mono-X(モノクロス)ガジェットポーチをレビュー|男女問わず使えるスマートで美しいデザイン!

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

旅行や出張時に欠かせないアイテムが「ガジェットポーチ(トラベルポーチ)」。スマホ・PCなどの充電器やケーブル類をまとめて収納・保護しながら、持ち運びが楽になるアイテムです。

しかし、ガジェットポーチは種類が豊富で、どれを買えばいいのか迷う人も多いですよね。

そこで、今回レビューする商品は、国内ブランド”LiberFlyer”から発売されているガジェットポーチ『mono-X(モノクロス)』

mono-Xは、一般的なポーチよりは少し高めですが、スマートなデザイン、収納力の高さ、防水/耐衝撃を搭載しているなど高機能なガジェットポーチです。

  • 人とは一味違ったデザインのポーチを使いたい人
  • 大容量でスマートなデザインのポーチを使いたい人

そのような方には、特におすすすめしたいポーチです。

ということで、本記事では、「mono-X(モノクロス)のガジェットポーチ」をレビューしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • ガジェットポーチ”mono-X”をレビュー
  • “mono-X”の「メリット」「デメリット」を紹介
  • 「他社のおすすめガジェットポーチ」を紹介
Contents

mono-X(モノクロス)ガジェットポーチをレビュー|男女問わず使えるスマートで美しいデザイン!

ガジェットポーチ「mono-X(モノクロス)」の特徴

今回紹介する商品は、トラベル用のバック・ポーチを制作している国内ブランド”LiberFlyer”の『ガジェットポーチ mono-X(モノクロス)』

「ガジェットポーチ mono-X」の特徴は、次の通りです。

ガジェットポーチ mono-Xの特徴
  • スマートで美しくデザイン性が高いポーチ
  • 8つのポケット搭載の大容量タイプ
  • ハード加工で“耐衝撃性”を搭載
  • 撥水性のある“高防水ナイロン素材+止水ジッパー”を搭載
  • 持ち運びに最適な“取っ手”付き
  • カラバリは、3種類
  • 価格は、約2,400円で購入可能

LiberFlyerの「ガジェットポーチ mono-X」は、安心の国内ブランドで品質が高く、スマートで美しいデザインが特徴的なガジェットポーチです。

ガジェットポーチ mono-X
同梱品(ガジェットポーチ本体のみ)

モノ・トレンド情報誌「MonoMax」にも掲載された大人気のガジェットポーチです

旅行や出張時でも取り出しやすい”取っ手”付きで、スマホ・PCなどの充電器やケーブルなどの周辺機器をまとめて収納できる大容量タイプであることも特徴的。

ガジェットポーチ mono-X
コンパクトでありながら、大容量なポーチ

カラバリは、男性・女性問わず使いやすい「3種類(シルバー&ブラック、ブラック&中ブラック、ブラック)」と豊富です。

カラーシルバー&ブラックブラック&中ブラックブラック
外観デザインシルバー&ブラックブラック&中ブラックブラック
カラバリは、3色

本記事で紹介するカラーは、「シルバー&ブラック」です

外観|スマートで美しくシンプルなデザイン

LiberFlyerの「ガジェットポーチ mono-X」の外観は、ツートーンカラーが目立つスマートで美しくシンプルなデザインです。

ガジェットポーチ mono-X
シンプルな見た目で、男女問わず使いやすいポーチです

ガジェットポーチって奇抜な色のポーチが多いですが、mono-Xのポーチは、どのカラーも”ブラック”を基調とした大人しめのカラーが使われています。

ポーチ上部には、持ち運びに便利な”取っ手”が付いています。外出時のカバンの中に入れたり、そのまま持ち歩いたりすることもできます。

ガジェットポーチ mono-X
国内ブランドだけあって、縫製も丁寧です

ポーチ内部は、収納場所がひと目で分かる「4つのメッシュポケット」「1つのジッパー式ポケット」があります。

ガジェットポーチ mono-X

よくある市販のポーチ内部って、奇抜なカラーが多いですよね。中身が見えやすいように作られているのだと思いますが…正直スタイリッシュじゃない。。見た目が良いのに、中身を開けると奇抜なカラー…、(個人的には)好みではありません…。

素敵なガジェット達を美しく、スタイリッシュに収納できますよ

また、ジッパー式ポケット内部は、散らばりやすいケーブル類をまとめる”ゴムバンド(大×2、小×2)”が搭載されています。

ガジェットポーチ mono-X
ジッパーを開けると、計4つのゴムバンドがあります

質感・素材|耐衝撃加工されたナイロン素材

mono-Xのポーチ素材は、耐衝撃ハード加工された”ナイロン素材を採用。ほどよい厚みと硬さがあるので、万が一、ポーチを落としても安心です。

ガジェットポーチ mono-X
見た目の質感も高いです

ポーチの表裏面には、外部からの衝撃を和らげる板や緩衝材も入っているので、周りからの衝撃にも強いです

ポーチによっては、厚みが薄くて外部からの衝撃に弱いポーチがありますが、mono-Xのポーチはその心配は不要です。固すぎず、柔らかすぎずで安心感があります。

また、ポーチを開閉するジッパーも高品質。安物にありがちな、引っ掛かりや脆さも感じられません。

ガジェットポーチ mono-X
開閉もスムーズで安っぽさがない感じ

サイズ・重量|ガジェットポーチに最適なサイズ

mono-Xのサイズは、「縦23.5 ×横14.0 × 厚み5.5cm」で、充電器やケーブル類のガジェットを入れるには最適なサイズ感。

ガジェットポーチ mono-X

重量は、「約200g(実測値)」で、同サイズのポーチにしては少し重みがありますが、持ち運びには気にならない重さです。

収納力|平均よりは高い

収納力としては、スマホ・タブレット・PC用の充電器やケーブル類をまとめて収納できるほど、サイズの割には大容量入ります。

ガジェットポーチ mono-X
これだけのアクセサリー類をまとめて収納できる

ポケットの数は「8個」で、内訳は次の通りです。

  • 表面×1
  • 裏面(ジッパー)×1
  • メインポケット(大)×1
  • 内ポケット(メッシュ)×4
  • 内ポケット(ジッパー)×1
    • ゴムバンド(大)×2
    • ゴムバンド(小)×2

Amazonでも大人気のエレコムサンワダイレクトのポーチと比べると、(若干ですが)一回り大きめのサイズ感ですので、一般的なポーチよりは、収納力が高いです。

収納力
低い
1
2
3
4
5
高い

防水性|高防水ナイロンを全面使用

mono-Xの防水性は、高防水ナイロン素材を全面使った撥水性のあるポーチです。防水性はあるに越したほうが良いので、万が一の時でも安心です。

引用元:Amazon

ただし、完全防水素材ではないので、急な雨や水回りの利用で水が掛かってしまったなど、あくまで生活防水程度として考えるのが良さそうです。

ガジェットポーチ:mono-Xの「メリット、デメリット」

ガジェットポーチ:mono-X
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • スマートで美しいデザイン
  • コンパクトで大容量
  • ハード加工で外部からの衝撃に強い
  • 撥水性がある防水仕様
  • リーズナブルな価格で購入できる
デメリット
  • ポーチにしては、少し重みがある

ガジェットポーチ:mono-Xの「メリット」

ガジェットポーチ:mono-Xのメリット
  • スマートで美しいデザイン
  • コンパクトで大容量
  • ハード加工で、外部からの衝撃に強い
  • 撥水性がある防水仕様
  • リーズナブルな価格で購入できる

mono-Xは、個人的には、スマートで美しいデザインがお気に入り。Amazonでも購入できるエレコムサンワダイレクトのポーチは、安価で人気がありますが「The・ポーチ感」が強い見た目。

対して、LiberFlyerのmono-Xは、ガジェット収納だけでは無く、生活用品を収納する”トラベルポーチ”として使っても違和感が無い見た目です。

ガジェットポーチ mono-X
歯ブラシセットや化粧品などの収納にも使える

The・ポーチ感が無く、男女問わず幅広い用途で使えるので、個人的にはかなり気に入っているポーチの一つです。

メインポケットも大容量+内ポケットも多いので、生活用品の小物を収納するのにも向いています

また、「2,400円」と高すぎないリーズナブルな価格も良い。

ガジェットポーチ mono-X
取っ手付きは、自宅でもの収納にも便利

ガジェットポーチとしては少し高めですが、耐衝撃+撥水+大容量+スタイリッシュなデザインと高機能ポーチですので、他のポーチと一緒に持ち歩かなくても事足りそうです。

ガジェットポーチ:mono-Xの「デメリット」

ガジェットポーチ:mono-Xのデメリット
  • ポーチにしては、少し重みがある

mono-Xの気になる点としては、同サイズのガジェットポーチにしては、約200gと少し重みがあります。

ガジェットポーチ mono-X

耐衝撃+防水仕様で厚みがあるので、少し重みがあるのは仕方ないですが…。少しでも軽いポーチを使いたい人には、不向きなポーチかと思います。

とは言っても、”ガジェット”ポーチと名の通り、重みのある充電器・周辺機器の”ガジェット”を収納するので、重みはどうしても出てしまいますが…。

重さがどうしても気になる人は、次項で紹介する「他社製のおすすめポーチ」で、mono-Xよりも軽量なポーチがありますので、よければ参考にしてみて下さい。

他社製品の紹介(ガジェットポーチのおすすめ)

本記事では、mono-Xのガジェットポーチを紹介しましたが、他社製品でも数多くのガジェットポーチが販売されています。

以下に、おすすめガジェットポーチも厳選して紹介しておきます。ガジェットポーチ選びの参考として、検討していただければ幸いです。

スクロールできます
商品名LiberFlyer mono-XUGREEN ポーチ無印良品 ポーチIncase Nylon Accessory Organizerエレコム BMA-F01Xサンワダイレクト 200-BAGIN006Amazonベーシック ポーチasoboze 防水ポーチユウボク東京 デイズポーチ無印良品 サコッシュ
デザインLiberFlyer mono-XUPGREEN ポーチ無印良品 ポーチIncase Nylon Accessory Organizer
エレコム ポーチサンワダイレクト ポーチAmazonベーシック ポーチasoboze 防水ポーチユウボク東京:デイズポーチ無印良品:サコッシュ
特徴男女問わず使いやすいスマートなデザインSSD,HDDを収納しても安心なハードポーチ1,000円以下で買える高機能ポーチAppleデバイスの収納に最適なポーチガジェットを傷つけない起毛素材を採用安くて大容量の大人気ポーチ多用途で使えるAmazonの大人気ポーチ防水性のあるミニマリスト向けポーチ狭いスペースにも置ける自立型ショルダーストラップ式のポーチ
素材ナイロンEVA+300DポリエステルナイロンポリエステルポリエステルEVAポリエステルポリエステル、ナイロンポリエステル
収納
耐衝撃性
防水性ー(撥水)ー(撥水)ー(撥水)
カラバリ3色1色2色1色3色2色1色3色9色5色
重量200g220g70g150g100g76g272g24g約170g80g
価格約2,400円約2,000円990円6,380円約1,300円1,580円約1,200円約2,700円約4,400円990円
比較表:ガジェットポーチ

「ガジェットポーチ」まとめ記事はこちら

「各ガジェットポーチ」のレビュー記事はこちら

「ガジェットポーチの中身」紹介記事はこちら

まとめ:mono-X(モノクロス)ガジェットポーチをレビュー|男女問わず使えるスマートで美しいデザイン!

以上、ガジェットポーチ”mono-X”のレビュー記事でした。

リーズナブルな価格の割には、防水性+耐衝撃性と高機能なポーチで、個人的には購入して大満足しています。

ポーチの中身って出し入れするのが面倒ですよね。mono-Xのポーチは、スマートでデザイン性も高く、”取っ手”も付いているので、自宅の壁面フックなどにぶら下げておけば、インテリアとして映えますし忘れることもなさそうです。

人とは一味違ったデザインのポーチを使いたい人に、特におすすめです。ガジェットポーチ選びの参考になれば幸いです。

ガジェットポーチ:mono-Xの評価
外観デザイン/質感
92点
収納力
90点
持ち運びやすさ
85点
価格
85点
総合評価
88点

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • スマートで美しいデザイン
  • 8つのポケット搭載の大容量タイプ
  • 防水+耐衝撃性を搭載
  • リーズナブルな価格
  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

four × two =

Contents