【Apple Watch】アプリのレイアウトを変更する方法を解説

こんにちは、Yuma(@yuLog_jp)です。

本記事では、Apple Watchのアプリのレイアウト変更方法について解説をしていきます。

アプリのレイアウトを変更する方法として、「Apple Watchから設定する方法」と「iPhoneから設定する方法」の2種類がありますので、それぞれ解説をしていきます。

本記事の内容(まとめ)
  • AppleWatchのアプリのレイアウトを変更する方法を解説
  • アプリの表示方法を「グリッド」⇔「リスト表示」へ切替する方法を解説
Contents

【Apple Watch】アプリのレイアウトを変更する方法を解説

はじめに、Apple Watchのアプリの表示方法として、「グリッド表示」と「リスト表示」の2種類の表示方法があります。

ここでは、「グリッド表示」によるアプリのレイアウトを変更する方法を解説します。

リスト表示では、アプリが名前表示で一覧として表示される為、レイアウト変更ができません

Apple Watchでアプリのレイアウトを変更する方法

Apple Watchでアプリのレイアウトを変更する方法は、Apple Watchのホーム画面(グリッド表示)を表示し、画面を「長押し」「Appを編集」をタップ移動したいアプリを「移動」することで、アプリの表示位置を変更できます。

移動後、「Digital Crownを1回クリック」し、元のホーム画面に戻って完了です。

Apple Watchでアプリのレイアウトを変更する方法

iPhoneの「Watch」アプリから、アプリのレイアウトを変更を変更する方法

iPhoneの「Watch」アプリから、Apple Watchのレイアウトを変更することもできます。

設定方法は、iPhoneの「Watch」アプリを起動し、画面左下の“マイウォッチ”から「Appのレイアウト」を選択します。

アプリのレイアウト表示後、移動したいアプリを「ドラッグ」することでアプリの表示位置を変更することが可能です。

アプリの表示方法を「グリッド」↔︎「リスト表示」へ切替する方法を解説

アプリの表示方法を「グリッド」↔︎「リスト表示」へ切替する方法を解説

Apple Watchのアプリの表示方法のアプリの表示方法は、「グリッド表示」と「リスト表示」の2種類あります。

「グリッド表示」から「リスト表示」への切替方法は、AppleWatchのホーム画面を「強めに長押し」することで、「グリッド表示⇔リスト表示」へ切替することが可能です。

「グリッド表示」では、どのアプリがどこにあるか分かりにくいですが、「リスト表示」では、名前順にアプリが一覧として表示される為、AppleWatchよりアプリを選択しやすいことが特徴的です。

まとめ:【Apple Watch】アプリのレイアウトを変更する方法

以上、AppleWatchのアプリのレイアウトを変更する方法法についての紹介記事でした。

AppleWatch購入時の基本操作・初期設定など、AppleWatchに関する記事を以下にも記載していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

  • 関連記事

Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

  • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
  • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

13 − one =

Contents