MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

Rasical GrowSpica Pro レビュー | ランバーサポート・フットレスト搭載で6万円台と驚きの高機能ワークチェアが快適すぎました

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

長時間のデスクワークは腰や身体に負担がかかりますよね。正しい姿勢でイスに座ることが大切ですが、同じ姿勢をずっと維持するのって本当に難しい・・。

そこで今回紹介するのは、人間工学に基づいて作られたRasicalの「GrowSpica Pro」。正しい姿勢を維持して集中力を高めてくれる高機能ワークチェアです。

Rasical:GrowSpica Pro
Rasical:GrowSpica Pro

GrowSpica(グロウスピカ)は、自分の体格にピッタリな位置に細かく角度調整できるだけでなく、腰をしっかりと支えて背骨をS字カーブになるように補助し、背筋をグッと伸ばしてくれる革命的なワークチェアです。

  • 毎日のデスクワークで腰や身体が痛すぎる・・
  • どうしても猫背になりがちで困っている・・
  • 長時間のデスク仕事は、腰や首が痛くて集中できない・・

そのような方にぴったりなワークチェアとなってます。今回メーカーよりサンプルを提供いただいたので、Rasicalの「GrowSpica Pro」をレビューしてきます。

Yuma

ちなみに僕はずっと2万円台のワークチェアを使ってきましたが、イスが代わるだけでこんなにも疲れ具合や集中力が違うのか‥と驚愕しました

高機能ワークチェアは10万円以上するものが多いですが、Rasicalのワークチェアは破格の6万円台。「10万円は出せないけど、今よりもうワンランク上のチェアが欲しい!」という方でもお求めやすい価格となってますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

2023年9月追記:新発売された新型アームレストも合わせてレビューしています

本記事の内容(まとめ)
  • Rasical:GrowSpica Proをレビュー
    • 特徴、メリット、デメリットを紹介
  • Rasical GrowSpica「Pro」「Elite」「Base」モデルの違いを比較
Contents

Rasical : 高機能ワークチェア”GrowSpica Pro”の「特徴」

Rasical : 高機能ワークチェア"GrowSpica Pro"の「特徴」

今回紹介する商品は、クラウドファンディングで3,778万円も支援された大人気ワークチェア『RasicalのGrowSpica Pro』

3,000円OFF!クーポンコード:A704MCSII8※5万円以上のお買い物で有効(Rasical公式サイト)

おおまかな特徴は、次の通りです。

Rasical:GrowSpica Proの特徴
  • 人間工学に基づいたデザイン設計→身体への負担を抑えて集中力UP!
    • 腰背部分がセパレート構造→椎骨や肩にかかる力を軽減!
  • 最大135度まで倒せるリクライニングシート
    • 2Dヘッドレスト+収納型フットレスト搭載
  • レバー1本で自由自在に位置調整が可能
    • 座面、座高、リクライニング
  • 4Dアームレスト搭載(高さ、前後、左右、斜めの角度調整)
  • PUホイールを採用した静音キャスター+ハンガー付き
  • カラバリ:2色
    • ブラック、ホワイト
  • 価格:69,825円

Rasicalのワークチェア「GrowSpica Pro」は、一般的に10万円以上する高級ワークチェアにも劣らない品質でありながら、なんと6万円台で買えてしまう高機能ワークチェア。

Rasical:高機能ワークチェア「GrowSpica Pro」
Rasical:高機能ワークチェア「GrowSpica Pro」

高機能チェアということで、自分の体格に合った位置へ自由にサイズ調整できますが、特筆すべきは・・人間工学に基づいて作られたデザイン設計であること。

一般的に、デスクワークをする時の正しい座り方というのは(↓のような)姿勢をするのが良いと言われてますが・・

正しい座り方
引用元:Rasical公式サイト

この姿勢を維持するのって、めちゃくちゃ大変じゃないですか。頭で分かっていても気が付いたら姿勢がだらん・・っとなるなんて日常茶飯事。

しかしGrowSpica Proは、弾力性のある独立可動式ランバーサポートを搭載しているので、首や腰が曲がらずに背筋をグッと伸ばして姿勢を維持してくれる・・そんなワークチェアとなってます。

可動式のランバーサポートを搭載
可動式のランバーサポートを搭載

さらに自分に合った姿勢に調整するために、座面や座高・リクライニングの調整を横にある”レバー1本”だけで調整できることも魅了的。

このレバーを前後左右に動かせば、位置調整が自由自在!
このレバーを前後左右に動かせば、位置調整が自由自在!

おまけに最大135度までリクライニングできるので、「ちょっと休みたいな・・」という時でも座ったまま(寝れるほど)くつろぎを体験できちゃいます。

足を伸ばせる収納型フットレストも付いてます
足を伸ばせる収納型フットレストも付いてます
Yuma

長時間デスクワークするとそりゃあ身体が痛くなるわけで・・。「ちょっと仮眠したいな」って時でも活躍してくれます!

また、チェア全体がメッシュ素材でできているので通気性も抜群。弾力性もあるので、お尻や太ももへの圧迫感が少なく腰への負担も軽減できることが特徴的です。

メッシュは、夏でも蒸れにくく涼しい!
メッシュは、夏でも蒸れにくく涼しい!

僕は2万円台のワークチェアからGrowSpica Proに乗り換えましたが、こんなに身体への負担を抑えられるのか・・と驚きを隠しきれないほどの違いを痛感してます。

カラバリは、王道の「ブラック」と「ホワイト」の2色が販売されてます

ブラックホワイト
ブラックホワイト
カラバリは、2色

本記事では、ブラックを紹介します

お値段は、7万円を下回る“69,825円”。Amazonでも購入できますが、Rasical公式だと3,000円OFFクーポン(コード:A704MCSII8)が使えるので、お得に安く買いたい方は公式ストアもチェックしてみてください。

\Rasical公式ストアでチェックする/

Yuma

ということで、デザインや座り心地はどうか?など細かくレビューしていきます!

Rasical : 高機能ワークチェア「GrowSpica Pro」レビュー

開封〜付属品、組み立てなど

まずは商品を注文すると、かなり大きめのダンボールで綺麗に包まれて届きます。重さは約28kg(包装込み)ととてつもなく重いので、2人以上で運ぶことをおすすめします。

スクロールできます
梱包簡易取説同梱品
梱包パッケージ
同梱品
  • イス本体
  • 説明書
  • 組み立てキット

同梱される”組み立てキット”の中身はこちら

組み立てキットの中身
組み立てツール一式、取説、手袋、お手紙

組み立てする為に、自分で用意しなければいけない工具は一切不要。驚くほど簡単に組み立てできますが、ケガしないように手袋が付いてくる気遣いは嬉しいですよね。

組立方法は、(↑のダンボールに記載がある)簡易取説の通りなんですが、QRコードを読み込むことでWeb上でもチェックできます。

5分で完成する「組み立て方法」は、こちら
STEP
キャスターとシリンダーをベースに取付ける

5つのキャスターをベースの穴に押し込んで、シリンダーをベースの穴に差し込みます。

キャスター×5とシリンダー
キャスター×5とシリンダーを・・
ベースに差し込みます
ベースに差し込みます
STEP
イス本体にベースを差し込む

(床を傷つけないようにダンボール等を敷いて)イス本体を横に倒した状態で差し込みます。

ベースとイス本体
ベースをイス本体に・・
差し込みます
差し込みます
STEP
ヘッドレストにハンガーを取付ける

(ヘッドレストを使う場合は)ヘッドレストをハンガーの支柱へ、側面を抑えながら差し込みます。次に、付属のネジとレンチを使ってハンガーを固定していきます。

ヘッドレストとハンガー
ヘッドレストにハンガーを差し込んで・・
ネジ留めしていきます
ネジ留めしていきます
STEP
ヘッドレストを背もたれに差し込む

先ほどのヘッドレストをイス本体の背もたれに差し込みます。

ヘッドレストを背もたれに差し込む
少し強めにグッと差し込みます
STEP
フットレストをイス本体に取付けて、完成!

フットレスト左右のパイプを(イス本体の)座面下の穴に差し込みます。次に、付属のネジとレンチを使って、パイプの後ろ側からフットレストを固定します。

フットレストとイス本体
フットレストを座面下の穴に差し込んで・・
2箇所をネジ留めすれば完成!
2箇所をネジ留めすれば完成!

以上で、組み立て完了です!!

Yuma

たった5ステップだけで、時間でいうとわずか5分程度で組み立て完了です!

イス本体は約21kgほどあるので・・持ち運びはさすがに一人だと不安ですが、この組み立てやすさであれば一人でも全然楽々。特殊な工具もいりませんし、女性でも組み立てやすい嬉しい設計となってます。

人間工学に基づいたデザイン設計

GrowSpica Proは、人間の使い勝手が良いように作業環境を設計・調整するための学問思考・・人間工学に基づいたデザインで設計されたワークチェアです。

チェア全体像

主に次のパーツで構成されてます

  • 高さや角度調整ができる「2Dヘッドレスト」
  • アウターを掛けられる「ハンガー」
  • 14段階(7cm)に高さを微調整できる「背もたれ」
  • 独立可動式の「ランバーサポート」
  • 奥行き6cm調整できる通気性の高い「座面」
  • 高さ・前後・左右・斜めに調整できる「4Dアームレスト」
  • 足を伸ばせる収納型「フットレスト」

高そうなワークチェアって”アルミ合金”が使われているものが多いですが、このチェアは、メッシュ+ポリマーナイロン素材をメインに使用。どのインテリアでも馴染みやすいようにオールブラックで色合いが統一されてます。

木目調を中心とした僕のデスク周りともオールブラックは相性が良い感じ・・!浮き出た感じや違和感もなくしっかりと馴染んでくれてます。

木目調のデスク周りとも違和感なし!
違和感なし!

また、頭や腰・お尻・足を支える部分が全てメッシュ仕上げ。長時間座っていると痛くなる”お尻”や”太もも”など・・圧迫しがちな箇所も柔らかくて弾力性のある素材が使われてるのは嬉しい・・!

サイズや重さについて

このワークチェアは、高さを調整できる昇降式。高さは、1,080〜1,328mmまで無段階で調整できるタイプとなってます。

サイズや重さについて
引用元:Rasical公式サイト

全体サイズ:幅518×奥行670×高さ1,080~1,328mm

各パーツの細かなサイズは、こちら
  • 座面
    • 高さ:46.5~58cm
    • 幅:51.8×奥行(67~70cm)
    • 奥行:60mm/5段階
  • アームレスト
    • 高さ:64~84.3cm
    • 高さ:8.5cm/17段階
    • 前後:5.5cm
    • 左右:2.5cm
    • 角度:内20°/外18°
  • ヘッドレスト:幅34×奥行14.5~21cm
  • 脚:半径34cm
  • キャスター:直径6.5cm
  • ランバーサポート調整範囲:奥行2.5cm/4段階
  • ヘッドレスト:高さ6.5cm、回転角度38度
  • 背面調整:高さ7cm/14段階
  • リクライニング:90~135度/4段階

耐荷重は、135kgまで対応してます

重さは、ワークチェア単体で21.1kgとそれなりに重さはあります。ただし各パーツは取り外せるので、「職場で使いたい!」時でも分解すれば全然一人でも持ち運びできる重さかな?と思いました。

もう少し補足すると、このチェアは”ポリマーナイロン”が使われるので、一般的なワークチェアと比較すると少しだけ軽めです。

アームレストやハンガー・脚など様々な箇所にポリマーナイロンを採用
アームレストやハンガー・脚など様々な箇所に使われてます

ポリマーナイロンは、一般的なナイロンよりも軽くて耐久性が高い特性があります。大きさの割には、移動やリクライニングしても全然ストレスを感じませんでした。

ちなみに、GrowSpica Proで使われている素材は次の通りです

パーツ素材
張地WINTEX製フルメッシュ
フレームポリマーナイロン+ガラス繊維+ポリプロピレン
アームレストポリマーナイロン+20%ガラス繊維+PU(ポリウレタン)CFCsなし
ハンガーポリマーナイロン+20%ガラス繊維
シャーシスチール
ポリマーナイロン+45%ガラス繊維
キャスターポリマーナイロン+PU(ポリウレタン)CFCsなし
シリンダーKGS製
GrowSpica Proで使われている素材
Yuma

多くのパーツでポリマーナイロンが使われているので、この軽さを実現できてる・・ってことですね!

可動式のランバーサポートを搭載!

GrowSpica Proには、正しい姿勢で座るために必須な”ランバーサポート”が搭載したチェアです。

可動式のランバーサポートを搭載!
背骨が緩やかなS字カーブになるように腰をサポートしてくれます

このランバーサポートがあると、腰を支える部分が突起してるので背骨がS字形状を描いてくれる。つまり、正しい姿勢を維持し続けられるので疲労を軽減できる・・という役割を持ってます。

Yuma

ただし、単にランバーサポートがあれば良し!って訳でもなく、個人の体格に合った角度や位置に調整してあげないと意味がありません

正しい姿勢で座るためのポイントは、腰にランバーサポートが自然に当たるように深く座ることそのために、レバーで座面の位置(奥行き)を前後に調整して、脚が床にしっかりとつけることが大切です。

背骨がキレイなS字カーブになるように深く腰掛けます
背骨がキレイなS字カーブになるように深く腰掛けます (引用元:Rasical

高級チェアでも座面を前後に動かせないタイプもありますからね・・。座面調整は「6cm」まで前後に動かせるので、自分が座りやすい姿勢で深く(浅く)腰掛けられます。

座面を「後ろ」に調整した場合
座面を「後ろ」に調整した場合
座面を「前」に調整した場合
座面を「前」に調整した場合
Yuma

正しい姿勢を維持することで、腰身体の疲れを抑えて集中力UP!!

細かな位置調整は「レバー1本」だけでOK

先ほどの座面調整は横に付いてるレバーでできますが、実はこのレバー・・「座面調整」に加えて「座高調整」と「リクライニング」の機能も兼ね備えています

レバー1本で3つの機能を搭載
レバー1本で3つの機能を搭載

細かな位置調整はこのレバー1本だけ!一般的なチェアの座高調整は、座面下にあることが多く、「手を座面下に潜り込まして位置調整する・・」とちょっと扱いづらさがありますが、この手のタイプは楽ちん。

Yuma

座っていても邪魔にならない位置ですし、なによりも手が届きやすので気軽に位置調整できます!

好みの角度に調整できる4Dアームレスト

GrowSpica Proは、アームレストの位置調整が自由自在。高さだけなく、前後・左右・斜めに角度を調整できる4D仕様となってます。

アームレスト:前後、高さの調整
前後、高さの調整
アームレスト:左右、斜めの調整
左右、斜めの調整
Yuma

自分の体型に合わせて位置調整できます!

調整方法は、引っ張ったりスライドするだけ。ボタンを押しながら調整するタイプじゃないのでかなり使いやすい!ただしアームレストの高さは、最低でも床下から64cmとなってます。

床下から64cm以下のデスクだと、デスク下に入らない・・
床下から64cm以下のデスクだと、デスク下に入らない・・

昇降式デスクであれば全然問題ありませんが、64cm前後の天板をお使いの人はデスク下に収納できません。低めの天板をお使いの方は、”高さ”に気をつけましょう・・!

2023年9月追記:2023年8月に、新型アームレストが発売されました

旧式のアームレストで高さを調整する時は、一度上に上げてから下げる・・という少し扱いづらさがありましたが、高さの微調整がしやすくなった新型アームレストが発売されました。

新型アームレスト
新型アームレスト
高さ調節がボタン式になった
高さ調節がボタン式になった

ボタンを押しながら上げ下げすることで高さの微調整が自由自在に。また、内側の角度が18→20度に向上したり、クッション部分が柔らかい素材となったことで腕に負担がかかりにくい・・という変更も加えられています。

クッション性が向上
クッション性が向上

交換するパーツやネジも付属するので、アームレストだけ購入すれば簡単に取り外しが可能。長く使いたいオフィスチェアだからこそ、この辺のパーツが販売されるのは嬉しいですよね。

ちなみに現時点(2023年9月)の販売では、未だ旧式のアームレストで販売されているとのこと。在庫状況によって順次新型に切り替わるとのことですが、上位モデルの「GrowSpica Elite」は新型アームレストを搭載しているので、気になる方はこちらも検討してみてはいかがかな・・と思います!

\Rasical公式ストアをチェック/

座ったまま背もたれを調整できるのは嬉しい

このワークチェアは、背もたれの高さを上下に14段階(計7cm)で調整できます。

座ったまま背もたれを調整できるのは嬉しい

後ろから背もたれを引っ張っても調整できますが、座ったまま調整できるので使い勝手はかなり良い!0.5cm刻みで微調整できるので、個人の体型に合わせた調整ができます。

少し一休みしたい時に最適なリクライニング付き!

長時間のデスク作業は疲れますよね・・。ちょっと一休みしたい時、仮眠を取りたい時に便利な「リクライニング」機能も付いてます。

4段階(90〜135度)のリクライニングシート
4段階(90〜135度)のリクライニングシート(引用元:Rasical
Yuma

もうこのまま寝たい・・と思わせるほど超快適にくつろげます・・

また、5段階に角度を調整できる2Dの「ヘッドレスト」も搭載。角度だけでなく、自分好みの高さにも位置調整できちゃいます。

ヘッドレストの角度調整
角度調整や・・
ヘッドレストの高さ調整
高さ調整もできます

さらに、リクライニングの圧力を変えられるレバーも搭載。一度調整してしまえば頻繁に使わない機能だからこそ、座面下に配置されてるのも嬉しいですよね。

リクライニングの圧力を調整できるレバーも搭載
リクライニングの圧力を調整できるレバーも搭載

おまけに、足を伸ばせる収納型の「フットレスト」も搭載。

フットレスト搭載
手で引き出せばフットレストにもなる!
引き出し式なので、使わない時は隠せます
引き出し式なので、使わない時は隠せます

使わない時は折りたたんで隠せるので見栄えも崩れませんし、「5分だけ仮眠取ろう・・」なんて時でもサッと引き出してすぐに休めちゃいます。なくても問題ありませんが、あると地味にめちゃくちゃ嬉しいところでした!

座り心地はどうか?

さて、肝心の座り心地ですが・・もう言うまでもありませんが超快適。腰のランバーサポートが反発して、しっかりと腰を支えて背筋を伸ばして快適な姿勢にしてくれますし、位置調整も超かんたん。

Yuma

いろんなシーンで瞬時に切り替えできるので、使い勝手が良すぎでございました

また座面の前面は、緩やかなカーブ構造。太ももへの圧迫感をしっかりと抑えてくれるので、長時間座り続けても痛くならないこともポイント。

カーブ構造
カーブ構造

深く腰掛けると太ももに圧力がかかって痛くなりやすいですが、メッシュ仕様なのでほどよい沈み込みを感じられて全然痛くなりませんでした・・!

キャスターが静かすぎて、移動が楽々でした

個人的に地味に気に入っているポイントの一つは、キャスターがめちゃくちゃ静かなこと。この静けさ・・お聞きください。

※音が出ます

PUホイールを採用したことでこの静けさを実現しているそうですが、めちゃくちゃ静かじゃありませんか?座りながら移動しても引っ掛かりは全くなく、ガタツキも当然ありません。

Yuma

全方向に滑らかに動いてくれるので、床への負担を抑えられますし、引っ掛かりのちょっとしたストレスも皆無でした!

3,000円OFF!クーポンコード:A704MCSII8※5万円以上のお買い物で有効(Rasical公式サイト)

Rasical GrowSpica「Elite」「Pro」「Base」モデルの違いを比較

本記事では、高機能チェアのGrowSpica「Pro」モデルを紹介しましたが、上位モデルの「Elite」、もうワンランク機能を落とした「Base」も販売されてます。

具体的に何が違うのか?比較表でまとめてみました

モデルGrowSpica EliteGrowSpica ProGrowSpica Base
外観GrowSpica EliteGrowSpica ProGrowSpica Base
人間工学設計
2Dヘッドレスト
ハンガー
ランバーサポート◎(独立可動式)◎(独立可動式)◎(独立可動式)
腰の前後調整
1レバー操作
4Dアームレスト
リクライニング4段階4段階3段階
背面高さ調整
座面調整
フットレストー(オプション)
静音キャスター◯(65mm)◯(65mm)(60mm)
素材アルミ合金ナイロンナイロン
カラーブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
価格79,800円69,825円44,800円
GrowSpica 「Elite」「Pro」「Base」の違い

EliteとProの違いは、メイン素材が「アルミ合金」か「ナイロン」どちらが使われているか。ProとBaseの違いは、「1レバー操作」と「リクライニング数」「フットレスト」「キャスターの高さ」「価格」の5つ。

Baseモデルは、座面調節や高さなどを1レバーで操作ができませんが、価格差は1.5万円と大きく、「Proモデルのような高機能はいらない・・」という方でもお求めやすい価格となってます。

まとめ : Rasical GrowSpica Pro レビュー

ということで、Rasicalの高機能ワークチェア:GrowSpica Proをレビューしました。メリット・デメリットは次の通りです。

Rasical:高機能ワークチェア「GrowSpica Pro」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 人間工学に基づいたデザイン設計で集中力UP!
  • 独立可動式ランバーサポート搭載!背筋をグッと伸ばして正しい姿勢を維持できる
  • レバー1本だけで自由自在に位置調整できる
  • もはや寝れるほど快適なリクライニングシート搭載
  • 夏でも蒸れにくいフルメッシュ仕様
  • 6万円台で購入できる手軽さ
デメリット
  • 使っているデスクによって、机下にイスを収納できない
  • 手元に届くまで時間がかかることがある

基本的に高機能チェアって10万円以上するものが多いですが・・これだけの機能と快適な座り心地があるのに6万円台で買えてしまうのか・・と驚きを隠せないワークチェアとなりました。

もちろん上を見ればキリがありませんが、GrowSpica Proは見た目も品質も全然悪くありませんし、機能を全部入りしたようなモデルなのに破格の6万円台って・・ちょっと信じがたいレベルでした。

Rasical:高機能ワークチェア GrowSpica Pro
この機能で6万円台って安すぎませんか・・

毎日イスに座るデスクワーカーはもちろん、クリエイター・ライターなど幅広い層で使える逸品となってます。

Yuma

毎日使っているイスでちょっとしたストレスを感じている方は、高機能チェア「GrowSpica Pro」をぜひ体験してみてはいかがでしょうか!

Rasical:GrowSpica Proの評価
外観デザイン/質感
85点
機能性/使いやすさ
92点
価格
95点
総合評価
91点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら

3,000円OFF!クーポンコード:A704MCSII8※5万円以上のお買い物で有効(Rasical公式サイト)

  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

one × one =

Contents