイズポーチの最大のメリットは、デスク上に立てられる”自立型”ポーチであること。

カフェやコワーキングスペースのような狭いデスクでも、設置スペースを気にせずに置けるのは、本当に使い勝手が良いです。

ユウボク東京:デイズポーチ
デスク端に置いても違和感がなく、スタイリッシュなデザイン性も良い

また、ペン立てのように立てられるので、ぱっと見で中身がすぐ分かり視認性も高いです。

ユウボク東京:デイズポーチ
がまぐち財布のように大きく開くので、ガジェットをすぐに取り出せる

中身が一目で分かるのは超便利なんですよ。Amazonで大人気の一般的なガジェットポーチは仕切りが少なく、ガジェットが動いてしまうポーチが多いです。

エレコム:ガジェットポーチ
Amazonで人気のエレコムポーチ

普通はファスナーで完全に閉めきるタイプが多いので、カバンに収納せざるを得えません…。その度にカバンからポーチを出して…を繰り返すと効率悪いですよね。

対してデイズポーチは、ガジェットや日用品を収納するのに適した小ポケットが付いているので、必要な時に必要なモノをすぐに取り出せます。

ユウボク東京:デイズポーチ
毎回使うものだからこそ、瞬時に取り出せるのは効率改善に繋がります

ガジェットを綺麗にまとめて収納できる”ポケット”も豊富で、収納性能が高いです◎

“ノマドワーカー専用の仕事道具整理ポーチ”として開発されたのもあり、狭いスペースで使うのも○。コンパクトなサイズですので、ガジェットだけではなく日常ポーチとしても十分に活躍するポーチです。

大容量で自立型であることが、一番のおすすめポイントです

ユウボク東京:デイズポーチの「デメリット」

対して、デイズポーチのデメリットは、一般的なガジェットポーチの価格が、”1,500円〜3,000円未満”が多い中、価格が「4,378円」と少し高めであること。

とは言っても、(完全に持論ですが)一般的なガジェットポーチを買うよりは、もう少し(1,000円〜2,000円)お金を出してでも、デイズポーチを買うべきだと思っています。

理由は、数あるガジェットポーチをたくさん使ってきましたが、一番満足度が高く、納得のいくガジェットポーチが「デイズポーチ」であったから。

ガジェットポーチたち
これだけ使ってきましたが、デイズポーチが一番満足度が高いです

一般的なポーチより高めですが、価格以上の価値があるポーチだと思っています

また、もう一つ気になる点としては、デイズポーチは持ち手が無いので、手だけで持つと落下する可能性があります。

ユウボク東京:デイズポーチ

ノマドワーカー向けのポーチなので、利用シーンは”デスク”で持ち手が必要ないからだと思いますが、個人的には持ち手があるとよかったです。

ちなみに、生産終了品(在庫限り)となりますが、デイズポーチよりもひと回り小さく、ショルダーポーチとしても使える「デイズポーチリモード」も販売中です。

持ち手が気になる人は、肩紐でぶら下げて使うことで、作業スペースを広げることができますよ。

他社おすすめポーチを比較紹介【ガジェットポーチ】

本記事では、ユウボク東京:デイズポーチを紹介しましたが、他社製品もガジェットを収納できるポーチは数多く販売されています。

以下に、私も実際に使っているおすすめのガジェットを厳選して紹介します!ガジェットポーチ選びの参考になれば幸いです。

スクロールできます
商品名ユウボク東京 デイズポーチLiberFlyer mono-XUGREEN ポーチ無印良品 ポーチIncase Nylon Accessory Organizerエレコム BMA-F01Xサンワダイレクト 200-BAGIN006Amazonベーシック ポーチasoboze 防水ポーチ無印良品 サコッシュ
デザインユウボク東京:デイズポーチLiberFlyer mono-XUPGREEN ポーチ無印良品 ポーチIncase Nylon Accessory Organizer
エレコム ポーチサンワダイレクト ポーチAmazonベーシック ポーチasoboze 防水ポーチ無印良品:サコッシュ
特徴狭いスペースにも置ける自立型男女問わず使いやすいスマートなデザインSSD,HDDを収納しても安心なハードポーチ1,000円以下で買える高機能ポーチAppleデバイスの収納に最適なポーチガジェットを傷つけない起毛素材を採用安くて大容量の大人気ポーチ多用途で使えるAmazonの大人気ポーチ防水性のあるミニマリスト向けポーチショルダーストラップ式のポーチ
素材ポリエステル、ナイロンナイロンEVA+300DポリエステルナイロンポリエステルポリエステルEVAポリエステルポリエステル
収納
耐衝撃性
防水性ー(撥水)ー(撥水)ー(撥水)
カラバリ5色3色1色2色1色3色2色1色3色5色
重量約170g200g220g70g150g100g76g272g24g80g
価格約4,400円約2,400円約2,000円990円6,380円約1,300円1,580円約1,200円約2,700円990円
比較表:ガジェットポーチ

「ガジェットポーチ」まとめ記事はこちら

まとめ:【ユウボク東京】デイズポーチをレビュー|ガジェットポーチはこれ一択!機能性・収納力・コンパクトさ共に最高な一品

以上、ユウボク東京:デイズポーチのレビュー記事でした。

最後に、ユウボク東京のデイズポーチがおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • ノマドワーカーや出張が多い人
  • カフェやコワーキングスペースで作業する人
  • 持ち歩くガジェットが多い人
  • ガジェットポーチで失敗をしたくない人
  • とにかく安いポーチがほしい人
  • 外出せずに自宅での作業が多い人
  • 持ち歩くガジェットが少ない人

個人的には、過去No.1ガジェットポーチと自信を持っておすすめできるほど、非常に満足度が高いガジェットポーチでした。

外出時はもちろん、自宅・オフィスでもガジェット収納入れとして、デスク上に常設する使い方もありかなと思ってます。

ガジェットポーチで失敗したくない人は、少しお高めですが、ユウボク東京のデイズポーチを選べば間違いない一品だと思います!

それでは、本記事は以上です。

ユウボク東京:デイズポーチの評価
外観デザイン/質感
95点
収納力
95点
持ち運びやすさ
84点
価格
80点
総合評価
89点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 立てられる”自立型”ガジェットポーチ
  • がまぐちタイプで視認性が高く、必要なモノをさっと取り出せる
  • 9つのポケットを搭載し、小分け収納が可能
  • 価格は、4,378円で購入可能
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

9 + twenty =

Contents
閉じる