スマホ・グリップスタンド「beak」をレビュー|安定力抜群!これがスマホスタンドの決定版!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

スマホユーザーには欠かせない便利なアイテムが「スマホスタンド」。

縦/横置きできるタイプやスマホリングとして使えるタイプなど…、種類が豊富で悩みやすいですよね。

そこでおすすめのスマホスタンドが、2021年度グッドデザイン賞を受賞している“Human Natures”のスマホスタンド『beak』。

Human Natures:beak

Human Naturesの「beak」は、グリップ力に特化した貼り付けタイプのスマホスタンドです。

  • 失敗しないおすすめスマホスタンドが欲しい
  • 快適にスマホ操作できるスマホリングが欲しい
  • 縦/横置きできるスマホスタンドが欲しい!

本記事では、上記の悩みがある方にぴったりの「スマホグリップスタンド:beak」をレビューしていきます。

本記事は、Human Natures様から商品を提供いただき作成しています

本記事の内容(まとめ)
  • スマホグリップスタンド「beak」をレビュー
  • beakの「メリット、デメリット」を紹介
  • 「他社おすすめスマホスタンド」を比較紹介
Contents

スマホ・グリップスタンド「beak」をレビュー|安定力抜群!これがスマホスタンドの決定版!

Human Natures:スマホグリップスタンド”beak”の「特徴」

今回紹介する商品は、グリップ・ホールド力に特化したスマホグリップスタンド『beak(ビーク)』

Human Natures:スマホグリップスタンド「beak」の特徴は、次の通りです。

Human Natures:スマホグリップスタンド”beak”の特徴
  • スマホ背面に貼り付ける粘着シートタイプのスマホスタンド
    • 縦/横置きできる開閉式のスタンド付き
    • 中指を通すリング状の穴あり(ホールド力◎)
    • スタンド背面に磁力が内蔵(スマホを壁に固定できる)
  • マグネットで折りたたみできる薄型設計
  • 耐水性/速乾性を搭載
  • 粘着ジェルシートが強力+貼り直し自由
  • カラバリは、2色(ブラック・ホワイト)
  • 価格は、3,480円
    • アタッチメント×3:1,200円(オプション)
    • スチール・パッド・フォー・キッチン×2:1,000円(オプション)

Human Naturesのスマホグリップスタンド「beak」は、スマホ背面に貼り付ける粘着シートタイプのスマホスタンドです。

同梱品(beak本体×1、粘着アタッチメント×1、取説)
同梱品(beak本体×1、粘着アタッチメント×1、取説)

最大の特徴は、スタンドに中指を通すリング状の穴が空いている為、スマホをしっかりとホールドして、グリップ力が高いことが特徴的。

スタンド内部に、指を引っ掛ける為の穴が空いている
スタンド内部に、指を引っ掛ける為の穴が空いている

スタンドはマグネットで固定できる”開閉式“ですので、スマホスタンドを横/縦置きに設置できます。

横置き
横置き
縦置き
縦置き

また、スタンド本体に“マグネット”が内蔵しているので、マグネット内蔵の冷蔵庫・お風呂などの壁にも直接貼り付けできます。

マグネット搭載ワゴンにも引っ付きます
マグネット搭載ワゴンにも引っ付きます

カラバリは、ヤタガラス・ブラックとクジャク・ホワイトの「2色」が販売中です。

カラーヤタガラス・ブラッククジャク・ホワイト
外観デザインヤタガラス・ブラッククジャク・ホワイト
カラバリは、2色

シャープで美しい「デザイン」

スマホスタンド:beakの外観は、ワントーンカラーのシャープで美しいデザイン

細部までこだわり抜かれたシャープな仕上がり
細部までこだわり抜かれたシャープな仕上がり

スタンドは、折りたたみできる”開閉式“タイプ。

三角の折り目の先端を持ち上げることで、両端に付いているマグネットが引っ付き、スタンドがより安定する作りになっています。

両端には、スタンドを固定するためのマグネットが搭載
両端には、スタンドを固定するためのマグネットが搭載

スタンド素材は、天然皮革に似せた”ポリウレタン素材(フェイクレザー)“を採用。本革レザーに近い質感の高さを感じる素材です。

ポリウレタン素材を採用

表面は、少しサラサラした触り心地とほど良い柔らかさがあり、手に馴染みやすいです

縦幅が小さいコンパクトな「サイズ」

beakの本体サイズは、「縦73mm×横60mm×厚み5mm」。重量は、「23g」。

iPhone背面にマグネットで引っ付くMagSafe対応ウォレットよりも、縦幅が小さくコンパクトなサイズです。

MagSafe対応ウォレットと比較
MagSafe対応ウォレットより小さい
  • アタッチメント
    • サイズ:縦18mm×横48mm×厚み2mm
    • 重量:3g

小さいサイズのスマホ(iPhone 12/13 miniなど)でも問題なく貼り付けできるサイズです

安定して自立できる「スタンド」性能

上記のように)スタンド内部には、”マグネット”を搭載。スマホスタンドとして安定して自立させることができます。

スタンド内部もポリウレタン素材を採用
スタンド内部もポリウレタン素材を採用

縦/横置きの2つのモードでスマホを立てかけて設置できます。

縦置き:54°
縦置き:54°
横置き:60°
横置き:60°

粘着ジェルシートの貼り付け位置によって、自分好みの角度に調整できます

フィンガーホール搭載で「グリップ力」はトップレベル

beakには、スタンドを折りたたむことで、指を通して固定できる“フィンガーホール”を搭載スマホをしっかりと固定して、落下を防ぐことができます。

フィンガーホール搭載で「グリップ力」はトップレベル

このフィンガーホールですが、めちゃめちゃ便利。

一般的なスマホリングは、リング位置が固定タイプ。反対の手で持つ時は、リングの位置をズラしたり…回すことで、位置を調整します。

左手でスマホを持つ時は、リングを回す必要がある
左手でスマホを持つ時は、リングを回す必要がある(リングは、Anker 610

日常生活で、スマホを反対の手で持ち替えることは意外と多く、この手のスマホリングは、正直扱いづらさがあります…。

対して、beakは、左右どちらの手でも使える”フィンガーホール”が空いているので、扱いやすさはトップレベル。

左右どちらの手でも使えます
左右どちらの手でも使えます

ホールに指がしっかりと引っ掛かるので、フィット感も快適です

人間工学に基づいたデザイン“で、グリップ力とホールド力はかなり高いです

「粘着ジェルシート」で貼り直しできる

beakの裏面は、“粘着ジェルシート”タイプ。好みの位置に、何度でも貼り直しすることができます。

「粘着ジェルシート」で貼り直しできる

万が一、ジェルシートが汚れて貼り付かなくても、”水洗い”することで繰り返し使えます

ただし、スマホケースによって粘着の相性があるので要注意

スマホケースとの相性は、次の通り

スマホケースの種類beakとの相性
強化ガラス悪い
ポリカーボネート(PC)良い
熱可塑性ポリウレタン(TPU)普通
シリコン悪い
ポリプロピレン良い
TESiV良い
アラミド繊維良い
beakとスマホケースの相性

ガラス・シリコン系ケースには、粘着テープ式は相性が良くないです。

また、TPU素材のMOFT:iPhoneケースで試してみましたが、揺さぶっても外れることなく強力でした。

TPU素材は、ケースによっては外れにくいかも
TPU素材は、ケースによっては外れにくいかも

ケースによって相性がありそうなので、ポリカーボネートやアラミド繊維のケースで使うことがおすすめです。

公式でも解説されています

Human Natures:ケースとの相性ランキング

「アタッチメント」でスマホを壁に固定できる

スマホ・グリップスタンド:beakを購入すると、マグネット内蔵の小さなアタッチメント×1が付属します。

このアタッチメントを固定したい壁に貼り付けることで、スマホを横/縦向きに固定することができます。

アタッチメントで、壁付できる

連続使用は30分〜1時間程度・積載量は220gという条件はありますが、好きな時にサッと取り外しできるのはかなり便利。

アタッチメント
使わない時は、スマホに貼り付けて保存できます

料理中にメニュー/タイマーの確認、お風呂場で動画の閲覧など…、多種多様な使い方ができます

詳細の使い方は、公式サイトでも解説されています

なお、アタッチメントは単体(3個入り)でも購入できます。

Amazonでは、beak本体+アタッチメント×3個のセット品も販売されています

「スチール・パッド・フォー・キッチン」でより快適に

別売となりますが、 上記のアタッチメントよりも長時間貼り付けできるアダプター「スチール・パッド・フォー・キッチン」も販売中です。

スチール・パッド・フォー・キッチン
2枚1組1,000円で販売されています

キッチンパッドは、マグネット搭載のステンレス製。beakをガチッとより安定して固定できます。

アタッチメント同様に、beak本体+パッドのセット版も販売中です

Human Natures:スマホグリップスタンド”beak”の「メリット、デメリット」

Human Natures:スマホグリップスタンド"beak"の「メリット、デメリット」
メリット
デメリット
  • グリップ力が高く、快適なフィット感を得られる
  • 指先一つでサッとスタンドに変えられる扱いやすさ◎
  • スタンドに磁力内蔵で、手軽にスマホを壁に固定できる
  • オプション品が豊富で、幅広いシーンで活用できる
  • ワイヤレス充電ができない
  • MagSafeアクセサリーが付かない
  • カード収納ができない

スマホグリップスタンド:beakの「メリット」

beakを使って感じた最大の魅力は、「グリップ力の高さ」サッとスタンドに変えられる「扱いやすさ」の2点。

グリップ力の高さは、上記でも紹介した通り。左右どちらの手からでもアクセスできる”フィンガーホール”が空いているので、使い勝手はかなり良いです。

グリップがかなり高い

個人的には、指先一つでサッとスタンドに変えられる「扱いやすさ」も推したい機能の一つ

指先一つでスタンドに変えられる

日常生活で、スマホリング・スタンドに切替したいシーンは多いもの。

三角の折り目を指一つで持ち上げるだけで、瞬時に切替できるのは、スマホスタンドとしてトップレベルの扱いやすさだと感じました。

折りたたみも楽ちん
もちろん、折りたたみも指先一つでサッと元に戻せます

ストレスフリーで、簡単にスマホリング/スタンドへ切替できます

スマホスタンドとして有名なMOFT:スタンドは、スマホリングとして使うには安定性にやや欠ける面がありますが…。

MOFT:Snap-Onは、磁力がやや弱め…
MOFT:Snap-Onは、磁力がやや弱め…

beakは、マグネットでしっかりと固定するので、グリップの安定性が高く、しっかりとスマホを固定できます。

この組立は”特許を出願中”とのこと(さすが、クラファンで総額1,000万円以上の支援をいただくだけのことありますね…)

スマホスタンドの決定版とも言えるほど、扱いやすさはトップレベルです。

手頃な価格で購入しやすく、失敗しないスマホスタンド/リングが欲しい人にはぴったりです!

スマホグリップスタンド:beakの「デメリット」

一方、beakの気になる点は、iPhone 12シリーズ以降で使えるマグネットでピタッと引っ付く”MagSafe“が使えないこと。つまり、ワイヤレス充電ができません。

ワイヤレス充電ができない
粘着テープでスマホケースに固定するので、もちろん充電できません

スタンド・モバイルバッテリー・ウォレットなど…MagSafe対応アクセサリーの種類は豊富。iPhoneユーザーであれば、MagSafeをメインで使っている人も多いすよね…。

iPhone+MagSafeアクセサリヘビーユーザーには、粘着テープ式のbeakは不向きかな…と感じました

ただし、beakは、”前提として、躯体自体をミニマル設計とし、取り付け方法を粘着ジェルシートにすることで多種多様なデバイスに取り付けられるよう設計“されているとのこと。

つまり、「落下防止」を最大の目的とした設計で、日常での扱いやすさを重視したスマホスタンドです。

落下防止を目的としたスマホスタンド

どちらかと言うと、iPhone(12シリーズ以降)<Android向けのスマホスタンド。MagSafeユーザーには不向きなスタンドだと感じました。

他社おすすめスマホスタンドを比較紹介

他社おすすめスマホスタンドを比較紹介

本記事では、Human Naturesのスマホスタンド”beak”を紹介しましたが、スマホスタンドは種類・数が豊富です。

当サイトでは、主にiPhoneユーザー向けのアクセサリーを紹介しているので、MagSafeユーザーも多いはず。

そこで、beakと私おすすめのMagSafeウォレットを厳選して比較紹介します!

スマホスタンド選びで迷っている方へ、参考になれば幸いです

スクロールできます
商品名beak:スマホスタンドAnker:610MOFT Snap-OnApple:レザーウォレットSpigen:ValentinusカードケースSpigen:Smart FoldカードケースSinjimoru:カードホルダー
外観デザインbeak:スマホスタンドAnker:610MOFT カードケースApple純正レザーウォレットSpigen Valentinus AMP02284Spigen Smart Fold AMP02746Sinjimoru カードホルダー
特徴グリップ力が高い、粘着テープ式のスマホスタンド(リング)マグネットで引っ付くスマホリング機能もオールマイティモデルNFC内蔵のApple純正品カードが取り出しやすい”下穴”を搭載3つ折りできる折りたたみスタンドが搭載3-in-1の多機能モデル
固定タイプ粘着ジェルシートMagSafeMagSafeMagSafeMagSafeMagSafeMagSafe
カード収納枚数3枚3枚2枚2枚約5枚
素材PU、樹脂ラバーレザーヨーロピアンレザーヴィーガンレザーポリウレタンシリコン
スタンド機能
ストラップ機能
カラバリ2色4色8色5色1色2色10色
重量23g27g約40g約32g34g約50g37g
価格3,480円2,000円3,180円6,800円2,690円1,890円2,180円
比較表:スマホスタンド/ウォレット

まとめ:スマホ・グリップスタンド「beak」をレビュー|安定力抜群!これがスマホスタンドの決定版!

以上、Human Naturesのスマホグリップスタンド「beak」のレビュー記事でした。

最後に、Human Natures:beakがおすすめな人・おすすめでない人のポイントをまとめます。

おすすめな人
おすすめでない人
  • グリップ力が高いスマホリングが欲しい人
  • 縦/横置きできる安定したスマホスタンドが欲しい人
  • 失敗しないスマホスタンドが欲しい人
  • Androidユーザー
  • ワイヤレス充電をよくする人
  • MagSafeアクセサリーをよく使うiPhoneユーザー
  • スマホケースが「強化ガラス」「シリコン」素材を使っている人

beakは、装着したままワイヤレス充電できないものの、スマホを落下させない安定性とグリップ力は、ずば抜けたスマホスタンドです。

スタンドの切替も超楽ちんで扱いやすさはトップレベル。スマホスタンドの決定版とも言えるほど、完成度はかなり高いです。

スマホスタンド選びで迷っている方は、手頃な価格で失敗しないスマホスタンドですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Human Natures:スマホグリップスタンド”beak”の評価
外観デザイン/質感
93点
着け外しやすさ/操作性
90点
価格
85点
総合評価
89点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
Human Natures:beak
  • スマホケースに貼り付ける粘着シートタイプ
  • 縦/横置きできる”開閉式”のスタンド付き
  • グリップ力が増す”フィンガーリング”を搭載
  • スマホを壁に固定できる(スタンド内部にマグネットを搭載)
  • 3,480円で購入できる
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

14 + 16 =

Contents
閉じる