MENU
Category
Yuma
Webディレクター
Apple製品・ガジェットのレビューブログ「yuLog」の運営責任者。

Apple Watch/iPhone/MacなどのApple製品・ガジェットのレビューや使い方、生活がちょっと便利になるモノ・コトを紹介してます。

普段は、Web/ECサイトの制作運営がメイン。田舎でのんびりと生活している一児の父です。

プロフィール
商品レビュー依頼

Macで外付けHDDの消えてしまったデータを復元する方法 | 4DDiGデータ復元ソフトをレビュー!

本ページのリンクには一部広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

  • 間違って大切なデータを削除してしまった・・
  • 消してしまったデータを復元する方法はないの?
Yuma

この記事では、このような悩みのある方に向けてお答えします!

写真や動画ファイルなど容量が大きいデータを外付けHDDに保管している人も多いと思いますが、「誤って大切なデータを削除してしまった・・」こんな悲しい経験をした人は多いのではないでしょうか。

Macで削除したデータを復元する方法は様々ありますが、専門業者に依頼すると中々のお値段がかかる・・できるだけ自分でサッと復旧できればベターですよね。

そこで今回紹介するのは、Tenorshare社が提供している『4DDiG Macデータ復元』ソフト

Tenorshare社:4DDiG Macデータ復元ソフト
Tenorshare社:4DDiG Macデータ復元ソフト

4DDiGデータ復元ソフトは、パソコン初心者でもたった数ステップで消してしまったデータやファイルを復元できるソフトウェアです。

メーカーよりレビューの機会をいただいたので、本記事では、「4DDiG Macデータ復元ソフト」をレビューします。

Yuma

4DDiGソフトの使い方、Macで外付けHDDを復元する3つの方法も合わせて紹介します!

本記事の内容(まとめ)
  • Macで外付けHDDを復元する3つの方法
    • ゴミ箱から復元する方法
    • データ復元ソフト「4DDiG」で復旧する方法
    • データ復旧サービスで復元する方法
  • 4DDiG データ復元ソフトの使い方を紹介
Contents

Macで外付けHDDを復元する方法【3つ】

Macで外付けHDDを復元する方法【3つ】

まずはじめに、Macで外付けHDDに保存していたデータを復元する方法は、主に3つあります。

方法1.外付けHDDから削除したファイルをゴミ箱から復元する

一番馴染みあるデータ復元方法は、Macの「ゴミ箱」からファイルを復元する方法。

方法1.外付けHDDから削除したファイルをゴミ箱から復元する
Dockにある”ゴミ箱”フォルダー

まずWindowsの場合は、USBで接続している外付けHDDやSDカード・USBメモリなどの記憶装置からファイルを削除すると、ゴミ箱には移動されずにそのままデータが消去されることがありますが・・Macの場合は異なります。※Winユーザーでも復元できる方法は後述してます

Macの場合は、そのままデータが消えずに(基本的には)一度「ゴミ箱」に移動されます。※例外はあります

間違って削除しても一度"ゴミ箱"に移動される
間違って削除しても一度”ゴミ箱”に移動される

ここから誤って消してしまったファイルを「右クリック<戻す」をクリックすることで、接続していた記憶装置(外付けHDDやUSBメモリなど)内にある元フォルダにデータが移動されます。

「戻す」を選択すれば、消去する前のフォルダ内に移動される
「戻す」を選択すれば、消去する前のフォルダ内に移動される

コピー&ペーストでもデータを移動(復元)できます

iCloudなどのクラウドサービスから消去したデータは、専用のゴミ箱に移動するケースも有り

上記は”外付けHDD”の例ですが、iCloudなどのクラウドサービスから消したデータは、クラウドサービス専用のゴミ箱に移動するケースもあります。

iCloud<データの復旧<ファイルを復元
iCloud<データの復旧<ファイルを復元

各クラウドサービス(またはNAS)によって異なるので、Macのゴミ箱に移動しない場合はチェックしてみてください

しかし、外付けHDDで消してしまったデータが全てゴミ箱に移動するわけではないので要注意。一部のソフトウェアやアプリではゴミ箱に移動せずに、そのままデータが消去されるケースがあります。

この場合はデータ復元ソフトを使ったり、専門業者に依頼してデータを復元できるか確認する必要があります。

Yuma

ここでは、誤って消去したデータが復元できるか無料でチェックできる「4DDiGデータ復元ソフト」を紹介します!

方法2.データ復元ソフト「4DDiG」でMacの外付けHDDからデータを復旧する

方法2.データ復元ソフト「4DDiG」でMacの外付けHDDからデータを復元する

「4DDiG Macデータ復元ソフト」とは?

「4DDiG」とは、Tenorshare社が提供しているデータ復元ソフトウェアのこと。MacだけでなくWindowsでも利用可能で、外付けHDD・USBメモリなどのリムーバブルディスクから様々なファイル形式でデータを復元できるソフトです。

4DDiG Macデータ復元ソフト
  • Mac/Windows用のデータ復旧ソフト
  • 外付けHDD/USBメモリ/SDカードなど様々なデバイスに対応
  • 無料体験版あり
  • 有料版は、月間/年間/永久版を選択できる

「4DDiG データ復元ソフト」の特徴は、次の通りです。

4DDiG データ復元ソフトの特徴
  • 外付けHDD・USB・SDカードなど様々なデバイスからデータ復元できるソフト
    • Mac版、Windows版あり
  • 1,000種類以上のファイル形式に対応
  • たった3ステップで簡単にデータ復元できるシンプルなUI
  • 削除したデータを無料でプレビュー可能(復元は有料版)
  • 有料版
    • 約6,600円/月間、約9,800円/年間、約12,200円/永久版

データ復元ソフト「4DDiG」は、Mac内の内蔵ディスクだけはなく、外付けHDDやUSBメモリ・SDカードなどのリムーバブルディスクからデータを復元できるソフトです。

  • 誤ってゴミ箱を空にしてしまった・・
  • 急にパソコンがシャットダウンしてデータが消えた・・
  • 初期化やフォーマットしたデータを復元したい

このような不測な事態に「4DDiG」を使うことで、無料でデータをスキャンして復元できるか?プレビューできることが特徴的。

メニュー画面
メニュー画面

特筆すべきは、画像や動画・音声・ドキュメントデータなど1,000種類以上のファイル形式にサポートしていること。馴染みある形式から、あまり使われていない形式まで幅広く対応してます。

対応しているファイル形式

  • JPEG, JPG, PNG, GIF, BMP, PSD, RAW, RGB,TIFF/TIF, HEIC
  • 3DM, 3DMF, 3FR, ABM, AFX, ANI, ART, ARW, BIZ, BLD, BLEND, BOO, BR5, CAD, CDR, CDT, CGM, CIFF, CLP, CMX, CONT, CPT, CR2, CRW, CUR, CVX, DCD, DCF, DCM, DCR, DGN, DIB, DNG, DRW, DS4, DSC, DT2, DWF, DWG, DXF, EMF, EMZ, EPX, ERF, EXIF, FH10, FH11
  • FH7, FH8, FH9, FLC, FMZ, FOV, FPF, FPX, FUJI, FXG, FZB, GDB, GIF, GMP, GUE, HCR, HDP, HDR, HP, HPG, HPGL, HPI, ICNS, ICO, IDML, IFF, IMG, INDD, INX, IPX, ISD, ITC2, IV, JFIF, JP2, JPE, JPX, K25, KDC, LBM, LWO, LWS, MA, MAX, MB, MDC, MDI, MDL, MDX, MEF,
  • MINO, MIX, MNG, MOS, MRW, MSP, NCR, NEF, NRW, OBJ, ORF, PAL, PAT, PBM, PCS, PCT, PCX, PEF, PGM, PIC, PICT, PICTCLIPPING, PLT, PNG, POD, PPM, PSD, PSP, PSPIMGE, PTX, PXN, QPT, QXB, QXD, QXL, RAF, RAS,
  • RAW, RELS, RGB, RLE, RTD, RW2, SCT, SDR, SDT, SHP, SKF, SKP, SR2, SRF, SRW, STP, SVG, SVGZ, TCW, TGA, THM, TIF, TIFF, UFO, VWX, WBC, WBD, WBMP, WBZ, WEBP, WMF, WP, ai, clk, YUV, DDS, X3F, GPR, FFF

参考:4DDiG データ復元テックスペック

さらに、たった3ステップでデータを復元できる手軽さも魅力的。

Macのデータを復元する3ステップ

“データ復元ソフト”と聞くと「詳しい知識が必要じゃないの?」と思いがちですが、操作しやすい超シンプルなデザインですので、パソコン初心者でも扱いやすいことが嬉しいポイントです。

メニュー画面

機能比較(無料版、有料版)

4DDiGデータ復元ソフトは、無料版と有料版の2種類があります。主な違いは、次のとおりです。

機能無料版有料版
プレビュー
クイックスキャン
ディープスキャン
削除されたデータの復元
外付けデバイスのデータ復元
破損した写真・動画の修復
高度な写真・動画の修復
価格無料約6,600円/月間
約9,800円/年間
約12,200円/永久
無料版と有料版:機能の違い

削除されたファイルのプレビュー&スキャンは無料でできますが、データを復元するには”有料版”の購入が必要です。誤って消してしまったファイルを「まずは復元できるか?」確認するためにも、無料版で使ってみることをおすすめします。

\ まずは無料で使ってみる!/

Yuma

続いて、4DDiGデータ復元ソフトの使い方を紹介していきます!

4DDiG Macデータ復元の使い方

4DDiG Macデータ復元の使い方

動作条件と対応デバイス・ストレージ

はじめに、4DDiGデータ復元ソフトの「動作条件」と「対応ストレージ・デバイス」は、次のとおりです。

動作条件MacWindows
OSmacOS Ventura
macOS Monterey
macOS Big Sur
macOS 10.15 (Catalina)
macOS 10.14 (Mojave)
macOS 10.13 (High Sierra)
macOS 10.12 (Sierra)
Windows 11
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7
Windows Server 2008-2019
ファイルシステムAPFS、HFS+、FAT32、exFAT、NTFSFAT16、FAT32、exFAT、NTFS、ReFS
CPU1GHz (32 bit or 64 bit)以上1GHz (32 bit あるいは 64 bit)以上
ディスク容量200MB以上200MB以上
RAM512MB以上512MB以上
動作条件
対応ストレージ・デバイス(Mac、Windows)
コンピューター/ラップトップ(iMac,MacBook)
内部ハードディスク
外付けハードディスク
メモリーカード
SD/microSDカード
USBフラッシュドライブ
音楽プレーヤー(iPod)
カメラ/ビデオプレーヤー
その他の記憶メディア
※M1,M1 Pro,M1 Max,T2チップ搭載のMac
対応ストレージ・デバイス

データ復旧手順

削除してしまったファイルを復元するのは、たった3ステップで完了するほど簡単です。ここでは、外付けHDDで消去したファイルを復旧するケースで紹介していきます。

STEP
ダウンロード&ファイルの場所を選択する

4DDiG」ソフトをインストール&起動して、復元したいファイルがある「場所」を選択します。

復元したいファイルのある「場所」を選択する
ここでは、外付けHDD(BUFFALO)を選択します

写真やオーディオ・ビデオなど‥復元したいファイルのタイプを選択&スキャンします。

復元したいデータのタイプを選択する
ここでは、ドキュメントを選択します

容量が多ければスキャンに時間がかかるので、時間に余裕がある時にスキャンしましょう!参考に、(全てのファイルを選択した場合は)1TBの外付けHDDを全てスキャンするのに約3時間ほどかかりました。

STEP
ファイルをスキャン&プレビュー

スキャンが完了したら、プレビューや検索機能を使って復元したいデータを探し出します。

スキャン中でも閲覧&復元ができます
スキャン中でも閲覧&復元ができます

なおファイルの表示方法は、↑のような「ツリー表示」と「ファイルの種類」の2種類から選択できます。

表示方式:ファイルの種類
表示方式:ファイルの種類

ファイルの種類では、写真・ビデオ・オーディオなどのタイプから各拡張子を選択できるので、必要に応じて使い分けてください。

STEP
ファイルを復元する

復元したいファイルが見つかったら「チェック」を入れて、ウィンドウ右下の「復元」を選択します。

ファイルを復元する
復元したいファイル左にあるチェックを入れる<復元をクリック

あとはファイルの保存場所を選択すれば、完了です!

データ復元が完了した

お疲れさまでした。

クラッシュしたパソコンからデータを復元する方法、動画・写真データを修復する方法など、基本的な「4DDiG」の使い方は、公式サイトでも公開されてますのでチェックしてみてください。

4DDiG Macデータ復元の使い方|4DDiG公式

フォーマットした外付けHDDを復元する方法

「誤って外付けHDDをフォーマット(初期化)してしまった・・復元するにはどうすればいい?」とお困りの方も多いですよね・・。

HDD内のデータが全て消えてしまった場合でも、「Time Machine」や「4DDiG」を使ってデータを復旧させることができます。

詳しくはこちらで解説されているので、お困りの方は合わせてご覧ください

Macでフォーマットした外付けHDDデータの復元方法まとめ|4DDiG公式

方法3.データ復旧サービスでMacの外付けHDDを復元する

最後にMacで外付けHDDを復元する方法3つ目は、各メーカーが提供している”復旧サービス”や専門業者に依頼するなど「データ復旧サービス」を使えば、外付けHDDを復元できるか?確認できます。

方法3.データ復旧サービスでMacの外付けHDDを復元する

多少のコストはかかりますが、「自分でデータ復旧させるのは不安・・」「故障原因が分からないから状態が悪化しないか心配・・」とお困りの方は、復旧ソフトを使わずに専門業者に依頼するほうが確実です。

HDDの大手販売メーカーは、メーカー同時の”復旧サービス”を提供しているので、必要に応じて活用してみてください。

各メーカーの「データ復旧サービス」一覧

ということで、Macで外付けHDDを復元する3つの方法を紹介しました。いずれも”MacにHDDが認識されていること“が条件ですが、HDD内部のパーツが故障するなど・・物理的にディスクが故障してしまった場合は要注意。

HDDが起動しなかったり読み取りできなくなった場合、PCと接続(通電)すると状況が悪化する可能性があるので、この場合は専門業者やメーカーに修理依頼を出すのがベターです。

Yuma

物理的にHDDが故障した場合は、無理やり接続しないように注意しましょう・・!

まとめ:Macで外付けHDDの消えてしまったデータを復元する方法

ということで、Macで外付けHDDの消えてしまったデータを復元する方法を紹介しました。今回紹介した「データ復元ソフト 4DDiG」のメリット・デメリットは、次のとおりです。

Tenorshare:データ復元ソフト「4DDiG Mac」
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • HDD・USBメモリなど様々なデバイスからデータを簡単に復元できる
  • 復旧したいデータが無料でスキャン&プレビューできる
  • 数ステップで簡単にデータを復元できる(専門知識がいらない!)
  • 安心の日本語対応
デメリット
  • データを復元できるのは「有料版」のみ
  • 容量の大きいファイルはスキャン&復旧に時間がかかる

使ってみた感想としては、こんな簡単にデータ復旧できるものなの?とめちゃくちゃ簡単に復元できたので驚き。シンプルなUIでパソコン初心者でも簡単に使えるソフトだと感じました。

Yuma

「間違ってデータを消してしまった」時でも、無料でデータを復旧できるか?スキャン&プレビューできるのも無駄な出費を抑えられるので安心!

容量が大きいファイルはどうしても読み込みに時間がかかるので、ここは仕方ないところですが‥。大切なデータを確実に復元できる・・と考えれば得られるメリットは大きいですよね。

万一データを消してしまった時は、有料版を購入する前に復元できるかどうか?無料で確認してみてはいかがでしょうか!それでは、本記事は以上です。

  • 今回紹介したサービスは、こちら
4DDiG Macデータ復元ソフト
  • Mac/Windows用のデータ復旧ソフト
  • 外付けHDD/USBメモリ/SDカードなど様々なデバイスに対応
  • 無料体験版あり
  • 有料版は、月間/年間/永久版を選択できる

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

6 + nine =

Contents