Category
Appleおすすめ一覧
ITガジェット一覧
Yuma
Webマーケター
Age:31|Webマーケティング|フリーランス
Apple・ガジェットレビューブログ『yuLog』を運営しています。
Appleとガジェットが大好物。
田舎フリーランス1児のパパです。
Appleデバイスを中心に、生活に役立つガジェットを紹介していきます!

Apple Watch 7と6を徹底比較!9つの違いを解説

Amazonで商品を購入する方は必見!

Amazonプライム会員は、対象映画が見放題のAmazon Prime VideoやPrime Music、Prime Readingなどの特典を追加料金なしで利用できる「お得な特典満載」の会員制プログラムです。

月額料金は、たったの"500円"!(30日間の無料体験あり)

Amazonプライム会員になる

新しい読書のスタイルは、"耳"で聴く「Audible」がおすすめ!

こんにちは、ゆうま(@yuLog_jp)です。

「Apple Watch Series 7とSeries 6の違い」を知りたい方へ。

Appleより、2021年10月15日に発売された新モデルである『Apple Watch Series 7』

画面サイズが拡大し、ケースサイズも41・45mmと1mm大きくなったことで、画面が見やすく操作性が向上しました。

また、Apple Watch史上初のIP6Xの防塵性能に対応し、前面クリスタルが50%厚くなったことで亀裂に強くなりました。

対して、前モデルである『Apple Watch Series 6』ですが、機能面ではどこに変化があったのか気になる方も多いと思います。

  • Series 7とSeries 6の「機能」は、何が違うのか知りたい!
  • どっちがおすすめ?どのモデルを買うべきか知りたい!

このような悩みを持っている方へ。

本記事では、「Apple Watch Series 7とSeries 6の違いについて徹底比較」していきます。

Series 7・Series 6両方のモデルを実機を交えてレビューしていきますので、「どっちを買おうか迷っている!」なんて人は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです!

本記事の内容(まとめ)
  • Apple Watch Series 7とSeries 6の「違い」を徹底解説
  • 逆に、「変わらなかった機能」を解説
  • Series 7・6を購入すべきおすすめユーザを紹介
Contents

Apple Watch 7と6を徹底比較!9つの違いを解説

Apple Watch Series 7とSeries 6の主な違いは、以下の通りとなります。

Apple Watch 7と6の「違い」一覧
  • ディスプレイサイズ|S7は、画面サイズが拡大された
  • ケースサイズ|今までのケースよりも”1mm”大きい
  • ディスプレイ輝度|常時ディスプレイ表示が70%明るくなった
  • カラーバリエーション|新しい5色のカラー
  • 前面パネル|Apple Watch史上最高の耐久性
  • 防塵性能|史上初のIP6X等級で、亀裂に強い
  • 文字盤|大きく最適化されたディスプレイ専用文字盤が登場
  • 充電速度|S7は、S6より33%も高速化
  • 価格|少しだけ値上がり

次項より、順を追ってSeries 7とSeries 6の違いを解説していきます!

ディスプレイサイズ|S7は、画面サイズが拡大された

引用元:Apple Watch Series 7|Apple

Series 7のトピックの一つである「ディスプレイサイズ」が大きく拡大されました。

Series 6と比較すると、スクリーン表示領域が「約20%」も拡大され、外枠の縁部分がたった“1.7mm”と「40%」細くなりました(Series 3と比較すると、50%以上も拡大されています!)。

画面サイズが大きくなることで、画面の端ギリギリまで表示される為、ボタンが押しやすくなります

Series 7専用の新しい文字盤「輪郭」

表示領域が拡がって縁が細くなることで、表示されるボタンサイズが拡大され、操作性が向上するということですね。

マップ起動画面を比較(左がS6/44mm、右がS7/45mm)

また、ディスプレイサイズが大きくなったことで、以下表の通り、解像度も向上していますので、画面の美しさを損なうことなく鮮明な画像を表示してくれます。

解像度Series 6Series 7
40mm324×394px
41mm368×448px
44mm368×448px
45mm396×484px
S6とS7の「解像度」の違い

ケースサイズ|今までのケースよりも”1mm”大きい

Series 7ではディスプレイサイズの拡大と合わせて、Apple Watch本体のケースサイズが『1mm』大きくなりました。

Series 6やSEモデルでは、ケースサイズが「40mm・44mm」の2種類でしたが、Series 7では「41mm・45mm」と大きくなりました。

ケースサイズの比較(左がS6/44m、右がS7/45mm)

S7では、1mm大きくなっただけなのでパッと見はわかりませんが、表示領域が拡大されたことで、Series 6(44mm)と比べると、より大きく見えてしまいます…!

ケースが大きくなっても、バンドは今まで通り使えますよ

引用元:Apple Watchを比較する|Apple
ゆうま

ケースサイズが大きくなると、今までのバンドは使えないの?

心配される方が多いと思いますが、今まで使っていたバンドは、Series 7でも問題なく使えますのでご安心を。

以下表より、同じサイズ(または、○印のサイズ)のバンドを用意していることを確認してみて下さい。

Apple Watchバンドサイズの互換性

ディスプレイ輝度|常時ディスプレイ表示が70%明るくなった

手首が下がった状態でも、Apple Watchの画面が表示される「常時ディスプレイ表示」機能。

SEやSeries 4以前のモデルでは、常時ディスプレイ表示は非搭載で、文字盤の時刻やコンプリケーションを確認するためには、手首を上げたり、画面をタップする必要がありました。

しかし、Series 5以降では「常時ディスプレイ表示」を搭載。

今作Series 7では、手首を下げた状態で表示されるディスプレイの明るさが、Series 6と比較して、屋内でも70%以上も明るく見えるようになりました。

手首を下げた状態(低輝度)で明るさの違い(左がS6、右がS7)

個人的に、“屋内でも”という点がポイントだと思っています。

Apple Watchには、明るさを自動調整する”環境光センサー”が搭載されています。

暗い場所だと画面が暗くなり、日当たり良好の明るい場所だと画面が明るくなり、明るさを自動調整をしてれくます。

ただし、使っている文字盤によって、時刻やコンプリケーションが見えにくい(特に、小さいコンプリケーション)場合、Series 6を使っていても手首を上げて時刻を確認する…という動作が極稀にありました。

S7では、”屋内”でも70%以上も明るさが向上しています。小さいコンプリケーションでも見えやすくなった点は、個人的に嬉しく思っている機能の一つです!

カラーバリエーション|新しい5色のカラー

アルミニウム素材は、5つの新しいカラーへ

Apple Watch Series 7では、“アルミニウム”ケースに、5つの新色カラーが登場しました。

S7とS6のカラーの違いは、以下の通りです。

ケース素材Series 7Series 6
アルミニウム・ミッドナイト
・スターライト
・グリーン

・ブルー
・(PRODUCT)RED
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド

・ブルー
・(PRODUCT)RED
ステンレス・シルバー
・グラファイト
・ゴールド
・シルバー
・グラファイト(DLC)
・ゴールド(PVD)
チタニウム・チタニウム
・スペースブラック(DLC)
・チタニウム
・スペースブラック
S7とS6のカラーを比較

Series 6のアルミニウムでは、スペースグレイ・シルバー・ゴールドの3つのカラーが廃止となりました。

また、ケース素材が、”ステンレススチール”と”チタニウム”は、Series 6と同様のカラーとなります。

ちなみに、私はSeries 7の”グリーン”を購入しました

アルミニウム新色「グリーン」を購入

光の当たり方によって見え方は若干異なりますが、グリーンというよりは、少し暗めの”ダークグリーン”に近い感じです。

個人的には、好みの色合いで非常に良い!黒色が強めですが、暗い印象を持たせない落ち着いたカラーで、付けているだけでも気取らないオシャレを演出できそう(笑)。

前面パネル|Apple Watch史上最高の耐久性

引用元:Apple Watch Series 7

Series 7では、“Apple Watch史上、最も割れにくい前面クリスタル”と言われている程、前面パネルの耐久性が向上しています。

具体的には、本体を覆っている前面クリスタルが50%厚くなり、最も厚い部分で、Series 6の2倍以上の強度があります。

前面クリスタルをフラットベースに再設計したことで、強度と耐久性が大きく向上しました

私が持っているアルミニウムは、Series 2とSEですが、昔からのSeries 2でも前面パネルは「Ion-Xガラスディスプレイ」という、Series 7と同じものが使われています(もちろん、厚さや耐久性は全然違いますが)。

何が言いたいかというと、昔から使っていたSeries 2「Ion-Xガラスディスプレイ」ってかなり丈夫だよ!ということ。

Apple Watch S2もS7同様の「Ion-Xガラス」を搭載している

とはいえ、利用頻度や激しい運動をする人は、傷付きやすさは異なりますよね。

個人的には「Ion-Xガラス」はかなり丈夫!という認識なので、Series 7ではどれだけ強度があるのか、逆に検証してみたいところです。

防塵性能|史上初のIP6X等級で、亀裂に強い

前面パネルの耐久性が向上したことと合わせて、耐亀裂性能があるIP6X等級の防塵性能にも対応しました。

Series 6では耐水性能はありましたが、防塵性能までは搭載されていませんが、今作Series 7では、Apple Watch史上初の『防塵』性能が搭載されています。

PR動画では、サイクリングで転んで砂埃が立っても問題ないぜ!と言わんばかり、激しく転んでも問題ないことをアピールしています(笑)

サイクリングやクライミングなどの激しめの運動をする方には、防塵性能は重視したい機能ですね!

もちろん、”WR50″規格の耐水性能も備えています

文字盤|大きく最適化されたディスプレイ専用文字盤が登場

Series 7では、大きく最適化されたディスプレイに合わせた、2つの新しいSeries 7専用文字盤「輪郭」と「モジュラーデュオ」が登場しました。

Series 6では、この2つの文字盤は利用することができません

Series 7専用文字盤「輪郭」

「輪郭」文字盤は、文字盤やボタンがディスプレイ端まで画面に表示される為、スクリーン表示領域が拡大されたことを強調してくれる新文字盤です。

横のDigital Crownを回すと、時計の数字が滑らかなアニメーションでぬるぬる動く隠し技もあります。

Series 7専用文字盤「モジュラーデュオ」

「モジュラーデュオ」文字盤は、画面サイズが大きくなったことを活かして、2つの大きなコンプリケーションを1画面にまとめて表示させることができる新文字盤です。

充電速度|S7は、S6より33%高速化

S7とS6の大きな違いの一つである充電速度。Series 7では、Series 6よりも33%も充電速度が高速になりました。

また、新しくなった充電システムより、約45分の充電で、バッテリー容量が0%→80%まで充電できる為、S6よりも短時間で充電可能です。

参考に、S7とS6の充電速度の計測比較結果が、以下表となります(S5は参考程度に)。

充電時間Series 7Series 6Series 5
30分53%42%35%
45分80%62%50%
60分95%80%65%
75分100%92%79%
90分100%88%
140分100%
Series 7とSeries 6の充電速度を計測比較

測定条件は、以下の通りです。
・Series 7:USB-C充電ケーブル+20W USB-C電源アダプタ
・Series 6/5:USB-A充電ケーブル+5W USB-A電源アダプタ
 ※いずれも0%の状態で、測定を開始

上記の通り、フル充電までの差は、約15分ですので、S6でも十分速いですが…S7は、S6よりも充電速度が早くなっていることが読み取れます。

高速充電するには、USB-Cケーブルと20W USB-C電源アダプタが必要

ただし、高速充電をするには、以下の条件が必要ですので、ご注意下さい。

Apple Watchを高速充電するための条件

上記3つを組合わせることで、高速充電が可能になります

価格|少しだけ値上がり

左がS6(ステン/グラファイト)、右がS7(アルミ/グリーン)

Apple Watch Series 7とSeries 6の価格差は、約¥1,000〜¥4,000ほどSeries 7の方が高いです。

詳細は、以下価格表をご参考下さい。

ケース素材(モデル)Series 7(41mm)Series 6(40mm)
アルミニウム(GPS)¥48,800〜¥47,080
アルミニウム(GPS+Cellular)¥60,800〜¥59,180
ステンレス(GPS+Cellular)¥82,800〜¥80,080
チタニウム(GPS+Cellular)¥94,800〜¥91,080
S7とS6の価格差(小さい画面サイズ)
ケース素材(モデル)Series 7(45mm)Series 6(44mm)
アルミニウム(GPS)¥52,800〜¥50,380
アルミニウム(GPS+Cellular)¥64,800〜¥62,480
ステンレス(GPS+Cellular)¥88,800〜¥85,580
チタニウム(GPS+Cellular)¥100,800〜¥96,580
S7とS6の価格差(大きい画面サイズ)

S7とS6で変わらなかった「同じ機能」は?

上記では、Apple Watch Series 7とSeries 6の違いを挙げましたが、変わらなかった「同じ機能」について、以下表にまとめました。

Series 7Series 6
ケースサイズ45mm/41mm44mm/40mm
ディスプレイサイズSeries 3より1.5倍Series3より1.3倍
ディスプレイRetinaディスプレイRetinaディスプレイ
常時表示
カラー(アルミ)・ミッドナイト
・スターライト
・グリーン

・ブルー
・(PRODUCT)RED
・スペースグレイ
・シルバー
・ゴールド

・ブルー
・(PRODUCT)RED
カラー(ステン)・シルバー
・グラファイト
・ゴールド
・シルバー
・グラファイト
・ゴールド
カラー(チタン)・チタニウム
・スペースブラック
・チタニウム
・スペースブラック
プロセッサS7 SiPS6 SiP
バッテリー駆動時間18時間18時間
充電速度45分で0→80%60分で0→80%
血中酸素濃度の測定
心電図の測定
心拍数の通知
転倒検出
緊急SOS
防塵/耐亀裂性能○(IP6X)
耐水性能
【まとめ】Apple Watch S7とS6の違い

赤字が、相違箇所を表しています

上記をみて分かる通り、Series 7のトピックは「ディスプレイサイズが拡大された新デザイン・新カラー」「充電速度の高速化」「防塵/耐亀裂性能の向上」以外は、ほとんど変更がないマイナーチェンジモデルとも言えますね。

次項では、この結果を踏まえて、こんな人に「S7モデル」「S6モデル」がおすすめなユーザーを紹介していきます。

こんな人に「Apple Watch S7・S6」がおすすめ!

以上を踏まえて、(独断と偏見を持って)Series 7・Series 6がおすすめなユーザーを紹介していきます!

Apple Watch Series 7が向いている人

Apple Watch Series 7が向いている人
  • Apple Watchの「フル機能」を使いたい人
  • 「新デザイン(大きな画面)」を使いたい人
  • 少しでも「充電時間を短縮」したい人
  • サイクリングなど「激しめの運動」をする人

Series 7の最大の特徴は、『ディスプレイサイズが拡大された新デザイン』です。

S6よりも、ベゼル(画面の外枠の縁)が40%細く、スクリーン表示領域が20%拡大されたことで、視認性が高いです。画面の見やすさやボタンの押しやすさは、間違いなく過去最高モデルと言えます!

ただし、充電時間が早くなっているとはいえ、約15分間ほどしかフル充電までの差がないのもS7の特徴です(バッテリー駆動時間も18時間と変わらず)。

また、「新色カラー」や「耐亀裂性能」にこだわりが無ければ、逆にSeries 6でも十分かな…と個人的には思っています。

Apple Watch Series 6が向いている人

Apple Watch Series 6が向いている人
  • 「常時ディスプレイ表示」機能を使いたい人
  • 十分なヘルスケア機能を使って「健康管理」をしたい人
心電図などのヘルスケア機能は、S6でも利用可能

Apple Watch Series 6レビュー記事でも取り上げていますが、Series 6は、ヘルスケア機能が充実したモデルで、健康管理を目的とした使い方に適しています。

血中酸素濃度や心拍数の測定、心電図、転倒検出、緊急SOSなど…ヘルスケア・ウェルネス機能は、Series 7同等の機能がSeries 6でも利用できるのです。

「最新モデルではなくても、自身の健康管理を目的としてApple Watchが欲しい…」なんて人は、高価で新モデルのSeries 7でなくても、一つモデル落としたSeries 6でも十分かなと思っています…!

なお、Series 6の新規販売は終了していますので、定期的に開催されるAmazonのタイムセールや、Apple Storeの認定整備済製品より、購入を検討してみてはいかがでしょうか!

最後に、『今買うべきApple Watchはどれ?』のまとめ記事も書いていますので、合わせて参考にして頂ければ幸いです。

まとめ:Apple Watch 7と6を徹底比較!9つの違いを解説

以上、Apple Watch Series 7とSeries 6の違いについての比較記事でした。

個人的な結論ですが、現在Series 6ユーザーであれば、約5万以上のお金を払って購入する必要もないのでは…と思っています。

S7は充電速度が速くなったとはいえ、それほど大きな差がないことや、常時ディスプレイ表示・ヘルスケア機能がS6でも十分に機能を果たしております。

ただし、新しいデザインや文字盤、新色カラーはS7ならではですので、個人的には購入して大満足しています!

最後に、本記事の内容まとめです。

Apple Watch 7と6の「違い」一覧
  • ディスプレイサイズ|S7は、画面サイズが拡大された
  • ケースサイズ|今までのケースよりも”1mm”大きい
  • ディスプレイ輝度|常時ディスプレイ表示が70%明るくなった
  • カラーバリエーション|新しい5色のカラー展開
  • 前面パネル|Apple Watch史上最高の耐久性
  • 防塵性能|史上初のIP6X等級で、亀裂に強い
  • 文字盤|大きく最適化されたディスプレイ専用文字盤が登場
  • 充電速度|S7は、S6より33%も高速化
  • 価格|少しだけ値上がり

このWebサイトでは、AppleデバイスガジェットAppレビューなどの情報を発信しています。

SNS(TwitterInstagram)も日々更新していますので、フォローして頂けると励みになります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • 今回紹介した商品は、こちら
  • 関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
Contents
閉じる