こんにちは、北陸出身ブロガーのゆうま(@yuLog_jp)です。

2019年9月20日より、Appleは新しいiOSである「iOS13」を公開しました。

ショートカット機能など新たなアプリが追加されましたが、追加された一つの機能として「スマート全角スペースをオフ」にする項目が追加されました。

従来は、日本語入力している時に、スペースを押すと”半角入力”となっていました。しかし、iOS13より初期設定は、”全角入力”となってしまいます。

当記事では、iOS13にアップデートした際に、キーボード入力を半角にする方法について解説していきます。

 

スマート全角スペースをオフにする方法

iPhoneの「設定」アプリより、設定変更が可能です。

「設定」アプリから「一般」→「キーボード」→「スマート全角スペース」をに設定することで完了です。

この機能をオフにすることで、キーボード入力時、"空白(スペース)"を押した際に、スペースが全角になってしまうのを"半角"にすることが可能です。

また、本設定をしなくても、英数キーボードに変更した後、”スペース”を押すことで半角スペースを入力することも可能です。

 

【補足】半角カタカナ入力に対応

今回のiOS13より、半角カタカナ入力に対応しました。

特別な設定は不要です。

①半角カタカナ入力をしたい文字打ちます

②キーボード上部に表示される一番右の「v」マークをタップします

③予測変換の一番下までスクロールすることで、一番最後に「半角カタカナ」入力が表示されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、iOS13よりアップデートし利用可能となった、スマート全角スペースをオフにする方法についての解説記事でした。

今年のApple新機種・サービスについては、以下関連記事よりどうぞ。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事