【まとめ】Apple Watchを新しく機種変更する時に事前にしておくこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

新しく発売された「Apple Watch Series 5」。ディスプレイの常時表示が可能となり、新素材である「チタニウム」と「セラミック」が追加されたことが特徴的です。今回の「Apple Watch Series 5」へ乗り換えする人も多いのではないでしょうか。

当記事では、新機種のApple Watchへ機種変更する時に、事前に設定しておくことについて解説をしていきたいと思います!

 

Contents

Apple Watchを機種変更する時に事前にしておくこと【まとめ】

Apple Watchを機種変更する時にすることは、主に以下の3つとなります。

AppleWatchを機種変更する時にすること

  • バックアップデータの作成
  • Suicaやクレジットカード情報の削除
  • セルラー契約(eSIM)の解除

 

バックアップデータの作成

まずはじめに、今まで使っていたApple Watchの”バックアップデータ”を作成しましょう。…と言いながら、Apple Watchでは、バックアップを取るために特別な作業は不要です。

Apple Watchのバックアップデータは、ペアリングしているiPhoneと自動でバックアップされるようになっています。

新しいApple Watchの初期設定をする時に、今までのApple Watchのペアリングを解除することになります。このペアリングを解除する段階で、Apple Watchのバックアップデータを自動的にiPhone内へ保存してくれます。

その為、新しいApple Watchへ乗り換えするだけで、バックアップデータの作成をする特別な操作は不要となります!

 

Suicaやクレジットカード情報の削除

Apple Watch本体では、キャッシュカードの利用やSuica支払いが可能となります。

上記で作成するバックアップデータには、これらのカード情報は含まれておりませんので、Watch本体のカード情報を事前に削除しておく必要があります。

「クレジットカード」の場合は、再度新しいApple Watchに登録すればいいのですが、特にSuica」は要注意です。Suicaの情報は、前のApple Watchに残る為、以下手順に沿って、Suica情報を削除しておきましょう。

 

Suicaを削除する方法

Apple WatchからSuicaの情報を削除するには、iPhoneの「Apple Watch」アプリから、「WalletとApple Pay」をタップし、削除したい「Suicaカード」を選択します。

下にスクロールし、「このカードを削除」をタップすることで削除完了です。

※キャッシュカードも上記手順同様で、削除したいカードを選び、「このカードを削除」を選択することで完了です。

  • 「クレジットカード」は、再度カード情報を登録することで、引き継ぎ利用が可能
  • 「Suica」は、事前にカード情報をApple本体から削除しておく必要がある

     

    新しいApple Watchに「Suica」を登録する方法

    iPhoneの「Watch」アプリより、「WalletとApple Pay」を選択し、「カードを追加」を選択します。

    カードの種類で「Suica」を選択し、「次へ」を選択することで完了です。

    あわせて読みたい
    【まとめ】iPhoneでSuicaを購入する方法・登録方法について こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。 交通系ICカード「Suica」は関東圏で利用されているイメージがありますが、スマホや携帯で電子決済ができる”おさいふケ...
    あわせて読みたい
    【AppleWatch】財布不要。Suicaの支払い方法・チャージ方法を解説 こんにちは、ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。 電子マネー化が進む中、コンビニやファミレスなどでの簡易支払いは、モバイルSuicaの利用をオススメします! 本記事...

     

    セルラー契約情報(eSIM)の削除

    Apple Watch Series 3より、Apple Watch単体でLTE通信が可能な”セルラーモデル”が利用可能となっています。

    旧Apple Watchから新しいApple Watchへ乗り換えする時は、旧Apple Watchで契約している「セルラー契約情報(eSIM)」を削除しておく必要があります。

    設定方法としては、iPhoneの「Watch」アプリを開き、「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップすることで、削除完了です。

    新しいApple Watchでも、セルラー契約情報(eSIM)を再設定することで、従来通りWatch単体でのLTE通信が可能となります。

     

    まとめ

    以上、Apple Watchを新しく機種変更する時に事前にしておくことについての紹介記事でした。

    Apple Watchを新しく機種変更する時は、バックアップデータを取る必要がない為、意外とかんたんに移行可能です(自分はSeries2→5へ変更した時は、約20分程かかりました)。

    機種変更時に注意する点としては、Suicaやクレジットカード情報を削除しておくこと。ここは忘れずに機種変更を行いましょう!

    AppleWatch機種変更時にしておくこと【まとめ】

    • バックアップデータは、ペアリング解除時に自動的に保存される為、特別な操作は不要
    • Suicaやクレジットカード情報は、事前に削除しておく
    • セルラー契約情報(eSIM)の削除

    Amazonギフト券は「現金チャージ」がお得!

    • Amazonギフト券で、5,000円以上の現金チャージで1,000ポイントが貰える!
    • チャージ金額によって、0.5〜2.5%のポイントが貰える!

    初回は、5,000円の現金チャージで、6,000円分の買い物ができます!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    参考になったらシェアをお願いします!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    thirteen + 14 =

    Contents
    閉じる