Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
プロフィール背景画像
ゆうまの画像
ゆうま
Web系の仕事をしています「ゆうま」と言います【IT系ブロガー】。
空気が綺麗な田舎「北陸」に住んでいます。
Apple・アプリ・ガジェット・流行なモノなどについて、ゆるーくブログを書いています📱

【ClassicEditor】WordPress version5.0を旧編集画面に戻す方法。

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ブロガーのゆうまです(@yuLog_jp)。

12月7日に、WordPressのVersion5.0がアップデートされました。

Ver5.0では、新しいエディターである「Gutenberg(グーテンベルク)」が採用されています。

ねこのアイコン画像ねこ
Version5.0にアップデートしたら、編集画面が大きく変わって使い方がわからない…
ねこのアイコン画像ねこ
前の編集画面に戻したいけど、戻し方がわからない…

Ver5.0にアップデートすると、投稿記事のエディター画面が大きく変更されます。

 

WordPressで新しい編集画面を開くと、以下のような感じになります。(見づらいです…)

※当サイトのテーマは「Diver」を利用しています。

 

新エディター「Gutenberg」は操作方法が分からず、旧のエディターに戻したい!という方も多々いらっしゃると思います!

本記事では、元の編集画面に戻す方法『Classic Editor』プラグインの導入方法について紹介します!

 

Contents

『Classic Editor』プラグインのインストール

旧の編集画面に戻すプラグイン『Classic Editor』をインストールし有効化すれば、今まで利用していた編集画面に戻して利用することができます。

インストール方法

「プラグイン」「新規追加」より、”Classic Editor”と検索してください。

”Classic Editor”では検索されず、”Classic”と検索で出る時もあるそうです。

 

「今すぐインストール」「有効化」をクリックします。

既に『Classic Editor』を導入済みの方は、プラグインの更新をしておきましょう!

 

インストールと有効化が完了したら、サイドメニューの「設定」「投稿設定」より、『Classic Editor』が有効になっているか確認しましょう。

投稿一覧をみると、『Classic Editor』が選択できることが確認できます。

 

『Classic Editor』を選択し、投稿記事の編集画面に戻ると、旧の編集画面に戻って作業することが可能となります!

 

最後に

以上、WordPress version5.0を旧編集画面に戻す方法についての紹介記事でした。

WordPressのテーマによっては、新エディター「Gutenberg」に対応しないテーマもあると思いますので、しばらくはVersion5.0に更新しないコト。

または、『Classis Editor』プラグインを導入し、旧のエディターを使い続けることをオススメします!

Contents
閉じる