【レビュー】ロジクール MX Master 3 for Mac|Macユーザーのためのハイエンドマウス

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

ロジクールから大人気のハイエンドマウス「MX MASTER 3」ですが、Macに最適化された「MX MASTER 3 for Mac(MX2200sSG)」が登場しています。

「MX MASTER 3 for Mac」は、無印モデルとはデザイン・カラーなどが若干異なり、iPadに対応したMacユーザーのために作られたハイエンドマウスです。

Apple好きの私は、Magic MouseやMagic Trackpadをメインに使っていますが、(画像編集時などの作業が多くなったことから)効率的に使えるマウスが必要になったので、大人気のロジクールマウスを購入。

ということで、本記事では、Macユーザーのために作られた「ロジクールのMX MASTER 3 for Mac」をレビューしていきます。

  • Mac/iPadで使いやすいマウスを探している人
  • 無印モデル「MX MASTER 3(MX2200sGR)」との違いを知りたい人
  • MX MASTER 3の「おすすめの設定」を探している人

上記のお悩みがある方は、当記事が参考になるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

本記事の内容(まとめ)
  • ロジクール MX MASTER 3 for Macをレビュー
    • メリット、デメリットを紹介
    • おすすめの設定を紹介
  • MX MASTER 3の「無印モデルの違い」を解説
Contents

【レビュー】ロジクール MX Master 3 for Mac|Macユーザーのためのハイエンドマウス

ロジクール MX MASTER 3 for mac

今回紹介する商品は、”ロジクール”の『MX MASTER 3 for Mac(MX2200sSG)』。

ロジクールの『MX MASTER 3 for Mac(MX2200sSG)』の特徴は、次の通りです。

MX MASTER 3 for Macの特徴
  • Macに最適化された無線ハイエンドマウス
  • 人間工学に基づいたデザインで、直感的なコントロールができる
  • 1秒間に1,000行スクロールができる超高速スクロールに対応【MagSpeed機能の搭載】
  • 最高3台のデバイス・OS間をシームレスに移動可能【FLOW機能の搭載】
  • ガラス表面でもトラッキング可能(4,000dpi”のセンサーを採用)
  • USB-C充電に対応(1分で3時間、2時間で70日使用可能)
  • iPadのマウスとして使用可能

ロジクールの『MX MASTER 3(MX2200sSG)』は、Macユーザーのために最適化されたワイヤレスのハイエンドマウスです。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
同梱品(マウス本体、取説、保証書、USB-C to USB-C充電ケーブル)

Macユーザー限定ということで、価格は無印モデルよりも”約2,000円”安いです(2022年2月時点)

人間工学に基づいやデザインで直感的なコントロールが可能で、各ボタンやホイールを自由に変更できるカスタマイズ性能の高さが特徴的です。

また、1秒間に1,000行も高速にスクロールできるMagSpeedに対応しているので、縦横に長いExcelワークシートでも活躍します。

他にも、ガラス面でも操作できるセンサーを採用していたり、デバイス間を移動できるFLOW機能が搭載されているなど機能が豊富で、ハイエンドと言うのにふさわしいマウスです。

外観|手に馴染みやすいデザイン

「MX MASTER 3 for Mac」の外観は、右手で覆いかぶせるタイプで、高さのある大きめなデザインが特徴的。親指を置く為のサイド部が突き出しており、手に馴染むデザインとなっています。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
マットブラックがかっこいい

突き出したサイド部には、親指でそっとボタンを押す感じで操作できる”ジェスチャボタン”が薄っすらと配置されています。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
小さく浮き出ているボタンが”ジェスチャボタン”

中央のホイール、サムホイール共に、溝の一つ一つが丁寧な作り。見ているだけで美しいステンレス素材を採用。

また、サムホイール下にある”サイドボタン”は、親指をほとんど動かさずに気軽に押せる配置となっています。

マウス裏面には、スライド式の”電源ON/OFFスイッチ”と、最大3台のデバイスを簡単に切替できる”Easy-switchボタン”が配置されています。

ロジクール MX MASTER 3 for mac

また、「Logi」ロゴ入りの充電ケーブル(USB-C to USB-C、1m)が付属されますが、電源アダプタは付属されません。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
充電ケーブルは付属されます

USB-C電源アダプタは、手頃な価格で高出力のAnker PowerPort Ⅲ Nano 20Wがおすすめです!

質感・素材|柔らかいラバー加工

ロジクールのMX MASTER 3 for Macの素材は、手で覆う部分はラバー加工のような少し柔らかめの素材ですので、手のフィット感は高め。

ロジクール MX MASTER 3 for mac

ホイール部は、ステンレス素材でできており、スクロール時の指の引っ掛かりがちょうど良く操作しやすいです。

ロジクール MX MASTER 3 for mac

なお、カラバリは、1種類で“スペースグレー”のみ

サムホイール部が薄めのグレーで統一されており、Macデバイスとの相性が良く美しい仕上がりとなっています。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
Appleデバイスとカラーの相性は良い

サイズ・重量|安定感のある大型サイズ

本体サイズは、「縦幅124.9×横幅84.3×高さ51mm」と大きめのサイズ。持ち運びには不向きですので、据え置きとして使うのがベター。

ロジクール MX MASTER 3 for mac

また、重さは「141g」と重量感があります。小型マウスとは異なり、カーソルがブレることがないので安定感がありますね。

充電性能|USB-Cに対応

ロジクールの「MX MASTER 3 for Mac」の充電性能は、1分の充電で3時間、2時間のフル充電で70日も使用可能で、USBタイプCに対応しています。

Apple信者な私は、純正のMagic Mouseをずっと使ってきたわけですが、Magic Mouseの充電ポートは、マウス裏側にあるので、充電する時はマウスが使えないことが欠点の一つでした。

AppleのMagic Mouse
Lightningケーブルを使って充電する必要があり、なによりも不格好

対して、MX MASTER 3 for Macの充電ポートは、マウス上部に配置されているので、充電速度が速いUSB-C+充電しながらマウスを操作することも可能です。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
充電ポートは、マウスの上部

接続性|Unifyingレシーバーは非搭載

MX MASTER 3 for MacをPCに接続する方法は、マウス裏面の「Easy-switchボタン」を押すと、数字が点滅するので、Macデバイス側で(Bluetooth接続で)選択するだけで完了です。

ロジクール MX MASTER 3 for MacとiPad
iPadに接続も可能です

Macデバイスに最適化されているので、Unifying(レシーバ)が不要で接続が簡単(接続の遅延もありません)

操作性|グリップ力は高いが、ジェスチャボタンは使いづらい…

MX MASTER 3 for Macは、人間工学に基づいたデザインということで、手のひら全体でマウスをグリップし、持ちやすく使いやすく、操作性は非常に良いです。

マウスパッドはもちろん、ガラス面でもトラッキングできる精確な”4,000dpi”センサーを採用しているので、カーソル飛びが一切ありません

中央のホイール操作も、人差し指・中指の第一関節あたりにフィットするので、指を動かさずに楽々にスクロール可能です。

ロジクール MX MASTER 3 for Mac

親指を置くためのサイド部が突き出ている箇所も、そっと親指を置けるので、長時間のマウス作業でも指が疲れにくいです。ホイール下の”戻る/進むボタン”も力を入れずにクリックできますね!

ただし、ジェスチャボタンは、慣れるまでは押しにくい…。

ジェスチャボタンを押しながらマウスを上下左右に動かすことで、デスクトップ間の移動やミッションコントロール起動など様々な操作を割り振りできますが、親指で押しながらマウス操作が非常に使いにくい。。

ロジクール MX MASTER 3 for Mac
ジェスチャボタンは押しづらい…

ただしこの問題は、モードシフトボタンと入れ替えすることで解消できるので、詳細は「おすすめ設定」項目で解説します。

気になるクリック音ですが、静音ではありませんが、クリックした感覚が得られる「カチッ」音が逆に心地良く感じます(以下、音声です)。

▲クリック音

ロジクール MX MASTER 3 for Macの「メリット」「デメリット」

ロジクール MX MASTER 3 for mac
メリット
デメリット
  • 手に馴染む形状で、疲れにくい
  • スクロールが超高速で快適
  • アプリごとにボタンカスタマイズが可能
  • iPadOSに対応
  • ジェスチャボタンが使いにくい
  • 重さがあるので、マウスを浮かしながら操作する人には不向き

ロジクール MX MASTER 3 for Macの「メリット」

ロジクール MX MASTER 3 for Macの「メリット」
  • 手に馴染む形状で、長時間の作業でも疲れにくい
  • スクロールが超高速で快適【MagSpeed電磁気スクロールホイールを搭載】
  • アプリごとにボタンカスタマイズが可能
  • iPadOSに対応

手に馴染むマウス形状

ロジクールのMX MASTER 3 for Macは、Macと合うデザイン性も良いですが…、一番のメリットは、手に馴染む形状で、長時間のマウス作業でも疲れにくいことです。

マウスサイズが大きく重量感があるので、安心して手のひらを預けられると言いますか…リラックスした状態で操作できるんですよね。

ロジクール MX MASTER 3 for mac
手のひらにジャストフィット

カーソル飛びがない”4,000dpi”センサーを採用+マウス軌道を速くすることで、わずかなマウス操作で、速く・確実にクリックできます

MagSpeed電磁気スクロールホイールの搭載

“MagSpeed電磁気スクロールホイール”を搭載しているので、指で「ピュッ」とホイールをはじければ、超高速にスクロール可能で快適です。

ホイールをはじいて止めれば、思い通りの場所でピタッと止まりますよ

1ピクセル上で停止できるほど精確で、1秒に1,000行スクロールできるほど高速です

コーディング作業やサイト閲覧時など、見たい箇所がある時に、一瞬で目当ての場所まで移動できます。これが本当にすごい。

高速スクロールをした時の動画が、こちらです

スクロール動画(かなり静音)

こんな感じで、一瞬でサイト上部・下部までアクセスできてしまいます。

ちなみに、スクロール時のホイールには、回した時に引っ掛かりを感じる「ラチェット」と、引っ掛かりがなくスムーズにスクロールできる「フリースピン」と2つのモードで切替できます(動画は、フリースピンモード)。

  • ラチェットモードは、細かいスクロール作業をする時におすすめ!
  • フリースピンモードは、コーディングやサイト閲覧時におすすめ!

アプリごとにボタンのカスタマイズが可能

MX MASTER 3専用アプリの「Logicool Options」を使えば、アプリ(Office、ブラウザ、Photoshopなど)ごとに、自分が使いやすいようにボタンのカスタマイズが可能です。

Logicool Options
アプリ・ボタンごとに、自由に操作を割り当てられる

また、”ジェスチャボタン”押しながら、マウスを上下左右に動かした時の動作も細かく設定できます。

Logicool Options
ジェスチャボタンの各動作も設定できる

もちろん、ポインタやホイールの速度なども細かくカスタマイズ可能です。

Logicool Options
機能が豊富で、カスタマイズが楽しい

画像/動画編集・ブラウザなど、アプリによって操作の仕方が異なると思いますが、アプリごとに切替できるのでかなり使い勝手が上がります!

iPadOSに対応

MX MASTER 3 for Macは、iPadをマウス操作できるiPadOSに正式に対応しています。

MX MASTER 3は、iPadOSに対応
iPadでもマウス操作できます

基本的に、「MX MASTER 3 for Mac」を使うユーザーは、MacBook、iMacなどのAppleデバイスで使いますが、iPad(+Magic KeyBoard)をメインPCとして使っている人も多いと思います。

iPadOSに正式に対応していることで、iPadでも安定したマウス操作ができますよ

とは言え、Macデバイスと比較すると機能は限定されるので注意が必要です。

カスタマイズ項目は、軌道の速さ・ナチュラルなスクロール・副ボタンのクリック・ジェスチャボタン(ホームボタンに戻る)は使えますが、サムホイールや戻る/進むボタンは使えません。

設定方法は、「設定」→「一般」→「トラックパッドとマウス」から変更できます

ロジクール MX MASTER 3 for Macの「デメリット」

ロジクール MX MASTER 3 for Macの「デメリット」
  • ジェスチャボタンが使いにくい
  • 重さがあるので、マウスを浮かしながら操作する人には不向き

ジェスチャボタンが使いにくい

ロジクールの「MX MASTER 3 for Mac」のデメリットは、ジェスチャボタンが非常に使いにくいこと。親指の側面で押すことになるので、力を入れて”押す”感が強いと言いますか…気軽に押せないのです。

ロジクール MX MASTER 3 for Mac
親指の側面だと押しづらい…

ましてや、ジェスチャボタンを押しながらマウスを上下左右に動かすなんて使いづらくて仕方ない。。

ジェスチャボタンは、たまにしか使わないボタンを割り振りすることをおすすめします(詳細は「おすすめ設定」項目で解説)。

マウスを浮かしながら操作する人には不向き

MX MASTER 3 for Macは、“141g”という重量感のあるモデルですので、マウスを浮かしながら操作する人には向いていません。

ロジクール MX MASTER 3 for Mac
気軽に浮かせるほど軽くない

本体サイズも大きく重みがあるので、マウスを浮かしながらカーソル操作するには、使いやすいといは言えない重さ…。あくまで据え置きとして使う前提となりそうです。

【比較】無印モデルとMX MASTER 3 for Macの「違い」

本記事では、Macに最適化された「MX MASTER 3 for Mac(MX2200sSG)」を紹介しましたが、以前より発売中で、Windows/Macで使える無印タイプの「MX MASTER 3(MX2200sGR)」の違いを簡単に解説します。

比較表は、次の通りです。

製品名MX MASTER 3 for Mac
(MX2200sSG)
MX MASTER 3
(MX2200sGR)
外観デザインMX MASTER 3 for Mac
(MX2200sSG)MX MASTER 3
(MX2200sGR)
サイズ84.3×124.9×51mm84.3×124.9×51mm
重量141g141g
カラバリスペーグレーグラファイト
ミッドグレイ
接続方法BluetoothBluetooth
Unifyingレシーバー
ボタン数7個7個
付属品USB-C to USB-CケーブルUSB-C to USB-Cケーブル
Unifyingレシーバー
充電性能内蔵バッテリー内蔵バッテリー
対応OSmacOS/iPadOS ※最適化Win/Linux/macOS
価格14,850円14,850円
スペックの違い(赤字が相違箇所)

大きな違いとしては、「カラー」「Unifyingレシーバーの有無」「対応OS」が異なります(サイドの突き出した部分の大きさも若干異なります)。

使う上で一番大切である「Unifyingレシーバーの有無」で、接続に遅延が出るか?ですが、個人的な回答としては、Macデバイスであれば、遅延を一切感じることなく安定して使えています。

より安定した接続で操作したいのであれば「Unifyingレシーバー(別売)」を別途購入することもできます。

個人的には、Macでしか使わない為、2,000円ほど安いMac版を購入しました(2022年2月時点)

ちなみに、ロジクールのキーボード”KX800(MX KYES)”には、「Unifyingレシーバー」が付属してきますので、合わせて使いたい方は、レシーバは不要ですよ。

「Unifyingレシーバー」が一つあれば、最大3台までの機器を接続できます

無印モデルとMX MASTER 3 for Macの「違い」
  • カラーバリエーションが異なる
  • Unifyingレシーバー搭載の有無
  • 対応OSが異なる

MX MASTER 3 for Macの「おすすめの設定」を紹介

MX MASTER 3専用アプリの「Logicool Options」を使えば、自分が使いやすいようなボタンカスタマイズが可能です。

個人的におすすめのボタン設定を記載しておきますので、よければ参考にしてみて下さいね。

MX MASTER 3 for Macの「おすすめの設定」
MX MASTER 3 for Macの「おすすめ設定」
  • ホイール:中央ボタン
  • ホイール下のボタン:ジェスチャボタン
  • ジェスチャボタン:Launchpad
  • サイドホイール:タブ間を移動
  • サイドボタン左:進む
  • サイドボタン右:戻る

ホイール下のボタンは、押しやすさを重視して「ジェスチャボタン」を割り振りしています。ジェスチャボタンの動作は、次の設定にしています。

「ジェスチャボタン」のおすすめ設定
  • 上:Mission Control
  • 下:アプリケーションExposé
  • 左:デスクトップ間を切替
  • 右:デスクトップ間を切替

まとめ:【レビュー】ロジクール MX Master 3 for Mac|Macユーザーのためのハイエンドマウス

以上、Macユーザーのためのハイエンドマウス「LogicoolのMX MASTER 3 for Mac」のレビュー記事でした。

個人的には、購入して大満足。Magic MouseやMagic Trackpad派な私でしたが、長時間の作業の疲れにくさは「MX MASTER 3」の方が上だと感じました。

とは言え、Magic MouseやMagic Trackpadは、直感的なコントロールがしやすいので、本マウスと分けて使っていこうかと思います。

ロジクール MX MASTER3 for Macの評価
外観デザイン/質感
85点
操作性
85点
価格
75点
総合評価
82点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
ロジクール MX MASTER 3 for Mac
  • Macに最適化されたハイエンドマウス
  • 長時間の作業でも疲れにくいデザイン
  • 超高速スクロールに対応
  • iPadのマウスとしても使える
  • ジェスチャボタンは使いづらい
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

2 × 4 =

Contents
閉じる