Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
プロフィール背景画像
ゆうま
Web系の仕事をしています「ゆうま」と言います【IT系ブロガー】。
空気が綺麗な田舎「北陸」に住んでいます。
Apple・アプリ・ガジェット・流行なモノなどについて、ゆるーくブログを書いています📱

iPhoneを持ち上げると自動的に画面が表示されるのが困る

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ブロガーのユウマです(@yuLog_jp)。

ねこのアイコン画像ねこ
iPhoneを持ち上げると勝手に画面が表示されて電池が心配…
ねこのアイコン画像ねこ
待受画面は見られたくない画像なのに、勝手に画面が点灯すると困るよ…

iOS10以降、iPhoneを手前に傾けるだけで自動的に画面が表示される「手前に傾けてスリープ機能」が搭載されています。

この機能は、カメラをすぐに起動できたり、通知をすぐに確認できたりと利便性が高い機能です。

しかし、人によっては「電池の消耗が気になる…」や「いちいち画面が点灯するのが嫌だ…」と思われる方もいるでしょう。

本記事では、iPhoneで「手前に傾けてスリープ解除」をOFFにする方法について紹介します。

 

Contents

「手前に傾けてスリープ解除」をOFFにする方法

  1. 「設定」を開く
  2. 「画面表示と明るさ」をタップ
  3. 「手前に傾けてスリープ解除」OFFに設定

これで、iPhoneを持ち上げても自動的に画面が表示されるのを防ぐことができます。

 

ちなみにスリープモードについて説明すると…

スリープモードとは?

iPhoneを一定時間操作しないと、ロック画面に切り替わる状態のこと。
パソコンで言うところの”スタンバイ”状態です。
電源は切れていないが、すぐ動作できるようスタンバイしている状態のことですね!
初期設定は、【1分】となっています。

 

じみ〜に勝手に画面が表示されるのが煩わしい方は、OFFをオススメします。

以上、iPhoneを手前に傾けると、自動的に画面表示を防ぐ設定方法についての紹介記事でした。

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる