Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

Apple Watchバンドの付け方・外し方を紹介|注意すべきポイント

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「Apple Watchバンドの付け方・外し方」を知りたい方へ。

ゆうま

Apple Watchバンドの取り外しって、意外と難しいですよね…?

  • Apple Watchバンドの正しい「取り付け方」・「外し方」を知りたい人
  • バンド交換をする上で、注意すべきポイントを知りたい人

このような悩みを抱えている方へ。

本記事では、「Apple Watchバンドの付け方・外し方」について紹介をしていきます。

Apple Watchを正しい手順で取り付け・取り外しすることで、Apple Watchの落下を防ぎ、長く大切に使っていきましょう!

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watchバンドの「付け方」「外し方」を紹介
  • バンド交換の注意すべきポイントを紹介
Contents

Apple Watchバンドの付け方・外し方を紹介|注意すべきポイント

Apple Watchバンドの「外し方」

Apple Watchバンドの「外し方」は、Apple Watch裏面にある“バンド取り外しボタン”を押すことで、バンドの取り外しが可能です。

STEP
“バンド取り外しボタン”を押しながら、バンドを横にスライドさせる
STEP
取り外せない場合は、再度”バンド取り外しボタン”を押しながらスライドさせる
STEP
バンドの取り外し完了!

Apple Watchバンドの「付け方」

Apple Watchバンドの「付け方」は、Apple Watch裏面にある“バンド取り外しボタン”を押すことで、バンドの取り付けが可能です。

STEP
バンドが裏面であること確認して、バンドを横にスライドさせる
STEP
取り付けしづらい場合は、”バンド取り外しボタン”を押しながら、バンドを横にスライドさせる
STEP
バンドの取り付け完了!

Apple Watchバンド交換の注意すべきポイントを紹介

Apple Watchバンドを交換するためのコツや、注意すべきポイントを紹介します!

Apple Watchバンド交換の注意すべきポイント
  • バンドサイズの互換性を確認する
  • バンドの表面と裏面を確認する
  • スポーツバンドは、向きに注意する

バンドサイズの互換性を確認する

引用元:Apple|Apple Watchを比較する

Apple Watchのバンドには、38mm・40mm・41mmの「小さいサイズ」42mm・44mm・45mmの「大きいサイズ」の2種類があります。

自分が使っているApple Watch本体のシリーズによって、対応しているバンドサイズが異なります。

以下の”Apple Watchバンドサイズの互換性”の表を確認し、同じサイズ(または、以下○印のサイズ)を用意していることを確認しましょう。

Apple Watchバンドサイズの互換性

Apple Watch本体とバンドのサイズが異なれば、取り付けできませんので、サイズ確認はしっかり行いましょう

正確には…以下画像の通り、装着は可能です。しかし、Apple Watch本体サイズとバンドサイズが違いますので、見た目が不格好になります。。

Apple Watch本体はSeries2の「42mm」、バンドはSeries7と合わせて発売された「41mm」

バンドの表面と裏面を確認する

Apple Watchバンドを正しく取り付けるには、バンドの表面と裏面をしっかりと見分けて取り付けする必要があります。

基本的に、バンドの「裏面」となるのは、バンドサイズが印字されていたり、バンド取り外しボタンの色が違っています。

左から、スポーツバンド・ソロループ・ブレイデッドソロループ・ミラネーゼループ・スポーツループ

バンドの表面と裏面をしっかり区別することで、バンドがずれたりすることも無く、正しくバンドを装着できますよ

スポーツバンドは、向きに注意する

Apple Watchのスポーツバンドは、「長いバンド」と「短いバンド」があります。

正しい取り付け方法は、短いバンドが”下側”で、長いバンドが”上側”となりますので、向きに注意しましょう。

まとめ:Apple Watchバンドの付け方・外し方を紹介|注意すべきポイント

以上、Apple Watchバンドの付け方・外し方についての紹介記事でした。

Apple Watchのバンドは、Apple純正・サードパーティ含めて様々な種類のバンドが販売されていますので、取り外しが分かりにくいバンドがありますよね…。

また、Apple Watch Series 7の発売と合わせて、バンドサイズも種類が増えましたが、今までのシリーズでも互換性があります。正しく理解して、Apple Watch生活を楽しんでいきましょう!

私がおすすめする純正・サードパーティのバンド紹介記事も以下に記載していますので、気になる方は合わせて参考にしていただければ幸いです。

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる